回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

エリザベス女王杯

エリザベス女王杯2017予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

 −指針− 自信度★★★
前走激走している馬が多いので、疲労、ストレスが少なさそうな馬を上位に。
あとはエリ女はC系不利な重賞なので、どれだけ誘惑に耐えられるか(笑)。

◎ミッキークイーン
○ジュールポレール
▲モズカッチャン
△クイーンズリング
△ヴィブロス
✕ウキヨノカゼ

◎ミッキークイーン
ディープインパクト×Gold AwayのLS系。小柄な割にパワーがあり外ズドンタイプ。
ポテンシャルは既に証明済みだし、宝塚記念からの休み明けのダウン臨戦もプラス。
昨年超スローで3着なので、中枠で普通に回ってくれば今年はさらに上があっても良い。
前走激走している馬が人気になっているので、逆張りなら休み明けの馬が定石。

・2番手以下の短評
○ジュールポレール
ディープインパクト×エリシオのCL系で、前走条件戦1人1着後の鮮度持ちディープ。
前走条件戦組が相性の悪い格重賞だが、条件戦から好走した2頭はどちらもディープ産駒。
重賞での走りがCっぽい走りだったので、理想は内枠だったが…。
▲モズカッチャン
ハービンジャー×キングカメハメハのCS(L)系。
秋華賞上位3頭の中なら先行して粘っていた同馬を評価したい。
ローズS7着で蓄積疲労が少なそうなのも良く、内枠のデムーロ継続騎乗も心強い。
△クイーンズリング
マンハッタンカフェ×AnabaaのSC(L)系。
府中牝馬Sは出遅れてスローを外から4着と前哨戦としてはベストの乗り方だった。
マンカフェにしてはCあるタイプで、上手く内を掬えれば。
△ヴィブロス
ディープインパクト×MachiavellianのM系。
ディープ産駒らしく鮮度があって他馬に破綻があると浮上するタイプ。
間隔あけて鮮度落ちを回避しつつ1人2着からの臨戦。切りにくい。
✕ウキヨノカゼ
オンファイア×フサイチコンコルドのLS系。
ずっと短距離を走ってきた馬だが、本質は延長の1800や2200がベストだろう。
陣営は差しを示唆しているものの鞍上が無視して前に行けば(笑)。

◎ 単500円
○ 単300円
✕ 単100円
◎−○ 馬連300円
◎−▲、△、△ 馬連200円
◎−✕ 馬連100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円。計2500円。
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
→ http://collabo-n.com/
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その3

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
マキシマムドパリ C系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのC系。同馬は条件戦から秋華賞で3着(クソ騎乗で実質2着)していてアップの人気落ちが合うタイプ。前走京都大賞典組は[1-2-0-8]。臨戦的には期待したいが、C系と相性の悪い重賞なので…。
ミッキークイーン LS系 ★★★★
 ディープインパクト×Gold AwayのLS系で、馬体の割にパワーがあり坂コースの外伸びがベストの馬。休み明けは[0-0-1-20]だが、この3着は昨年の同馬である。鮮度が落ちている分、休み明けのダウンという臨戦は良い。外枠で流れれば。
モズカッチャン CS(L)系 ★★★
 ハービンジャー×キンカメのCS(L)系。ずっとL主導と記してきたが、ここ2走を見てもうC主導にする(爆)。前走の秋華賞では早めに動いて3着と強い内容ではあったが、それでも5人3着はある程度疲労が残りそう。2走前凡走が吉と出るか?
リスグラシュー CS系 ★★
 ハーツクライにしては珍しいC主導の馬。個人的にはキョウワジャンヌ以来だと思う(笑)。前走秋華賞2着馬は[1-2-1-6]も、当日3人気以下の馬は[0-0-0-6]。また秋華賞で4人気以下だった馬も[0-0-0-6]。激走後の延長+非C系福永では。
ルージュバック L系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×Awesome AgainのL系。再三書いているが、現役屈指の典型L系馬。L系の代表馬を挙げろと言われたら、同馬とバランスオブゲームの2択。前走オールカマー組は[2-1-0-3]。臨戦と鞍上は良いが、休み明け激走後が痛恨。
ヴィブロス M系 ★★★
 ディープインパクト×MachiavellianのM系。前走府中牝馬S2着馬は[0-1-0-11]と相性は悪い。だがディープ産駒は使い減りするので、大きく間隔を取ったローテには好感が持てる。ショックは無いため、単純に地力と安定感での勝負になる。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その2

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
スマートレイアー SL系 ★★☆
 ディープインパクト×ホワイトマズルのSL系。年齢を重ねたディープで休み明けやダウンを好むようになっているのは気掛かり。また反動に弱く、古馬になってから重賞で連対後に2ヶ月以内で走ったときの成績は[0-0-0-4]。人気なら切るの一手。
ディアドラ L(SC)系 ★★☆
 ハービンジャー×スペシャルウィークのL(SC)系。父は屈指のヘタレL系種牡馬になるが、同馬は母父からSとCを供給し、しぶといタイプになっている。前走秋華賞1着馬は[3-2-1-4]と好相性。しかし、3角10番手以下だと[0-0-0-2]。反動が怖い。
デンコウアンジュ LC系 ★★
 メイショウサムソン×マリエンバードのLC系。父はSM系で母父はL系。一応ヴィクトリアMでは2着に激走しているが、福島牝馬で先行+捲りという活性化が短縮とぴったりハマった印象だったので、単純に追い込み続きの延長だとどうか。
トーセンビクトリー LM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLM系。父はM系になるが、同馬はCやS要素が少なくL主導のタイプ。前走府中牝馬S4〜5着馬は前述した通り。前走はスローで先行馬には有利だったと思うので、上積みは無さそう。次のダウン戦で。
ハッピーユニバンス SC系 ★
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのSC系で、ヒカルカザブエの全妹になる。しかしヒカルカザブエのような重さは無く、戦績的にはスロー専用機。前走出遅れから7着という内容は悪くないものの、やはり活性化やポテ証明に乏しい。
タッチングスピーチ S(LC)系 ★
 ディープインパクト×Sadler's WellsのS(LC)系。父はM系の種牡馬で母父は欧州のL主導の種牡馬。前走OP特別使用馬は[0-0-0-7]。近走リズムが悪い上に、出遅れも多く活性化にも乏しい状態。一度先行して着順に躍動感が出てから買いたい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その1

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ウキヨノカゼ LS系 ★★★
 オンファイア×フサイチコンコルドのLS系。オンファイアは体力優勢のSorL系種牡馬で、母父は典型的な量が豊富なL系種牡馬。1200mと1800mの重賞勝利があるように、L主導で距離の融通が利くタイプ。鞍上が思い切って前に行けば。
エテルナミノル SM系 ★
 エンパイアメーカー×フジキセキのSM系。父はSL系のダート種牡馬で、フジキセキは父としてはC系も母父ではM系あたり。前走2000m以下の条件戦組は[0-0-0-26]。アップに強い血統でも無いし、前走は不良馬場がハマった感じで厳しいか。
クイーンズリング SC(L)系 ★★★☆
 マンハッタンカフェ×AnabaaのSC(L)系。父はL系だが、同馬は混戦で強くCもあるタイプか。前走府中牝馬S4〜5着馬は[1-0-1-12]。巻き返した馬には人気より凡走しつつ、外から差し損ねたタイプが多い。同馬もそれに当てはまる。内枠なら。
クインズミラーグロ LC系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×In ExcessのLC系。こちらもマンカフェにしてはしぶとく、重い質で内枠でも怯まないタイプ。府中牝馬S10着以下は[0-1-1-21]。前走は一瞬伸びかけたが、切れ負けした。体力はあるので、先行して上がりの掛かる流れで。
クロコスミア S(CL)系 ★★
 ステイゴールド×ボストンハーバーのS(CL)系。父はC系種牡馬だが、母父が淡白なSL系でズレたステゴ。前走府中牝馬S1着馬は[1-2-1-8]。近年は以前より相性が良くなっているとはいえ、逃げられなかった逃げ馬での1着後は苦に感じるだろう。
ジュールポレール CL系 ★★★☆
 ディープインパクト×エリシオのCL系。父はCLベースのM系種牡馬で、同馬もその典型的なタイプに映る。前走条件戦組の相性はかなり悪いが、条件戦組から馬券になった2頭は共にディープ産駒。条件戦1人1着後の鮮度持ち。内枠引ければ。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

エリザベス女王杯2016回顧

エリザベス女王杯 京都芝2200m 不的中
ラップ:12.5 - 11.2 - 12.8 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.5 - 11.2 - 11.4 (36.5-34.1)
◎マキシマムドパリ
○ミッキークイーン
▲タッチングスピーチ
△プリメラアスール
△シュンドルボン
△アスカビレン

雑感:何このかすりもしない感じ。でも秋華賞よりはもう1回見てもいいかなってレースでした(笑)。スロー想定でしたが、この1、2着は買えませんでしたね。結局内への意識が高い外人ワンツー。秋天でも外人ワンツー。別に人気無くても来てる。頑張れ石川(なぜ石川!?)。

■スローなら延長有利で府中牝馬組とL系が台頭する
■エリザベス女王杯はC系が苦手としている(去年教わったのに…)


総評:スローで府中牝馬組のワンツー。人気2頭がけん制して意識も外に向いて。
1着クイーンズリング SC(L)…連続スローでストレス相殺。ポテ証明あるし、内も突ける馬
2着シングウィズジョイ L…延長スローの形はベストだが、ポテ証明が無さすぎて買えない
3着ミッキークイーン S(LC)…中枠向きで馬群を捌くのに手間取った。平均ペースが合う
4着パールコード SM…激走後も勝ち馬同様2走連続スローで耐えた。本質は坂コースか
5着プリメラアスール S…このペースなら離して逃げないと切れ負け。鞍上の常識を疑う
・6着以下
6着マリアライト LC…坂コースの持続戦ベストの馬で、スロー京都は合わない。混戦なら
6着シュンドルボン SM…上がり勝負は不向きで。スローなら体力生かす為に先行したい
8着タッチングスピーチ S(LC)…戦績見ると重めのタイプ。リズム悪いのに人気もし過ぎで
9着マキシマムドパリ CM…エリ女で混戦向きの馬を買ってはいけない。休ませたいところ
11着ヒルノマテーラ L…鞍上共々大外一気が合う。血統的にもドLで平坦外伸びがベスト
続きを読む

エリザベス女王杯2016予想

すみません、ダビスタのやりすぎ忙しいので簡易版で。
見解は回顧でやります。最近回顧もしてないですけど(汗

・エリザベス女王杯
◎マキシマムドパリ
○ミッキークイーン
▲タッチングスピーチ
△プリメラアスール
△シュンドルボン
△アスカビレン

・福島記念
◎ケイティープライド
○マーティンボロ
▲クランモンタナ
△ゼーヴィント
△マイネルラクリマ

・オーロC
◎ナックビーナス
○ジャストドゥイング
▲アットザシーサイド

エリザベス女王杯2016登録馬見解

■エリザベス女王杯2016登録馬見解


現時点での注目馬は→人気ブログランキング
穴人気必至。前に行く位置取りショックがあれば。

1-1 ミッキークイーン(牝4、浜中俊・池江泰寿)
2-2 マリアライト(牝5、蛯名正義・久保田貴士)
2-3 クイーンズリング(牝4、M.デムーロ・吉村圭司)
3-4 ヒルノマテーラ(牝5、四位洋文・昆貢)
3-5 メイショウマンボ(牝6、池添謙一・飯田祐史)
4-6 プロレタリアト(牝5、杉原誠人・小島茂之)
4-7 マキシマムドパリ(牝4、武豊・松元茂樹)
5-8 タッチングスピーチ(牝4、R.ムーア・石坂正)
5-9 シングウィズジョイ(牝4、C.ルメール・友道康夫)
6-10 シュンドルボン(牝5、吉田豊・矢野英一)
6-11 デンコウアンジュ(牝3、松山弘平・荒川義之)
7-12 アスカビレン(牝4、松田大作・中尾秀正)
7-13 プリメラアスール(牝4、幸英明・鈴木孝志)
8-14 シャルール(牝4、福永祐一・松永幹夫)
8-15 パールコード(牝3、川田将雅・中内田充正)

エリザベス女王杯2015予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

 −指針− 自信度★★★
エリザベス女王杯2015の予想をしたいと思います。
人気はヌーヴォレコルト、ラキシス、ルージュバックが10倍を切る形ですね。
京都非根幹の軽さ、昨日降った雨の重さを上手く考えて予想していきたいと思います。

人気ブログランキング
○フーラブライド
▲シュンドルボン
△タッチングスピーチ
×リラヴァティ
×マリアライト

人気ブログランキング
父は莫大な体力と量が豊富なL系種牡馬。同馬もいかにもなL系。
少頭数で強かった内容からも、邪魔されず自分の競馬をすれば滅法強い。
休み明けの外枠で揉まれづらい京都非根幹。古馬初G1という鮮度もあれば軸はこの馬か。
あとは量系なので馬体が減らないで欲しい。それさえクリアできれば。

・2番手以下の短評
○フーラブライド
ゴールドアリュール×メジロマックイーンのC系で少頭数外枠から多頭数内枠替わり。
今年も京都大賞典からだが、昨年より先行布石打てているのと雨が残って重ければ。
▲シュンドルボン
ハーツクライ×エルコンドルパサーのM系。ハーツクライは母父に量系が入ると安定する。
血統は延長のアップでこそだが、1600万下[0-0-0-21]というのと能力の証明が弱く、▲まで。
△タッチングスピーチ
ディープインパクト×Sadler's Wellsでタイプはよく分からない。
前走秋華賞はローズS追い込み激走後なので0.3差6着なら上々。交互で。
×リラヴァティ
逃げられなかった逃げ馬。ロブロイは延長で前に行く位置取りショック特注。
スロー楽逃げ後に頑張った福島牝馬Sでポテンシャルは証明しているので。
×マリアライト
ディープインパクト×エルコンドルパサーのLC(S)系。
母父からディープにしては体力、量豊富なタイプ。いかにもな叩き2戦目。絞れば。

◎、○、▲、△ 馬連BOX100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、×、×)の10点買い。1点100円。計1600円
-------------------------------------------------------------------------------------

エリザベス女王杯予想◎ヴィルシーナ

競馬関連でラジオ始めました! エリザベス女王杯の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

 −指針− 自信度★★★
本命はここを狙ったローテのヴィルシーナ。
メイショウマンボを切って中穴狙い。

◎ヴィルシーナ
○デニムアンドルビー
▲ラキシス
△ハナズゴール
△オールザットジャズ
×セキショウ

◎ヴィルシーナ
ディープインパクト×MachiavellianのCM系。
京都大賞典からのローテは相性が良く、京都大賞典で4角6番手以内だった馬は[2-3-0-1]。
格を保有している馬に有利なレースでもあり、G1馬という勲章も大きい。
前走馬体を増やしてG1に向かう流れが大阪杯→ヴィクトリアMの時と酷似。
C主導で少頭数外枠凡走からの馬体減多頭数中枠替わり。軸という意味なら最も無難な選択か。

・2番手以下の短評
○デニムアンドルビー
ディープインパクト×キングカメハメハのLC系。
典型的なズブいLC系で、前走のような内回りのHペース戦だと間に合わない。
その前走もローズSの反動があったのは間違いなく、1人4着なら及第点。
凡走後でストレスを抜いてからの延長+外枠+非根幹外回り。条件が一気に好転する。
▲ラキシス
ディープインパクト×Storm Catで今トレンドの配合。
前走条件戦組は過去[0-0-1-33]と相性最悪も、唯一の3着が昨年のピクシープリンセスでディープ産駒だった。
ディープは鮮度要求率が高い割に初重賞が苦手なので、フローラS使用もいいクッションになっている。
△ハナズゴール
オレハマッテルゼ産駒のLS系。非根幹の広いコースが最も向いていると思うので、ようやく合った条件に使ってきた。
府中牝馬Sで人気より凡走したタイプで、過去の馬だとエイダイクインに近い。差しに回る位置取りでどこまで。
△オールザットジャズ
タニノギムレット産駒のSM系。まあ、正直タイプはよく分からない(笑)。
昨年のエリ女で一番パフォーマンスの良かった馬が同馬で、昨年より展開向けば。クイーンS3着で一応リズムも保持。
×セキショウ
シンクリ産駒のS系。前総崩れの秋華賞で2番手から0.3差の8着。外回り微妙も逃げれば位置取り掛かるので。

◎−○ 馬連100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円
◎、○2頭軸の3連単(◎、○)→(◎、○)→(▲、△、△)の3連単6点買い。1点100円
◎−× ワイド100円
○−× ワイド100円。計1500円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

エリザベス女王杯後付け回顧

競馬関連でラジオ始めました!→まとまり系競馬サロン Mラジ

エリザベス女王杯 京都芝2200m 不的中
タイム:2:16.3
ラップ:13.0 - 11.3 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.9 - 12.7 - 11.9 - 11.5 - 12.5 - 12.4(37.2-36.4)
◎フミノイマージン
○マイネジャンヌ
▲ヴィルシーナ
△スマートシルエット
△マイネオーチャード
×ピクシープリンセス

雑感:とりあえず1頭は条件戦からの馬が複勝圏に入るって予想は当たりました(爆)。フミノイマージンは相性いい京都大賞典組でしたが、まさかの惨敗。スムーズに運びたいのに、太宰よなぜ内に入れたし。いや、内に入れるくらいの手応えしか残ってなかったのかもしれません。ダリアちゃんはここ2戦外枠での敗戦で、回顧でも評価していたんです。でも今回も外枠では評価できず…。近走内容がある馬を枠だけで切る癖を治すというのを今後の課題とします。もちろん極端な馬場なら別ですが…。ピクシープリンセスは母父の影響で量が豊富なディープ産駒。今後人気が先行しそうで、小回りの内枠で嫌いたいです。

■今年初めて条件戦からの馬が3着に食い込む。低レベル戦は鮮度ある馬に注意
■前走牡馬混合の重賞を使った馬は[6-5-3-12]と好相性
■近走内容の良い馬を外枠という理由で切るのはやめよう!


総評:ラップ自体は後傾ラップだが、道悪馬場で消耗戦に近い。外伸びで内から差してきた馬に次走注意。
1着レインボーダリア C…外枠合わないが、重で京都の軽さを払拭し、強い馬と併せて同馬のCを活かした
2着ヴィルシーナ CM?…ディープだから重で上がり掛かるのは良くないし、先行馬不利の流れでよく粘った
3着ピクシープリンセス L…母父の影響で重の非根幹合う。同馬の性質を理解したデムーロの騎乗も見事で
4着マイネオーチャード LC?…ステゴで重良いし、馬体絞れて集中状態。もっとズブズブな展開ならだったが
5着オールザットジャズ S…先行馬に辛い展開に加え、血統構成を考えるとかなりの頑張り。短縮で要注意
・6着以下
6着メルヴェイユドール C…C系有利の展開も、フジキセキに延長+重は酷だった。良馬場の内枠中位人気で
7着マイネイサベル CL…短縮ショッカー激走後の延長戦だった訳で、7着なら立派。短縮のマイル前後なら
8着アカンサス CorCL…同馬もC系のフジキセキで、よく頑張っている。馬群にも怯まないので多頭数内枠で
11着フミノイマージン ?もんたさんの見解だと、なるほど小回り向きか…。外からスムーズな競馬をしたい
16着スマートシルエット S…延長なら高速馬場や展開の助けが欲しい。S強くポストマイネサマンサで(笑)

エリザベス女王杯予想◎フミノイマージン

またしても時間の都合で根拠は火曜あたりに。

◎フミノイマージン
○マイネジャンヌ
▲ヴィルシーナ
△スマートシルエット
△マイネオーチャード
×ピクシープリンセス

◎1頭軸3連複10点買い 1点100円計1000円

競馬関連でラジオ始めました。
エリ女の見解はこちらで→http://keiba-know.seesaa.net/

エリザベス女王杯回顧

でるさんと行った回顧です。(左が私の印、右がでるさんの印です)

エリザベス女王杯
1着△▲スノーフェアリー
2着△◎アヴェンチュラ
3着−−アパパネ

でるさんが馬連的中!


で: あいつ強すぎ!

ブ: スノーフェアリーですね(笑)。外国馬でG1連覇は初だそうですよ。

で: 昨年の衝撃を忘れたわけではなかったんですけど、今回はローテーションが微妙だったのと、大外枠だったのとでちょっとだけ割り引いたのに、直線は昨年と同じように内からズバッと。

ブ: アパパネとの着差を見れば差が詰まっているのである意味ローテは悪かったのかもです(笑) でるさんの本命馬はどうでした?

で: 本命はアヴェンチュラだったんですけど、レース中に骨折してたらしいですねぇ。終わってから「また安めか!」ってつぶやいたんですけど、よくぞ2着まで来てくれました。ごめんなさい^^;

ブ: アパパネは指数も低めでしたけど、追加したそうで! いわゆるすけべレーダーですか?(笑

で: アパパネの取捨には困ってたんですけど、前日にうちの先輩とメールをしたらほぼアパパネの話になっちゃって。パドックを見てからかな?>スケベレーダーw

ブ: アパパネ拾えたのは素晴らしいの一言ですね。あの馬はS系の不振期だと思って即切りでした。ブエナに勝ったのは伊達ではなかったと・・・。同じS主導で三冠馬のスティルインラブが府中牝馬敗退で巻き返せなかったのも切る方向に自信ついちゃって(泣 おのれ幸!(そこ!?

で: ブライトさんはたしかクジラちゃんからでしたよね?w

ブ: イギリスのお膝下で捕鯨してやろうかと思いましてね。

で: オゥ、シット! ←いや、このツッコミおかしいな。却下^^;

ブ: 突っ込みはカットしませんw>シット クロフネ本命ってMやってる人だと冒険だと思うんですよね。ここで◎で当てたらカッコいいかもみたいなスケベ心もあって、それが最後の伸びに響きました(泣

で: ホエールちゃんは単勝こそ6人気でしたけど、複勝とか連系だと3,4人気でちょっと旨味成分不足でしたよねぇ。私はやっぱりクロフネっていうのと、デキが微妙っていう情報からちょっと印を下げちゃいました。

ブ: 勝ち切れないけど、安定感はある!とやっぱり思われてたんでしょうね。ある意味まとまり系には致命的な発想なんですけど(泣) 一応同馬はSM系でまとまり要素もあると思っていますので。

で: さすがに3歳同士なら2400でも大丈夫なんでしょうけど、古馬と一緒の2200は違う気がしたんですよねぇ。

ブ: 本質的にはマイラー(by藤沢)かもしれません。クロフネ産駒自体も長距離のイメージないですし。

で: どっかで見ましたが、クロフネは芝2000以上の重賞ではまだ勝ち鞍なかったんじゃなかったかな。

ブ: 芝2000mのクロフネって聞くと牝馬限定戦を逃げて2着した馬しか思い出せません。名前は忘れましたw

で: いま、そのクロフネ探し中。

ブ: ローズSでアドマイヤキッスの2着馬。クロフネじゃなかったらすみませんw

で: あーシェルズレイ?

ブ: それだ! …あの馬ってクロフネじゃなかったでしたっけ?

で: クロフネっす。

ブ: あの時は中京開催で高速馬場でしたよね。あれ、いかにもなS系で逃げられなかった逃げ馬の時にいつか狙おうと思ってたんですけど、結局狙えずに引退してしまいました(汗

で: うわ、単勝8人気だったんですね。

ブ: 高速前残り馬場でいかにもS系向きだったんですよ。ダートからのローテもいいですし。それだけに悔しかった思い出があります。

で:もう5年前ですね。

ブ:そういえば逃げで思い出しましたけど、シンメイフジが大逃げしましたね(笑

で: あそこまで逃げるとは思ってませんでしたが、っていうかダンシングレイン(#^ω^)  てか、なんて自然な軌道修正・・・。濡れたw

ブ: レインは逃げませんでしたね(笑) こういうスローだと思わせて1頭行くってのは良くありますね。騎手の思惑が展開に反映される典型です。

で: 淀の2200はこういう展開になると見せかけて、来年は上がり33秒台勝負ですね!

ブ: あるあるすぎますw

で: シンメイフジは要チェックやなぁ。次どこに出てくるのかわかんないけどw

ブ: シンメイフジが大逃げしたせいで、スプマンテの幻影が出ちゃったじゃないですか。そのせいでホエールがワンテンポ早く仕掛けたんですよ。 だからスプマンテのせいでホエールが負けたと思ってます(笑)。

で: たしかに。ホエールはいちばん位置がキツイ、というか難しい感じでした。

ブ: 大逃げを見ながらの単騎の2番手が一番乗り難しいんですよ。人気だと特に。あれがもう少し3番手を離した2番手なら展開利を得られるんですけどね・・・。

で: いつも出遅れるんだから素直に出遅れときゃ良かった!

ブ: (笑)。スノーフェアリーは別格で置いておくとして、対抗以下で期待していた馬はいますか? ちなみに私はレディアルバローザだったんですけど…。考察で4.5も付けちゃいました(爆死)

で: レディアルバローザは確かにスケベな体してましたw 私が期待していたのはフミノイマージンですかね。中山牝馬の大外強襲をフロック視してた私に福島牝馬で誰がフロックじゃーみたいな脚で差してきたのを見て気になりました。

ブ: 人気薄激走→連続好走は単純にポテンシャル証明ですしね。 でも今回思ったのはやはり府中牝馬S組は割引なのかなと思いました。過去もあまり成績が良くないですよね。

で: 確かに。ただ、今回スケベな香りを漂わせてるのは府中牝馬組ばっかりでした。

ブ: 府中牝馬Sはスローなのに外伸びという謎な結果で。というか上位3頭が位置取りや脚質含め似た感じだったんですよね。だから1頭買うと他のも買わなくちゃ!ってなる恐れが。よって全消し(笑)。

で: 今年からG2になったからちょっとくらいいいかと思って気づいたらヒモに4頭も拾ってたw

ブ: G2だったんですね。でもおそらく今後も人気で負けた馬のみ拾う感じでいいと思いますね。激走馬は消しが妥当でしょうか。他気になる馬、次走以降で狙いたい馬はどうですか?

で: 大負け組でおいしそうなのはレディアルバローザかな。レディアルバローザは短縮で、ただ流れも速い方がいいと思うので・・・それはどこになりそうですか?(ぶん投げ)

ブ: レディは距離が長かったと考えれば短縮で変わってきそうですよね。S主導だと思うので短縮は合うと思います。キンカメは外回りで強いので、京都牝馬あたりですかね・・・。でもこの馬断然人気だとポカするんですけど(笑

で: 京都牝馬だと流れぬるそう。

ブ:確かにw>ぬるそう

で: ヴィクトリアマイルまで待ちますかw

ブ:だいぶ先w

で:ブライトさんの注目馬は?

ブ:私はワルキューレに期待していますね。M=C系至上主義という単純な発想で申し訳ないんですが。

で: 7歳牝馬・・・

ブ: そこなんですよ〜。年いってるんですよね。でも一線級相手とは無縁だったので、鮮度はまだまだあるのかなと。

で: Mラーの方々からステゴは洗脳されてますw おいしい人気のステゴが内枠に入ったのを見つけたときにニヤけてしまうくらい洗脳されてる。あ、フジキセキもだわ。

ブ: フジキセキは中山マイルの内枠で買ってればok

で: 京都の1200,1400とかでも買いたいです先生!

ブ: いっちゃってくださいw

で: あふ〜ん

ブ: そのイクではないですw じゃあちょっと上位馬について語って締めに向かいましょうか。スノーは外国馬、アヴェは残念ながら骨折ということで3着からですが。アパパネはどうですか? でるさん的にここで狙いたいなみたいなのは。

で: 牝馬G1w でも、来年のVMで買いたいかって聞かれたら微妙かなぁ。これはホエールキャプチャも同様で。なんかイメージと違うくないですか?

ブ: ホエールはやはり桜花賞で勝ちたかった感じですね。残された道はダートだと個人的には思ってますが。

で: ホエールって次どこで?って思ってたけど、そうかダートか。

ブ: クロフネの牝馬って考えれば短距離って選択肢もあると思いますけどね。じわじわ距離を短めにシフトさせて。

で: それこそ、京都牝馬とか合いそうですけどね。さすがに人気で旨味はアレですが。

ブ: 京都牝馬は斤量が気になりますね…。

で: もし金杯だったら? さすがに出てこないか

ブ: 京都金杯ですかぁ・・・。意外とあり?ですけど、坂コースの方が合うかもですね。重めの馬場なら京都でもいいんでしょうけど。

で: あぁ、ファンタジーSのホエールが実はいちばん好きなんですけど、あれは同世代牝馬限定だったからであって、古馬と淀でやる場合は他に斬れモノがたくさんいるか・・・。

ブ: あれはビビりました。あれから同馬の見方が変わりましたね>ファンタジー

で: ファンタジー後のメモに「しかし、クロフネでどこまで?」とか書いてる俺ワロタw

ブ: そのあと全レース掲示板確保する馬になるとはw

で: まあ、なんだかんだでお世話になってるんですけど^^;

ブ: レーヴディソールはどうですか? 今回人気で惨敗しましたけど。そういえばこの馬今日初めて触れましたw
このちゃっかりものーーー>ホエール儲け

で: 今見たら、阪神JFと秋華賞のみでしかお世話になってないので、そんなにお世話してもらってませんw

で: レーヴディソールは・・・ほら、危険な配合なので無事に来年出てきたときに考えます^^; 個人的には、イタリアンレッドがまったく掴めないんですけど。

ブ: 私もネオユニヴァースは苦手ですね。S主導だとは思いますけど。

で: 小回りかと思ったら違うし、夏馬かと思ったら違うし、なんだお前!

ブ: ネオは現役時代CM系で割と従順な馬だったんですw それが今ではSLじみた狂気を感じますからね・・・。

で: 「速い上がりを使えるネオはそこそこやる」ってのをどっかで見たのでとりあえずそれでいいか!

ブ: 私も中山芝1800mで強いくらいしか情報ないですw ではそろそろ最後にエリ女の期待馬&まとめを。

で: 来年のVMでレディアルバローザ。中山牝馬@阪神とVMがやはり強い競馬だったと思うので、1600〜1800でなるべく速い流れになりそうなとき、ですかねぇ。

ブ: 中山牝馬で先行してれば本番でも面白そうですね。じゃあ私はホエールのダートor短距離で。そんな感じですかね?

で:ですね。よし決まった。では今週のマイルCSも検討を祈っております!

ブ:お疲れ様でした〜。

で:あ、検討じゃなくて健闘。節子、それ検討のほうや。俺が言いたかったんは、頑張りましょうってことや。

ブ:うんこがびちょびちょやー

で:またかいな。ジュースばっかり飲むさかいそんなんなんねん

ブ:あの状況でジュース飲めるんかいw

で:節子、いつからそんな言葉遣い汚ななったんや(今週の回顧は節子と清太か…)


エリザベス女王杯予想◎ホエールキャプチャ

 −指針− 自信度★★★
かなり悩みましたが、安定感に魅かれてホエール本命。
エリザベス女王のお膝元で捕鯨が炸裂するよーー。

◎ホエールキャプチャ
○レディアルバローザ
△アヴェンチュラ
△ワルキューレ
△レーヴディソール
△スノーフェアリー

◎ホエールキャプチャ
クロフネ×サンデーサイレンスのSM系で全レース複勝圏内確保を継続中。
昨年の芙蓉S逃げ切り→短縮差し転換3着から、クロフネらしからぬ走りを披露し続けていて能力は確か。
前走の秋華賞も内伸びの中、1番人気で外を回って3着。Vラインだったように悲観する内容ではなかった。
人気が落ちれば思い切って乗れるし、そしてそれができる鞍上は心強い。

・2番手以下の短評
○レディアルバローザ
キングカメハメハ産駒のS(LC)系。初音SやクイーンSの敗戦を見るに人気だと買いづらい馬。
府中牝馬Sを人気で負けつつ久々の人気急落ゲットは良いタイミング。量もあるので外枠も問題ない。
△アヴェンチュラ
ジャングルポケット×サンデーサイレンスのCS(L)系。
秋華賞は展開にも恵まれたが、2人1着で0.2差勝ちなら消せない。ジャンポケだから調子落ちまでは。
△ワルキューレ
ステイゴールド×ジェネラスのCLorLC系配合馬。ただ前走のレース見る限りC系でいいかも。
前走条件戦使用馬[0-0-0-26]を承知でステゴの初重賞戦に期待。
△レーヴディソール
アグネスタキオン産駒のL系。
量が豊富なタイプで休み明けは問題ない。揉まれずスローなら適性一番。
△スノーフェアリー
昨年圧勝で適性に疑い無し。昨年より鮮度ないので抑えまで。

◎1頭軸の3連複10点買い。○含み1点200円、その他1点100円の計1400円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

エリザベス女王杯考察 〜出走馬簡易コメ後半〜

エリザベス女王杯の簡易コメント後半戦です。
枠が発表されたので、後半戦ではそのことにも軽く触れています。[]内の数字は過去15年のものです。

フミノイマージン S系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×Dixieland BandのS系。父、母父共に量が豊富なタイプで配合自体はL主導のものだが、戦績からはS系に映る。特に短縮ショッカーで激走した中山牝馬SではSの強さを感じた。府中牝馬Sを3人3着は悪くないものの、Sのキツいタイプなら差しの延長はイマイチ。このレース後の短縮で買いたい。
ブロードストリート LC(S)系 ★
 アグネスタキオン×CozzeneのL系配合馬。かつては多頭数戦やアップでも好走し、血統のポテンシャルを超える走りを披露していた。だが、それも近走は影を潜めている。ダウンと頭数減に反応したマーメイドSがそのいい例だろう。Vライン後で延長も悪くないが、往年の走りを望むのは酷か。こちらも次のダウン狙いで。
ホエールキャプチャ SM系 ★★★★
 クロフネ×サンデーサイレンスのSM系。クロフネは牝馬だとなかなかしぶとい走りをする馬が多いが、同馬も母父サンデーからCを供給しておりこの戦績に繋がっている。過去の馬だと同じSM系アドマイヤキッスに近い感じ。なら4着になるが、初の人気急落取れそうなのと全レース複勝圏内確保でそれより上があってもいい。
レインボーダリア S系 ☆
 ブライアンズタイム×ノーザンテーストのS系。15年前なら脚光を浴びそうな配合(笑)。以前秋華賞で狙ったが、激走できなかった。種牡馬の活力が落ちて、かつてのアップでの強さは見られなくなっているのかもしれない。二ノ宮厩舎で成績が1800mに寄ってるあたりはアクシオン風味。来年の福島牝馬Sで逢いましょう。
レーヴディソール L系 ★★★
 アグネスタキオン産駒のL系。量が豊富でタキオンの生まれ変わりのような馬である。よって休み明け自体は問題ない。むしろ使い込んでいるよりいいくらいだろう。だがこれが多頭数の中枠なら話は変わってくる。長期休み明けで今は最も馬群を嫌がるタイミング。能力は認めるものの、この人気なら切った方が無難か。
レディアルバローザ S(LC)系? ★★★★☆
 キングカメハメハ産駒のS(LC)系。基本的には量系だが、タイミングが合えばしぶとい走りができる。戦績が交互になっているようにストレスに弱く、人気の推移にも敏感な馬だろう。激走後の短縮先行で粘ったヴィクトリアMが能力証明レースだし、府中牝馬S組は人気で凡走した馬なら反発期待できる。タイミングはベスト。
ワルキューレ CLorLC系? ★★★
 C系ステイゴールド産駒。母父がL系ジェネラスなのでCLかLC系といったところか。前半の考察でも書いた通り前走条件戦使用馬は大不振で、かなり厳しいと言わざるを得ないだろう。だが、ステゴのアップはソリッドプラチナムなど常識外れ。前走超絶レコードの前に差して2着は悪くない。C系の初重賞と踏んで一応抑える。
スノーフェアリー ? ★★★☆
 レッドランサムの直系×ウォーニングの直系という配合の馬。血統やM3タイプはよく分からないが、昨年の圧勝を考えても日本の馬場にドンピシャだったのだろう。昨年より鮮度はなくなるので強気にはなれないが、凱旋門の後に一走挟んで激走後を回避したローテはいい。難解なので抑えるという形で逃げる!!
ダンシングレイン M系? ★★★
 Danehill Dancer×Indian Ridgeのまとまり系。きましたきました今年のダンチヒの直系はこいつ(笑)。ダンチヒだからG12勝馬と格がある(M系の弱点補填)のに、人気急落は絶好。近年大穴を開けている短縮ローテというのもプラス材料だろう。問題があるとすれば前走逃げていたという点。意地でも先手を取りたいところだ。

以上で考察終了。現時点での予想は。
◎レディアルバローザ
○ホエールキャプチャ
▲アヴェンチュラ
△ワルキューレ
△ダンシングレイン
△スノーフェアリー

レディかホエールかで本命を悩み中。
枠が内枠と外枠と開いているので、明日また馬場見て考えます。

参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

エリザベス女王杯考察 〜出走馬簡易コメ前半〜

エリザベス女王杯の簡易コメントです。
パッと見の印象は荒れそう。幅広く穴を狙っていきたいですね。[]内の数字は過去15年のものです。

アニメイトバイオ M系 ★★☆
 ゼンノロブロイ×フレンチデピュティのまとまり系。内枠やHペースでも諦めず差してくる馬で、C、S、Lをバランスよく持っている馬である。近走安定感あるのはいいが、前走は軽い人気落ち+外伸びの流れに乗って2着は上手くいきすぎた感じ。ローテも府中牝馬Sで人気>着順の馬は[0-3-1-34]。追い込み0.0差もマイナス。
アパパネ SM系 ★★
 キングカメハメハ×Salt LakeのSM系。父、母父共に量が豊富なタイプで力で押し切る競馬を得意とする。昨年は三冠という大目標後のレースで精彩を欠いたが、延長2200mという条件自体は悪くないと思う。しかし前走で緊張の糸が切れたような敗戦。今までの反動がどっと押し寄せて不振期突入か。今クールは苦戦必至。
アヴェンチュラ CS(L)系? ★★★☆
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのCS(L)系。配合的にC、S共に強く、心身構造のしっかりした馬である。過去秋華賞1着馬は[2-1-1-5]と意外と良くなく、2番人気以内で1着した馬に絞っても[2-1-1-4]止まり。だが、0.2差以上勝ちに絞れば[2-0-0-0]とパーフェクト。ダスカ、ファイン級なら軸候補(爆)。
イタリアンレッド S系 ★★☆
 ネオユニヴァース産駒のS系。スローだったマーメイドSを諦めず追い込んできた内容が良かったが、その後から一気の3連勝。S主導らしく連チャン期みたいな推移。しかし、先ほども言ったように府中牝馬Sで人気>着順の馬は[0-3-1-34]と相性が悪い。追い込み0.0差勝ちで400mの延長ではコントロールも難しそう。消しか。
エリンコート ?系 ☆
 デュランダル産駒でタイプは判別しづらいが、3連勝でG1を制覇したようにややSが強いタイプかもしれない。雨が降って特殊馬場だったオークスを制覇した後、休みを挟んでから2戦連続の惨敗。激走の反動か今は状態が悪く、リズムを立て直すのには時間が掛かりそう。もう少し叩いてから距離短縮で見てみたい血統。
オールザットジャズ SC系? ★
 タニノギムレット×サンデーサイレンスのいわゆるスマイルジャック配合の馬(笑)。血統的にCもありそうなので格上挑戦は苦にしないだろう。しかしエリザベス女王杯は前走、条件戦を使われた馬の相性がすこぶる悪い。過去15年で[0-0-0-26]という有様。京都外回りの鬼メイショウベルーガでさえ5着だった。厳しい。
グルヴェイグ CLorCS系? ★★
 ディープインパクト×トニービンのC主導になりそうな配合の馬。エアグルーヴ産駒の格上挑戦となるので若干怖さはあるが、同馬はディープ産駒ゆえにこじんまりしている印象を受ける。ローテも前記したように条件戦使用馬は不振。一桁着順くらいでまとめて条件戦戻りで馬券になるといったところではないか。
サンテミリオン LM系? ☆
 ゼンノロブロイ×ラストタイクーンという配合の馬。ゼンノロブロイはまとまった種牡馬だが、母父ラストタイクーンはL系の種牡馬だったので、量が豊富なタイプだろう。前走10着以下の馬は[0-2-1-40]。ラストタイクーンは巻き返し能力は高いものの、1回の惨敗での巻き返しが多い。よって連続凡走では買いづらい。
シンメイフジ LCorCL系 ★☆
 フジキセキ×ティンバーカントリーのLCorCL系。母父から量を供給し、フジキセキ産駒にしては延長への適応力が高い馬。長期の休み明けということもあり、今回はさすがに厳しいだろう。しかし、フジキセキ産駒で雨が苦手と考えれば中京記念の内容は秀逸。叩きながら、今後の巻き返しに期待したい。混合戦で注意。
 参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ

エリザベス女王杯予想 〜世紀の巻き返し〜

 −指針− 自信度★★
本命にしようと思っていたプロヴィナージュがまさかの出走取消。
人気馬がストレス、疲労で動けないのを期待してノーストレスの馬から。

◎サンテミリオン

◎サンテミリオン
昨年のエリザベス女王杯は超前残り戦だったわけだが、
これは断然人気のブエナビスタが追い込み馬だったことによる展開破綻がテーマだった。
今年はストレスをテーマに置いてみようと思う。
アパパネ、メイショウベルーガが接戦勝ち後で多頭数の内枠と中枠を引っ張ってきた。
この2頭がストレスで動けないとするなら、本命はノーストレスの馬が面白そう。
初めは休み明けのレジネッタを狙おうと思ったが、この馬はフレンチ×サンデーのパワー型の馬で、
福島牝馬Sを制したことからもライラプスのイメージに近い。1800m以下の坂コース向きと見て消す。
というわけで本命はオークス馬サンテミリオンにしてみた。
同馬はゼンノロブロイ×ラストタイクーンというL系配合馬。
ラストタイクーンといえばトライアル惨敗本番巻き返しのオースミブライト、アローキャリーがいた。
秋華賞は言うなれば前哨戦。凡走後の距離延長、デムーロへの乗り替わりで巻き返し必至。

◎ 単300円
◎ 複700円
------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

エリザベス女王杯重賞考察

エリザベス女王杯軽く考察(過去14年)。
全体的な印象としては惨敗からの巻き返しがなく、3歳馬は秋華賞組の入れ替え戦って感じ。
古馬は府中牝馬Sより前走牡馬混合重賞組が実質ダウンになるので有利か。

・府中牝馬S組
[2-7-8-63]

80頭中9頭連対17頭3着以内。
勝ったのはメジロドーベルとエリモシックだからもう10年以上勝ち馬が出ていないステップ。

・6着以下
[0-0-1-32]

延長ステップゆえに意外性がない。
唯一巻き返したのは00年のエイダイクイン。3人6着からの巻き返しであった。
このようにある程度人気に支持された馬でないと巻き返すのは厳しい。

・6番人気以下
[0-0-1-32]

こちらも壊滅的数字。
では逆に5番人気以内に支持されて5着以内に入った馬見ていく。

・5番人気以内でかつ5着以内の馬
[2-7-6-19]

34頭中9頭連対15頭3着以内。
単回収は34円だが、複回収は103円となりかろうじて狙える数字にはなった。

・府中牝馬Sで人気≦着順
[2-4-6-10]

22頭中6頭連対12頭3着以内。
人気通りに走った馬と軽く凡走したタイプは安定。
ただ、03年以降は3頭しか複勝圏に入れていない。昔は古馬の王道ステップだった。


・秋華賞組
[5-3-2-56]

66頭中8頭連対10頭3着以内。
上位陣は安定しているが、こちらも府中牝馬S同様下位からの巻き返しは少ない。

・秋華賞6着以下
[1-0-0-29]

巻き返したのはリトルアマポーラのみ。
同馬は重賞1番人気1着経験があり、前に行く位置取りショックを仕掛けていた。

・秋華賞6番人気以下
[1-0-1-28]

こちらもリトルアマポーラが勝利。
叩き2戦目で最速上り後にルメール乗り替わりでの位置取りショック。
珍しく長浜GJである(笑)。


・条件戦、OP特別使用馬
[0-0-0-36]

昨年もメイショウベルーガがこの縛りに勝てず。
よほどいい内容でないと厳しい。


現時点での予想は
☆アパパネ
☆メイショウベルーガ
☆プロヴィナージュ

ローテで縛ると、どうしてもこの人気3強になってしまう。
アパパネは秋華賞勝ち馬が[2-1-0-5]と微妙なのが気になるところ。
まあカワカミを勝ちにするなら[3-1-0-4]で一気に見栄えが良くなるわけですが(笑)。
0.0差勝ち[0-0-0-2]、0.1秒以上差勝ち[3-1-0-2]。
アパパネは0.1差勝ちだから一応クリアしてます。ただ単はキツイかな…。
メイショウベルーガは前走が凡走後の距離延長とほぼベストタイミングだったので、
連勝したことがないのを踏まえると前走よりはやや評価が下がります。
となると一番無難そうなのは短縮ショッカーのプロヴィナージュか。
キングカメハメハ、フレンチ2頭がG1を圧巻するとは。10年前では考えられない体力至上主義(笑)。
C系至上主義の皆さんさようなら〜(泣)。

感想(シルクメビウスを忘れないで下さい編)

え、どこのイングランディーレ?
ブロード、ブエナの遺恨→ブエナ徹底マーク質っていうのが今レースのテーマだった?

レース見てると、まず横山典が「あれこれ、イングランパターンじゃね?」と気が付き最初に動く。
それを見てアンカツもついて行くように動く。それを見てインディゴも勝春無視して動くと。
大きく開いた時はもう前の2頭で決まったと思いましたよね。それこそディーレの時より離してましたし。
臆せず前に行った2頭の騎乗に感服です。
しかし、ブエナも相当強い。展開が破綻しても3着に突っ込んできましたからね。

ブエナはウオッカと一度戦うところを見たかったな〜。
どちらも有馬記念出ればいいのに。ウオッカも内枠入れば中山でも好勝負出来るはず。
そして東京で短縮ショッカー狙ったら、スプマンテも短縮ショッカーだったというオチでした。

エリザベス女王杯予想 〜ビスタを買います〜

 −指針− 自信度★★
ブエナビスタを本命。
あとは走れそうな状態にある馬たちを。

◎ブエナビスタ
○リトルアマポーラ
▲メイショウベルーガ

◎ブエナビスタ
スペシャルウィーク×カーリアンという量系配合馬。
母父カーリアンということで、そろそろ完成度のアドバンテージを失う頃なのだが、
それでも古馬含め強い馬が見当たらない。
G13勝とも1番人気1着で勝利しているように、地力は抜けてる。
前走は正直情けない内容だったが、延長の外枠替わりはプラスに働くはず。

・2番手以下の短評
○リトルアマポーラ
マイラーズCは先行馬全滅の流れ、マーメイドSは外の差し馬全滅の流れ、
前走の府中牝馬Sは先行馬全滅の流れと今年に入って展開違いのパターンが多い。
それでも惨敗はしていないように、能力が一定以上あるのは確か。
バウンド延長で去年制した舞台に替わるのはいいローテだし、人気落ちもいい。
▲メイショウベルーガ
前走久しぶりの1番人気1着獲得。
前走は前が止まらない馬場だったので、外から差し切った内容は評価できる。

◎−○ 馬連500円
◎−▲ 馬連300円
◎→○→▲ 三連単100円
◎→▲→○ 三連単100円
---------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー

エリザベス女王杯考察

過去13回
・府中牝馬Sで6番人気以下
[0-0-1-26]
・府中牝馬Sで6着以下
[0-0-1-26]

今年はこの縛りを入れるとほとんどの馬が切れてしまう。
残ったのは2番人気5着のリトルアマポーラのみ。
差し馬独占の流れで5着に粘った内容は悪くなかったので、この馬は買いたいところ。
ちなみに3着に入った2頭の共通点は、2走前に連対し府中牝馬Sの人気+着順の合計が10以下な点。

メイショウベルーガは買えるのか

メイショウベルーガを買おうと思っていたんですが、痛恨のデータが。
・前走重賞戦以外の馬(古馬開放してから過去13回)
[0-0-0-35]

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ただ、前走1番人気1着でここに向かってきた馬は2頭しかいませんでした。
それがポルトフィーノ(前走芝1600m)とアドマイヤラピス(前走芝3000m)。
つまり実質勝率は5割(笑)。
極端な距離の2頭なので、参考外ってなる可能性もなきにしもあらず。
同馬はなかなか1番人気1着ができない交互系の馬だったのですが、ここに来て3戦連続の複勝圏。
前走も負けるタイミングだと思っていたので、内容は良かったんじゃないでしょうか。
同馬は四位鞍上で2度裏切られたので、結構思い入れのある(?)馬。
京都は外伸びに移行してきましたし、あえてここで四位を乗せるべき!!
四位鞍上に無欲の着付けをよろしくお願いします。
(追記:と思ったら池添だそうで。全く問題なし。いい騎手が残ってたもんだ。小原軍団をやめてからこういうことが多い気がするw)

エリザベス女王杯予想 〜シンプルにシンプルに〜

 −指針− 自信度★
シンプルに考えての予想。
最強牝馬&横山典から最強牝馬世代の馬たちへ

◎カワカミプリンセス
△ベッラレイア
△アルコセニョーラ
△レインダンス

◎カワカミプリンセス
横山典。

・2番手以下の短評
△ベッラレイア
雨さえ降らなきゃ強いトップロード産駒。
△アルコセニョーラ
新潟記念で牡馬相手に圧勝。前走Vラインで前が止まれば。
△レインダンス
内からこすい競馬で一発。
カワカミ、アマポーラに乗れない幸四郎が頑張るけど、最後負ける的な。

◎1頭軸の3連複3点買い。1点200円。合計600円。
----------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
Mラジ
■ブライト、MIO、TAKUYAが送る競馬ラジオ番組です。
(※ロードに少し時間が掛かりますが、ご了承下さいませ)
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】ウマコラボ
200×200-gold%20


200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
My Blog List
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク