回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

有馬記念

有馬記念2016回顧

有馬記念 中山芝2500m 不的中
ラップ: 6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1 (30.1-35.9)
◎サトノダイヤモンド
○ミッキークイーン
▲アドマイヤデウス
△マリアライト
△ゴールドアクター
△デニムアンドルビー
△サトノノブレス

雑感:キタサンは現代のオペラオーですね(Mの法則の価値を地に落としたという意味で)。もう次回から毎回買うよ('A`)

■JCを人気より走った馬は期待値低い

総評:序盤はスローも後半は我慢比べの5F戦。上位3頭は現役TOP3だろう。
1着サトノダイヤモンド LC…キタサンを完全マーク。ノブレスという飛び道具も使って快勝
2着キタサンブラック S…楽逃げ後も関係ない。前走との比較が意味をなさない異様な強さ
3着ゴールドアクター LS…勝負所でもワンテンポ待つ好騎乗。強い相手にはショック欲しい
4着ヤマカツエース S(LC)…馬体増やしてリズムチェンジ。坂コース内枠合うが、相手強く
5着ミッキークイーン LS…外から被され内を突く競馬。外からスムーズに差させたいタイプ
・6着以下
6着シュヴァルグラン LC(S)…福永着付け競馬激走後だから仕方ない。凡走後の延長で
8着サウンズオブアース SC…やや我慢が利かなくなった印象。ノーストレス時に買いたい
9着デニムアンドルビー L…馬体を増やせなかったのは痛恨。凡走後の外差し競馬ベター
15着マルターズアポジー SL…強い相手には特殊馬場欲しい。中位人気の単騎がベスト
16着サムソンズプライド SM…次走ダウンが使える。休み明けのダウンOP戦への布石か

有馬記念2016予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

■有馬記念2016登録馬見解


 −指針− 自信度★★★
まあ本命はこの馬で仕方ないでしょう。
キタサンブラックに喧嘩を売り続けてきました。今回も喧嘩してやります(笑)
各馬の考察は有馬の考察記事やyoutubeで詳しくやっていますので、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
○ミッキークイーン
▲アドマイヤデウス
△マリアライト
△ゴールドアクター
△デニムアンドルビー
△サトノノブレス

人気ブログランキング
ディープインパクト×OrpenのLC系。馬体が重く、量、体力が優勢なタイプ。
個人的にはきさらぎ賞楽勝後の皐月賞1人3着が印象に残っている。
過去20年菊花賞1人1着だった馬は[2-1-0-0]。生涯複勝圏を外したことが無いのもいい。
メンバー中唯一の3歳馬、古馬G1初のディープ。鮮度面でも隙が無い。
3歳馬が弱いと言われ出しているが、JCのレインボーラインを物差しにすれば十分通用する。

・2番手以下の短評
○ミッキークイーン
ディープインパクト×Gold AwayのLS系。
C要素は薄く外から一気に差したいタイプなので、前走は内枠が仇になった。
古馬G1はJC以来だが、あのときはレコード激走後の馬体減だったので臨戦面では今回の方が上。
これだけどんな条件でもまとめてきているのに生涯初の人気落ちも後押し。
▲アドマイヤデウス
アドマイヤドン×サンデーサイレンスのSC系。
混戦の持続質戦を得意とするタイプで、京都大賞典、秋天は逆質だった。
それでも2着、6着とまとめてきたように、一時の不振は脱した印象を受けた。
既にポテンシャルは証明済みであとはタイミングを見計らうだけ。内枠欲しかったが…。
△マリアライト
ディープインパクト×エルコンドルパサーのLC系。
オールカマーは休み明け、エリザベス女王杯はスローの瞬発戦と敗因は明白。
昨年の有馬記念で激走後に苦手なスローで4着した内容が光る。
△ゴールドアクター
スクリーンヒーロー×キョウワアリシバのLS系。
オールカマー1人1着、JC3人4着で一応○×○の形だが、
マツリダゴッホのようなSは無いのでそこが微妙。ただ内枠は物理的に有利だし、馬体絞れば。
△デニムアンドルビー
ディープインパクト産駒のLC系。量が豊富で上がり勝負で鬼の強さを発揮する。
金鯱賞は長期休養明けだったが、内で詰まりながらも32.8。スムーズなら。
△サトノノブレス
ディープインパクト産駒のLC(S)系。完全ダウンホースだが、前走凡走の形が不気味。
宝塚記念が地味に内容濃く、ストレス無い状態の非根幹坂コースなら前進あっても。

○ 単勝200円
▲ 単勝100円
◎−○ 馬連500円
◎−▲ 馬連300円
◎−△ 馬連100円×4
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△、△、△)の15点買い。1点100円。計3000円
-------------------------------------------------------------------------------------
続きを読む

有馬記念2016出走各馬見解その2

有馬記念2016出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
アルバート S系 ★★
 アドマイヤドン×ダンスインザダークのS系。母父から体力を供給し、スタミナ型の馬。ステイヤーズS組は[0-0-1-19]。昨年は短縮で全く付いて行けず惨敗しただけに、有馬記念が本気ならステイヤーズSという選択はしなかったはずで、ここは静観で。
サトノノブレス LC(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×トニービンのLC系。馬体の重いディープ産駒で、切れよりもパワーや体力で勝負するタイプ。一応中山芝2500mという舞台は合いそうだし、前走も2人気3着とダウンなのに凡走した形。基本ダウンホースだが、そこが気になる。
人気ブログランキング LC系 ★★★
 ディープインパクト×キングカメハメハのLorLC系。前走は長期休養明けで8着。しかし、直線では内を突いて最後追えてなかったので、内容は悪くなかった。条件は色々重ならないと厳しそうではあるが、古馬混合G1で2着2回の実績がある。押さえなら。
ヤマカツエース S(LC)系 ★★☆
 キングカメハメハ×グラスワンダーのS(LC)系。血統的にはL系だが、混戦でもしぶとく全ての要素を持ち合わせたタイプ。前走金鯱賞1着馬は[0-1-0-2]。ポテンシャルの証明は春の段階でしているが、G1で弾かれている姿を見ると、まだ本調子ではないか。
ヒットザターゲット L(CS)系 ★
 キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。母父がダウン特注種牡馬で、一時期はダウンで好走しまくっていた馬。ストレスが無いと内枠を得意とするのはキンカメの特徴で、同馬も1枠での成績が良い。近走見てると衰えを感じる。厳しいだろう。
ムスカテール S(LC)系 ★
 マヤノトップガン×サンデーサイレンスのS(LC)系。マヤノトップガンらしく延長の混戦が得意で体力と闘争心があるタイプ。前走金鯱賞組4着以下の馬は[0-0-0-5]。目黒記念をレコード勝ちした同馬ももう8歳。全盛期だったら面白い条件だったとは思うが。
マルターズアポジー SL系 ★★
 ゴスホークケン×Old TriesteのSL系。父のゴスホークケンも中山の朝日杯を逃げて勝ったようにS主導の馬だった。同馬も全レース逃げているようにS系だろう。前走福島記念組は[0-0-0-9]。最低でも逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しかったか。
サムソンズプライド SM系 ☆
 メイショウサムソン×サンデーサイレンスのSM系。メイショウサムソンの産駒はこれといった特徴が無く、まとまっているタイプが多い。前走ステイヤーズSで3着以下だった馬は[0-0-0-9]。OPに上がってから頭打ちの感じは否めず、ここは記念出走だろう。

ここまでの8頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
個人的にはHペース想定ではあるんで、この馬は微妙なんですけどね。
ただ前走直線で詰まっていたので、まだまだ走る気は落ちていないのかなと。

有馬記念2016出走各馬見解その1

有馬記念2016出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
キタサンブラック S系 ★★★
 ブラックタイド×サクラバクシンオーのS系。闘争心に体力、パワーを兼ね備えたタイプ。唯一の弱点は広いコースでの上がり勝負だと思っていたが、それも京都大賞典とJCで解消されてしまった。過去JC1人1着の馬は[3-0-0-0](ブエナビスタの失格を除く)。
サトノダイヤモンド LC系 ★★★★
 ディープインパクト×OrpenのLC系。ディープインパクト晩年の傑作といった感じで、馬体が重く体力や量が優勢というタイプ。前走菊花賞1人1着だった馬は[2-1-0-0]。全て0.3以上の圧勝だったが、同馬も0.4差の圧勝。ディープの初古馬G1も後押し。
ゴールドアクター LS系 ★★★
 スクリーンヒーロー×キョウワアリシバのLS系。スクリーンヒーローはLSベースで量や体力があるのに、淡白な印象は受けない不思議な種牡馬。JCで人気より凡走しつつ掲示板の馬は[4-0-1-8]。切れ味では劣るので、早めに動けるか鞍上が鍵を握る。
マリアライト LC系 ★★★☆
 ディープインパクト×エルコンドルパサーのLC系。母父の影響で体力、パワー優勢のタイプ。昨年は激走後に4着と好走。今年は2戦連続凡走のため疲労、ストレスは無く、昨年以上があっても驚けない。ここ2走も苦手なスローで負けただけ。混戦なら。
サウンズオブアース SC系 ★★
 ネオユニヴァース×Dixieland BandのSC系。集中力があり混戦で強さを発揮するタイプ。前走のJCは少頭数外枠→多頭数中枠に加え、人気落ち、大幅馬体減で条件は揃っていた。人気より走ったJC連対馬も過去[0-2-0-11]とイマイチで、反動が怖い。
シュヴァルグラン LC(S)系 ★★☆
 ハーツクライ産駒のLC(S)系でまとまったタイプ。福永は外枠で顔をしかめていたが、内枠に入ったところでお前は馬群を捌けないので、むしろこの枠は好枠。同馬自体も体力があり外枠は問題ない。ただこれといったショックが無く激走後だと期待値低いか。
人気ブログランキング LS系 ★★★★
 ディープインパクト×Gold AwayのLS系。こちらもオーソドックスなディープ産駒に比べてパワーがあり、体力も供給しているタイプ。前走エリザベス女王杯組は[0-2-0-16]。ただ同馬の場合初の人気落ちと久々の古馬G1という鮮度がある。不気味。
アドマイヤデウス SC系 ★★★
 アドマイヤドン×サンデーサイレンスのSC系。混戦向きのタイプで、坂コースの持続質戦がベストという馬。前走天皇賞秋で人気より走った馬は[0-0-1-4]。天皇賞秋組は人気より凡走したタイプが延長で前に行くと穴になる。ややピントがずれる臨戦…。

ここまでの8頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
当然サトノかキタサンなんでしょうけど、穴ならこれですかね。
初の人気落ちというところに期待しています。

有馬記念2015回顧

 
有馬記念 中山芝2500m 不的中
ラップ: 7.0 - 11.7 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 12.2 (30.9-35.0)
◎アドマイヤデウス
○サウンズオブアース
▲リアファル
△アルバート
△ルージュバック
△ヒットザターゲット

雑感:デウス反応鈍かったな…。もっと速くなれば掲示板くらいはあったと思いますがね。ラブリーは疲労負け、シップは加齢による衰え。疲れている馬や高齢馬が上位人気なら、逆張りで鮮度と疲労薄の馬に賭けなくてはダメでした。それがゴールドアクター(4歳馬。2走前条件戦)、サウンズオブアース(4歳馬。今年5戦目)、キタサンブラック(3歳馬)という結果だったのかなと。キタサンは想像の2つ上は強いので、もうマヤノトップガンだと思って予想します(笑)。後半戦はダメダメでしたね。反省点が多かったです。金杯からまた頑張ります。

■菊花賞ワンツスリーのワンツースリー。菊花賞好走馬は来年も注目
■外枠決着も前に行って内を走った馬が上位に。来年も内側の取り合いか


総評:疲労とストレスが顕在化せず、前走好走馬でかつ前に行った馬で決まった。
1着ゴールドアクター LS…上がり掛かりつつスロー先行。相性悪いローテを鮮度で破った
2着サウンズオブアース SC…スローを前に行く位置取り。毎回自分の能力分は走る馬で
3着キタサンブラック S…お前父ブラックタイドじゃないだろ(笑)。逃げも最良の選択であり
4着マリアライト LC…延長を前に行く形。前に圧力も少なかったが、早めに動いた分4着
5着ラブリーデイ LS…スローは合うが、蓄積疲労は一番で。馬群に入って嫌気も差したか
・6着以下
6着トーセンレーヴ L…後方から最速上がりで強い内容。ただ本質は弱い相手向だが…。
7着アドマイヤデウス SC…馬体増で反応鈍くVライン。中山合うが、もっと持続質戦向きで
10着ルージュバック L…外枠から綺麗に乗れたが伸びず。広いコースの方が安定感ある
11着アルバート SC…ステイヤーズS組はスピードの証明が必要か。置かれてしまっては
14着ダービーフィズ CL(S)…延長スロー外枠で良さが出ず。混戦の内枠がベストであり

有馬記念2015予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

アンケートをやっているので、投票お願いしますm(__)m
他にいい馬がいればコメント欄に一言下さいませ。ラジオ内で紹介します^^


 −指針− 自信度★★★★★
全馬の考察は週中にアップしているので、そちらを参考にしてくださいませ。
→有馬記念 出走各馬見解そのそのその
ラブリーデイを疲労、ゴールドシップは衰えたと見てばっさりいきます。

人気ブログランキング
○サウンズオブアース
▲リアファル
△アルバート
△ルージュバック
△ヒットザターゲット

人気ブログランキング
父は体力優勢のS系種牡馬。同馬はそこに集中力が加わりSC系あたりか。
春の重賞連勝で既にポテンシャルは証明しており、あとはどこで買うかという問題だけ。
ここ3戦は京都、東京での凡走なので適性的には参考外でいいと思うし、
今回延長になるが、小回り+多頭数内枠替わりと摩擦が大きくなりそうなのは何より。
前走先行活性化からの差しに回る位置取りショックで。鞍上が内に拘れば。

・2番手以下の短評
○サウンズオブアース
ネオユニヴァース×DixielandBandのSC系で本命馬と似たタイプ。
ただ同馬の方がまとまっており、レースを投げ出さないのが最大の長所。
春を休養に充てたことに加え、秋まだ3戦目で余力は十分。
前走も90点は付けられる内容だったが、本質は中山の多頭数戦だろう。前進あると見て。
▲リアファル
ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーのLM系。
神戸新聞杯、菊花賞と2戦連続ポテンシャルを示し、一気に飛躍を遂げた馬。
前走も逃げた後一度先頭を奪われながらも、再度伸びてくるというしぶとい走り。
揉まれた後の1人3着後なので、疲労、ストレスは薄い。外枠からスムーズなら。
△アルバート
アドマイヤドン×ダンスインザダークのSC系。
血統の割にはしぶとく、前走の圧勝からも分かるようにSの強いタイプ。
2走前条件戦圧勝から馬が変わった。連チャン期示唆で初G1の鮮度ある今なら。
ステイヤーズS1着馬は過去20年[0-0-0-7]だが、データを破るだけの魅力はある。
△ルージュバック
マンハッタンカフェ×AwesomeAgainのL系。
とにかく順調さに欠いた一年だった。普通に走れば、普通に強い。
前走は位置取りが悪すぎた為参考外。外枠は向くので、あとは楽に先行したい。
△ヒットザターゲット
キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。
凡走後の内枠特注キングカメハメハ。ノーストレス時に内枠が合うのはキンカメの特徴。
前走は外枠で良さが出なかった。内の死んだふり大作戦で。

◎ 単500円
◎⇔○ 馬単表裏100円
◎−○、▲、△×3 馬連100円
◎−△×3 ワイド100円
◎、○、▲ ワイドBOX200円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△、△)の10点買い。○含み200円他1点100円。計3500円
-------------------------------------------------------------------------------------

有馬記念2015考察

有馬記念過去20年
[0-1-0-37]
というデータがあります。
中身が気になる方は→人気ブログランキング

枠順も決まっていよいよですね。

-------------------------------------------------------------------------------------
PR

今年の有馬記念・・

何だか荒れる予感が・・


しませんか?


そう思って今年の有馬記念のために大穴予想で最近頭角を現している
「大五郎」という予想家がどのくらい穴を当てているのか調べてみました!!


すると・・

実際配信された予想
===========================================
11月22日(日) 京都8R

15番 サトノネネ(7番人気)
16番 ヴェルステルキング(11番人気)
この2頭のみを推奨===========================================

え?
こんな穴馬馬券に絡むのか?
と思いながらもサトノネネやヴェルステルキングを絡めた3連単をそれぞれ買い、レースを見ていると・・

1着ボールドジャパン
2着ダイワプロパー
3着ヴェルステルキング
で入線!!

おお!
ヴェルステルキング3着に入った!!
3連単731,450円的中!!



その次の週は大きな的中がありませんでした。。

しかし、12月1週目にまた穴馬をHIT!

実際配信された予想
===========================================
12月5日(土) 中京4R

7番スズカウルトラ(13番人気)
のみを推奨===========================================

13番人気推奨!?

さすがに厳しいんじゃないか・・
と思いつつも先月70万馬券を当ててくれたし、と思いスズカウルトラを3連単の中心にして馬券を購入!
レースが発走し・・

1着エイシンリベラル
2着スズカウルトラ
3着サトノマイヒメ
で入線!!

スズカウルトラ2着!!

3連単210,910円的中!!


20万馬券はめちゃめちゃ嬉しいです!!


大五郎の今週の推奨穴馬を無料で見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメール内に記載されている
アドレスをクリックして登録を完了させてください。
登録後「大五郎のたわ言」というコラムをご覧ください。


その次の週は・・

実際配信された予想
===========================================
12月12日(土) 中山9R 黒松賞
8番ワンダフルラッシュ(11番人気)
のみを推奨===========================================

前走14着に敗れているワンダフルラッシュを推奨?


今回はさすがに外れるのではと思いましたが、
ワンダフルラッシュを軸に3連単を購入。

結果は何と
1着ワンダフルラッシュ
2着タイセイエクレール
3着コスモフレンチ
で入線し、3連単4,524,960円的中!!

過去最高の配当を当てちゃいました!!
そして先週は・・

実際配信された予想
===========================================
12月19日(土) 中山8R 3歳以上1000万下
8番シャラク(6番人気)
13番ヨウライフク(9番人気)
のみを推奨===========================================

今回もまた穴っぽい馬を推奨してきたなぁと思い、
この2頭をそれぞれ3連単に絡めた馬券を購入。

ドキドキしながらレースを見守ると・・

1着ヨウライフク
2着マレーナ
3着フルームーン
で入線!!

3連単335,450円的中!!


「大五郎」・・

すごすぎるぜ・・

この大五郎の穴馬があれば有馬記念前にガッツリ稼げそう!



一度チェックしてみてください!

大五郎の今週の推奨穴馬を無料で見る!※メールアドレス入力後、返ってきたメール内に記載されている アドレスをクリックして登録を完了させてください。 登録後「大五郎のたわ言」というコラムをご覧ください。

有馬記念2015出走各馬見解その3

アンケートをやっているので、投票お願いしますm(__)m
他にいい馬がいればコメント欄に一言下さいませ。ラジオ内で紹介します^^


天皇賞秋出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
オーシャンブルー C(S)系 ☆
 ステイゴールド×Dashing BladeのC(S)系。3年前の有馬記念2着馬だが、同馬は全くと言っていいほど量が無く、一気に不振期に入ってしまった。今年は割とローテが面白く何度か買ったが、そのたびに駄目だった。流石にもう巻き返しは見込めない。
アルバート SC系 ★★★
 アドマイヤドン×ダンスインザダークのSC系。条件戦から3連勝で、前走も圧勝。多分連チャン期に入っているのだろう。ステイヤーズSは[0-0-1-18]。1着馬は[0-0-0-7]。ただ前述したようにSの連チャン期だとローテ論が通用しない。押さえは必要か。
人気ブログランキング SC系 ★★★★
 父は体力とパワーで押すS系種牡馬。母父から一定のCを供給され、SCかSC(L)系といったところだろう。春に重賞で連勝し、秋不振から巻き返した姿はトゥザグローリーと被る。前走先行出来ていたことからも不振期ではないはずで、坂コース替わりなら。
ゴールドアクター LS系 ★★
 スクリーンヒーロー×キョウワアリシバのLS系。非C系でも心身構造がしっかりしているのはスクリーンヒーロー産駒の特徴。前走アル共1着馬は[0-0-0-7]と相性が悪い。しかし2走前はまだ条件戦で生涯ストレスはほとんどない。反動VS鮮度という構図。
トーセンレーヴ L系 ★
 ディープインパクト×CaerleonのL系。ディープはMやCLベースの馬が多いものの、同馬は母父の影響でダウンに強いL主導の馬。前走OP組は[0-0-1-4]で1頭好走。重賞1人1着持ちなのはマイネルブリッジと同じだが、タイプ考えると連勝は余計だった。
ダービーフィズ CL(S)系 ★★
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのCL(S)系。所謂ジャガーメイル配合になるが、同馬はジャンポケの一線級の馬にしては馬体が軽い為C主導の馬になっている。中山芝2500はHペースの方がマイラーが台頭しやすい舞台。Hペース内枠でどこまで。

ここまでの6頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
本命候補。
春G1で凡走した時点から宝塚、有馬での本命を予定していました。
前走先行活性化で差しに回る位置取りを仕掛けられそうなのがなによりですね。

-------------------------------------------------------------------------------------
PR
今「スマートウィン」というサイトが色々なブログやサイトで

紹介されていたので、試しに登録してみました。

メールアドレスを入力して、返ってきたメールをクリックして秘密の質問(1問だけ)
に応えるのみの超簡単登録でしたよ。

試しに1レース買ってみると・・いきなり大的中でした!

<実際配信された予想>
--------------------------------
12月12日(土)中京11R 浜名湖特別

◎10サクセスグローリー
○ 3カレングラスジョー
▲ 5マルカウォーレン
△ 1ストロベリーキング
△ 4マウントハレアカラ
☆ 2マッシヴヒーロー


■推奨買い目■

3連単軸1頭流し

1着 10⇒1.2.3.4.5

--------------------------------

サクセスグローリーから1着流し?
2番人気し、何となく当たりそう!
って事で3連単を購入。

すると・・

1着◎ 10サクセスグローリー
2着△ 4マウントハレアカラ
3着☆ 2マッシヴヒーロー

で入線し、3連単145,870円的中!

2、3着に人気薄が入線しまさかの万馬券・・
馬券を持つ手が震えました(笑)


そしてその次の日はどうだったかというと・・

<実際配信された予想>
--------------------------------
12月13日(日)阪神12R 高砂特別

◎ 2サウススターマン
○ 6ラディカル
▲13アグネスエーデル
△15ロードヴォルケーノ
△ 5キャプテンシップ
☆ 10シャトーウィンド


■推奨買い目■

3連単2着流し 2⇒5.6.10.13.15

--------------------------------

2着流しだけど本当に大丈夫か?
心配だけど当たればでかい!って事で3連単を購入。

すると・・

1着☆ 10シャトーウィンド
2着◎ 2サウススターマン
3着(同着)△ 5キャプテンシップ
3着(同着)△15ロードヴォルケーノ

で入線し、3連単150,460円と3連単206,110円W的中!

生まれて初めて3連単W的中しました。


そして先週はどうだったかというと・・

<実際配信された予想>
--------------------------------
12月19日(土)阪神7R 3歳上500万下

◎ 3エピックウィン
○ 9エイシンファイヤー
▲ 4コランダム
△ 8ニホンピログレース
△12セイジャッカル
☆ 1ミカエルシチー

■推奨買い目■

3連単1着流し

1着 3⇒1.4.8.9.12

--------------------------------

11番人気のエピックウィンから1着流し?
本気か?
心配で心配でたまらなかったけど勇気を出して3連単を購入。

すると・・

1着◎ 3エピックウィン
2着☆ 1ミカエルシチー
3着▲ 4コランダム

で入線し、3連単114,830円的中!

まさかエピックウィンが勝ち切るとは・・


そしてその次の日は・・

<実際配信された予想>
--------------------------------
12月20日(日)阪神6R 2歳500万下

◎10シゲルノコギリザメ
○ 5ソルヴェイク
▲ 1メイサ
△ 8ポートレイト
△ 3スティルプリンス
☆ 2ファンニードル


■推奨買い目■

3連単1着流し 10⇒1.2.3.5.8

--------------------------------

7番人気のシゲルノコギリザメからの1着流し・・
このサイト勇気あるな(笑)
当たると事を信じよう!って事で3連単を購入。

すると・・

1着◎10シゲルノコギリザメ
2着☆ 2ファンニードル
3着○ 5ソルヴェイク

で入線し、3連単79,960円的中!

穴馬券当てるって良いですね。

もう、仕事やめようかな(笑)


さらに今登録すると
・3,000円分のポイントプレゼント(有料予想が1レース無料で見れます)

・27日(日)の朝8時頃に有馬記念の馬連3点予想が無料で配信されます!(すごくレベルの高い予想と根拠が配信されます)



他にも無料で見れるコンテンツがいくつかありますので、
まずは無料でお試しください!



色々ありますけど、「まずは無料で利用できる」ってのが
大事ですよね。


無料だとメリットしかありませんから(笑)

詳細はコチラ

有馬記念2015出走各馬見解その2

アンケートをやっているので、投票お願いしますm(__)m
他にいい馬がいればコメント欄に一言下さいませ。ラジオ内で紹介します^^


天皇賞秋出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
ラストインパクト LC系 ★★
 ディープインパクト×ティンバーカントリーのLC系。母父から体力を供給した分やや集中力が落ちLCベースの馬になっている。前走JC2着馬は[1-1-1-10]。ドトウ、エアグルーヴ等集中状態の馬で何とか好走できている状況。秋天から一変した分反動が怖い。
ワンアンドオンリー S系 ★☆
 ハーツクライ×タイキシャトルのS系で、菊花賞を惨敗して以降不振期に入ってしまった。前走JC6〜9着の馬は[0-1-0-34]。唯一2着に入ったのはエイシンフラッシュで、奇しくも同じダービー馬になる。前走も先行して0.3差と、復調は感じられる内容だった。
リアファル LM系 ★★★☆
 ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーのLM系。父、母父共に体力や量優勢の種牡馬で、同馬もそういったタイプになる。今回初の短縮になりタイプ的には合わないが、スローペースなら短縮ペース落ちの逃げられなかった逃げ馬になる。揉まれなければ。
人気ブログランキング SC系 ★★★☆
 父は走る意欲が豊富なS系種牡馬で、母父は延長が得意な体力豊富な種牡馬。同馬の長所はとにかくレースを諦めないところ。2走前のようなL条件でも走れたのがその何よりの証拠だろう。今年に入ってまだ5戦目とまだまだ余力十分。内枠引ければ。
ヒットザターゲット L(CS)系 ★★★
 キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。母父がL系でかつてはダウンの鬼だったが、ノーストレス時なら内を突けるのが同馬の強み。JC10着以下は[0-2-4-26]。G2勝利経験馬が連続凡走で人気を落として巻き返すのがパターン。割と条件は揃った。

ここまでの5頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
鞍上が頑張らせて若干走り過ぎた嫌いはあるものの、やはり本質はS条件の内枠だと思います。
今年は苦手なところでも見せ場を作っているので、ようやく得意なところがきた感じです。
ヒットザターゲットも巻き返しパターンと合致。重賞1人1着経験があればもっと良かったですが。

-------------------------------------------------------------------------------------
PR
今週は有馬記念!って事で、
「絶対有馬記念当てて2015年をすっきり終わらせたい!」

という思いから、以前からずっと気になっていた「競馬スピリッツ」
血統予想家「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想を試してみました。

登録はメールアドレスを入力して帰ってきたメールに記載されているアドレスを入力するだけだったので45秒で登録できました(笑)

まずは11月21日の予想から試してみました!!


実際配信された無料予想1
----------------------------------------------

11月21日 京都11R アンドロメダステークス

◎2アルバートドック
○1ケツァルテナンゴ
▲6トウシンモンステラ
△11トーセンレーヴ
△4トラストワン
△10マデイラ

3連単1頭軸流しマルチ 2→1、4、6、10、11 60点

----------------------------------------------

ちょっと点数が多いけど1番人気のアルバートドックが軸だし当たるかも!と思い、3連単を購入。

すると・・
1着△11トーセンレーヴ
2着△4トラストワン
3着◎2アルバートドック

で入線し、見事3連単的中!!
配当金額は・・77,420円!!

マルチで買っておいて良かった・・

そして翌週の京都2歳ステークスもバッチリ的中でした!!

実際配信された無料予想2
----------------------------------------------

11月28日 京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3)

◎4ドレッドノータス
○11ロライマ
▲3アドマイヤエイカン
△2ケルフロイデ
△1リスペクトアース
△10ジョルジュサンク

3連単1頭軸流しマルチ 4→1、2、3、10、11 60点

----------------------------------------------

また60点か・・
点数多めだけど先週のアンドロメダステークスみたいに人気薄が上位に来れば配当が跳ね上がるし、それを期待しよう!と思い、3連単購入。
そしてレースが発走し・・

1着◎4ドレッドノータス
2着△1リスペクトアース
3着▲3アドマイヤエイカン

で入線し、またまた見事3連単的中!!
配当金額は・・14,300円!!

3着のアドマイヤエイカンと4着のジョルジュサンクがクビ差だったので3〜4着が入れ替わっていたら700倍ついた
のに・・まあ当たったからよしとしよう!

2週連続で的中していたので、調子に乗って12月5日の
ステイヤーズステークスにもちゃっかり参加(笑)

実際配信された無料予想3
----------------------------------------------

12月5日 中山11R ステイヤーズステークス(G2)

◎2アルバート
○8メイショウカドマツ
▲11ファタモルガーナ
△1トゥインクル
△7カムフィー
△14スズカデヴィアス

3連単1頭軸流しマルチ 2→1、7、8、11、14 60点

----------------------------------------------

今度はアルバート軸か・・
しかも長距離重賞という事で血統評論家の栗山氏なら大丈夫でしょう!
という事で、自信を持って3連単を購入!!

すると・・
1着◎2アルバート
2着△7カムフィー
3着△1トゥインクル
で入線!!
3連単23,390円的中!!

さすが長距離重賞での血統評論家の予想は違いますね。。


そして先週は武豊騎手のJRA全平地G1勝利という大記録のかかった朝日杯フューチュリティステークスの予想が配信されました。

実際配信された無料予想4
----------------------------------------------

12月20日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス(G1)

◎15リオンディーズ
○11エアスピネル
▲12シュウジ
△7イモータル
△9ボールライトニング
△2ショウナンライズ

馬単ながしマルチ 15→2、7、9、11、12
----------------------------------------------

おっ、武豊騎手のエアスピネルを差し置いて
リオンディーズが軸ですか。。
気持ち的には武豊騎手に勝って欲しいと思いつつも馬券は別!!って事でリオンディーズからの馬単を購入(笑)。
そしたら・・

1着◎15リオンディーズ
2着○11エアスピネル
で入線!!

馬単1340円的中!!


デムーロありがとう。。

今週の栗山求の無料予想は『有馬記念』と『阪神カップ』の
2レースみたいですよ!!


特に『有馬記念』は距離が2500メートルで血統適性が大事だと
思うので
みなさんもチェックしてみてくださいね!

もちろん私もチェックします!
せっかくの有馬記念ですから色々な予想家の予想を参考にしてみるのもありだと思います!!

栗山求氏の『有馬記念』と『阪神カップ』の買い目をこちらから無料で見てみてください!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

そしてつい先ほど知ったのですが(笑)、月額840円(税込)の有料会員になると
栗山求氏の『勝負レース!』が1週間で4レース見ることができるみたいです。

この『勝負レース!』なんですが、11月15日になんと
東京5R 2歳新馬で三連単195,840円を的中させていたんです!


月額840円(税込)で19万馬券をGETできるなら入っておけばよかった(泣)

月額840円(税込)の有料会員になるにはまず無料会員登録をした後に
サイト内で手続きをして有料会員になれます。

おすすめです!!


栗山求氏の『有馬記念』と『阪神カップ』の買い目を無料で見てみる!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

有馬記念2015出走各馬見解その1

アンケートをやっているので、投票お願いしますm(__)m
他にいい馬がいればコメント欄に一言下さいませ。ラジオ内で紹介します^^


天皇賞秋出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
ゴールドシップ C系 ★★
 ステイゴールド×メジロマックイーンのC系。同馬は外回りの軽いレースで凡走し、内回りの重いレースで好走する特徴を持つ。よって東京→中山替わりはプラス。問題は年齢を重ねて走る意欲が落ちていることだろう。秋3戦目で余力があるのはいいが…。
ラブリーデイ LS系 ★★☆
 キングカメハメハ×ダンスインザダークのLS系。スタミナは無いので、距離を誤魔化せる中山芝2500mは良いだろう。問題は秋4戦目の疲労になる。JC3着馬は[3-0-1-6]だが、そこで2分25秒を切った場合は[0-0-1-5]と不振で、疲労が残るステップ消化。
キタサンブラック S系 ★★☆
 ブラックタイド×サクラバクシンオーのS系。前走は数々のジンクスを破る勝利で、想像以上に強い馬だと認識させられた。前走菊花賞1着馬は[4-1-0-4]。しかし5人気で0.0差勝ちは反動が気になるし、父も疲労耐久力が低い。まあ同馬は突然変異だろうが…。
ショウナンパンドラ C系 ★★
 ディープインパクト×フレンチデピュティのC系。前走JC1着馬は[3-2-0-4]だが、JCで1人1着だった馬(降着含む)を除くと[0-1-0-4]になる。昨年もエピファがこのステップ消化で敗戦。C主導で内枠向きの馬だが、ストレスを考えると内枠も喜べない状態。
マリアライト LC(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×エルコンドルパサーのLC(S)系。母父から体力を供給し、ディープの弱点をフォローした配合になる。潮来特別の内容からもここへの適性は間違いない。だがエリ女から好走した2頭には牡馬混合の重賞勝利経験があった。やや格が弱い。
人気ブログランキング L系 ★★★
 父は量と体力優勢のL系種牡馬。同馬も量が豊富でL主導のタイプ。前走はスローの外枠でタイプ的には良かったのだが、出遅れもあって位置取りが悪すぎた。今回は延長で前に行く位置取りを仕掛ければ。精神的に脆さがある為、輸送が無いのもプラス。

ここまでの6頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
春に十分ポテンシャルは示しているので、あとはそれが出せるかどうか。
前走は休み明けの外枠平坦とベスト条件ではあったのですが、いかんせん位置取りが悪すぎて。
秋まだ2戦目で疲労はほとんどないのが良いですね。
外枠からすんなり先行する形が取れれば面白いと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------
PR
今週は有馬記念が行われます。自分自身で傾向を調べるのはもちろんですが、後悔しないためにも少しでも色々な情報を手に入れておきたいところです。有馬記念のお供に是非是非プロの見解を参考にして見てください。私もコラムを読みつつ考察頑張ります(`・ω・´)

【大波乱】今年の有馬記念は人気どころに危険信号点灯中!?

今このメールをご覧になっているアナタは競馬が好きで、
競馬を心から楽しみたいと考えていると思います。

もし心の底からそう思っているならば、私達は協力を惜しみません。

なので、アナタが満足するまで完全無料でお届けします!

どうですか?
もちろん・・・

完全無料という言葉に二言はございません!


「そんなオイシイ話ある?」
「何か裏がありそう・・・」

ハッキリ言いましょう。
裏はありませんが、オイシイ話はあります!


だって無料で儲かるオイシイ話があるなら聞かなきゃ損じゃないですか?

これはビッグマウスではありません!
真実だからこそ、ここまで堂々と言えるのです!

まずはアナタがこれまで経験した事のない、本物のプロ予想家による
情報提供を完全無料登録でお試しください。

■本当に当たってる情報、まずは有馬記念でお試しください
こちらからメールアドレスのみで登録できます。
※メールアドレス入力後返ってきたメールに記載されているURLをクリックして登録を完了させてください。

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
人気どころに危険信号で大波乱確定!?

 2015年総決算 第60回 有馬記念(G1)

   一年の終わりは何かが起こる!

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★


「今年の年末総決算、有馬記念は大波乱確定!?」



なぜならば・・・有力各馬に危険信号が点灯中!


引退を決め、ラストランで人気を集めるであろう、
あのゴールドシップや、絶好調のラブリーデイに
男馬にも負けない実力を持つショウナンパンドラも信頼は危険!?

引退を決めた馬が走る有馬記念は「必ず何かが起こる!」


そして、スターホースが消える時、
必ず好走する馬には共通する『ある特徴』があった!

謎が波乱を呼ぶ2015年総決算有馬記念!


今年、グランプリレースの馬券圏内に入る3頭を無料でお見せします。


もちろん土曜に開催のお宝レース、『阪神カップ(G2)』も
完全無料でマル秘情報を公開します!


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
こちらからメールアドレスのみで登録できます。

※メールアドレス入力後返ってきたメールに記載されているURLをクリックして登録を完了させてください。

有馬記念予想◎ゴールドシップ

競馬関連でラジオ始めました!
有馬記念の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

5頭以外にいいのが思い付いた方は片方に投票しつつコメント欄に書いてください(゚∀゚)

 −指針− 自信度★★★★★
本命はグランプリのみ適性高いゴールドシップ。
あとは鮮度と異端性のあるディープを中心に。出走各馬の見解は考察をご覧ください
→有馬記念 出走各馬見解そのそのその

◎ゴールドシップ
○トーセンラー
▲ラキシス
△ジャスタウェイ
△ラストインパクト
×トゥザワールド

◎ゴールドシップ
ステイゴールド×メジロマックイーンのC系配合馬。
体力優勢のタイプで、坂コース向きの馬。つまりグランプリでのみ買える馬。
C系考えると外枠は嫌な材料だが、岩田替わりはプラス。上がりが掛かれば。

・2番手以下の短評
○トーセンラー
ディープのM系。マイルCSからの異端臨戦。内枠替わりからの前に行く位置取りショックで。
▲ラキシス
ディープのCM系。内枠大きい。初の古馬混合G1出走という鮮度持ち。良い鞍上も確保できたので。
△ジャスタウェイ
ハーツクライ産駒のLS(C)系。大外枠は不利も能力上位。能力だけで買う。
△ラストインパクト
ディープのLC(S)系。2連勝でリズム良い。金鯱賞圧勝後で裏開催からの一撃必殺。
×トゥザワールド
キンカメのL系。初めての人気落ち。凡走後なら内枠でも大丈夫なのは兄と一緒。バウンド短縮。

◎、○、▲ 馬連BOX200円
◎1頭軸の3連複1点200円○含みは300円の10点買い。計3000円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

メイショウマンボ LS系 ★
 スズカマンボ×グラスワンダーのLS系。以前はSの強さを見せていたが、段々と我慢が利かなくなりLが強く出てきている。エリザベス女王杯組は過去[0-3-0-12]。2着の3頭は全馬鮮度ある3歳馬で、エリ女3着以内から。3走連続2桁着順では、さすがに厳しいか。
ラキシス CM系 ★★★
 ディープインパクト×Storm CatのCM系。ディープのまとまりをベースになかなか集中力を感じさせるタイプ。エリ女からの臨戦は上述した通り。秋3戦目ならお釣りはまだありそうだし、ディープの初の古馬混合G1戦。内枠を引けたのも良く、反動が出なければ怖い存在。
ラストインパクト LC(S)系 ★★★
 ディープインパクト×ティンバーカントリーのLC(S)系。どの要素も持ちつつ、母父からLが強いタイプか。金鯱賞組は[0-2-0-4]で2着した2頭は金鯱賞3着以内。有馬に照準を合わせたローテは好感が持てるので、あとはティンバー、菱田とどう付き合うか(笑)。取捨難解。
ワンアンドオンリー SorSL系 ★★
 ハーツクライ×タイキシャトルという配合馬で、乗り難しい面があるようにS主導のタイプ。前走JC6着〜10着は相性悪く[0-1-0-33]。父ハーツクライも神戸新聞杯を好走した後、菊花賞、JCと凡走し、不振期に入った。同馬の場合神戸を勝てたので、そこに一縷の望み。
ヴィルシーナ CS(L)系 ★☆
 ディープインパクト×MachiavellianのCS(L)系。元々C主導のタイプだが、先行力があるようにSもある。エリ女組は着順が悪いと相性も悪く、ローテ的にはかなり厳しい。ただ同馬の場合、宝塚記念3着があるように重い馬場でも走れる。内枠は良いので、逃げられれば。
以上で考察終了。
現時点での予想は
◎ゴールドシップ
○トーセンラー
▲ジャスタウェイ
△ラキシス
△ラストインパクト
×サトノノブレス
×トゥザワールド

暮れの中山という舞台では鮮度より適性がモノをいうでしょうね。
…ですが、ディープにはその常識が通じないので、鮮度、異端性のある馬は拾ってみました。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

ジャスタウェイ LS(C)系 ★★★☆
 ハーツクライ×Wild AgainのLS(C)系。ハーツクライにしてはどの要素も持っており、LSベースでややCが薄いタイプ。JC2着馬は[1-1-1-9]と相性はイマイチも、この1着は奇しくも同馬の父ハーツクライである。有馬記念は蓄積疲労がテーマ。秋3戦目なら余力は十分。
デニムアンドルビー LC系 ★
 ディープインパクト×キングカメハメハのLC系。母父の影響かディープの割にエンジンの掛かりが遅く、広いコースを伸び伸び走って良いタイプである。JC10着以下は[0-2-4-25]とそこまで悪くない数字だが、中山で上積みのあるタイプではなく、ちょっとピントがずれる。
トーセンラー M系 ★★★☆
 ディープインパクト×LyciusのM系。毎回自分の力分は走る馬で、従順なタイプ。それだけに1枠1番という枠は願ってもない枠になった。スロー確定なメンバーで武豊がバウンド延長で前に行く位置取りショックを仕掛ければ。異端臨戦で鮮度補完されれば一発あっても。
トゥザワールド L系 ★★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのL系。兄のグローリー同様、集中力より体力、パワーで押すタイプである。兄はこのレース2度の3着があり血統的には面白いが、下降線を辿っているような戦績は気掛かり。菊花賞はキンカメ鬼門のレースで、そこは怖いが…。
フェノーメノ M系 ★★
 ステイゴールド×デインヒルのM系。ステゴなら中山替わりは不気味とはいえ、同馬の場合母父から軽さを与えられている為ステゴっぽくない。疲労に弱いので前走凡走の形は悪くないが、今度はリズムの問題が出てくる。ここ2戦共見せ場に乏しく、春の走りは期待薄か。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

ウインバリアシオン LS系 ★★
 ハーツクライ×Storm BirdのLS系。父、母父共に体力、量優先のタイプ。前走G1を除いた1800m〜2000mの重賞使用馬は[1-3-1-31]という数字なのだが、そこで6着以下だった馬に限ると[0-0-0-14]になる。昨年が3着からの臨戦だっただけに、今年はどうか。
エピファネイア S(LC)系 ★★☆
 シンボリクリスエス産駒のS(LC)系。前走JC1着馬は[3-2-0-3]になるが、JCで1人1着だった馬(降着含む)を除くと[0-1-0-3]になる。ちなみにこの2着も日本馬の中では1人気だったスペシャルウィークである。布石を使い切り、適性だけで買うと痛い目を見そう。
オーシャンブルー C系 ★
 ステイゴールド×Dashing BladeのC系。母父はミルリーフの系統で、ナスルーラ注入。ステゴ考えても中山の混戦はベストになる。しかし前走マイナス体重で惨敗しており、状態面の不安が大きい。昨年も休み明けの大幅減からリズムを崩した。一昨年の2着馬だが…。
ゴールドシップ C系 ★★★★
 ステイゴールド×メジロマックイーンのC系。同馬の場合は単純で、走りたい時に走る(笑)。要は高速でない馬場の坂コースで上がりが掛かれば良い。有馬、宝塚はその条件が揃いやすい為、得意としている。ただ前走高速平坦凡走後ではない分、苦→楽の落差は小さい。
サトノノブレス LC(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×トニービンのLC(S)系。以前はC主導と考えていたが、近走はスピードが足らずLCっぽい走りになっている。連勝がないように反動に弱い面はあるものの、LCなら延長臨戦は悪くない。母父トニービンと血統的にも魅力があるので、穴なら押さえても。
ジェンティルドンナ SC系 ★★
 ディープインパクト×BertoliniのSC系。強靭なSをCでフォローしたチャンピオンタイプ。タイプ的に中山も悪くはないが、同馬の場合実際にどうかは別として、東京巧者と思われ東京に体調を合わせられた面がある。鮮度が消えて、秋天、JCとリズムも低下。巻き返しは困難。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念予想◎オルフェーヴル

競馬関連でラジオ始めました! 有馬記念の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
ゲストにすり身さん、ナッキーさんのMラーコンビをお呼びして盛り上がっております!

 −指針− 自信度★★★★★
有馬記念ということで毎年恒例の自信度5。
悩みに悩みましたが、やはり最後は主役に締めてもらいましょう。

◎オルフェーヴル
○ダノンバラード
▲ヴェルデグリーン
△ゴールドシップ
△アドマイヤラクティ
×ルルーシュ

◎オルフェーヴル
ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。
大阪杯やフォア賞で見せたレース振りからSが弱まってバランスの取れたCS系になっている。
年齢重ねて疲労にも弱くなっていると思うので、異端休み明けのローテはプラス。
爆発力が無くなったかわりに安定感は増しているイメージ。軸なら。

・2番手以下の短評
○ダノンバラード
ディープインパクト産駒のM系。
東京根幹距離外枠敗退後の中山非根幹内枠。AJCC勝ち馬が近年有馬記念で良く穴を開けている。
▲ヴェルデグリーン
ジャングルポケット×スペシャルウィークのSC(L)系。
秋天で人気より凡走した組は好相性。S主導で武器を持ってるタイプ。嵌れば。
△ゴールドシップ
ステイゴールド産駒のC系。
重い質のレースになれば強いので、そっちに寄れば。高速上がり勝負後なので苦→楽。
△アドマイヤラクティ
ハーツクライ産駒のLMorSM系?
ジャパンカップが異様な頑張りで反動不安も、前に行く位置取りを仕掛ければ父を髣髴とさせる。
×ルルーシュ
ゼンノロブロイ産駒のLM系。ストレスに弱く目黒記念から完全交互で、今回は○のタイミング。
中山[0-0-0-3]も、この3回はとにかく臨戦が悪すぎたので参考外。

◎1頭軸の3連複1点300円の10点買い。
◎、○2頭軸3連複1点200円の4点買い。計3800円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

ナカヤマナイト SC(L)系 ★
 ステイゴールド×カコイーシーズのSC(L)系。ステゴにしてはCが弱くまとまっている。何度もG1で買ったさ…ステゴの文字に何度騙されたことか、てか母父カコイーシーズだよ? 代表産駒がラヴァリージェニオだしw 有馬記念に出走してきたら、うわすげー穴開けそう!!危ない危ない、罠だこれは。もうG1では買わんぞ。
ラブイズブーシェ ?系 ★☆
 マンハッタンカフェ×メジロマックイーンでタイプはよく分からない。ローカルや北海道で良績を残しているように、時計が掛かる馬場を得意とする古臭いタイプ。そういう意味では有馬記念という舞台は悪くないし、初G1という鮮度もある。しかし、前走休み明けの大幅馬体減で高速タイムの激走後ではちょっと手が出せない。
ラブリーデイ L系 ★☆
 キングカメハメハ×ダンスインザダークのL系。いわゆるショウリュウムーン配合である。しかし、ショウリュウムーンよりはLが強めで軽さを持っており、淡白なレースを好む馬だろう。小倉記念、金鯱賞の激走が共に休み明けだったのは偶然ではないと思う。叩いて上積みのあるタイプではないので、ここは素直に消す。
ルルーシュ LM系 ★★☆
 ゼンノロブロイ×Highest HonorのLM系。休み明けや摩擦の小さいレースを好む典型的なL系馬である。中山は3戦して全敗だが、レコード激走後2回と蓄積疲労がピークだったAJCCなので、これだけで適性は計れない。母父がナスルーラ系で血統的には不気味。JCからの臨戦をダウンとするなら一縷の望みはあるか。
ヴェルデグリーン SC(L)系 ★★★
 ジャングルポケット×スペシャルウィークのSC(L)系。前走秋天組はダノンのところで書いたので割愛。ダノンよりSが強く、有馬記念のイメージは湧く馬である。秋天で人気より凡走した組は相性が良く、新潟大賞典での凡走も中山適性の裏返しに映る。ジャンポケ、ウメノファイバーの血統から中山巧者が出るとは面白い。

以上で考察終了。現時点での結論は
◎オルフェーヴル
○ダノンバラード
▲ヴェルデグリーン
△エイシンフラッシュ
△ゴールドシップ
△アドマイヤラクティ
×ルルーシュ
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

タマモベストプレイ CL系 ★★
 フジキセキ×ノーザンテーストのCL系。全兄弟にトッププレイやホットプレイがいるが、同馬はそれらの馬より距離適性が長めにある。前走G3組は[0-1-1-23]。好走した2頭には2000m以上の重賞で1人1着経験があった。安定はしているが、その分破壊力が乏しくもう少し格が欲しい。素直に京都金杯でいいと思うのだが。
ダノンバラード M系 ★★★☆
 ディープインパクト×UnbridledのM系。天皇賞秋からのローテは[4-2-3-16]で比較的好相性なステップ。さらに秋天で人気以上に凡走しつつ2200m以上の重賞勝利経験がある馬だと[4-2-1-6]になる。同じまとまったタイプのナカヤマが昨年穴人気して散ったが、同馬の場合2度のG1好走歴があり格では上の存在。
テイエムイナズマ S(LC)系 ★
 ブラックタイド×DanzigのSやLが勝ったまとまりタイプ。2歳時のマイル重賞を制覇しているので距離適性は短めに思えるが、血統やタイプ的には万能だろう。前走G3で10着以下の馬は[0-0-0-10]。いつか穴を開けそうな馬に映るが、毎回毎回脇役の域を脱してこない。もう少し重賞でポテンシャルの証明が欲しい。
デスペラード S系 ★★☆
 ネオユニヴァース×トニービンのS系。父ネオユニヴァースにはヴィクトワールピサ、母父トニービンにはハーツクライやアドマイヤモナークがおり、血統的には面白い。だが、ステイヤーズS組が過去[0-0-1-17]と相性が良くない。またそこで実質ダウン+前に行く位置取りショックを使ってしまったので、再度のアップでどうか。
トーセンジョーダン SC(L)系 ★★☆
 ジャングルポケット×ノーザンテーストのSC(L)系。前走のジャパンカップではG1馬という格を最大限に活かした3着激走。ジャパンカップで3着以内に走った馬の中で、人気より走った馬は[1-2-0-13]。好走した3頭には年内のG1で勝利経験or2度以上の連対経験があった。前走で力を出し切った感は否めず反動ありそう。
トゥザグローリー L(SC)系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのL(SC)系。休み挟んでから京都大賞典好走、天皇賞秋凡走、金鯱賞好走という○×○というリズムを刻んでおり、タイミングはイマイチ。前走G2組もG3組と同様、あまり相性が良くなく[2-1-3-41]。ただL主導で鮮度の影響を受けにくいタイプではあるので、ルメールならやや不気味。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念 出走各馬見解

有馬記念出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

アドマイヤラクティ LM系 ★★★
 ハーツクライ×エリシオのLM系。ハーツのSを母父のLで中和したタイプになる。父は自身が有馬記念を制し、母父エリシオには同レース2着だったポップロックがいる。JC3着〜5着だった馬は過去[4-1-4-15]、単複回収率はどちらも90%超えと優秀。ただ秋4戦目で蓄積疲労が不安。先行の位置取りショックは必須か。
ウインバリアシオン LS系 ★★
 ハーツクライ× Storm BirdのLS系。上記したラクティもそうだが、ハーツクライ産駒は母父にスケール感ある量系が入ると安定感が出て大成する。金鯱賞は休み明け得意なL系が人気薄で激走した形となり、臨戦的にはかなり厳しい。またこちらは位置取りが期待できず、その点でもマイナス。春天に期待ということで。
エイシンフラッシュ LC(S)系 ★★★☆
 King's Best×プラティニのLC(S)系。JCはSペース替わりのいかにもな局面だったが、凡走に終わった。ストレスに弱く、昔から突然のポカが良くある。またL主導の割に逃げは合わないタイプで、それも良くなかった。JC10着以下は[0-2-3-28]とイマイチだが、巻き返した馬にはL系が多く同馬らしいタイミングではある。
オルフェーヴル CS系 ★★★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。C主導にしたが、かなりSも強いタイプである。ただ今年の大阪杯やフォア賞を見るに、年齢を重ねていい意味でも悪い意味でもSが無くなって安定感は出てきた。昨年も凱旋門後という臨戦でJCを2着しており、複勝圏の軸なら。まああまり同馬に言いたい台詞ではないが…。
カレンミロティック SL系 ★★☆
 ハーツクライ× A.P. IndyのSL系。短縮の高速馬場で圧勝歴があったり、Sを感じさせる。金鯱賞はリズム保有時の休み明けというハーツ産駒のベストタイミングだったので、反動は大きいだろう。これはもうストレス相殺の逃げを打つしか道は無い。オルフェを一番知ってる鞍上の作戦は逃げ以外考えられない。単勝は買う。
ゴールドシップ C系 ★★★
 ステイゴールド産駒のC系。ここ2戦凡走しているが、C系とするなら休み明けのダウン、スローの外枠上がり勝負の負けで、酌量の余地はある。同馬の場合ステゴにしては馬格があって体力もあることから、捲りという戦法が出来てしまった。同世代や新鮮な時ならそれも通用していたが…。内枠引いて馬群に入れたい。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念重賞考察

印を打っていない馬にも一言。

・ローズキングダム
C主導で一度リズムを崩すと元に戻ってこられない。
2000前後のスロー内枠がベストな条件で、2500mも単純に長い。

・エイシンフラッシュ
交互できているので、LC系というタイプを考えても悪くはないが、昨年の2着が邪魔しての過剰人気。
そしてここにきて三浦への乗り替り。流れが悪すぎる。

・スカイディグニティ
ブライアンズタイム×ノーザンテーストの正統派なSC系で、過去の馬だとトーホウシデンっぽい。
Hペース激戦なら面白いが、トゥザ本命で平均遅めを想定しているので。

・アーネストリー
グラスワンダー産駒のS系。昨年はJCをパスした有馬記念黄金ローテで惨敗。
オールカマー勝った後から不振期突入。近走では逃げることもできなくなっており、再浮上は厳しいか。

・ネヴァブション
マーベラスサンデー×Mill ReefのLC(S)系。先行するのもままならなくなっているように、走る気が落ちた状態。
この条件は合うが、さすがにリズムが悪すぎ。かつてのSの強さがある頃なら、だったが。

・オーシャンブルー
ステイゴールド産駒のC系。馬体重の軽い純C系は父もそうだったように反動を吸収し辛い。
それがこの交互の戦績に繋がっているのだろう。来年に期待という事で。

・ダイワファルコン
ジャングルポケット産駒でS主導。S++C(L)? バランスの悪い分裂型のS系というイメージ。
福島記念の内容は強かったが、秋天のあとあっさりダウンに反応したあたり、再度のアップでどうか。

・ダークシャドウ
ダンスインザダークのSC系。しかし母母父にはダンチヒの名前があり、近走戦績的にもM系っぽくなっている。
M系と考えるならエアシェイディのように狙えるが、古馬ダンス産駒の距離延長は?

・オウケンブルースリ
ジャングルポケット産駒のLC(S)系。実績が示す通り、長くいい脚を使うタイプで中山不向き。
2年前の有馬で買って負けて以来、もう有馬じゃ買わないと決めた。

・ナカヤマナイト
ステイゴールド産駒のCS(L)系で、まとまり系に近い。言い換えればこれといった武器を持ってないタイプといえ、
ゴッホのようにS特化型なら考えるが、この距離でこの穴人気。ここで走るなら宝塚でもっと肉薄してるはず。

有馬記念予想◎トゥザグローリー

競馬関連でラジオ始めました! 有馬記念の見解もこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

 −指針− 自信度★★
毎年有馬では自信度5ですが、今年は体調最悪で予習もしてない始末。
直感で予想します。

◎トゥザグローリー
○トレイルブレイザー
▲ルーラーシップ
△ゴールドシップ
△ルルーシュ
×ビートブラック

◎トゥザグローリー
キングカメハメハ×サンデーサイレンスのL(SC)系。
昨年は京都記念、日経賞という関西圏重賞2勝が効いて3着激走。
今年も日経新春杯、鳴尾記念と関西圏重賞2勝を挙げていて、能力に衰えは無い。
秋天はL系の休み明け大幅馬体減、JCDは初ダートと敗因は明確だし、
叩き3戦目でダ→芝、バウンド延長のショックなら。

・2番手以下の短評
○トレイルブレイザー
ゼンノロブロイ産駒のまとまり系で、まとまり系の異端臨戦。
他があまり良く見えないので、相対的に2番手。
▲ルーラーシップ
このレースで引退らしいですけど、結局この馬何系だったんだろ。最後まで分からず。
昨年は長期休み明けを外枠から4着。今年の臨戦の方が上で、出遅れなければ。
△ゴールドシップ
過去20年、菊花賞を1人1着で0.3差以上圧勝した馬は[1-2-0-0]。
ただ同馬の場合短縮適性の証明が薄い。前走よりスムーズにはいかないだろう。
△ルルーシュ
ゼンノロブロイ産駒のLM系で鮮度十分。
中山敗退後の東京勝利でタイミングは良くないが、人気落ち+関東重賞中位人気特注横山典弘で相殺。
×ビートブラック
ジャパンカップよりは有馬の方が逃げやすそう。
前走で布石を吐き出した感は否めないが。

◎ 単100円
◎ 複200円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円の600円。
◎−×のワイド100円。計1000円。
-------------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

有馬記念感想

帰って結果を見てびっくり。

自信度は5でしたけど、これは毎年のことなので…。
実は予想した後も今年は全然ダメだったなと思いながら、
京都金杯でヒットジャポットが内枠引いたら◎を打とうだなんて考えてました(←半分諦め)
それくらいの気持ちだったので、結果を知ったときは本当に嬉しかったです。
ここ数回程度ですけど、回顧や考察をやったのが実を結んだのかもしれません。

そしてコメントや拍手をたくさん下さってありがとうございました。
これを糧に来年も頑張っていく所存で御座います。
多分今年ラスト2くらいの記事になると思うので、まとめっぽい感じになってしまいました。
皆様よいお年を。そして京都金杯の内枠フジキセキで会いましょう(中山スルー)。

有馬記念予想◎オルフェーヴル

 −指針− 自信度★★★★★
有馬記念ということで毎年恒例の自信度5。
1番人気のオルフェーヴルを軸にして最後くらい当ててやります。

◎オルフェーヴル
○エイシンフラッシュ
▲ブエナビスタ
△アーネストリー
△トゥザグローリー
×レッドデイヴィス

◎オルフェーヴル
ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。
ドリジャよりCに特化しておらず、量もあって何でもござれといった感じ。
ディープもC系配合なのに捲りながら勝つ馬だったが、その雰囲気に似ている。
一応考察でも見てきた通り、複勝圏内は外さなそう。池添なら1番人気も苦にならない。

・2番手以下の短評
○エイシンフラッシュ
東京向きのイメージだが、京成杯1人1着、皐月賞3着がある。
2走前くらいのパフォーマンスが出せれば十分圏内。ルメールで前に行く位置取りショック欲しい。
▲ブエナビスタ
G16勝馬に▲とは失礼な話だが、まあ同馬の引退レースは▲でしたと(爆)。
ジャパンカップ1人1着で大崩れは考えづらい。岩田なので人気の内枠だと秋天のようになりそうでそこが怖い。
△アーネストリー
2走前好走→秋天人気より凡走→有馬記念というローテは抜群の相性の良さを誇る。
東京は向かないと見るや有馬に照準を絞ったトゥーカッターローテに乾杯。佐々木−佐藤哲の策士コンビ。
△トゥザグローリー
春先とはいえ、京都記念、日経賞の連続1番人気1着が同馬の能力を証明している。
3着くらいに入って、やっぱり能力あんじゃん!!みたいな声が聞こえてきそう。
×レッドデイヴィス
S系の連チャン期に入れば。
激走の接戦勝ち後も母父トニービンなら関係ない。鮮度、異端性共にあり不気味。

1頭軸の3連複1点200円○含みは400円の10点買い。計2800円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

有馬記念考察 〜出走馬簡易コメ〜

有馬記念出走馬の簡易コメです。[]内の数字は過去20年のものです。

ブエナビスタ SC(L)系 ★★★★
 スペシャルウィーク×カーリアンのSC(L)系。スペシャルウィークのSCをカーリアンのLで包み込んでバランスを取った馬。ローテを見ていくとジャパンカップを1人1着だった馬は過去[3-1-0-0]。昨年のブエナは1着降着だったので、それを除けば[3-0-0-0]。広いコースが良いのは事実だろうが、消すのは無謀で本命候補。
ヴィクトワールピサ S系 ★★
 ネオユニヴァース産駒のS系。ジャパンカップは休み明けで半々という局面だったが、負け方といいハーツクライを思い出すいかにもS系の不振期といった敗戦だった。やはりドバイWCを勝った反動は甚大だった様子。ジャパンカップを惨敗から巻き返しているのは格下馬が多く、ここまでのエリートが果たして巻き返せるか。
ヒルノダムール LC(S)系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×ラムタラのLC(S)系。父、母父が両方L主導なのに混戦向きという珍しいタイプ。じゃあC系じゃね? とも思うんですが、そこはLC(S)あたりでお茶を濁しておきます(爆)。L主導にしては休み明けが苦手な馬で、叩かれて熱されるタイプ。内枠、坂コース共に悪くないが、さすがにいきなりの好走は期待薄。
ペルーサ LorLM系 ★★
 ゼンノロブロイ×ブラッシンググルーム系Candy StripesというSM系配合も、藤沢厩舎のせいかL主導っぽい走りをする馬。秋天では3着だったが、休み明けでパフォーマンスが落ちないあたりがそれを証明している。東京での走りを見ているとやはり広いコース向きの印象。昨年より鮮度無いし上位争いは厳しいだろう。
エイシンフラッシュ LC系 ★★★★☆
 King's Best産駒で量が豊富なLC系。ジャパンカップでは期待して◎を打ったものの、ペースが緩んだのに差しに回る逆ショック。あれでは勝てないし、もしかしたら反動もあったのかもしれない。今回は2走前にポテンシャルを証明しつつ前走でストレスを抜くという理想の形。ルメールで前に行く位置取りショックを仕掛ければ。
キングトップガン S(LC)系 ☆
 マヤノトップガン×マルゼンスキーのS(LC)系。母父マルゼンスキーといえば、メガスターダムを見ても分かるように初重賞特注血統である(いつの話だよ)。鮮度、実力共に欠けている上に、周りと同じ王道ローテではちょっと工夫が見られない。次走以降でのダウン+延長のレースで期待したいところ。ダイヤモンドSあたりで。
トゥザグローリー L(SC)系 ★★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスという配合の大型馬で、量が豊富なL系馬。ジャパンカップ組は凡走からの巻き返しが少ないローテなのは承知だが、秋天では能力の高さを久々に示しており、交互に期待するのも有りかもしれない。坂コースの関西重賞である日経賞で1人1着経験があるのが、何とも不気味である。
ローズキングダム  CM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのCM系。母がローズバドだからか、この配合にしては集中力のあるタイプで内枠向き。だが、秋天ではHペースの混戦で惨敗し、前走でも得意だったスローの多頭数内枠で敗退。人気落ちにも反応しなかったわけで、ここはかなり厳しいだろう。残された道は距離短縮しかない…。
オルフェーヴル CS系 ★★★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。過去皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3冠全てに出走し、3レース共3着以内だった馬は[1-2-1-2]。しかし、この内菊花賞が1人1着だった馬に限れば、[1-2-0-0]。菊花賞の着差やウインバリアシオンのジャパンカップ好走を考えても、勝者に近い位置にいることは間違いない。
トーセンジョーダン SC(L)系 ★★☆
 ジャングルポケット×ノーザンテーストという配合馬で、どの要素も持っているまとまった馬。ジャパンカップではスローを前に行く位置取りショックで秋天の疲労をごまかす好騎乗。見事な連続激走に繋げた。こうも連続で好走されるとお手上げ状態だが、ジャパンカップ激走組は相性悪い。もう一度刃向いたい気分になる(笑)。
ジャガーメイル LC(S)系 ★
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのLC(S)系。どの要素も万遍なく持っているが、延長に強いのでおそらくLCベースの馬。ジャパンカップはまさかの激走だったが、バウンド延長のローテが同馬にピッタリだったのだろう。ジャパンカップ激走馬は有馬記念ではイマイチ。同馬自体中山合わないし、ここは見送りが無難。
アーネストリー S系 ★★★☆
 グラスワンダー産駒のS系。異端臨戦を引っ張ってきたのは流石佐々木晶三。前走秋天組は[5-2-3-4]と抜群の相性。しかも2走前オールカマーを好走し、バウンド延長で向かう形はマツリダゴッホやドリームジャーニーなど王道パターン。ただ、さすがにばれ始めて過剰人気は否めない。逃げられなかった逃げ馬は必須。
レッドデイヴィス S系 ★★★
 アグネスタキオン×トニービンのS系。セン馬という点もそうだが、レース振りを見てもアグネスタキオンらしさが感じられずS主導のタイプ。おそらくS系なのは母父トニービンからだろう。ここはもうトニービンの連チャンに期待するしかない。能力はあるが、ローテやストレスを考えると食指は動かない。勢いと鮮度でどこまで。
ルーラーシップ ?系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスという配合馬で、個人的にはローズキングダムとトゥザグローリーの間くらいのM3タイプ。有馬記念は距離の割には外枠不利の傾向でタイプ的にも内枠欲しかった。一頓挫あったし、休み明けということも含め、来年への調整といったところか。来年の京都記念、大阪杯あたりで。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

有馬記念感想

三浦思い切ったな〜。ちょっと度肝を抜かした。
後方そのままよりはスローで逃げた方がいいんでしょうけど、タイプ的に逃げはイマイチ。
スローだから逃げりゃいいって発想は小牧と同じなんだよな(笑)。

ヴィクト勝ったか〜。反動が出ると思ってたので完全に舐めてましたね。デムーロにはあっ晴れです。
ネオユニヴァースもこれでG12勝馬を生んだことに。
まだS系なイメージですけど、母父次第ではアップでもしぶとく食らいつくような馬の出現に期待。

オウケンはあんだけ出脚がなかったのに横山が乗ると先行できるという。
カンパニー、ネヴァブションよろしく横山に任せれば自在脚質(笑)。

有馬記念予想 〜自滅紐荒れが予想の結論〜

 −指針− 自信度★★★★★
ブエナビスタ1強に反発したいところなんですが、他もローテ的に自滅した感が否めません。
ここは無難にブエナから流します。

◎ブエナビスタ
○オウケンブルースリ
△トーセンジョーダン
△ネヴァブション
△ペルーサ

◎ブエナビスタ
ジャパンカップ1番人気1着とすれば崩れる要素なし。

・2番手以下の短評
○オウケンブルースリ
関東重賞中位人気特注横山典弘。この漢文みたいな単語久々使った(笑)。
横山典弘が覚醒してからは全然使ってませんでしたね。
△トーセンジョーダン
アルゼンチンでポテンシャル証明。
△ネヴァブション
意図があって後藤が先行を打ったと考えたいので。
△ペルーサ
悪くないステップ消化。

○単 100円
◎1着付けで2、3着に残り4頭。1点200円で12点。計2500円也。
-----------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

有馬記念重賞考察その2 〜出走馬簡易コメ後半〜

有馬記念出走馬の簡易コメント後半戦。

ダノンシャンティ CS系 ★
 フジキセキ×異端血統のC系配合馬。今年のNHKマイルCをレコード勝ちした馬であるが、フジキセキにもこういう馬を出すポテンシャルがあったのかと思うととても感慨深い。集中力血統だけに詰めてレコード勝ちした後の休み明けはタイミングが悪い。マイルで強い勝ち方をしたフジキセキでもあり、この距離は長いだろう。
エイシンフラッシュ LS系 ★★☆
 量が豊富そうなキングズベスト産駒で、日本ダービーを32.7の上りで勝ち切ったようにスローの広いコースがベストの馬。しかし京成杯1番人気1着経験があり、この時期の中山を走れる下地はある。ジャパンカップでリズムを崩した分、せめてもう少し人気が落ちて欲しい。この分だと主要路線の縛りに負そうである。
トゥザグローリー L系? ★★
 キングカメハメハ産駒でL主導のタイプ。母父からCもあるかと思ったが、母はズレたサンデーだったのでCは薄そう。同馬は戦績を見るといかにもダウン戦で強いL系。ダウン戦圧勝後のG1は厳しいだろう。つーかこの馬ルーラーシップと被って仕方ないんだが。ゲイルスパーキーとリザーブカードくらい被る(笑)。
ドリームジャーニー C系 ★★★
 C系最後の砦でお馴染みのステイゴールド産駒。今年はここまで勝ち星がなく、また昨年はほぼベストとも言えるローテーションだったので、昨年ほどは評価できない。オールカマーの内容を見る限りそこまで衰えた感じもしないが、ローテ、リズム、展開から4〜5着くらいで落ち着きそうだ。
オウケンブルースリ LC(CS)系? ★★★☆
 量が豊富なステイヤーでLC系っぽい馬。痛烈な上がりを持っているタイプではないので、前走は展開的に厳しかった。一見東京向きに思えるが、ジャンポケなら中山に適性があってもおかしくない。ジャパンカップ7着は相性最悪も秋3戦目で余力あるし人気急落の横山典弘。柏木集保の本命が気にならなければ(笑)。
ペルーサ LSorSL系 ★★★☆
 ゼンノロブロイ産駒で唐突な追い込みが目立ち、不器用なSL系みたいな走りをする馬。ジャパンカップ3人5着は過去の傾向からは買える。母父ブラッシンググルーム系で中山も悪くはないだろう。ただ、あの出遅れは中山だと致命傷になりそうでそこが気掛かり。あんまり器用なタイプではないので枠は気にならないが…。
レッドディザイア ? ★☆
 マンハッタンカフェ×カーリアンにしては集中力を感じる馬。海外からの臨戦は異端になるので悪くはなさそう。ただ同馬は昨年が集中状態のような推移だったので、今年はややその反動が出ている感じである。それ以前に外枠の四位なのでずっと外回って終わりそうな気もするが(笑)。年内実績乏しいし、ここは消しで。
ジャミール CLorLC系 ★★☆
 ステイゴールド産駒でC主導のタイプも母父から量を供給してまとまっている。歴代の有馬記念出走馬だとコイントスっぽい。それだけに内枠引いてCL系岡部のような狡い乗り方をしたかった。まあ少なくとも人気よりは反発してくるはず(現在最低人気w)。中山芝2500m[1-0-0-0]でいわゆるイチゴ馬だし、抑えのお供に。

有馬記念重賞考察その2 〜出走馬簡易コメ前半〜

トーセンジョーダンすげー買いたい。だけどあれだもんな〜。頼む頑張ってくれよあれ(あれ呼ばわり!?)。
全然関係ないですけど、あれって聞くとマザー2のゴキブリの敵を思い出しますよね〜。
そんな感じで有馬記念の考察2です(どんな感じやねん)。

ヴィクトワールピサ SC系 ★★★
 この馬毎回フレンチデピュティ産駒と勘違いしてしまいます。理由は謎(笑)。皐月賞のレースぶりを見てもCを感じるので、この枠は良い。ただJC8人3着はローテ的にイマイチ。一応国内では生涯複勝圏を確保してるので走られても驚けないが、その材料で狙うなら前回だった。枠と騎手、ローテを天秤にかけて取捨難解。
ネヴァブション LC(S)系 ★★★☆
 若い頃はS条件で強い馬というイメージだったが、最近はいい意味で丸くなりどんなレースにも対応できるようになった。7戦連続掲示板確保での人気急落で一応まとまり系の穴要素は持っている馬。前走後藤が先行して布石を打ってきたし、スローで物理的に内枠が有利になれば面白そう。3着候補で。
フォゲッタブル C系? ★★
 ダンスインザダーク×トニービンのC系配合馬。ステイヤーズS組は相性良くないものの一応捲りバテ短縮ショッカーということで、布石としては申し分ない。ただ昨年ダンス産駒の中山成績を見ていたら短縮組は全滅だったので、そこが痛恨の一撃(ザザザザシュ)。リズムも良くないし、これは消しか。枠は悪くないが…。
トーセンジョーダン M系 ★★★★
 ジャンポケ×ノーザンのまとまり系配合馬。同馬はアイルランドTが最高のタイミングだったので前走は迷わず切ったが、あっさり走られた。ただこれにより1人1着も含めポテンシャルは証明した。3連勝での人気急落に加え初G1の鮮度もある。これだけ外人に頼るなら同馬こそルメールあたりを乗せるべきだと思うけどな…。
ルーラーシップ ? ★★☆
 キングカメハメハ×トニービンのC、S、Lどれも持っているタイプ。前走G3組はデータを見る限り相性は良くない。実績的に過去の馬でいえばシンコウカリドレベルなはずなのに、母エアグルーヴだと不気味に感じるのはなぜだ(笑)。やや格材料が乏しい。ダービーでもう少し走ってもらいたかった。
ローズキングダム SM系 ★★☆
 出走取消


ブエナビスタ L(CS)系 ★★★★☆
 スペシャルウィーク×カーリアンでSL寄りっぽい配合も牝馬のおかげかCが加わり、安定感のある馬になっている。ローテはジャパンカップを1番人気1着とすれば過去の傾向から崩れる要素はない。秋もまだ2戦しか走っておらず疲労も致命傷にはならないだろう。隙なし。
メイショウベルーガ L系 ★
 フレンチデピュティ×サドラーズウェルズのL系配合馬。量勝負を身上とする馬なので広いコースの外枠が最も力を発揮できる。それだけに東京から中山替わりはマイナスだろう。ジャパンカップもVラインで頑張っていたが、相性最悪の6着~9着馬になってしまった。ここはバッサリ切りで。

有馬記念重賞考察その1 〜ローテ編〜

過去20年。有馬記念の前走別の考察です。
昨年と似た形になっております。


・ジャパンカップ組
[8-7-8-82]

105頭中15頭連対23頭3着以内。
主流路線で勝ち馬が最も多く出ているステップ。

・ジャパンカップ1着馬
[3-1-0-4]

8頭中4頭連対4頭3着以内。
好走凡走半々だが、ジャパンカップで2番人気以内に支持された馬に限れば[3-1-0-0]。
この4頭中3頭はJCを1番人気で、2番人気だったスペシャルウィークも日本馬の中では1番人気だった。
内訳はスペシャルウィーク(2人1着→2人2着)、テイエムオペラオー(1人1着→1人1着)、
ゼンノロブロイ(1人1着→1人1着)、ディープインパクト(1人1着→1人1着)。
ジャパンカップ勝ちはストレスが甚大なので、よほどリズムが抜けていないと厳しい。

・ジャパンカップ2〜5着馬
[4-4-5-21]

34頭中8頭連対13頭3着以内。
傾向が掴みづらいが人気と着順でしぼっていく。
・前走人気>前走着順(激走型)
[0-2-4-12]

18頭中2頭連対6頭3着以内。
ジャパンカップ2〜5着馬を見ていくと、人気より好走した馬は相性がイマイチ。
特に馬券圏内(2、3着)に入った馬は[0-1-0-7]と良くない。
この2着は9戦連続複勝圏内を確保していたメイショウドトウ(5人2着→2人2着)である。
よっぽどリズムのいい馬でないとJCで激走した馬は厳しいということが分かる。
昨年エアイシェイディが突っ込んできたように、このローテでの狙いは4着、5着馬。
前走人気≦前走着順(凡走型)
[4-2-1-9]

16頭中6頭連対7頭3着以内。
激走したタイプより狙いやすいが、これ以上絞れない(爆)。
強いて言えば秋に使ったレースが少ない馬がいい。3歳なら耐えられるが4歳以降はステップ数も意識したい。

・ジャパンカップ6〜9着馬
[0-0-1-30]

31頭中0頭連対1頭3着以内。
ジャパンカップ組の中で最悪の相性。
昨年もリーチザクラウンが消えてしまった。
唯一の3着は93年のナイスネイチャまで遡るのだが、ナイスネイチャはVラインだった。
Vライン馬には他に10番人気4着したレッツゴーターキンがいる。
強いて挙げるなら差し損ねて本番前に行くようなタイプがいい。

・ジャパンカップ10着以下の馬
[1-2-2-27]

32頭中3頭連対5頭3着以内。
巻き返した馬の共通点は2200m以上の重賞実績。
ステイゴールドを除いた4頭に、重賞1番人気1着orG1勝利経験があった。
他には叩き3戦目〜5戦目だったということ。2戦目だと足らず、6戦目以上だと意外性がない。
また2.0差以上敗退した馬よりも1.9差以内で留まった馬を狙いたい。


・天皇賞秋組
[5-2-3-17]

27頭中7頭連対10頭3着以内。
ジャパンカップよりも疲労の面で有利になるのか最も率がいいステップ。
ジャパンカップをスキップしてここに備えるという陣営の思惑が反映されている感じである。
ここも人気と着順でしぼっていく。

・前走人気>前走着順(激走型)
[0-0-2-11]

13頭中0頭連対2頭3着以内。
JCの2着〜5着組のときと同様に人気より好走したタイプは相性が良くない。
3着はサクラチトセオーとエアシェイディ。好走したのに人気が上がらなかったタイプであった。

・前走人気≦前走着順(凡走型)
[5-2-1-6]
 789円 305円
14頭中7頭連対8頭3着以内。
連対率50%に加え単回収円は700円を越えている。
ここに距離実績の縛りを入れてみる。
・この内2200m以上の重賞勝利経験のある馬
[5-2-1-4]
 920円 317円
12頭中7頭連対8頭3着以内。
昨年のドリームジャーニーもこのパターンだった。
しかしマツリダゴッホもこのパターンだったが7着。このステップで初めて掲示板を外した馬となった。
同馬の場合パフォーマンスが明らかに低下していたにもかかわらず中山実績だけで過剰人気していた。
上記した数字に、その年にG1勝利orG21番人気1着経験のある馬という縛りを入れてみると[5-2-1-1]になる。
その年に一定以上の実績がある馬のみ好走できている。
つまりアーネストリーは買える!!! ……と思って喜び勇んで出馬表見たらどこにもいねーし!!!
うおーーー佐々木ーーーどうしたーーー。怪我?


・エリザベス女王杯組
[0-3-0-15]

18頭中3頭連対3頭3着以内。
連対した3頭は全馬3歳馬である。3歳馬は[0-3-0-7]。
この内牡馬相手に重賞を連対したことがある馬に絞ると[0-3-0-0]。
ヒシアマゾン、ダイワスカーレット、ブエナビスタの3頭である。
ファインモーションとの最大の違いはこの牡馬相手での重賞連対経験であった。


・菊花賞組
[3-4-1-15]
(レオダーバンは前年の菊花賞以来なので除く)
23頭中7頭連対8頭3着以内。
勢いのある3歳馬も多くなかなかの率を残しているステップ。

・1着馬
[3-2-0-5]

11頭中5頭連対5頭3着以内。
約半数が馬券になっているが、この内3冠レース全てに出走していた馬は[1-2-0-3]。
皐月賞、日本ダービー、菊花賞全てで連対した馬に限れば[1-2-0-0]。
ライスシャワー、ナリタトップロード、セイウンスカイは皐月、ダービーのどちらかで3着以下に敗れていた。
鮮度がない分縛りが厳しくなっている。
逆に2冠もしくは菊花賞のみに出走した馬は[2-0-0-2]。
勝った2頭の共通点は6番人気以内、4戦連続掲示板、チャンピオン血統(サンデー、ブライアンズタイム)など。
激走しすぎたり最低限の安定感のない馬は厳しい。菊花賞だけ激走したような馬は有馬では通用しない。

・2着以下
[0-2-1-10]

13頭中2頭連対3頭3着以内。
勝ち馬と2着以下では大分差がついてしまっている。
激走した馬や惨敗した馬は巻き返すのが厳しくなっている。
3着以内に入った3頭は全馬菊花賞での人気と着順の合計が6以下であった。
この感じだと菊花賞組は最低でも掲示板に入り、人気と着順の合計が10以下は必須か。


・アルゼンチン共和国杯組
[1-0-1-17]

19頭中1頭連対2頭3着以内。
相手が違いすぎるのか相性の良くないステップ。
このステップから有馬を制したのはグラスワンダーだけである。

・1番人気
[1-0-1-6]
・2番人気以下
[0-0-0-11]

アルゼンチン共和国杯組は着順よりも人気の方が大事な要素といえる。
アルゼンチン共和国杯を激走したタイプは全く通用していない。
このステップはタップダンスシチーみたく、一戦挟んで疲労を抜く形が理想といえるだろう。
ミヤビランベリも逃げられなかった逃げ馬で激走後に穴人気。ステップとしては最悪の形だった。


・ステイヤーズS組
[0-0-1-13]

14頭中0頭連対1頭3着以内。
直近のステップの中では最も相性の悪いステップ。
勝ってもステイヤー適性を証明しているだけなので有馬に生きないのだろう。
唯一3着以内に入ったのは皐月賞馬テイエムオペラオー。
基本的には買えないステップだが、買うなら短縮になるので先行や捲ったタイプが良さそう。


・前走G3組
[0-1-0-23]

24頭中1頭連対1頭3着以内。
前走G3組は1頭しか連対馬を輩出できていない。
この1頭は1800m時代の京阪杯から出走したタップダンスシチー。
タップダンスシチーは重賞を5戦連続5着以内に入っていた。
また苦手距離からのバウンド延長で、逃げられなかった逃げ馬を仕掛けるというオプション付きであった。


以上でおおまかに考察終了。
1頭ずつの見解はまた別にあげたいと思います。
ローテのパッと見では全馬自滅で相対的にブエナが有利かなといった印象です。
穴なら主要路線に巻き込まれていない馬でしょうね。


参考になったよ〜って方は→ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

最終週に悩む人

ったくセラフィックロンプを指名さえしてれば最終週にこんな悩むことはなかったのに!(byM単)
テイエムオーロラ合掌。カナハラドラゴンの時も◎打って亡くなったんだよな…。
いつ見ても切ないものです。

有馬記念の考察は明日中までには…。
全頭簡易コメントもやりたいですね。
とりあえず三浦は内を捌けるのかどうかということだ(苦笑)。

有馬記念ファン投票

ネヴァブションは本気で有馬を取る気なら鳴尾凡走→有馬記念の方が良かったんじゃないか。
さて有馬記念のファン投票をしてきたので、その馬を御紹介。
ファン投票よりアロンダイトとフサイチアウステルがまだ現役だったことにビビったわ(笑)。

エアシェイディ M系
すっかり忘れられていますが、今回3着すれば3年連続3着の偉業達成。
カンファーベストが居なくなった今現役で一番好きな馬です。

ゴールデンダリア S系
関東のトップトレーナーが送り出す、どこかずれたフジキセキ産駒(笑)。
二ノ宮厩舎といえば○×○。鳴尾記念激走で有馬記念は×の番。じゃあ駄目じゃん。

ネヴァブション LC系
有馬記念3着穴の最有力候補。
しかしそこは伊藤正徳。ステイヤーズSを取りに行く気満々な感じが…。

ロジユニヴァース LS系
横山典弘のダービー馬なので投票。
中山2500mという条件設定自体は悪くなさそう。どこまで戻ってるかでしょうね。

アーネストリー LS(SC)系
距離が若干長そうですが、策士佐々木晶三とロベルトの血が騒げば。
ジャパンカップを挟まなかったローテはかなり優位性があるでしょうね。

ナムラクレセント C系
昨年来年の宝塚記念馬だと書いた馬。
伸び悩んでるけどG1勝つなら有馬か宝塚という気はします。

ブエナビスタ L(CS)系
周りの人には否定されるんですけど、ウオッカより強いと思ってます。
10回戦って7回は勝つと思う。2頭立てなら多分全勝(笑)。量と安定感が違います。

ホクトスルタン S系
メジロマックイーン最後の灯火。S系なのでショックから連チャン期に持ち込んで欲しいですね。
ダ→芝やバウンド延長での位置取りショックなど、もう後がないので色々試して欲しいです。

ビッグウィーク S系?
有馬記念のファン投票に名前がなかったので同情票(笑)。菊花賞馬くらいは一覧に入れて欲しい。
レッドゴッド系バゴ産駒で連チャン期期待できますし、消耗戦なら上位ですよ。

ミヤビランベリ LC(SC)系
オペラハウスらしくただのLCじゃなくて、裏にSやCを持ってるタイプです。
一介の逃げ馬でないのは七夕賞で証明。このレースで好きになりました。
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
Mラジ
■ブライト、MIO、TAKUYAが送る競馬ラジオ番組です。
(※ロードに少し時間が掛かりますが、ご了承下さいませ)
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】ウマコラボ
200×200-gold%20


200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
My Blog List
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク