回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

日本ダービー

日本ダービー2019&目黒記念2019予想

◎シュヴァルツリーゼ…S系。走りが大味。中山揉まれてからの東京替わりは苦→楽。
○サートゥルナーリア…SM系。兄よりいい意味でSが弱い。莫大な量で安定勢力。
▲ニシノデイジー…CS系。皐月賞惨敗は嫌な材料もポテ証明は十分すぎるので。
△エメラルファイト…SC系。大幅延長苦手な血統も、インベタ作戦で。異端ローテ。

◎、▲単 馬連BOX。◎からワイド

目黒記念
◎ポポカテペトル…LC系。ディープ休み明け、条件戦後で鮮度保有。鞍上でS付加なら。
○ムイトオブリガード…LS系。Vライン後の延長、頭数減、広いコース替わりとベタ。
▲アイスバブル…M系。ディープ初重賞。

馬単、ワイドBOX

日本ダービー2019出走各馬見解その3

Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れている無料メルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!
日本ダービー2019の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ロジャーバローズ L系 ★
 ディープインパクト×LibrettistのL系。父は量が豊富なM系種牡馬。同馬は量というよりL的要素が強く淡白な印象を受ける。初重賞だった短縮+ペースアップのスプリングSで凡走。ディープの鮮度を考えると絶望的に弱い。逃げた後も良くない。
ナイママ S系 ★
 ダノンバラード×ジャングルポケットのS系。父は坂コースの非根幹距離を得意としたディープにしては重めのS(LC)系で、産駒もS主導のタイプだろう。前走京都新聞杯2着以下は[0-0-0-20]。小回りの持続質戦向きの馬で、適性面でも疑問符。
シュヴァルツリーゼ S系 ★★★☆
 ハーツクライ×MonsunのS系。皐月賞10着以下は既に述べたように、2走前に重賞を連対しつつ人気より凡走したタイプだと相性が良い。同馬は該当する。まだまだ荒削りで人気で買うにはリスキーな馬だが、爆発力は保有している。穴なら。
タガノディアマンテ SL系 ★★
 オルフェーヴル×キングカメハメハのSL系。母父から安定感を供給しても良さそうなものだが、同馬はオルフェのS全開で所謂キチ○イSL系。前走京都新聞杯2着以下は相性最悪も、極端な馬場やショックがあれば常識は通用しない馬ではある。
ヴィント LC系 ★☆
 モンテロッソ×グラスワンダーのLC系。父のタイプは分かりづらいが、Dubawiの産駒と考えるとそこまで一本調子な印象はなく、LCかCあたりか。5戦連続連対中でCっぽい推移も、ポテ証明の弱さと東京の上がり面での適性に不安はある。
マイネルサーパス SC系 ★★
 アイルハヴアナザー×タマモクロスのSC系。母父はダウン血統として有名な種牡馬だったが、同馬はアップの持続質戦向き。前走プリンシパルS組は[0-0-2-19]。掲示板に入った3頭は全馬1人気で2着以内。ここ凡走後のラジオNIKKEI賞で。

日本ダービー2019出走各馬見解その2

Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れている無料メルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

日本ダービー2019の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
エメラルファイト SC系 ★★☆
 クロフネ×スペシャルウィークのSC系。クロフネは牡馬だと一本調子なS系だが、同馬は母父からCも供給し、しぶとさを保有している。前走スプリングS組は初。同じ1800m重賞の毎日杯組は[0-0-0-3]。延長は不得意だが、インベタに徹すれば。
ニシノデイジー CS系 ★★★
 ハービンジャー×アグネスタキオンのCS系。父、母父共にL系も、同馬はCS系か。前走皐月賞10着以下は[1-1-1-31]。掲示板に巻き返した7頭は、全馬2走前に重賞を連対し、7頭中6頭は皐月賞で人気より凡走していた。同馬はギリギリのライン。
メイショウテンゲン LC系 ★☆
 ディープインパクト×フレンチデピュティのLC系。母が量と体力の豊富なLS系で、同馬もL系か。皐月賞10着以下は前述した通り。皐月賞5人気以下でかつ10着以下の馬は[0-0-0-29]。弥生賞は道悪と外差しにハマった印象で、ポテ証明も弱い。
レッドジェニアル M系 ★★
 キングカメハメハ×マンハッタンカフェのM系。母がマンカフェにしてはLっぽくなく、配合の割にはCやSも保有している。前走京都新聞杯1着馬は[1-3-1-8]で、3人気以下だと[0-0-1-5]。2走前凡走から巻き返して0.0差差し切り。反動は大きい。
アドマイヤジャスタ LM系 ★★☆
 ジャスタウェイ×エリシオのLM系。皐月賞6〜9着馬は[1-2-1-21]。3着以内に巻き返した4頭は全馬皐月賞で4人気以内に支持されつつ、2走前に重賞を連対していた。同馬は前走出遅れてからのバウンド延長で、前に行く位置取りを仕掛けられれば。
サトノルークス LM系 ★★
 ディープインパクト×Sadler's WellsのLM系。父はM系の種牡馬で、母父もまとまったタイプ。すみれSで好走して短縮の皐月賞で追走に苦労した姿からはやはりL主導に映る。2走前の500万下も内容が薄く、臨戦過程以前にポテ証明が足りない。

日本ダービー2019出走各馬見解その1

Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れている無料メルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

日本ダービー2019の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ヴェロックス SC系 ★★
 ジャスタウェイ×MonsunのSC系。皐月賞2着馬は[1-1-2-11]。若葉S、皐月賞共に連対した馬は[0-0-0-4]。若葉、皐月は共にSの舞台なので、連続で好走すると適性面、疲労面で良くない。年明け4戦目で皐月賞が4人2着の0.0差。黄色信号か。
クラージュゲリエ CS系 ★★
 キングカメハメハ×タニノギムレットのCS系。キンカメはM系の種牡馬だが、同馬は母父からCやSを供給している。皐月賞5着馬は[1-0-0-6]。2走前の緩いレースから皐月賞で巻き返した姿を見るに、延長の東京替わりは微妙。2000以下の混戦で。
サートゥルナーリア SM系 ★★★☆
 ロードカナロア×スペシャルウィークのSM系。父が変わり兄たちほど迸るSはなく、量やLを丁度良く供給されている馬になる。前走皐月賞1着馬は[4-2-2-6]。1人1着で凡走したのはロゴタイプのみ。持続質S系マイラーでなければ安定か。
ダノンキングリー M系 ★★★
 ディープインパクト×Storm CatのM系。ディープの王道配合。ディープ×Storm Catの配合馬は[1-0-0-3]。唯一勝利したのはキズナ。1人1着後の初G1臨戦だった。同馬はどちらかというとリアルスティール側で、期待値は高くはなさそう。
ランフォザローゼス LM系 ★★☆
 キングカメハメハ×ディープインパクトのLM系。父、母父共にM系の種牡馬で、厩舎を踏まえるとLM系あたりか。ダービー馬を産んだ種牡馬が代々重ねられており配合的には面白い(エアグルーヴも孫にドゥラメンテがいる)。他馬の破綻待ち。
リオンリオン S(LC)系 ★☆
 ルーラーシップ×クロフネのS(LC)系。父はLCベースの種牡馬で、産駒によってはSのある馬も出す。同馬は逃げや特殊馬場で好走歴がありS寄りか。前走青葉賞組は[0-3-4-34]で、1着馬は[0-3-2-10]。逃げて5人1着0.0差はいかにも厳しい。

安田記念2018予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

 −指針− 自信度★★★
本命は休み明けの鬼量系ディープの代表的存在のリアルスティールで。
スワーヴ、サングが危ないと思うので、それ以外に流していきます。

◎リアルスティール
○リスグラシュー
▲モズアスコット
△アエロリット
△ヒーズインラブ
△レッドファルクス
✕ウエスタンエクスプレス

◎リアルスティール
ディープインパクト×Storm CatのM系。
この配合は超の付く量系配合で、ストレス、疲労のない休み明けは合う。
昨年毎日王冠激走後でも4着に入った秋天が強かった。
昨年は激走後だったが、今年は1人3着後。臨戦的には雲泥の差。

・2番手以下の短評
○リスグラシュー
ハーツクライ×American PostのC系。
ハーツにしては珍しいC主導の馬。アップの人気落ちという臨戦は合う。
▲モズアスコット
Frankel×ヘネシーのSL系。
初G1の鮮度と鞍上強化。血統の割に近走安定感ある。
△アエロリット
△ヒーズインラブ
△レッドファルクス
✕ウエスタンエクスプレス

◎ 単600円
◎−○ 馬連400円
◎−▲ 馬連300円
◎−△ 馬連200円
◎−✕ 馬連100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△、△)の10点買い。1点100円。計3000円。
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
→ http://collabo-n.com/
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。
続きを読む

日本ダービー2018予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

 −指針− 自信度★★★
本命はダノンプレミアム。取りに行ったと思われたっていい(笑)。
あとは薄めに流します。

◎ダノンプレミアム
○グレイル
▲ステルヴィオ
☆アドマイヤアルバ
△ゴーフォザサミット
✕キタノコマンドール

◎ダノンプレミアム
ディープインパクト×IntikhabのM系。
父はどれだけ新鮮さを保てるかが重要な種牡馬なので、間隔を開けたのはプラス。
将来的には1800m以下の馬だと思うが、同世代間でこのリズムなら問題ないだろう。

・2番手以下の短評
○グレイル
ハーツクライ×ロックオブジブラルタルのS(LC)系。
後方差し損ねからの延長広いコース替わりのハーツ。皐月賞はクソ騎乗だったので。
▲ステルヴィオ
ロードカナロア×ファルブラヴのLS系で、休み明けから○✕○の交互のタイミング。
スプリングSで追い込んで激走した後に皐月賞4着はポテ証明としては十分。
☆アドマイヤアルバ
ハーツクライ×BernsteinのSM系。前走捲って活性化。
内枠入って生涯複勝圏内を外していないのに17人気への人気急落は不当すぎる。
△ゴーフォザサミット
ハーツクライ×Storm CatのLS系。考察でも述べた通りウインバリアシオンと似ている。
中山2戦は位置取り悪く酌量の余地あり。
✕キタノコマンドール
ディープインパクト×キングカメハメハのLM系。
すみれS楽勝の後に皐月賞5着は驚いた。量、体力型で今回の舞台自体は向く。

○ 単100円
☆ 単複100円
◎−○ 馬連400円
◎−▲ 馬連300円
◎−☆ 馬連200円
◎−△ 馬連200円
○、▲、☆ ワイドBOX200円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、☆、△、✕)の10点買い。1点100円。計3000円。
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
→ http://collabo-n.com/
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。
続きを読む

日本ダービー2018出走各馬見解その3

日本ダービー出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
ステイフーリッシュ C系 ★★
 ステイゴールド×キングカメハメハのC系。いきなりG1で好走したようにステゴらしいC主導の馬。前走京都新聞杯1着馬は[1-3-1-10]。3人以下だった馬は[0-0-1-7]。前走は休み明けの人気落ちで多頭数混戦を激走。反動が気になる。
オウケンムーン SC系 ★☆
 オウケンブルースリ×エリシオのSC系。血統的にはLかLCだが、同馬はSやCを保有している。前走皐月賞10着以下は[1-1-1-35]。好走した3頭は当日不良馬場で、特殊馬場らしいリズムを無視した巻き返し。間隔開けた前走でも馬体減。厳しい。
ブラストワンピース LC(S)系 ★★★
 ハービンジャー×キングカメハメハのLC(S)系。ディープ牝馬に付けるために同父を持ってきたのに、キンカメと相性が良すぎる(笑)。前走毎日杯組は[0-0-0-2]。間隔を開けたのはプラスだが、毎日杯はスローで楽過ぎた印象。一長一短。
テーオーエナジー S系 ☆
 カネヒキリ×Crafty Prospector。父はフジキセキにしては体力があり、距離も持ったタイプ。産駒は圧倒的にダ>芝で、芝はここまで0勝。というか、ここで好走できるなら今まで何でダート使ってたんだって話で、厩舎力を疑われるだけでは?
グレイル S(LC)系 ★★★★
 ハーツクライ×ロックオブジブラルタルのS(LC)系。前走皐月賞6〜9着馬は[1-3-3-26]。前走は走れるタイミングだったと思うので、その時よりはピンとこない。ただ今回も一応差し損ね後の延長ハーツにはなる。五分のスタートなら再度有力か。
アドマイヤアルバ SM系 ★★★
 ハーツクライ×BernsteinのSM系。母父は最弱G1馬と名高いゴスホークケンの父(爆)。前走は◎を打ったが、延長アップに強いハーツ産駒らしい走りだった。京都新聞杯2着以下は[0-0-0-22]。相性は最悪も、活性化あるし内枠なら買いたいが…。

グレイルはもう1回買います。マジで前走の出遅れ何なんだよ…orz
皐月賞差し損ねハーツはベタな狙いですけど、普通にスタート切れれば上位でしょう。
アドマイヤアルバは普通に考えれば切りなんですが、オール複勝圏が不気味ですね。
凡走するまでは買いたくなる戦績ではあります。
母父もゴスホークケンの父でSの連チャン期という可能性も若干ありそうですし。
追い込み激走後ではなく、最後捲っていたのも活性化の面で大きいと思いますしね。続きを読む

日本ダービー2018出走各馬見解その2

日本ダービー出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
ジェネラーレウーノ S系 ★★☆
 スクリーンヒーロー×ロックオブジブラルタルのS系。父はLSベースながらしぶとさを感じる種牡馬で、母父はダンチヒの中でも一本調子なS系種牡馬。同馬は中山向きだが、アイトーンの回避で逃げという必殺技が残っている。そこに一縷の望み。
ステルヴィオ LS系 ★★★☆
 ロードカナロア×ファルブラヴのLS系。父はキンカメの中でも距離適性が短めでSに寄った種牡馬になる。皐月賞4着馬は[1-1-1-13]。追い込み激走後でも4着に入った内容は良かった。○✕○で交互のタイミング。スムーズに運べれば好勝負。
ダノンプレミアム M系 ★★★★
 ディープインパクト×IntikhabのM系。父はM系の種牡馬で、母父はS系の種牡馬。Sが強く将来的には1800m以下だろうが、イスラでさえ2着なら問題ない。それにアクシデントとはいえ、皐月賞を回避したのは疲労面、鮮度面からも大きい。
タイムフライヤー SC系 ★☆
 ハーツクライ×ブライアンズタイムのSC系。父、母父共にS主導のタイプ。ポテンシャル自体は低いとは思わないが、皐月賞はある程度カッコつけて欲しかった。激戦のホープフルSでG1馬になった馬で、延長の単調な流れだと良さは出ない。
ワグネリアン M系 ★★★
 ディープインパクト×キングカメハメハのM系。キンカメが母父に回るようになってこの配合が増えてきた。同馬は全ての要素を持ち体力やパワーがやや不足したM系。量は豊富なため、良馬場での延長東京替わりはプラス。摩擦薄レースなら。
ジャンダルム SM系 ★☆
 Kitten's Joy×サンデーサイレンスのSM系。母のビリーヴは母父ダンチヒのサンデー産駒で、まとまったタイプだった。同馬もまとまったタイプだろう。ホープフルSの走りを見るとHペースのS質向きという印象が拭えない。短縮Hペースで。

ダノンプレミアムで問題ないのでは。
意図的ではないにせよ、現代競馬のトレンドである休み明けを引けたのも大きいですね。
皐月賞勝ってたら、人気はするわ、疲労はあるわで苦しかったでしょうし。
ステルヴィオも前走の内容だけ見たら買いたくなりますね。
あの追い込みを決めた後に普通は4着まで走れないです。
同じキンカメ系?のローキンと似た推移も好感ですね。続きを読む

日本ダービー2018出走各馬見解その1

日本ダービー出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
エタリオウ C系 ★★☆
 ステイゴールド×Cactus RidgeのC系。父はC系で、母父は父がヘネシーの米国のダート重賞勝ち馬ということはSLかLS系か。前走青葉賞2着馬は[0-0-1-15]で、複勝圏はアポロソニックのみ。母方はSで連チャン怖いが、2400続きは微妙。迷う。
エポカドーロ S系 ★★
 オルフェーヴル×フォーティナイナーのS系。父は現役時代はCS系で、母父はS系の種牡馬。皐月賞1着馬は[5-2-3-8]。6人以下での1着馬は[1-0-1-4]。同馬はS主導で特殊馬場の皐月賞を1着。母も延長は苦手で桜花賞は投げ出した。適性面でどうか。
キタノコマンドール LM系 ★★☆
 ディープインパクト×キングカメハメハのLM系。父、母父共にM系の種牡馬。同馬はデニムと同配合の大型馬で、量、体力寄りの馬。前走の皐月賞は短縮で5着に入る強い内容ではあったが、鞍上が完璧に乗ったのも事実。外枠引いて体力勝負なら。
コズミックフォース SM系 ★★
 キングカメハメハ×ネオユニヴァースのSM系。父は量、体力を持ったM系の種牡馬で、母父は体力豊富なS系の種牡馬。前走プリンシパルS1着馬は[0-0-0-18]。短縮頭数増で勝ち切った内容にはCを感じるが、0.0差勝ちが余計か…。レベルも?
ゴーフォザサミット LS系 ★★★
 ハーツクライ×Storm CatのLS系。父は闘争心と体力で押すタイプだが、同馬は藤沢厩舎なのでLS系あたりか。前走青葉賞1着馬は[0-5-2-10]。同父、母父も系統が同じで、6人1着、2走前7着は、ウインバリアシオンと酷似。不気味な存在。
サンリヴァル S(LC)系 ★☆
 ルーラーシップ×アグネスタキオンのS(LC)系。父はL系の量、体力型の種牡馬で、母父も似たタイプ。ただ同馬は中山の持続質戦で強いS主導のタイプ。前走皐月賞2着馬は[1-2-2-15]。勝ち馬同様東京替わりはマイナスで、せめて道悪は欲しい。

ゴーフォーザサミットは見れば見るほどウインバリアシオンに思えてきました。
ただ藤沢がな〜(爆)。栗東の上位厩舎なら対抗くらいにしても良いんですが(笑)
コズミックフォースあたりも別に悪くないんですよね。
ただこれ買い出すと、10頭位に印を打っちゃいそうで、多分消しですかね…。
続きを読む

日本ダービー2017予想

すみません、また印だけ。根拠はまたおいおい。
ラジオでは詳しく話してますので、そちらをお聴きいただけると幸いです。
競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

◎スワーヴリチャード
○カデナ
▲レイデオロ
△マイネルスフェーン
×クリンチャー

◎単、◎−○馬連、ワイド ◎から馬連、3連複

目黒記念
◎モンドインテロ
○シルクドリーマー
▲マイネルサージュ
△アルター
△サラトガ
△カフジ
×ヴォルシェーブ

◎から馬連、3連複手広く。続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その3

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
スワーヴリチャード S(LC)系 ★★★★
 ハーツクライ×Unbridled's SongのS(LC)系。父は体力優勢の種牡馬で、母父はまとまったタイプ。前走皐月賞6〜9着は前述した通り。同馬もカデナと同じで好走条件を満たしている。前走位置を取りに行きつつ理想のVライン。スムーズに運べれば。
サトノアーサー LS系 ★★☆
 ディープインパクト×Redoute's ChoiceのLS系。血統や走りからはあまりCを感じない。広いコースをのびのび走って強いLS系だろう。前走毎日杯組は[0-0-0-1]で参考外。経験の多様性も乏しく普通に考えたら買えない。ディープの初G1だけでどこまで。
キョウヘイ SL系 ★☆
 リーチザクラウン×ダンスインザダークのSL系。父、母父共に一筋縄ではいかないタイプで、同馬も極端な競馬を好むSL系になっている。強い相手には怯まないが、色々と条件が揃わないと厳しい。道悪や多重のショックがありつつ大穴まで待ちたい。
トラスト SL系 ★☆
 スクリーンヒーロー×エイシンサンディのSL系。朝日杯FSで◎を打ったのも昔のよう、Sが弱まり別馬になってしまった。前走NHKマイルC組は[3-1-1-35]。唯一巻き返したのは逃げの位置取りを仕掛けたアサクサキングス。同馬も逃げしか道は無し。
マイスタイル S(CL)系 ☆
 ハーツクライ×フォーティナイナーのS(CL)系。ハーツクライで体力優勢だが、馬体が軽くやや軽い条件も要求されるタイプ。前走皐月賞10着以下は[1-1-1-28]。また4人気以下だった馬は[0-0-0-26]。データ的には一切買えない。ポテ証明も弱くて。
マイネルスフェーン C系 ★★★
 ステイゴールド×ジェイドロバリーのC系。父はC系で、母父は短縮やダートを好むSL系。同馬は初重賞だったホープフルSを激走しているように、おそらくC系。京成杯3着でポテ証明はあるし、前走掛かってしまったので、差しに回る形で内を突ければ。

まあ普通に考えたらスワーヴリチャードでしょう。
穴ならマイネルスフェーン。前走は先行布石のための出走だったと割り切れば。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その2

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ペルシアンナイト LS系 ★★☆
 ハービンジャー×サンデーサイレンスのLS系。父は典型的な欧州ノーザンのL系馬だが、同馬は母や母父からCやSを供給してしぶといタイプになっている。皐月賞2着馬は[1-1-2-11]。前走は神騎乗で4人2着と激走。反動は必至で、よほど恵まれないと。
カデナ M系 ★★★★
 ディープインパクト×フレンチデピュティという配合馬で、L寄りのM系。前走皐月賞6着〜9着の馬は[0-1-2-22]。好走した3頭はここ2走とも5人気以内で、かつ重賞勝利経験があった。弥生少頭数激走→皐月多頭数凡走の形はL系サトノクラウンと酷似。
レイデオロ L系 ★★★☆
 キングカメハメハ×シンボリクリスエスという配合馬で、藤沢や母父の影響もありL主導の馬になっている。前走皐月賞5着馬は[0-0-0-5]。ただ同馬はいかにも多頭数内枠が苦手なL系なので、延長に加え外枠、東京替わりで巻き返せる条件は揃った。
ウインブライト CS系 ★★
 ステイゴールド×アドマイヤコジーンのCS系。父は混戦向きのC系種牡馬で、母父はコジーンの系統で体力寄りのL系種牡馬。東京の上がり勝負は好まない馬で、適性では明らかに皐月賞>ダービー。今回も外枠を引いてしまい厳しい戦いが予想される。
ジョーストリクトリ LS(C)系 ★
 ジョーカプチーノ×キングヘイローのLS(C)系。父は高速馬場のNHKマイルCを先行して押し切ったSL系で、母父はショックや道悪を好むSLorLS系種牡馬。同馬の場合、距離適性以前に東京外枠が合わない。特殊馬場や何かしらのショックが欲しい…。
アメリカズカップ L系 ★☆
 マンハッタンカフェ×コロナドズクエストのL系。父は淡白なL系種牡馬で、母父は米国のダート血統の馬でSかSL系あたり。同馬は朝日杯FSを多頭数のアップで投げ出した後、少頭数のダウンだったきさらぎ賞を道悪で勝利。ここ凡走後のダウン戦で。

まあ無難にカデナかレイデオロで。
レイデオロの方が活性化に乏しい分評価を下げました。
カデナは前走意味なく内から動いたのが布石になるはず(鞍上は意図せず)。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング
 続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その1

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
アドミラブル M系 ★★☆
 ディープインパクト×シンボリクリスエスのM系。父、母父共にM系の種牡馬。前走青葉賞組は[0-5-3-35]だが、1人1着の馬に限れば[0-4-0-4]とまずまず。しかし連対した4頭には3走以内に初角3番手以内の競馬をした経験があった。やや活性化不足。
アルアイン CS系 ★★
 ディープインパクト×Essence of DubaiのCS系。母父はPulpitの系統でSL系のダート種牡馬だが、同馬は良いせい構造を持ったCS系と思われる。前走皐月賞1着馬は[5-1-2-6]。今回は延長になるので、内に入れて集中力を活かせるかが鍵。
クリンチャー SL系 ★★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのSL系。父はタキオンの産駒のL系(現役時代はCもあったが)で、母父は大舞台に強いチャンピオンタイプのSC系になる。前走皐月賞4着馬は[1-1-1-9]。反動はあると思うので、それを誤魔化すには逃げしかない。
ダイワキャグニー LM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLM系。父は量、体力優勢のM系種牡馬で、母父はSやCを与える種牡馬。前走プリンシパルS組は[0-0-2-23]。弥生賞凡走からの巻き返しを見るに、ただLを強調しただけに過ぎず、再度アップで期待は禁物か。
ダンビュライト S(LC)系 ★★
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのS(LC)系。父は少しズブく延長を得意とするS系というややこしい種牡馬で、母父は前述した通りSやCを付与する種牡馬。皐月賞3着馬は[2-1-0-8]。同馬の場合適性は中山>東京だと思うので、他馬の破綻は必須。
ベストアプローチ LC系 ★
 New Approach×EfisioのLC系。血統内にサンデーサイレンスを持たないサドラー系の馬で、いわゆる重い芝を好むタイプだろう。前走青葉賞2着以下は[0-0-2-26]。前走は弥生賞のクソVラインの後に馬体を絞っての激走だったので、お釣りは無いか。

優先出走権を持ってる馬全部良く見えない(爆)。
クリンチャーの★3は逃げ込みでの評価なので、逃げなかったら★1.5〜2くらいのイメージですね。
G1ではてんで名前を聞かなくなった藤岡大先生。思い切れるかどうか。
皐月賞4着で変に欲を持っていたとしたら駄目でしょうけどね。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング
 続きを読む

日本ダービー2016予想

詳細はラジオと昨日MIOさんと話したツイキャスで(笑) twitterから飛べます。

◎サトノダイヤモンド
量、体力優勢のLC(S)系ディープ産駒。
皐月賞人気で凡走後の広いコース替わり。平均やや遅めのペースがベスト
○エアスピネル
キングカメハメハ×サンデーサイレンスのM系。
母が従順なCM系だったエアメサイア。人気落ちで内枠からロスなく先行できれば
▲プロディガルサン
人気馬は疲労、ストレスを抱えている馬が多く、逆張りなら年内1走のこの馬。
青葉賞は掛かりながらの先行で、叩いて気性を鎮めての差しに回る位置取りで。ディープ初G1。

○、▲の単勝、馬連BOX、ワイドBOX、◎→○、▲→○、▲の3連単も少しだけ。

日本ダービー回顧

 
日本ダービー 東京芝2400m 不的中
タイム:2:23.2
ラップ:12.7 - 10.9 - 11.8 - 11.7 - 11.7 - 12.5 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 11.9 - 11.0 - 11.7 (35.6-34.8)
◎サトノクラウン
○サトノラーゼン
▲リアルスティール
△グァンチャーレ
△ポルトドートウィユ

雑感:印自体は2−3−4着ですが、ドゥラが来た時点で完敗も完敗。レコードが出たように高速馬場+Hペースで掛かり癖のあるS系の同馬には向いたとは思います。ただ皐月賞で外をぐるりと回したあたりにただのS系ではなく体力もあると判断した人も多く居て、その点自分は視野が狭かったかなと猛省。ここでしっかり拾える人が勝ち組になれるのでしょう。とにかく自分の無力さを痛感したレースでした。次走に向けては特になし。ミュゼスルタンは鞍上を変えてマイル路線で(笑)。

■ディープはやはり重賞経験の少ない鮮度のある方
■5番より内の馬が全馬人気以上に好走。来年も内枠を引く戦いになるだろう


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→激走後の割に頑張っていた。母方にサドラーがあり、雨の中山非根幹で狙いたい

総評:皐月賞同様横山典弘の逃げ。平均ペースで押し切った勝ち馬には脱帽。
1着ドゥラメンテ S+L(LC)…平均ペースで折り合いへの不安を払拭。鞍上も上手く御した
2着サトノラーゼン M…ディープ産駒最先着。ディープの取捨に迷ったら、鮮度のある方で
3着サトノクラウン LC(S)…馬体減も凡走後の距離延長合う。相対的にはスロー向きだが
4着リアルスティール M…全馬実力を出せる状態で、まとまりが邪魔に。内枠向きでもあり
5着コメート LS…体力あり速いペースを前で粘る形は合う。現代競馬の穴馬は内枠必須
・6着以下
6着ミュゼスルタン LC…キンカメ馬場で血統的には向いた感じ。外伸びの摩擦薄レースで
7着タンタアレグリア LM…揉まれずスムーズな競馬向き。延長や広いコースで期待したい
8着グァンチャーレ LS…毎回自分の分はしっかり走る。ペースが締まって体力勝負は痛恨
12着ポルトドートウィユ M…Hペースを差しに回る位置取りSも不発。秋はマイル戦で注意
14着キタサンブラック S…ブラックタイド産駒も、母父から大幅延長合わない。短縮内枠で

続きを読む

日本ダービー予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
6/13締切 他の馬がいい場合は投票しつつコメント欄に書いてください(゚∀゚)


 −指針− 自信度★★
上位人気馬は崩れにくいレース。
それでも高めを狙ってしまうのは穴党の性(爆)。
各馬の見解は週中に考察をやってますので、そちらを参照ください。

◎サトノクラウン
○サトノラーゼン
▲リアルスティール
△グァンチャーレ
△ポルトドートウィユ

◎サトノクラウン
父のタイプはよく分からないが、同馬はLCベースの馬か。
3走前に馬群を割りつつ、2走前は外から捲る競馬で完勝。
全く別のレースを勝ち切ったという点で、一定のポテンシャルを証明している。
結果的に前走はストレスがあったと思うし、人気落ちでもう一度同馬に賭ける。

・2番手以下の短評
○サトノラーゼン
ディープインパクト×IntikhabのM系で、母父はトレンドのロベルト系。
使われながら連勝する臨戦はトーセンホマレボシに似た形。1枠も絶好。
▲リアルスティール
ディープインパクト×Storm CatのM系。
ラーゼンよりCL寄りでまとまっている。内枠欲しかった。勝ち切るまではどうか。
△グァンチャーレ
スクリーンヒーロー×ディアブロのLS系。
凡走後なら内枠もこなせる。父は柔軟性高く、距離の守備範囲が広そう。
△ポルトドートウィユ
ディープインパクト×クロフネのM系。
京都新聞杯では初の多頭数戦で無難に対応。他馬の破綻があれば。

○ 単300円
◎、○、▲ 馬単BOX100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円。計1500円
-----------------------------------------------------------------------------------------

6週連続的中!

『栗山氏』の日本ダービー予想を無料公開!!


今週はいよいよ日本ダービーですね。

6月28日に行われる宝塚記念まで、マイル〜中距離の芝のレースが続きます。


スプリント戦(距離が1,200メートル)なら能力の違いだけで勝ってしまう馬がいますが、
マイル以上になると血統による適正が勝敗を分ける場面が増えてきます。


きちんと血統的に適性がある馬を狙えば馬券をしっかり的中

させられる可能性がグンと高まります。

そこで、今週の日本ダービーを始め、残りの春のG1の予想で参考にして欲しいのが

「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。



栗山求氏とは・・


テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。


抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意
で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や

フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の

配合分析は有名
である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに

連載を持っており
、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016

では監修を務めている。
グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、

抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は血統評論家として日本を代表する存在である。

完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了

させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報」というコーナー

をご覧ください。栗山求氏の日本ダービーの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。
そんな栗山氏ですが、現在、6週連続的中を記録し絶好調なんです!


皐月賞では

1着 ▲ドゥラメンテ
2着 ◎リアルスティール
3着 △キタサンブラック
3連単12,360円を手堅くGET。


5月2日の青葉賞では

1着 ◎レーヴミストラル
2着 ▲タンタアレグリア
3着 △ヴェラヴァルスター
3連単12,990円をしっかりとGET。


そして5月9日の京都新聞杯も

1着 △サトノラーゼン
2着 ◎ポルトドートウィユ
3着 ▲アルバートドック
3連単13,160円をGET。

5月16日の京王杯スプリングカップでは

1着 ○サクラゴスペル
2着 ◎ヴァンセンヌ
馬単4,950円をGET。先週は平安ステークスとオークスを3連単W的中!
1着 ▲ミッキークイーン2着 ◎ルージュバック3着 △クルミナルでオークスの3連単20,150円をGET。


そして圧巻だったのが4月26日に行われたマイラーズカップ。



マイラーズカップで実際配信された予想は・・


(4月26日)マイラーズカップ(G2)





----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎7フィエロ
○9フルーキー
▲4サンライズメジャー
△6ディアデラマドレ
△10エキストラエンド
△15レッドアリオン


◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」という組み合わせ。
母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル
(ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。

したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」の
ミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。
ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。

昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。
開幕週の速い時計にも対応でき、過去休み明けで崩れたこともない。


<結論>


馬単ながしマルチ
7→4、6、9、10、15

三連単軸1頭ながしマルチ
7→4、6、9、10、15


----------------------------------------

レースはフィエロが最後の直線でインコースから
追い込むも・・・
↓   ↓    ↓    ↓  

惜しくも3着!

しかし相手に買っていた
レッドアリオンが優勝し、
2着にもサンライズメジャーが入着。



【結果】
3連単:15-4-7 的中!

的中配当:98,650円
回収金額:986,500円



実際のPAT画面↓



恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週木曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で
見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!


「競馬スピリッツ」に登録して栗山求氏の予想と
コラムを完全無料で楽しんでみてください!
・日本ダービー
・安田記念
・宝塚記念


今なら無料登録で上記のG1の買い目を完全無料で見ることができます!


血統が重要な予想ファクターとなるこれからの
春のG1
予想は是非栗山求氏の買い目を参考にしてみてください!



完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了
させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報」というコーナー
をご覧ください。栗山求氏の日本ダービーの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。

日本ダービー出走各馬見解その3

日本ダービー出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

タガノエスプレッソ LS系 ★★
 ブラックタイド×キングカメハメハのLS系。少頭数スローのデイリー杯を勝ち、少頭数で休み明けだった弥生賞を好走。やはりあまりCは感じない。弥生から○×○のリズムで、凡走後の距離延長は合う。あとは単純に能力の問題。皐月賞12人13着後では狙いづらい。
スピリッツミノル SL系 ★☆
 ディープスカイ×ラムタラのSL系。血統的にはL系だが、消耗戦の逃げを打ったり、道悪で成績が良いあたりはかなりSを感じる馬である。京都新聞杯組は1着馬しか好走が無く、5人6着後ではかなり厳しい。逃げの位置取り後でもあり、ショックが使えないのも痛恨。
ミュゼスルタン LC系 ★☆
 キングカメハメハ×フレンチデピュティのLC系。新潟や東京のスロー戦で好走しているように、L主導のタイプ。前走はしっかり絞って2人3着。怪我の影響か、ややこじんまりしてしまった印象を受けた。マイル戦続きの大幅延長もマイナス。母父から道悪でどこまで。
ダノンメジャー S(L)系 ☆
 ダイワメジャー×AzamourのS(L)系。スプリングSから綺麗な短縮だったNHKマイルでも凡走し、もはや出口が見えない状況に陥ってしまった。血統的にもそこから再度の延長で良いタイプでもない。橋口厩舎最後のダービーで、正直小牧の為の記念出走だろう。
コスモナインボール M系 ☆
 ハイアーゲーム×ジャングルポケットのM系。3連勝した後から、鳴かず飛ばずで5連敗。5戦連続掲示板を外した馬がダービーで好走した何て話は聞いたことが無いので、流石に余裕の切り。キンカメVSハーツVSハイアーのダービー再戦が見れただけで満足。
アダムスブリッジ M系 ★★☆
 ゼンノロブロイ×シングスピールのM系。戦績が少ないないのでまだ分からないが、若駒Sを見る限り少頭数の方が向きそう。前走OP戦組は[1-1-4-42]で、3着以下は[0-0-0-6]と全滅。ただ血統的に一番道悪が合いそうなのが同馬で、大雨なら押さえても。

今回の6頭の考察を終えて、とりあえず一番魅力があるのは人気ブログランキング
まあ賞金順で考察をしているので、後半評価が落ちるのは必然。
一応1頭選びましたが、多分買いません。厩舎と鞍上は魅力ですけど(`・ω・´)

-------------------------------------------------------------------------------------
今週はいよいよ日本ダービーですね。

ドゥラメンテ、リアルスティールなどの皐月賞上位組が人気となりそうですが、
青葉賞や京都新聞杯組も上位に食い込んで来る力はありそうなので、
穴馬の台頭にも注意していきたいですね。


そこで参考にして頂きたいのが3歳馬同士の力関係を読み切っている
「スマートウィン」。


・日本ダービーの前哨戦の京都新聞杯(G2)
・3歳馬のマイル王決定戦NHKマイルカップ(G1)
・先週のオークス(G1)
3歳馬限定のレースを連続で的中させています。

この時期の3歳馬といえば成長期で、各馬の成長度合いや
適性を見極める事が馬券的中への近道となります。


京都新聞杯で実際配信された買い目は・・




結果は・・
1着:◎サトノラーゼン
2着:▲ポルトドートウィユ
3着:○アルバートドック
馬単(5点) 2,460円的中
3連複(10点)  2,860円的中
3連単(20点) 13,160円的中


そして先週のオークスで実際配信された買い目は・・




結果は・・
1着:◎ミッキークイーン
2着:☆ルージュバック
3着:○クルミナル
馬単(10点) 3,030円的中
3連複(9点)  4,140円的中
3連単(24点) 20,150円的中
普通にすごいですよね(><)

今週の日本ダービーも3歳馬限定のレース。


当然、どんな予想が配信されるのか気になりますよね。


無料登録で日本ダービーの無料情報を見る!


そしてスマートウィンは無料コンテンツも
非常に充実しています。


今週の注目レースと注目馬(よく当たります)
的中実績レース回顧(鋭い視点からのレース回顧です)
・無料軸馬情報+買い目(鉄板の軸馬とその軸馬を含めた買い目です)

・無料穴馬情報+買い目(とっておきの穴馬とその穴馬を含めた買い目です)


是非日本ダービーの予想にご期待ください!

無料登録で日本ダービーの無料情報を見る!
 
 

日本ダービー出走各馬見解その2

日本ダービー出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

サトノラーゼン M系 ★★★☆
 ディープインパクト×IntikhabのM系。京都新聞杯組は[2-2-1-29]だが、1着馬に限れば[2-2-1-9]。ディープで京都新聞杯といえばキズナが有名だが、同馬はトーセンホマレボシっぽい。母父レッドランサム系で連チャンありそう。ディープ初G1の鮮度も後押し。
ポルトドートウィユ M系 ★★☆
 ディープインパクト×クロフネのM系。前走京都新聞杯で2着以下だった馬は過去[0-0-0-20]と、相性はかなり悪い。ただ同馬は典型的なまとまり系なので、1人気から人気急落は良い。前走初の多頭数戦でも対応し、意外とCもある。あとは他馬の破綻待ちか。
ベルラップ LS系 ★
 ハーツクライ×シンボリクリスエスのLS系。ハーツクライのSをクリスエスで中和させて、優しいタイプ。前走皐月賞10着以下は[1-1-1-32]と厳しい数字。またその中で皐月賞が4人気以下だと[0-0-0-30]。重賞勝利も少頭数のものだし、アップのG1では買いづらい。
グァンチャーレ LS系 ★★★
 スクリーンヒーロー×ディアブロのLS系。前走NHKマイルC4着以下は[0-1-0-26]。臨戦的にはかなり厳しい。唯一2着したのはバウンド延長で逃げられなかった逃げ馬を使ったアサクサキングス。同馬も延長で前に行く位置取りなら。量あるタイプで延長も向きそう。
ミュゼエイリアン ?系 ★★
 スクリーンヒーロー×エルコンドルパサーという配合馬で、タイプはよく分からない(爆)。皐月賞6着〜9着馬は過去[1-2-2-26]。重賞勝利経験やOP以上で1人1着経験のある馬が良い。同馬も毎日杯の反動があった割に頑張っていたので、意外と不気味だが…。
コメート LS系 ☆
 ブラックタイド×アフリートのLS系。典型的なブラックタイド産駒で、体力を活かした競馬が合う。つまり外枠に入った捲りや延長を前に行く形が良い。皐月賞は15人気10着だが、皐月賞4人気以下で10着以下の馬は上述したように[0-0-0-30]。ダウンまで待ちたい。

今回の6頭の考察を終えて、とりあえず一番魅力があるのは人気ブログランキング
絶対人気無いですからね。
血統や走り的にはマイラーではないですから、距離伸びて期待したいです。
前走も全然走っていないので、ストレスも無いはず。馬体戻せれば。

-------------------------------------------------------------------------------------

 ☆東京優駿(第82回 日本ダービー)☆

皐月賞を圧倒的な力で勝利したドゥラメンテ

      実は・・・
業界内では危険信号が点滅!?

 その確固たる衝撃的な理由を暴露
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ↓  ↓  ↓
※今すぐにご覧ください。※

日本ダービーの要となる貴重な情報の為、
 公開には期限が定められています。


  ≪なぜ?人気馬は飛ぶのか?≫


単勝2倍以下の圧倒的な人気馬でも
飛ぶ事は飛びます。

不意のアクシデントなどもありますが、
ほとんどの原因には理由があるのです。

“調教の軽さ”

“前走のパフォーマンス”

“レース展開の読みの甘さ”

“血統による適正の読み違い”


などなど、

どれも事前に情報を仕入れていれば、
人気馬が飛ぶ事は割と簡単に予想できるのです。

中には業界関係者でしか
しる事が出来ない情報もあります。
(ここではちょっと言えない内容ですが…)

つまり、
本当に正確な情報さえあれば、
低配当でも高配当でも的中は出来るのです。



     そして・・・
来たる5/31(日)日本ダービー

圧倒的に強いとされている、
ドゥラメンテに業界関係者しか知り得ない
悲報とも言える情報が!?


この情報が日本ダービーの明暗を分ける。

そう言ったとしても決して大げさではないでしょう。

情報はこちらから無料でご覧ください※期間限定情報です※
 

日本ダービー出走各馬見解その1

日本ダービー出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。

キタサンブラック S系 ★★☆
 ブラックタイド×サクラバクシンオーのS系。ブラックタイドの単調なLSをバクシンオーのCでカバーし、バランスの取れたタイプになる。皐月賞3着馬は[4-1-1-7]と好相性だし、延長も2戦2勝。だが、2戦ともペースが速くなっていたのがポイント。緩むとSを持て余しそう。
タンタアレグリア LM系 ★☆
 ゼンノロブロイ×StukaのLM系。牡馬のロブロイらしくLベースでまとまっていて体力優勢のタイプ。ロブロイは母父関係なく、こういう馬が多い。スローの広いコースを好走した後のアップ戦はいかにも厳しい臨戦。母父がミスプロ×サドラーだから、道悪は欲しい。
ドゥラメンテ S++L(LC)系 ★★☆
 キングカメハメハ産駒のS++L(LC)系。皐月賞は圧勝だったが、当日1人気の皐月賞馬も[4-2-1-1]と、ほぼパーフェクト。ただ1分58秒台で皐月賞を勝った馬は[0-0-0-4]。姉を見ても不安定なS主導のタイプで、皐月>ダービーなのは明白。制御が利くかどうか。
リアルスティール M系 ★★★★
 ディープインパクト×Storm CatのM系。キズナと同配合になるが、同馬の方がCがあってまとまっているタイプ。皐月賞でも初めての多頭数戦でしかも内枠に入ったが、問題なく走れた。着実に経験を積んでおり、軸と言う意味では一番無難。鞍上は心許ないが…。
レーヴミストラル LC系 ★★
 キングカメハメハ×Highest HonorのLC系。レーヴドスカーの仔だから、Cよりも量や体力で押すタイプ。青葉賞1着馬は[0-5-1-13]で、1人1着だと[0-4-0-6]。だが今年の場合は当日の1000万下より1秒以上時計が遅く、レースレベルに疑問が残る。消しで。
サトノクラウン LC(S)系 ★★★☆
 Marju×RossiniのLC(S)系。皐月賞で◎を打った馬だが、スタートで出遅れて大外を回すというロスの多い競馬だった。ラストタイクーンの系統で、凡走後の距離延長は悪くなく、ルージュバックに似た雰囲気。3走前に馬群も経験しているし、ストレス抜けた今なら。

ここまでの6頭の考察を終えて、とりあえず一番魅力があるのは人気ブログランキング
まあこれが一番上にせざるを得ないでしょう。
ドゥラメンテはあまりよく見えないのですが、どうなんでしょうかね。
本質はアドマイヤセプターでお願いします(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------
今週はいよいよ日本ダービーですね。

6月28日に行われる宝塚記念まで、マイル〜中距離の芝のレースが続きます。


スプリント戦(距離が1,200メートル)なら能力の違いだけで勝ってしまう馬がいますが、
マイル以上になると血統による適正が勝敗を分ける場面が増えてきます。


きちんと血統的に適性がある馬を狙えば馬券をしっかり的中

させられる可能性がグンと高まります。

そこで、今週の日本ダービーを始め、残りの春のG1の予想で参考にして欲しいのが

「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。



栗山求氏とは・・


テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。


抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意
で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や

フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の

配合分析は有名
である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに

連載を持っており
、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016

では監修を務めている。
グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、

抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は血統評論家として日本を代表する存在である。

完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了

させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報」というコーナー

をご覧ください。栗山求氏の日本ダービーの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。
そんな栗山氏ですが、現在、6週連続的中を記録し絶好調なんです!


皐月賞では

1着 ▲ドゥラメンテ
2着 ◎リアルスティール
3着 △キタサンブラック
3連単12,360円を手堅くGET。


5月2日の青葉賞では

1着 ◎レーヴミストラル
2着 ▲タンタアレグリア
3着 △ヴェラヴァルスター
3連単12,990円をしっかりとGET。


そして5月9日の京都新聞杯も

1着 △サトノラーゼン
2着 ◎ポルトドートウィユ
3着 ▲アルバートドック
3連単13,160円をGET。

5月16日の京王杯スプリングカップでは

1着 ○サクラゴスペル
2着 ◎ヴァンセンヌ
馬単4,950円をGET。先週は平安ステークスとオークスを3連単W的中!
1着 ▲ミッキークイーン2着 ◎ルージュバック3着 △クルミナルでオークスの3連単20,150円をGET。


そして圧巻だったのが4月26日に行われたマイラーズカップ。



マイラーズカップで実際配信された予想は・・


(4月26日)マイラーズカップ(G2)





----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎7フィエロ
○9フルーキー
▲4サンライズメジャー
△6ディアデラマドレ
△10エキストラエンド
△15レッドアリオン


◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」という組み合わせ。
母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル
(ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。

したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」の
ミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。
ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。

昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。
開幕週の速い時計にも対応でき、過去休み明けで崩れたこともない。


<結論>


馬単ながしマルチ
7→4、6、9、10、15

三連単軸1頭ながしマルチ
7→4、6、9、10、15


----------------------------------------

レースはフィエロが最後の直線でインコースから
追い込むも・・・
↓   ↓    ↓    ↓  

惜しくも3着!

しかし相手に買っていた
レッドアリオンが優勝し、
2着にもサンライズメジャーが入着。



【結果】
3連単:15-4-7 的中!

的中配当:98,650円
回収金額:986,500円



実際のPAT画面↓



恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週木曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で
見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!


「競馬スピリッツ」に登録して栗山求氏の予想と
コラムを完全無料で楽しんでみてください!
・日本ダービー
・安田記念
・宝塚記念


今なら無料登録で上記のG1の買い目を完全無料で見ることができます!


血統が重要な予想ファクターとなるこれからの
春のG1
予想は是非栗山求氏の買い目を参考にしてみてください!



完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了
させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報」というコーナー
をご覧ください。栗山求氏の日本ダービーの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。

日本ダービー、目黒記念回顧

日本ダービー 東京芝2400m 不的中
タイム:2:24.6
ラップ:12.5 - 10.6 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.7 - 13.6 - 12.2 - 11.6 - 11.1 - 11.7 (34.9-34.4)
◎ワンアンドオンリー
○アドマイヤデウス
▲サウンズオブアース
△トゥザワールド

雑感:本当良かった…俺のダービーは典さんに救われた。00年以来の低レベルクソダービーでしたけど、最後いい気持ちで終われたのは全部典さんのおかげ。ワンアンドオンリーに◎を打ったと言い続けていこうと思います。馬券は外れ!

■ダービーと有馬記念だけはローテ関係なし。大局観で予想する直感レース

総評:ウインの回避で平凡なレース。2着馬以外秋は古馬の壁に跳ね返されそうなメンツ。
1着ワンアンドオンリー S…ハーツは東京芝2400m特注。S強くショックの食い付きが良い
2着イスラボニータ CS(L)…母父から延長適性高い。延長で前に行く完璧な競馬だったが
3着マイネルフロスト M?…血統の割にはしぶとい。疲労の無い時や位置取りショック注意
4着タガノグランパ ?…キンカメ×スペなら距離が持つとはいえ、驚いた。今後も延長で注目
5着トゥザワールド L…反応鈍く良い位置取れず。キンカメで、ここ2戦の疲労が顕在化した
・6着以下
7着アドマイヤデウス LC(SC)…凡走後の内枠は合うが、東京は微妙か。中山、阪神向き
8着ベルキャニオン CL…平均的ディープ産駒だから従順で内枠向き。秋はキャピタルSか
9着スズカデヴィアス L…強い相手に頑張る馬ではないので、まずまず。秋はダウン少頭数
12着レッドリヴェール C…-8でレース前に終わった感じ。Cに頼る馬だから外枠も不向きで
16着トーセンスターダム L?…ここで前に行くなら前走後ろから行きたかった。外伸びベター
目黒記念 東京芝2500m 的中
馬連 100×213.8=21380
ワイド 200×45.3=9060
タイム:2:31.0
ラップ:7.1 - 11.6 - 11.2 - 12.6 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 11.8 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0 (29.9-35.2)
◎アウォーディー
○ラブイズブーシェ
▲マイネルメダリスト
△アスカクリチャン
×ムスカテール

雑感:久々にヒット。少額でもここまで当てられれば大きいですね。ラブイズは有馬記念の4着がポテンシャルを証明していたので、選ぶのは比較的楽でした。小倉大賞典では◎を打っていたのですが、あの時は高速馬場に負けた感じでしたし、それなら高速過ぎない馬場で混戦なら、とタイミングを待っているところでした。メダリストは芝2500が異様に得意なステゴ。タマモはレースの使い方が下手糞すぎ。このままだと鮮度は無くなるわ、リズムは喪失するわで、終わりかねない。次走以降に向けては、5着、9着馬に注目。グランデスバルは地味に力を付けている感じで、夏場のOP戦でも十分見せ場を作ってくれると思います。(゚Д゚)

■C系は疲労薄が証明される人気薄でこそ
■東京芝2500mは2400mと適性が真逆。たった100mで一気にスタミナが要求される


総評:残り5Fからペースが速くなり消耗戦に。多頭数混戦なら人気薄のC系の出番。
1着マイネルメダリスト C…外枠不安も、前走Vラインだったし上がりも適度に掛かったので
2着ラブイズブーシェ C…母父マックイーンのC系。馬場、タイプ踏まえ内突きは完璧な選択
3着プロモントーリオ S…S系でリズム保有時は強い。日経賞は出遅れ度外視ということか
4着アウォーディー LC(S)…11番から内を突く騎乗。最後は過剰人気の分、詰めを欠いた
5着ラブリーデイ L…L系が少頭数OP勝利後のG2では。ただ内容濃く、秋は強い相手でも
・6着以下
6着ムスカテール S(LC)…ダートからのショックで一瞬おっと思わせた。復調を感じる内容
7着ステラウインド M…ロブロイのタイミングとしては悪くないが、まだ単純に馬自体が弱い
8着タマモベストプレイ CL…これといった武器が無いのが辛い。1800m内枠中位人気なら
9着グランデスバル L…超スローの楽逃げ圧勝後なので、0.6差なら上々。強くなっている
12着アドマイヤブルー ?…キンカメ×フジキセキで芝2500の混戦はスタミナ不足。短縮で

日本ダービー予想◎ワンアンドオンリー

競馬関連でラジオ始めました!
日本ダービーの予想はこちらでも→まとまり系競馬サロン Mラジ

 −指針− 自信度★
クソ弱メンツな上に一番強いであろうレッドリヴェールが外枠+福永+馬体減の3連コンボ。
ならいっそウインフルブルームを本命にするも、跛行で取消とは…orz
昨年が良かったのとKY馬主のせいもあり、競馬始めてから一番盛り下がっているダービーです。
L系トゥザが多頭数内枠、C系イスラが激走後の外枠と単までは微妙な状況。少額単勝爆弾で。

◎ワンアンドオンリー
○アドマイヤデウス
▲サウンズオブアース

◎ワンアンドオンリー
ハーツクライ×タイキシャトルのS(LC)系。
ラジオNIKKEIで見せたパフォーマンスからは凡走後の延長が最も合う臨戦か。
皐月賞4着の内容がいかにもすぎてこの3人気という状況を誘発するも、
ダービーはあまり人気どうこうというレースじゃないんでね。ポツンフラグを打ち消した橋口に期待。

・2番手以下の短評
○アドマイヤデウス
アドマイヤドン×サンデーサイレンスのLC(CS)系。
ノーストレス時なら内枠合う。混戦向きの多い若葉S好走馬はダービーと相性良くないが…。
▲サウンズオブアース
ネオユニヴァース×Dixieland BandのS系で、休み挟んでからリズム保持。
少頭数スロー勝利後にHペースを早めに動いて2着した前走の内容が秀逸。1枠特注浜中俊なら。

◎ 単200円
○ 単200円
▲ 単200円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

ダービー雑感

⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪
2〜3頭の単勝多点買いの予定ですけどね。

日本ダービー&目黒記念予想

日本ダービー
◎エピファネイア
京都2歳、ラジオNIKKEIから皐月よりダービー向きと判断。ロゴタイプとキズナの間で競馬ができるのもいい。
○コディーノ
戦績からただの東京巧者の可能性あり。キンカメ×サンデーで内枠合う。
▲キズナ
京都新聞杯1人1着馬は過去20年[0-2-0-0]。能力は買うが、伸び伸び走らせたいタイプで最内枠は痛恨。
△ロゴタイプ
スプリングS1人1着がかなりのポテンシャル証明レース。持続質S系で皐月向きだが、皐月も1人1着で能力は評価。
△ペプチドなんちゃら
京都新聞杯が短縮Hペースを前で頑張る強い内容。穴っぽいところは穴人気してる感じで、穴ならこれだけ拾う。

◎ 単500円
◎−○ 馬連100円
◎−▲ 馬連100円
◎、○2頭軸3連複3点100円


目黒記念
◎タッチミーノット
ダンスインザダーク産駒のSC(L)系。実質ダウンにもかかわらず人気据え置き。金杯でポテ証明。内枠合う。
○ノーステア
M系ゼンノロブロイの人気急落。12戦連続掲示板確保なのに、4戦連続3人以内からの人気落ち。
▲ルルーシュ
こちらもM系ゼンノロブロイ。ただ藤沢厩舎でLMっぽい。ゆえに休み明けの東京非根幹距離はぴったり。
△ヒットザターゲット
キンカメ×タマモクロスのSorLS系。大阪杯は激走後なので0.9差なら上々。母父からダウン戦特注で交互に期待。
△ムスカテール
右回りだともたつくので左回りに替わるのはプラス材料。LC系でノーストレス時なら内枠でも。

◎ 単500円
◎−○ 馬連100円
◎−▲ 馬連100円
◎−△ 馬連100円
◎−△ 馬連100円
◎1頭軸3連複6点1点100円

日本ダービー後付け回顧

日本ダービー 東京芝2400m 不的中
12.8 - 23.6 - 35.6 - 47.3 - 59.1 - 70.8 - 83.0 - 95.4 - 107.7 - 119.4 - 131.4 - 143.8 (35.6-36.1)
◎ゴールドシップ
○フェノーメノ
▲スピルバーグ
△グランデッツァ
△トーセンホマレボシ
予想:5頭に印打って1着馬が無印では…。ブリランテは共同通信杯、スプリングSでスケールの無さを見せてしまった(ように私には見えた)のが、ここへの無印に繋がった。フェノーメノも◎にするか迷ったが、青葉賞組は過去の傾向から皐月賞が人気馬で決着すると入る隙間が無い感じだったので、対抗に落とす結果に。弥生賞でプレイに◎を打てなかった反省を私は生かせず(泣)。さあ叫ぼうダンチヒに常識は通用しない!!、と。ただ唯一良かったのはトーセンを拾えた点。こういうSを持ってる馬の圧勝後はつくづく怖いなと感じました。

総評:ゼロスが引っ張り前半59.1の締まったペース。高速馬場でSが要求され、C、Lの人気2頭が敗れた。
1着ディープブリランテ S(CL)…S主導でHペースの高速馬場と条件揃った。人気2頭が後方で展開も向いて
2着フェノーメノ M…1人1着後の人気急落はダンチヒの十八番。青葉賞組も1人1着なら比較的相性良く
3着トーセンホマレボシ SM…ディープ×NTにしては異様なS。勢いに加え前に行った鞍上の判断も絶妙で
4着ワールドエース ?…きさらぎ賞馬で広いコース向きも、差せる馬場ではなく。もっとゆったりしたペース向き
5着ゴールドシップ C…人気の為内を突けず。C、量共にあるが、唯一の弱点であるSを要求されてしまった
・6着以下
6着コスモオオゾラ S(CL)…ペースは良かったがもっと前で勝負したかった。マイネル馬らしく坂コース向き
9着ベールドインパクト L…ダウン向きなので9着ならよく頑張った。凡走後の広いコース非根幹距離で
10着グランデッツァ LC(S)…緩いペースならまだしもHペースで息切れ。姉のマルセリーナ同様距離短縮で
13着アルフレード M…シンボリクリスエスでまとまった馬。量は無いので内枠向き。富士Sで4人以下なら
14着スピルバーグ ?…人気急落に反応しないあたりはダンチヒとミスプロの差か(笑)。もう少し弱い相手で

日本ダービー予想◎ゴールドシップ

 −指針− 自信度★★★
考察で★4.5にしたゴールドシップを本命。
しかし日本ダービー当てたのって記憶にない…。初のダービー的中を目指します(今さら!?)。

◎ゴールドシップ
○フェノーメノ
▲スピルバーグ
△グランデッツァ
△トーセンホマレボシ

◎ゴールドシップ
ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。
皐月賞で4番人気以内に支持されて0.3差以上で勝った馬は過去20年[4-0-0-0]。
C系で多頭数の内枠引けたし、前走4角6番手も大きい。

・2番手以下の短評
○フェノーメノ
ステイゴールド×デインヒルのM系。
青葉賞から好走している馬に近いステップ消化の仕方だし、勝ったのになめたらまた来るダンチヒ系。
▲スピルバーグ
藤沢厩舎の刺客。
安定感ある戦績に加えプリンシパルSを1人1着。マチカネアカツキの再来に期待して▲。
△グランデッツァ
アグネスタキオン産駒のLC(S)系。
中山芝2000mは外枠に容赦ないコース形態なので休み明け激走後に5着なら及第点。広いコースで改めて。
△トーセンホマレボシ
接戦後にレコード圧勝できるのは不気味。というか恐怖さえ伴う違和感。
単純に高速馬場が向いたということだけで片付けるのは何となく違うと思う。鞍上もプラス材料。

◎の単100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。○含み300円、他1点100円。計1300円。
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

日本ダービー考察 〜出走馬簡易コメ後半〜

日本ダービーの出走馬コメです。[]内の数字は過去20年のものです。

ディープブリランテ S(CL)系 ★★☆
 ディープインパクト×Loup SauvageのS(CL)系。母父がネヴァーベンド系でややSの勝った馬である。人気2頭が追い込み馬なので、先行出来る同馬には極めて有利。しかし共同通信杯の内容からはあまり量が感じられず、大幅延長は本質的に向かないだろう。距離誤魔化すために高速馬場とHペースの番手競馬欲しい。
フェノーメノ M系 ★★★★
 ステイゴールド×デインヒルのM系。青葉賞組は過去[0-4-1-27]と散々だが、1人1着で0.2秒以上差を付けた馬に限れば[0-3-0-2]となり、同馬はこれに該当している。異端臨戦を引っ張ってきた1番人気1着後の母父ダンチヒ系で、前日では5番人気。ドナウ、ジェントルとダンチヒの流れも来ているし、条件は揃った。
トリップ S(LC)系 ★★
 クロフネ×サンデーサイレンスのS(LC)系。同じ配合でもホエールキャプチャほどの安定感や集中力は感じられず、やや一本調子の馬である。皐月賞10着以下の馬は過去[1-1-1-30]で、巻き返した3頭は全馬皐月賞で3人以内であった。よってローテ的にはかなり厳しい。さすがに18番人気は人気無さすぎだと思うが…。
クラレント S系 ★
 ダンスインザダーク×ダンシングブレーヴのS系。NHKマイルC組は意外と相性の良いローテだが、そこで4番人気以下だった馬は[0-0-0-19]である。同馬の14人3着はかなりの激走の部類であり、ストレスは甚大だろう。前走激走できたのも弥生賞から直接という異端臨戦と単純に低レベル戦だったから。ここは静観で。
トーセンホマレボシ M系? ★★★
 ディープインパクト×ノーザンテーストのまとまり系配合馬。当初は京都新聞杯3人以下[0-0-0-13]というデータで消そうと思っていた。しかし前傾ラップの500万下を勝った後に、後傾ラップの超高速馬場でレコード圧勝という戦績はかなりSを感じさせる。京都新聞杯組はSが肝。鞍上加味して連チャンあっても驚けない。
ブライトライン C系 ☆
 フジキセキ×キングオブキングスのC系配合馬。ファルコンSの内容から短縮Hペースが最も力を出せる舞台なので、1600mから2400mという延長ローテはいかにも厳しい。一応母父はサドラー系だが、マイラータイプであまり距離適性の面からも期待できない。ここは記念出走だろう。秋にまた混戦で逢いましょう。
モンストール LS系? ★
 アドマイヤマックス×デヒアという配合馬で、あまりCは感じられずL主導のタイプか。休み挟んでそろそろ熱されてきた頃だとは思うが、着順自体には躍動感が感じられない。前走も確かに不利はあったが、なくても掲示板あるかないかというところだったと思う。それにしてもアモスが住んでた村を思い出す名前だ(爆)
グランデッツァ LC(S)系 ★★★☆
 アグネスタキオン×MarjuのLC(S)系。父の産駒らしく量が豊富なタイプで、休み明けや外枠は苦にしない。休み明けで外枠だったスプリングSを勝利し、皐月賞はその疲労とストレスで敗退。そう考えれば今回はストレスを抜いての一戦で、巻き返しが期待できる局面。あまり交互系に見えないのは嫌だが…。
アルフレード M系 ★★
 シンボリクリスエス×サンデーサイレンスのM系配合馬。前走は余裕の消しだったので、2着には驚いた。まとまり系なので好走したのに人気落ちは悪くない。だが、スケール感乏しく東京芝2400mはピンと来ない。まとまり系ゆえにどこかでポテンシャルの証明欲しい。この分だと漫然と走って9着くらいで終わりそう。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

日本ダービー考察 〜出走馬簡易コメ前半〜

日本ダービーの出走馬コメです。[]内の数字は過去20年のものです。

スピルバーグ CL(S)系 ★★★
 ディープインパクト×LyciusのCL(S)系で、昨年ダービー向きと言われながらも重馬場で脆くも崩れ去ったトーセンラーの弟である。同馬も兄同様広いコースの上がり勝負向きの馬だろう。しかし後傾ラップの毎日杯でも激走してるように一定の安定感はある。狙うなら人気落ちでマチカネアカツキ的な穴。2〜3着の紐で。
ヒストリカル CM系 ★★☆
 ディープインパクト×ノーザンテーストのCM系。相性の良いきさらぎ賞連対馬であるし、緩い流れになればかなり強そうである。同馬の場合、問題は毎日杯から間隔を明けたローテだろう。タイプ的に休み明けはこなせるだろうが、ダービーとなると本気度に疑問符。兄の若い頃同様追い込み脚質で外伸び欲しい。
ゼロス LS系 ☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLS系。逃げという脚質もそうだが、母父サンデーらしさは影をひそめ、まんまキングマンボが出たような馬である。皐月賞は位置取りショックに期待したものの、逃げられず惨敗。今回はさすがに逃げることは可能だろうが、ちょっと皐月賞で負けすぎ。巻き返しは期待薄。
ジャスタウェイ LS系 ★☆
 ハーツクライ×Wild AgainのLS系。NHKマイルC4着以下の馬は過去[0-1-0-22]。唯一好走したのはアサクサキングスで、3人から14人の人気急落だった。着順だけで言えば4人6着後なのでアサクサより有利だが、きさらぎ賞よりアーリントンCの方で激走したようにややS寄り。よって大幅延長は微妙。厳しい。
ベールドインパクト LC系 ★☆
 ディープインパクト×ドクターデヴィアスのLC系。母父によってこういう馬が生まれるあたり、サンデーの後継者というかサンデーを見ているようである。つまり母父の影響を受けやすいということ。得てして種牡馬として成功するのはこういうタイプである。同馬は母父からLを受け継ぎ、ダウン向きの馬に。現状G1は厳しい。
ゴールドシップ  CS系 ★★★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。この馬の特筆すべきレースはラジオNIKKEI杯と共同通信杯だろう。前者は休み明けを大外捲りで2着し、C主導でありながら量と体力を証明。後者は初めての先行する競馬で33秒台の上がりを披露。この2レースで一気に隙が無くなった。同馬が間違いなく一番強い。
コスモオオゾラ S(CL)系 ★★☆
 ロージズインメイ×コマンダーインチーフのS(CL)系。皐月賞では4着に敗れたが、弥生賞激走後に加え先行馬総崩れの中だったので、強い内容ではあった。ただ、皐月賞自体が力の要る重馬場で行われたため同馬に向いた条件だったのも確か。高速馬場の上がり勝負だと切れ負けは避けられない。馬場と展開次第。
ワールドエース ?系 ★★★
 ディープインパクト×Acatenangoでタイプは分かりづらい。前走は躓きながら2着と強い内容。しかし、いかにも広いコース向きですよと思わせてまた後方からだと再度差し損ねそう。事実前走皐月賞で4角13番手以下の馬は[0-1-2-27]である。2強戦は意外と片方が脆く、どちらかが崩れるとしたら同馬だと思うが果たして。
エタンダール L系 ★★
 ディープインパクト×モンジューのL系馬で母父から量を供給している。前走は楽逃げ後に差して2着しており、内容自体は良かった。しかし青葉賞2着以下は過去[0-0-0-21]と、ローテ論者としては手が出せない。混戦は苦手なタイプだと思うので、とりあえず坂コース実績から人気必至のラジオNIKKEI賞で消す!(笑)
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

日本ダービー予想◎ベルシャザール

 −指針− 自信度★★
雨の不良で何でもアリ。オークスと同じようにある程度前につけた方がいいだろうということで、
皐月賞も本命にしたベルシャザールを再度本命。

◎ベルシャザール
○サダムパテック
△オルフェーヴル
△ナカヤマナイト
△ユニバーサルバンク

◎ベルシャザール
キングカメハメハ×サンデーサイレンスでどの要素も持ったタイプ。S(LC)系か?
皐月賞ではまとまり系が人気して負けたような敗戦。勝ち切れない馬はやはり穴でこそ。
後藤もS主導の馬に合うので、マイナスにはならない。どうせなら思い切って体力勝負で前に行って欲しい。

・2番手以下の短評
○サダムパテック
良馬場なら無難な軸として本命にしたかも。やはりフジキセキで一にも二にも雨がネック。
弥生賞1番人気1着、皐月賞1番人気2着で得意の東京。全てエリシオの底力にかかってる(笑)。
△オルフェーヴル
ステイゴールド産駒のC系。C系だから4番人気1着後に延長で1番人気は不安。
馬場的にも後ろからの馬には厳しそう。しかし多頭数内枠とステゴが重得意なので切りきれず。抑え。
△ナカヤマナイト
皐月賞は直線で外を回して終了。量不足のC系だから外を回す競馬は合わない。
ステゴで重は大丈夫。不良になると馬場の質が違うから前走ののめった発言はアテにならない。
△ユニバーサルバンク
不利のあったラジオNIKKEI杯を除けば全レース掲示板。
母父ドクターデヴィアスで重適性ありそうだし、若葉Sは慣れない差しの競馬でVライン。先行できれば。

◎単勝100円+◎1頭軸の3連複6点買い。○含み1点200円、その他1点100円の計1000円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

日本ダービー予想 〜2強戦は大体片方4着〜

 −指針− 自信度★★
ここ4年間で3回も青葉賞勝ち馬を本命にしてる。
今年もそうしようかと思ったけど、上には上がいた(爆)。
2強戦ってすんなり収まるイメージがないのが嫌ですけど…。

◎ヴィクトワールピサ
○ペルーサ
△ゲシュタルト
△コスモファントム

◎ヴィクトワールピサ
皐月賞を1番人気1着した馬が2番人気っていうのは、やはりおかしな現象。
過去20年皐月賞馬は[7-2-2-7]で、この内1番人気1着の馬は[5-0-0-0]と全勝。
これは消せないというか、限りなく勝ち馬に近い存在といえるだろう。
ネオユニヴァース、ゼンノロブロイの仔が父と同じローテで挑むとはドラマみたいだな…。

・2番手以下の短評
○ペルーサ
G2になってからの青葉賞組の成績は[0-3-1-24]とイマイチ。
だが1番人気1着だった馬は[0-3-0-2]で、さらにこの内0.3差以上圧勝の馬は[0-2-0-0]となる。
ペルーサは0.7差の圧勝だったわけで、アドマイヤメインくらいには走ってくるだろう。
父ゼンノロブロイもいいが、それ以上に母父ブラッシンググルーム系で勢いのある間は逆らえない。
△ゲシュタルト
これは皐月賞が差し馬独占の流れでの唯一先行粘りっていうのと、SL系長浜厩舎の1着後。
皐月賞が人気より上の着順だったので、前走反動ある中勝ったのは意外と強いのかも。
△コスモファントム
名前や戦績から古き良きC系馬だと思っているので、混戦の多頭数内枠は合う。
生涯複勝圏確保での人気急落。似たローテのマルカシェンクより走っていいと考えれば3着ある。

◎→○→△ 三連単100円2点
◎−○−△ 三連複400円2点
------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

アンライバルドとロジユニヴァース

大分前にロジユニヴァースがダービーに勝てるデータを挙げてくださ…ぐふ(どさっ)
的なコメントをいただいたので、人気馬2頭について軽く考察したいと思います(笑)。

・アンライバルド
前走皐月賞で3番人気だった馬(過去17年間)
[0-2-1-8]
アンライバルドは勝てない…?
この中に面白い馬が一頭いる。それはジェニュイン号。
ジェニュインは3番人気で皐月賞を勝利し、日本ダービーは2番人気2着だった馬である。
ちなみにこの年のダービー馬はタヤスツヨシで、タヤスツヨシは前走皐月賞を4番人気2着した馬だった。
…ん、何かおかしくないか?
同じ皐月賞に出走していて、人気、着順ともに上だったジェニュインが、ダービーではタヤスツヨシに1番人気を譲っているではないか。
しかも鞍上はジェニュインが岡部幸雄、タヤスツヨシが小島貞博。
なぜこんな逆転現象が起こったのだろう…。

当時私は競馬を見ていなかったので分からないが、おそらく距離不安説あたりと推測する。
しかし、だからといってタヤスツヨシにも2400m実績は皆無。血統も父親は同じサンデーである。
もし今自分が買うなら、絶対タヤスツヨシよりはジェニュインを選んでいると思う。
つまりこれら全てをはねのけた要素は1番人気という立場だろう。
日本ダービーは単勝回収円が20円というレースであり、これほど1番人気が強いレースも珍しい。(このデータによってフサイチホウオーを本命にしくぁwせdrftgyふじこ)
先程の[0-2-1-8]というデータの中に1番人気の馬は一頭もいない。
皐月賞で勝っても、何かしらの不安要素を与えられ2番人気以下に落ち着いた馬たちである。
アンライバルドは2番人気以下になれば危ないが、1番人気になった瞬間過去にいない初のケースの馬となる。


・ロジユニヴァース
前走皐月賞で1番人気だった馬(過去17年間)
[6-0-1-7]
この数字だけ見るとアンラバルドより大分有利に思える。
しかし、この中で前走皐月賞を4着以下だった馬に限定すると[1-0-1-4]になってしまう。
皐月賞を1番人気になった馬でダービーを勝った6頭中5頭は皐月賞を3着以内にまとめていた。
では残りの1頭はというとウイニングチケットで皐月賞は5着。
ダービーで何番人気何着かというと…1番人気1着なのである。
ロジユニヴァースに残された道は当日1番人気を引っ張ってくることしかない。
バルドとの1番人気取り合戦といえる。
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと

200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク