私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

有馬記念

有馬記念予想◎オルフェーヴル

 −指針− 自信度★★★★★
有馬記念ということで毎年恒例の自信度5。
1番人気のオルフェーヴルを軸にして最後くらい当ててやります。

◎オルフェーヴル
○エイシンフラッシュ
▲ブエナビスタ
△アーネストリー
△トゥザグローリー
×レッドデイヴィス

◎オルフェーヴル
ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。
ドリジャよりCに特化しておらず、量もあって何でもござれといった感じ。
ディープもC系配合なのに捲りながら勝つ馬だったが、その雰囲気に似ている。
一応考察でも見てきた通り、複勝圏内は外さなそう。池添なら1番人気も苦にならない。

・2番手以下の短評
○エイシンフラッシュ
東京向きのイメージだが、京成杯1人1着、皐月賞3着がある。
2走前くらいのパフォーマンスが出せれば十分圏内。ルメールで前に行く位置取りショック欲しい。
▲ブエナビスタ
G16勝馬に▲とは失礼な話だが、まあ同馬の引退レースは▲でしたと(爆)。
ジャパンカップ1人1着で大崩れは考えづらい。岩田なので人気の内枠だと秋天のようになりそうでそこが怖い。
△アーネストリー
2走前好走→秋天人気より凡走→有馬記念というローテは抜群の相性の良さを誇る。
東京は向かないと見るや有馬に照準を絞ったトゥーカッターローテに乾杯。佐々木−佐藤哲の策士コンビ。
△トゥザグローリー
春先とはいえ、京都記念、日経賞の連続1番人気1着が同馬の能力を証明している。
3着くらいに入って、やっぱり能力あんじゃん!!みたいな声が聞こえてきそう。
×レッドデイヴィス
S系の連チャン期に入れば。
激走の接戦勝ち後も母父トニービンなら関係ない。鮮度、異端性共にあり不気味。

1頭軸の3連複1点200円○含みは400円の10点買い。計2800円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

有馬記念考察 〜出走馬簡易コメ〜

有馬記念出走馬の簡易コメです。[]内の数字は過去20年のものです。

ブエナビスタ SC(L)系 ★★★★
 スペシャルウィーク×カーリアンのSC(L)系。スペシャルウィークのSCをカーリアンのLで包み込んでバランスを取った馬。ローテを見ていくとジャパンカップを1人1着だった馬は過去[3-1-0-0]。昨年のブエナは1着降着だったので、それを除けば[3-0-0-0]。広いコースが良いのは事実だろうが、消すのは無謀で本命候補。
ヴィクトワールピサ S系 ★★
 ネオユニヴァース産駒のS系。ジャパンカップは休み明けで半々という局面だったが、負け方といいハーツクライを思い出すいかにもS系の不振期といった敗戦だった。やはりドバイWCを勝った反動は甚大だった様子。ジャパンカップを惨敗から巻き返しているのは格下馬が多く、ここまでのエリートが果たして巻き返せるか。
ヒルノダムール LC(S)系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×ラムタラのLC(S)系。父、母父が両方L主導なのに混戦向きという珍しいタイプ。じゃあC系じゃね? とも思うんですが、そこはLC(S)あたりでお茶を濁しておきます(爆)。L主導にしては休み明けが苦手な馬で、叩かれて熱されるタイプ。内枠、坂コース共に悪くないが、さすがにいきなりの好走は期待薄。
ペルーサ LorLM系 ★★
 ゼンノロブロイ×ブラッシンググルーム系Candy StripesというSM系配合も、藤沢厩舎のせいかL主導っぽい走りをする馬。秋天では3着だったが、休み明けでパフォーマンスが落ちないあたりがそれを証明している。東京での走りを見ているとやはり広いコース向きの印象。昨年より鮮度無いし上位争いは厳しいだろう。
エイシンフラッシュ LC系 ★★★★☆
 King's Best産駒で量が豊富なLC系。ジャパンカップでは期待して◎を打ったものの、ペースが緩んだのに差しに回る逆ショック。あれでは勝てないし、もしかしたら反動もあったのかもしれない。今回は2走前にポテンシャルを証明しつつ前走でストレスを抜くという理想の形。ルメールで前に行く位置取りショックを仕掛ければ。
キングトップガン S(LC)系 ☆
 マヤノトップガン×マルゼンスキーのS(LC)系。母父マルゼンスキーといえば、メガスターダムを見ても分かるように初重賞特注血統である(いつの話だよ)。鮮度、実力共に欠けている上に、周りと同じ王道ローテではちょっと工夫が見られない。次走以降でのダウン+延長のレースで期待したいところ。ダイヤモンドSあたりで。
トゥザグローリー L(SC)系 ★★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスという配合の大型馬で、量が豊富なL系馬。ジャパンカップ組は凡走からの巻き返しが少ないローテなのは承知だが、秋天では能力の高さを久々に示しており、交互に期待するのも有りかもしれない。坂コースの関西重賞である日経賞で1人1着経験があるのが、何とも不気味である。
ローズキングダム  CM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのCM系。母がローズバドだからか、この配合にしては集中力のあるタイプで内枠向き。だが、秋天ではHペースの混戦で惨敗し、前走でも得意だったスローの多頭数内枠で敗退。人気落ちにも反応しなかったわけで、ここはかなり厳しいだろう。残された道は距離短縮しかない…。
オルフェーヴル CS系 ★★★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。過去皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3冠全てに出走し、3レース共3着以内だった馬は[1-2-1-2]。しかし、この内菊花賞が1人1着だった馬に限れば、[1-2-0-0]。菊花賞の着差やウインバリアシオンのジャパンカップ好走を考えても、勝者に近い位置にいることは間違いない。
トーセンジョーダン SC(L)系 ★★☆
 ジャングルポケット×ノーザンテーストという配合馬で、どの要素も持っているまとまった馬。ジャパンカップではスローを前に行く位置取りショックで秋天の疲労をごまかす好騎乗。見事な連続激走に繋げた。こうも連続で好走されるとお手上げ状態だが、ジャパンカップ激走組は相性悪い。もう一度刃向いたい気分になる(笑)。
ジャガーメイル LC(S)系 ★
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのLC(S)系。どの要素も万遍なく持っているが、延長に強いのでおそらくLCベースの馬。ジャパンカップはまさかの激走だったが、バウンド延長のローテが同馬にピッタリだったのだろう。ジャパンカップ激走馬は有馬記念ではイマイチ。同馬自体中山合わないし、ここは見送りが無難。
アーネストリー S系 ★★★☆
 グラスワンダー産駒のS系。異端臨戦を引っ張ってきたのは流石佐々木晶三。前走秋天組は[5-2-3-4]と抜群の相性。しかも2走前オールカマーを好走し、バウンド延長で向かう形はマツリダゴッホやドリームジャーニーなど王道パターン。ただ、さすがにばれ始めて過剰人気は否めない。逃げられなかった逃げ馬は必須。
レッドデイヴィス S系 ★★★
 アグネスタキオン×トニービンのS系。セン馬という点もそうだが、レース振りを見てもアグネスタキオンらしさが感じられずS主導のタイプ。おそらくS系なのは母父トニービンからだろう。ここはもうトニービンの連チャンに期待するしかない。能力はあるが、ローテやストレスを考えると食指は動かない。勢いと鮮度でどこまで。
ルーラーシップ ?系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスという配合馬で、個人的にはローズキングダムとトゥザグローリーの間くらいのM3タイプ。有馬記念は距離の割には外枠不利の傾向でタイプ的にも内枠欲しかった。一頓挫あったし、休み明けということも含め、来年への調整といったところか。来年の京都記念、大阪杯あたりで。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念感想

三浦思い切ったな〜。ちょっと度肝を抜かした。
後方そのままよりはスローで逃げた方がいいんでしょうけど、タイプ的に逃げはイマイチ。
スローだから逃げりゃいいって発想は小牧と同じなんだよな(笑)。

ヴィクト勝ったか〜。反動が出ると思ってたので完全に舐めてましたね。デムーロにはあっ晴れです。
ネオユニヴァースもこれでG12勝馬を生んだことに。
まだS系なイメージですけど、母父次第ではアップでもしぶとく食らいつくような馬の出現に期待。

オウケンはあんだけ出脚がなかったのに横山が乗ると先行できるという。
カンパニー、ネヴァブションよろしく横山に任せれば自在脚質(笑)。

有馬記念予想 〜自滅紐荒れが予想の結論〜

 −指針− 自信度★★★★★
ブエナビスタ1強に反発したいところなんですが、他もローテ的に自滅した感が否めません。
ここは無難にブエナから流します。

◎ブエナビスタ
○オウケンブルースリ
△トーセンジョーダン
△ネヴァブション
△ペルーサ

◎ブエナビスタ
ジャパンカップ1番人気1着とすれば崩れる要素なし。

・2番手以下の短評
○オウケンブルースリ
関東重賞中位人気特注横山典弘。この漢文みたいな単語久々使った(笑)。
横山典弘が覚醒してからは全然使ってませんでしたね。
△トーセンジョーダン
アルゼンチンでポテンシャル証明。
△ネヴァブション
意図があって後藤が先行を打ったと考えたいので。
△ペルーサ
悪くないステップ消化。

○単 100円
◎1着付けで2、3着に残り4頭。1点200円で12点。計2500円也。
-----------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

有馬記念重賞考察その2 〜出走馬簡易コメ後半〜

有馬記念出走馬の簡易コメント後半戦。

ダノンシャンティ CS系 ★
 フジキセキ×異端血統のC系配合馬。今年のNHKマイルCをレコード勝ちした馬であるが、フジキセキにもこういう馬を出すポテンシャルがあったのかと思うととても感慨深い。集中力血統だけに詰めてレコード勝ちした後の休み明けはタイミングが悪い。マイルで強い勝ち方をしたフジキセキでもあり、この距離は長いだろう。
エイシンフラッシュ LS系 ★★☆
 量が豊富そうなキングズベスト産駒で、日本ダービーを32.7の上りで勝ち切ったようにスローの広いコースがベストの馬。しかし京成杯1番人気1着経験があり、この時期の中山を走れる下地はある。ジャパンカップでリズムを崩した分、せめてもう少し人気が落ちて欲しい。この分だと主要路線の縛りに負そうである。
トゥザグローリー L系? ★★
 キングカメハメハ産駒でL主導のタイプ。母父からCもあるかと思ったが、母はズレたサンデーだったのでCは薄そう。同馬は戦績を見るといかにもダウン戦で強いL系。ダウン戦圧勝後のG1は厳しいだろう。つーかこの馬ルーラーシップと被って仕方ないんだが。ゲイルスパーキーとリザーブカードくらい被る(笑)。
ドリームジャーニー C系 ★★★
 C系最後の砦でお馴染みのステイゴールド産駒。今年はここまで勝ち星がなく、また昨年はほぼベストとも言えるローテーションだったので、昨年ほどは評価できない。オールカマーの内容を見る限りそこまで衰えた感じもしないが、ローテ、リズム、展開から4〜5着くらいで落ち着きそうだ。
オウケンブルースリ LC(CS)系? ★★★☆
 量が豊富なステイヤーでLC系っぽい馬。痛烈な上がりを持っているタイプではないので、前走は展開的に厳しかった。一見東京向きに思えるが、ジャンポケなら中山に適性があってもおかしくない。ジャパンカップ7着は相性最悪も秋3戦目で余力あるし人気急落の横山典弘。柏木集保の本命が気にならなければ(笑)。
ペルーサ LSorSL系 ★★★☆
 ゼンノロブロイ産駒で唐突な追い込みが目立ち、不器用なSL系みたいな走りをする馬。ジャパンカップ3人5着は過去の傾向からは買える。母父ブラッシンググルーム系で中山も悪くはないだろう。ただ、あの出遅れは中山だと致命傷になりそうでそこが気掛かり。あんまり器用なタイプではないので枠は気にならないが…。
レッドディザイア ? ★☆
 マンハッタンカフェ×カーリアンにしては集中力を感じる馬。海外からの臨戦は異端になるので悪くはなさそう。ただ同馬は昨年が集中状態のような推移だったので、今年はややその反動が出ている感じである。それ以前に外枠の四位なのでずっと外回って終わりそうな気もするが(笑)。年内実績乏しいし、ここは消しで。
ジャミール CLorLC系 ★★☆
 ステイゴールド産駒でC主導のタイプも母父から量を供給してまとまっている。歴代の有馬記念出走馬だとコイントスっぽい。それだけに内枠引いてCL系岡部のような狡い乗り方をしたかった。まあ少なくとも人気よりは反発してくるはず(現在最低人気w)。中山芝2500m[1-0-0-0]でいわゆるイチゴ馬だし、抑えのお供に。

有馬記念重賞考察その2 〜出走馬簡易コメ前半〜

トーセンジョーダンすげー買いたい。だけどあれだもんな〜。頼む頑張ってくれよあれ(あれ呼ばわり!?)。
全然関係ないですけど、あれって聞くとマザー2のゴキブリの敵を思い出しますよね〜。
そんな感じで有馬記念の考察2です(どんな感じやねん)。

ヴィクトワールピサ SC系 ★★★
 この馬毎回フレンチデピュティ産駒と勘違いしてしまいます。理由は謎(笑)。皐月賞のレースぶりを見てもCを感じるので、この枠は良い。ただJC8人3着はローテ的にイマイチ。一応国内では生涯複勝圏を確保してるので走られても驚けないが、その材料で狙うなら前回だった。枠と騎手、ローテを天秤にかけて取捨難解。
ネヴァブション LC(S)系 ★★★☆
 若い頃はS条件で強い馬というイメージだったが、最近はいい意味で丸くなりどんなレースにも対応できるようになった。7戦連続掲示板確保での人気急落で一応まとまり系の穴要素は持っている馬。前走後藤が先行して布石を打ってきたし、スローで物理的に内枠が有利になれば面白そう。3着候補で。
フォゲッタブル C系? ★★
 ダンスインザダーク×トニービンのC系配合馬。ステイヤーズS組は相性良くないものの一応捲りバテ短縮ショッカーということで、布石としては申し分ない。ただ昨年ダンス産駒の中山成績を見ていたら短縮組は全滅だったので、そこが痛恨の一撃(ザザザザシュ)。リズムも良くないし、これは消しか。枠は悪くないが…。
トーセンジョーダン M系 ★★★★
 ジャンポケ×ノーザンのまとまり系配合馬。同馬はアイルランドTが最高のタイミングだったので前走は迷わず切ったが、あっさり走られた。ただこれにより1人1着も含めポテンシャルは証明した。3連勝での人気急落に加え初G1の鮮度もある。これだけ外人に頼るなら同馬こそルメールあたりを乗せるべきだと思うけどな…。
ルーラーシップ ? ★★☆
 キングカメハメハ×トニービンのC、S、Lどれも持っているタイプ。前走G3組はデータを見る限り相性は良くない。実績的に過去の馬でいえばシンコウカリドレベルなはずなのに、母エアグルーヴだと不気味に感じるのはなぜだ(笑)。やや格材料が乏しい。ダービーでもう少し走ってもらいたかった。
ローズキングダム SM系 ★★☆
 出走取消


ブエナビスタ L(CS)系 ★★★★☆
 スペシャルウィーク×カーリアンでSL寄りっぽい配合も牝馬のおかげかCが加わり、安定感のある馬になっている。ローテはジャパンカップを1番人気1着とすれば過去の傾向から崩れる要素はない。秋もまだ2戦しか走っておらず疲労も致命傷にはならないだろう。隙なし。
メイショウベルーガ L系 ★
 フレンチデピュティ×サドラーズウェルズのL系配合馬。量勝負を身上とする馬なので広いコースの外枠が最も力を発揮できる。それだけに東京から中山替わりはマイナスだろう。ジャパンカップもVラインで頑張っていたが、相性最悪の6着~9着馬になってしまった。ここはバッサリ切りで。

有馬記念重賞考察その1 〜ローテ編〜

過去20年。有馬記念の前走別の考察です。
昨年と似た形になっております。


・ジャパンカップ組
[8-7-8-82]

105頭中15頭連対23頭3着以内。
主流路線で勝ち馬が最も多く出ているステップ。

・ジャパンカップ1着馬
[3-1-0-4]

8頭中4頭連対4頭3着以内。
好走凡走半々だが、ジャパンカップで2番人気以内に支持された馬に限れば[3-1-0-0]。
この4頭中3頭はJCを1番人気で、2番人気だったスペシャルウィークも日本馬の中では1番人気だった。
内訳はスペシャルウィーク(2人1着→2人2着)、テイエムオペラオー(1人1着→1人1着)、
ゼンノロブロイ(1人1着→1人1着)、ディープインパクト(1人1着→1人1着)。
ジャパンカップ勝ちはストレスが甚大なので、よほどリズムが抜けていないと厳しい。

・ジャパンカップ2〜5着馬
[4-4-5-21]

34頭中8頭連対13頭3着以内。
傾向が掴みづらいが人気と着順でしぼっていく。
・前走人気>前走着順(激走型)
[0-2-4-12]

18頭中2頭連対6頭3着以内。
ジャパンカップ2〜5着馬を見ていくと、人気より好走した馬は相性がイマイチ。
特に馬券圏内(2、3着)に入った馬は[0-1-0-7]と良くない。
この2着は9戦連続複勝圏内を確保していたメイショウドトウ(5人2着→2人2着)である。
よっぽどリズムのいい馬でないとJCで激走した馬は厳しいということが分かる。
昨年エアイシェイディが突っ込んできたように、このローテでの狙いは4着、5着馬。
前走人気≦前走着順(凡走型)
[4-2-1-9]

16頭中6頭連対7頭3着以内。
激走したタイプより狙いやすいが、これ以上絞れない(爆)。
強いて言えば秋に使ったレースが少ない馬がいい。3歳なら耐えられるが4歳以降はステップ数も意識したい。

・ジャパンカップ6〜9着馬
[0-0-1-30]

31頭中0頭連対1頭3着以内。
ジャパンカップ組の中で最悪の相性。
昨年もリーチザクラウンが消えてしまった。
唯一の3着は93年のナイスネイチャまで遡るのだが、ナイスネイチャはVラインだった。
Vライン馬には他に10番人気4着したレッツゴーターキンがいる。
強いて挙げるなら差し損ねて本番前に行くようなタイプがいい。

・ジャパンカップ10着以下の馬
[1-2-2-27]

32頭中3頭連対5頭3着以内。
巻き返した馬の共通点は2200m以上の重賞実績。
ステイゴールドを除いた4頭に、重賞1番人気1着orG1勝利経験があった。
他には叩き3戦目〜5戦目だったということ。2戦目だと足らず、6戦目以上だと意外性がない。
また2.0差以上敗退した馬よりも1.9差以内で留まった馬を狙いたい。


・天皇賞秋組
[5-2-3-17]

27頭中7頭連対10頭3着以内。
ジャパンカップよりも疲労の面で有利になるのか最も率がいいステップ。
ジャパンカップをスキップしてここに備えるという陣営の思惑が反映されている感じである。
ここも人気と着順でしぼっていく。

・前走人気>前走着順(激走型)
[0-0-2-11]

13頭中0頭連対2頭3着以内。
JCの2着〜5着組のときと同様に人気より好走したタイプは相性が良くない。
3着はサクラチトセオーとエアシェイディ。好走したのに人気が上がらなかったタイプであった。

・前走人気≦前走着順(凡走型)
[5-2-1-6]
 789円 305円
14頭中7頭連対8頭3着以内。
連対率50%に加え単回収円は700円を越えている。
ここに距離実績の縛りを入れてみる。
・この内2200m以上の重賞勝利経験のある馬
[5-2-1-4]
 920円 317円
12頭中7頭連対8頭3着以内。
昨年のドリームジャーニーもこのパターンだった。
しかしマツリダゴッホもこのパターンだったが7着。このステップで初めて掲示板を外した馬となった。
同馬の場合パフォーマンスが明らかに低下していたにもかかわらず中山実績だけで過剰人気していた。
上記した数字に、その年にG1勝利orG21番人気1着経験のある馬という縛りを入れてみると[5-2-1-1]になる。
その年に一定以上の実績がある馬のみ好走できている。
つまりアーネストリーは買える!!! ……と思って喜び勇んで出馬表見たらどこにもいねーし!!!
うおーーー佐々木ーーーどうしたーーー。怪我?


・エリザベス女王杯組
[0-3-0-15]

18頭中3頭連対3頭3着以内。
連対した3頭は全馬3歳馬である。3歳馬は[0-3-0-7]。
この内牡馬相手に重賞を連対したことがある馬に絞ると[0-3-0-0]。
ヒシアマゾン、ダイワスカーレット、ブエナビスタの3頭である。
ファインモーションとの最大の違いはこの牡馬相手での重賞連対経験であった。


・菊花賞組
[3-4-1-15]
(レオダーバンは前年の菊花賞以来なので除く)
23頭中7頭連対8頭3着以内。
勢いのある3歳馬も多くなかなかの率を残しているステップ。

・1着馬
[3-2-0-5]

11頭中5頭連対5頭3着以内。
約半数が馬券になっているが、この内3冠レース全てに出走していた馬は[1-2-0-3]。
皐月賞、日本ダービー、菊花賞全てで連対した馬に限れば[1-2-0-0]。
ライスシャワー、ナリタトップロード、セイウンスカイは皐月、ダービーのどちらかで3着以下に敗れていた。
鮮度がない分縛りが厳しくなっている。
逆に2冠もしくは菊花賞のみに出走した馬は[2-0-0-2]。
勝った2頭の共通点は6番人気以内、4戦連続掲示板、チャンピオン血統(サンデー、ブライアンズタイム)など。
激走しすぎたり最低限の安定感のない馬は厳しい。菊花賞だけ激走したような馬は有馬では通用しない。

・2着以下
[0-2-1-10]

13頭中2頭連対3頭3着以内。
勝ち馬と2着以下では大分差がついてしまっている。
激走した馬や惨敗した馬は巻き返すのが厳しくなっている。
3着以内に入った3頭は全馬菊花賞での人気と着順の合計が6以下であった。
この感じだと菊花賞組は最低でも掲示板に入り、人気と着順の合計が10以下は必須か。


・アルゼンチン共和国杯組
[1-0-1-17]

19頭中1頭連対2頭3着以内。
相手が違いすぎるのか相性の良くないステップ。
このステップから有馬を制したのはグラスワンダーだけである。

・1番人気
[1-0-1-6]
・2番人気以下
[0-0-0-11]

アルゼンチン共和国杯組は着順よりも人気の方が大事な要素といえる。
アルゼンチン共和国杯を激走したタイプは全く通用していない。
このステップはタップダンスシチーみたく、一戦挟んで疲労を抜く形が理想といえるだろう。
ミヤビランベリも逃げられなかった逃げ馬で激走後に穴人気。ステップとしては最悪の形だった。


・ステイヤーズS組
[0-0-1-13]

14頭中0頭連対1頭3着以内。
直近のステップの中では最も相性の悪いステップ。
勝ってもステイヤー適性を証明しているだけなので有馬に生きないのだろう。
唯一3着以内に入ったのは皐月賞馬テイエムオペラオー。
基本的には買えないステップだが、買うなら短縮になるので先行や捲ったタイプが良さそう。


・前走G3組
[0-1-0-23]

24頭中1頭連対1頭3着以内。
前走G3組は1頭しか連対馬を輩出できていない。
この1頭は1800m時代の京阪杯から出走したタップダンスシチー。
タップダンスシチーは重賞を5戦連続5着以内に入っていた。
また苦手距離からのバウンド延長で、逃げられなかった逃げ馬を仕掛けるというオプション付きであった。


以上でおおまかに考察終了。
1頭ずつの見解はまた別にあげたいと思います。
ローテのパッと見では全馬自滅で相対的にブエナが有利かなといった印象です。
穴なら主要路線に巻き込まれていない馬でしょうね。


参考になったよ〜って方は→ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

最終週に悩む人

ったくセラフィックロンプを指名さえしてれば最終週にこんな悩むことはなかったのに!(byM単)
テイエムオーロラ合掌。カナハラドラゴンの時も◎打って亡くなったんだよな…。
いつ見ても切ないものです。

有馬記念の考察は明日中までには…。
全頭簡易コメントもやりたいですね。
とりあえず三浦は内を捌けるのかどうかということだ(苦笑)。

有馬記念ファン投票

ネヴァブションは本気で有馬を取る気なら鳴尾凡走→有馬記念の方が良かったんじゃないか。
さて有馬記念のファン投票をしてきたので、その馬を御紹介。
ファン投票よりアロンダイトとフサイチアウステルがまだ現役だったことにビビったわ(笑)。

エアシェイディ M系
すっかり忘れられていますが、今回3着すれば3年連続3着の偉業達成。
カンファーベストが居なくなった今現役で一番好きな馬です。

ゴールデンダリア S系
関東のトップトレーナーが送り出す、どこかずれたフジキセキ産駒(笑)。
二ノ宮厩舎といえば○×○。鳴尾記念激走で有馬記念は×の番。じゃあ駄目じゃん。

ネヴァブション LC系
有馬記念3着穴の最有力候補。
しかしそこは伊藤正徳。ステイヤーズSを取りに行く気満々な感じが…。

ロジユニヴァース LS系
横山典弘のダービー馬なので投票。
中山2500mという条件設定自体は悪くなさそう。どこまで戻ってるかでしょうね。

アーネストリー LS(SC)系
距離が若干長そうですが、策士佐々木晶三とロベルトの血が騒げば。
ジャパンカップを挟まなかったローテはかなり優位性があるでしょうね。

ナムラクレセント C系
昨年来年の宝塚記念馬だと書いた馬。
伸び悩んでるけどG1勝つなら有馬か宝塚という気はします。

ブエナビスタ L(CS)系
周りの人には否定されるんですけど、ウオッカより強いと思ってます。
10回戦って7回は勝つと思う。2頭立てなら多分全勝(笑)。量と安定感が違います。

ホクトスルタン S系
メジロマックイーン最後の灯火。S系なのでショックから連チャン期に持ち込んで欲しいですね。
ダ→芝やバウンド延長での位置取りショックなど、もう後がないので色々試して欲しいです。

ビッグウィーク S系?
有馬記念のファン投票に名前がなかったので同情票(笑)。菊花賞馬くらいは一覧に入れて欲しい。
レッドゴッド系バゴ産駒で連チャン期期待できますし、消耗戦なら上位ですよ。

ミヤビランベリ LC(SC)系
オペラハウスらしくただのLCじゃなくて、裏にSやCを持ってるタイプです。
一介の逃げ馬でないのは七夕賞で証明。このレースで好きになりました。

有馬感想

勝てばいい…そんな3着。

追記:スリーロールス平気かな…。何も触れずほしのが喜んでるのに違和感を感じるんだが。
ほしの降板か…なんか本当三浦と付き合うためだけに来たって感じですな(笑)。

有馬記念予想 〜まとまり力を発揮する〜

 −指針− 自信度★★★★★
重賞考察は4つやってみたので、そちらもよろしくお願いします。
シンプルにシンプルに予想しよう。

◎エアシェイディ
○ドリームジャーニー
▲セイウンワンダー

◎エアシェイディ
サンデーサイレンス×ノーザンテーストのまとまり系。
ジャパンカップのときも本命を打ったわけだが、伊藤は馬体を1キロも絞ってこなかった。
そこで思ったのです。あーこれは有馬記念に照準を合わせてるんだと。
今年は正直どの馬もピンとこない。
ブエナも強いとは思うが、ダスカやアマゾンの戦績と比べてしまうとどうしても劣る。
ドリジャ、マツリダもローテはいいものの秋天の成績を考えると過剰人気。
3歳ダンス2騎は考察通りダンスの中山成績が壊滅的で、しかも短縮なので消す。
バルドは不振期、リーチは前走負けすぎ、イコピコは広いコース向き、これも全部消す。
ランベリは位置取りショック激走後だし、ネヴァも次のAJCCだろうってことでこれも消し。
どれも良くない時は、まとまり系が最強だとブレイクタイムから教わりました(笑)。
目立たないが同馬は主流路線の最先着馬である。
昨年の1、2着馬がおらず、4着馬が2番人気になっているならこっちを買ってもいいと思うが。

・2番手以下の短評
○ドリームジャーニー
バウンド式の秋天組は安定。
過剰人気気味だが、メンバー中2頭しかいない年内古馬G1勝ち馬。
▲セイウンワンダー
朝日杯勝ち馬。菊花賞好走は違和感。短縮は向くタイプと見る。

◎ 単勝800円
◎→○ 馬単200円
◎−○ 馬連800円
◎−○ ワイド1000円
◎−▲ 馬連200円
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

有馬記念考察4 〜ダンスインザダークと中山〜

フォゲッタブルが消せたらどれだけ楽かってことなんですが、
今年はダンスインザダークの中山重賞は消しって文章をやたら見かける。
フォゲッタブル&ダンスインザダークを調べてみました。

・フォゲッタブル
短縮[0-0-0-2]
同距離[0-1-1-1]
延長[3-2-0-0]

休み明け含む。
典型的な延長ホースじゃないか。
5人4着だったダイタクバートラムは北九州記念で短縮実績持ってましたからね…。

・ダンスインザダーク産駒(08年まで)
中山芝2000m〜2500m[15-22-16-235] 50円 70円
短縮[2-2-2-26] 12円 50円
・重賞成績
中山芝2000m〜2500m[0-1-0-36] 0円 5円
短縮[0-0-0-10]

なるほど。距離が長いからダンスという単純な発想で買うと痛い目を見るわけですね。
母親のエアグルーヴも中山が苦手なイメージがある。
ただ、トニービンは母父に回ると中山は悪くないはず。
今回やたらダンスの中山重賞って単語を見かけるんで、個人的には買いたいですけど、
データだけ見てしまうと食指は動きませんね。

有馬記念考察3 〜全馬簡易コメント〜

アンライバルド SL系
前走6着以下の3歳馬[1-0-0-13]。巻き返したのはグラスワンダーのみ。
前走10着以下の3歳馬[0-0-0-4]。若駒でリズムを崩すと厳しい。不振期と見ているので消し。

ブエナビスタ L系?
生涯複勝圏確保で混合重賞連対した3歳牝馬[0-2-0-0]。
データ、能力的には買いだが、1番人気の横山典弘。保留。

ミヤビランベリ LC(S)系
前走逃げられなかった逃げ馬で激走。叩き2戦目だが、いかにも反動が出そうな場面。
前走アルゼンチン共和国杯組も相性最悪で、血統的に楽しみだったが消しで。
俺が馬主ならJCか鳴尾をテキトーに回ってきて惨敗させたがね。

マイネルキッツ M(LC)系
凡走後の距離延長チーフベアハートで密かに気になっていたのだが、まさかの三浦で消し。
松岡何やってんだよホントに…。馬主も江田照男か柴山乗せろや(笑)。

コスモバルク SM系
ヨレずに頑張れ

エアシェイディ M系
ジャパンカップ5着でローテ的には何とか踏みとどまった。
ただ11番人気5着と激走型。Vライン+内枠引いてどこまで。他馬の破綻待ち。
(追記:過去20年4走以内に1着がなくて連対したのはタイキブリザード、アメリカンボスの2頭だけ)

マツリダゴッホ S系
オールカマーはスローの逃げが嵌っただけであまり評価はできない。
ローテ的には買いだが、一昨年と同じローテで過剰人気だと…?

リーチザクラウン SL系
ジャパンカップ6着〜9着馬[0-0-1-31]という痛烈な縛り。
逃げられなかった逃げ馬くらいの布石があれば面白かったと思うが。

ドリームジャーニー C系
こちらもゴッホ同様ローテ的に買いも、同じ理由で人気すると微妙になる。
ただ秋天は後方馬には厳しい流れだったので、消すのも憚られる。抑えは必要か。

スリーロールス ?
同系配合だからSもありそうなタイプで連チャン期期待できそう。
しかし、接戦勝利後のダンスインザダーク。取捨難解。

イコピコ L系
鳴尾記念を挟んだのは面白い。
ただ本質的には広いコースで速い上りを生かすタイプなので、中山は合わなさそう。

テイエムプリキュア SL系
前走のようによほど恵まれないと。

シャドウゲイト SM系
叩き2戦目、2走連続Vライン。
積極策を示唆して位置取りショック不気味だが、近走は前に行く気が起きていない感じ。

セイウンワンダー SC系?
菊花賞Vライン。
朝日杯勝ち馬で暮れの中山実績があり不気味だが、クラシック皆勤組で意外性がない。

ネヴァブション LC系
JC10着以下は穴で面白いステップ。
しかし叩き2戦目がネック。一番時計らしいが、基本的には消しの方向で。

フォゲッタブル C系?
ステイヤーズS組[0-0-1-12]。ただ1番人気で連対した馬に限れば[0-0-1-3]。
同じダンス産駒だと、ダイタクバートラム(1人1着→5人4着)とデルタブルース(1人1着→3人11着)がいた。
バートラムは0.5差圧勝で、デルタは0.0差接戦勝利。
フォゲッタブルは0.2差勝利で一応接戦は免れた。人気が落ちるようなら注意したい。

<現時点での予想>
◎エアシェイディ
○フォゲッタブル
▲ブエナビスタ
△ドリームジャーニー

なんか全体的なイメージとしてはどれも良くない(爆)。
どれも良くない時って何買えばいいんだっけ? そうだまとまり系だ(笑)。
ドリジャはローテは最高。問題は人気だろう。
エアもブエナもフォゲッタブルもローテ的に頭はない。
つまりどの馬も不安要素だらけ。ならエアシェイディでいいよって感じ。割と本気です。

有馬記念考察2 〜主要ローテ編〜

過去20年。前走別の考察です。

・ジャパンカップ組
[9-8-7-82]

主流路線。

・ジャパンカップ1着馬
[3-1-0-4]

好走凡走半々だが、ジャパンカップで2番人気以内に支持された馬に限れば[3-1-0-0]。
この4頭中3頭はJCを1番人気で、2番人気だった馬も日本馬の中では1番人気だった。
内訳はスペシャルウィーク(2人1着→2人2着)、テイエムオペラオー(1人1着→1人1着)、
ゼンノロブロイ(1人1着→1人1着)、ディープインパクト(1人1着→1人1着)。
ジャパンカップ勝ち馬はよほどリズムが抜けていないと有馬では通用していない。

・ジャパンカップ2〜5着馬
[4-5-4-22]

傾向が掴みづらいが人気と着順でしぼっていく。
・前走人気>前走着順(激走型)
[0-2-3-12]

ジャパンカップ2〜5着馬を見ていくと、人気より好走した馬は相性イマイチ。
特に馬券圏内(2、3着)に入った馬は[0-1-0-7]と良くない。
この2着は9戦連続複勝圏内を確保していたメイショウドトウ(5人2着→2人2着)である。
よっぽどリズムのいい馬でないとJCで激走した馬は厳しいということになる。
このローテでの狙いは4着、5着馬。
前走人気≦前走着順(凡走型)
[4-3-1-10]

激走したタイプより狙いやすいが、これ以上絞れない(爆)。

・ジャパンカップ6〜9着馬
[0-0-1-31]

ジャパンカップ組の中で最悪の相性。
唯一の3着は93年のナイスネイチャまで遡る。
ナイスネイチャはVラインだった。Vライン馬には10番人気4着のレッツゴーターキンもいる。
強いて挙げるなら差し損ねて本番前に行くようなタイプがいい。

・ジャパンカップ10着以下の馬
[2-2-2-25]

巻き返した馬の共通点は2200m以上の重賞実績。
さらにステイゴールドを除いた5頭に、重賞1番人気1着orG1勝利経験があった。
他には叩き3戦目〜5戦目だったということ。2戦目だと足らず、6戦目以上だと意外性がない。


・天皇賞秋組
[4-2-3-17]

ジャパンカップよりも疲労の面で有利になるのか最も率がいいステップ。
ジャパンカップをスキップしてここに備えるという陣営の思惑が反映されている感じである。
ここも人気と着順でしぼっていく。

・前走人気>前走着順(激走型)
[0-0-2-12]

JCの2着〜5着組のときと同じように、人気より好走したタイプは相性が良くない。
3着はサクラチトセオーとエアシェイディ。好走したのに人気が上がらなかったタイプであった。

・前走人気≦前走着順(凡走型)
[4-2-1-5]
 887円 305円
連対率50%に加え単回収円は何と800円越え。
ここに距離実績の縛りを入れてみる。
・この内2200m以上の重賞勝利経験のある馬
[4-2-1-3]
 1065円 366円
全馬5着以内。
2000mより長めに実績があり有馬記念に備えたタイプはかなり安定している。
今年はドリームジャーニーが該当。昨年と同様のローテで当然有力。
しかし、メジロブライトが惨敗しても人気が落ちず3人5着と敗れた経緯がある。
これはおそらく前年同じローテで好走したことが過剰人気を生んだと思われる。
ドリームジャーニーは今年秋天を4人6着。昨年は4人10着→7人4着。
これで3番人気以内にでもなろうものなら(おそらくなると思うが)、
負けたのに人気が上がるというブライトよりひどい現象が起こることになる。
ドリジャは罠っぽい気もするが…。


・アルゼンチン共和国杯組
[1-0-1-16]

相手が違いすぎるのか相性の良くないステップ。
このステップから有馬を制したのはグラスワンダーだけである。

・前走1番人気
[1-0-1-6]
・前走2番人気以下
[0-0-0-10]

アルゼンチン共和国杯組は着順よりも人気の方が大事な要素といえる。
アルゼンチン共和国杯を激走したタイプは全く通用していない。
このステップはタップダンスシチーみたく、一戦挟んで疲労を抜く形が理想といえるだろう。
タップはバウンド延長に加えて位置取りショックも仕掛けていた。
ミヤビランベリは当初買おうと思っていたが、穴人気も必至なので一気に消し候補へ。

菊花賞組はイマイチ良く分からないので割愛。
ディープとかナリブーとか極上リズムの馬がおらず、今年は取捨難解。
勝ち馬がマンカフェ、トップガン、ブライアンって考えると、菊花以外の重賞実績必須か?
しかしチャンピオン血統ばっかりだな。そもそもカーリアンでは菊花賞に勝てないと(笑)。
スリーロールスはリズム、血統的には評価できるが、接戦勝利後のダンスだから消しか。

参考になったよ〜って方は→ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

有馬記念考察 〜ブエナビスタは買えるのか?編〜

過去20年です。

・3歳牝馬
[0-2-0-11]

牝馬はよほど能力が抜けていないと通用しません。
それでもウオッカやファインモーションなどが破れています。
絞っていきましょう。

・混合重賞で連対歴のある3歳牝馬
[0-2-0-6]

ファインモーションが消えました。
さらに絞っていきましょう。

・上記した馬で生涯複勝圏内を外したことない馬
[0-2-0-0]

はいパーフェクト。連対圏内でもこの2頭はクリア。
ヒシアマゾンとダスカには牡馬相手の実績+究極の安定感がありました。
今年はブエナビスタが該当。過去の傾向からは買えるといえます。
ただ、横山典弘で人気の追い込み馬ってのがネックですね。

有馬記念難しそう…

買いたい馬が多く難しそうですが、とりあえず内枠ならエアシェイディ買います(笑)

有馬記念予想 〜牝馬の1年〜

 −指針− 自信度★★★★★
最後の最後も横山典弘で行く。


◎カワカミプリンセス
○フローテーション
▲マツリダゴッホ

◎カワカミプリンセス
キングヘイロー×シアトルスルーのSL系。
いかにも交互を刻むような血統の馬が、6連勝(斜行含む)をしたのは驚異。
前の馬全滅の宝塚記念で先行して0.8差も凄かった。
前走は大事に乗りすぎてルメールの奇襲にあった形となったが、
人気が落ちれば思い切った騎乗を見せれる横山典弘。
ダイワスカーレットを完全マークするような騎乗を期待。
しかし、土曜日の重賞は強い1年だったな〜(笑)。

・2番手以下の短評
○フローテーション
菊花賞を激走した馬が反動のある中連続連対。充実している。
脚質の幅も見せたし、母父リアルシャダイに荒れ馬場の中山非根幹距離はぴったり。
▲マツリダゴッホ
中山だと馬が変わるS主導のずれたサンデー。
こちらも中山非根幹距離は滅法強い。激戦の秋天を使わなかったのがここで生きてくる。

◎(単)  1000円
◎−○ 馬連500円
◎−▲ 馬連500円
◎−○−▲ 3連複 500円
◎→○→▲ 3連単 300円
◎→▲→○ 3連単 200円
---------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー

枠順発表

1-1 メイショウサムソン(牡4、武豊・高橋成忠)
1-2 ドリームパスポート(牡4、高田潤・松田博資)
2-3 マツリダゴッホ(牡4、蛯名正義・国枝栄)
2-4 ダイワメジャー(牡6、M.デムーロ・上原博之)
3-5 レゴラス(牡6、柴田善臣・加藤征弘)
3-6 ポップロック(牡6、O.ペリエ・角居勝彦)
4-7 ダイワスカーレット(牝3、安藤勝己・松田国英)
4-8 ロックドゥカンブ(牡3、M.キネーン・堀宣行)
5-9 サンツェッペリン(牡3、北村宏司・斎藤誠)
5-10 フサイチパンドラ(牝4、藤田伸二・白井寿昭)
6-11 コスモバルク(牡6、松岡正海・田部和則)
6-12 インティライミ(牡5、福永祐一・佐々木晶三)
7-13 デルタブルース(牡6、川田将雅・角居勝彦)
7-14 ハイアーゲーム(牡6、C.ルメール・大久保洋吉)
8-15 チョウサン(牡5、横山典弘・清水利章)
8-16 ウオッカ(牝3、四位洋文・角居勝彦)


ウオッカはこれで消せるかな…。
雨も降るようですし、今のところサムソン、ポップ、ロックの3強って感じですかね。
怖いのはスカーレットくらいかな。

有馬記念考察 〜3歳馬編〜

マンハッタンカフェ、アメリカンボスのアメリカ馬券はあまりにも有名。
今回はウオッカをロックで…なんて駄洒落が果たして起こるのか。

3歳馬(過去10年)
[4-2-2-27]続きを読む
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card