↑秋競馬のお供に是非。noteで現役牝馬を徹底解剖してみました!

アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯2018予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→購入する!

 −指針− 自信度★★★
少頭数戦なので、手を広げずにシンプルに予想します。
ノーブル、ガンコあたりは胡散臭いので、そこを切りつつ。

◎エンジニア
○パフォーマープロミス
▲ルックトゥワイス
△アルバート
✕ウインテンダネス

◎エンジニア
Sea The Stars×OratorioのM系。
ダンチヒ系にダンチヒ系を交配するという時代の流れを露骨に感じる配合(笑)。
むらさき賞の10着だけ違和感はあるものの、デインヒル注入と考えれば腑に落ちる。
1600万下1人1着経験あるし、ずっとリズムを持っているにもかかわらず人気落ち。
前走はブラスト、メートルワンツーの超量系末脚合戦だったので、4着なら内容濃い。

・2番手以下の短評
○パフォーマープロミス
CS系。目黒記念は1人気らしい置きにいった内容で3着。能力上位。
▲ルックトゥワイス
C系。こちらもステゴのC系。前走出遅れて外を回す内容で2着。延長アップで。
△アルバート
LC系。京都大賞典からのダウン戦で実績はNo.1。この人気はなめられた。
✕ウインテンダネス
SC系。前走の負け方が微妙。叩いて前進か、不振期か迷ったので押さえ。

◎ 単600円
◎、○、▲、△ 馬単BOX100円
◎−○、▲、△ ワイド200円
○1頭軸の3連複○−(◎、▲、△、✕)の6点買い。計3000円
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
ココ
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。
続きを読む

アルゼンチン共和国杯2017予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

今週は水曜あたりから体調不良で全く更新できませんでした。
全国3〜7人の読者の皆様、大変申し訳ありません。
見解はラジオで詳しく話しましたので、そちらをお聴きいただけると幸いです^^;

◎アルバート
○レコンダイト
▲カレンミロティック
△スワーヴリチャード
△ソールインパクト

○の単、◎から馬連、3連複、◎、○、▲BOX続きを読む

アルゼンチン共和国杯2016予想

…すみません、時間が無いので予想はMラジを聴いて下さい(爆

今週ダビスタを狂ったようにやってたので、更新が…(言い訳)。すみません。

アルゼンチン共和国杯予想

簡易版で申し訳ありません。
今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

人気ブログランキング…LS系。父は鮮度持ちの馬だと相性が良く、条件戦1人1着後なら。
○ラブイズブーシェ…C系。ようやく1.0差以内にまとめてきた。昨年の秋天で能力は証明済み。
▲レーヴミストラル…LM系。休み明けのキングカメハメハ。体力型で外枠も合う。
△メイショウカドマツ…SL系。逃げられなかった逃げ馬。ダイワメジャーにしてはスタミナ豊富。
△マイネルフロスト…SC系。多頭数の混戦向き。雨も中山記念で走れていたので。
×ヴァーゲンザイル…S系。過去20年アル共3勝の母父ノーザンテースト。前走Vライン。
×スズカデヴィアス…L系。休み明けキングカメハメハ。気分よく行けば京都記念くらい走れる。

○ 単200円
◎−○ 馬連200円
◎−○ ワイド200円
◎−▲、△、△、×、× 馬連100円×5
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円。計1700円
-------------------------------------------------------------------------------------

アルゼンチン共和国杯回顧

アンケートやってます!

2頭以外にいいのが思い付いた方は片方に投票しつつコメント欄に書いてください(゚∀゚)
アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m 的中
3連複 100×33.1=3310
タイム:2:30.5
ラップ: 7.2 - 12.0 - 11.2 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 13.1 - 11.4 - 11.3 - 12.0 (30.4-34.7)
◎フェイムゲーム
○リキサンステルス
▲モビール
△クリールカイザー
△コスモロビン
△スーパームーン

雑感:今年は◎だけはやたら調子良い。ジェイド、メダリストのステゴコンビが共に惨敗。中位人気の内枠まで待ちます。メダリストも目黒記念を勝ってはいますけど、適性的には中山>東京でしょう。日経賞か大阪HCあたりでしょうか。セイクリッドバレーが地味に理想のVライン。ダウンで要注意。白富士Sを7人気3着と見た(笑)。

■北村は内枠向き。今年はポジション取りが上手い
■ハーツクライ産駒は延長で狙おう


総評:これといった穴馬がおらず人気通りの決着。今後なら2着馬と5着馬か。
1着フェイムゲーム LS…宗像厩舎でL注入。間隔開けた延長臨戦は血統踏まえてもベスト
2着クリールカイザー LC(S)…激走後だったが、Cもあり耐えられるタイプ。中位人気向き
3着スーパームーン SM…母父サドラーはアル共特注血統。藤沢の影響か変に軽さもあって
4着アドマイヤケルソ LC…トニービン、Be My Guest保有で体力ある。鮮度もあったので
5着ラブリーデイ L…L系なので休み明けの外枠合う。ただ適性は2000前後。高速平坦で

アルゼンチン共和国杯予想◎フェイムゲーム

競馬関連でラジオ始めました!
アル共の裏の福島開催攻略はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

2頭以外にいいのが思い付いた方は片方に投票しつつコメント欄に書いてください(゚∀゚)

 −指針− 自信度★★
本命はL系の教科書だった奴の弟に打ってみました。
相手は人気馬、人気薄から手広く。

◎フェイムゲーム
○リキサンステルス
▲モビール
△クリールカイザー
△コスモロビン
△スーパームーン

◎フェイムゲーム
ハーツクライ×アレミロードのLS系。
バランスオブゲームの弟で、宗像厩舎ということもありLが強めに出ている馬である。
しかし凡走後なら混戦でも走れるあたりは、父ハーツの力か。
前に行く位置取りショックを仕掛けられそうな局面だし、凡走後の延長非根幹はぴったり。
ダイヤモンドSを制したように体力比べもお手の物。東京は雨が乾けば内が伸びるので。

・2番手以下の短評
○リキサンステルス
マンハッタンカフェ×トニービンのS系。母父トニービンは道悪、馬場替わりショック特注血統。
条件戦1人1着後で鮮度十分だし、連続1人気からの久々の人気落ち。
▲モビール
ハーツクライ産駒だが、タイプはよく分からない。
前走綺麗な理想のVライン。○×○の○の番に加え、斤量1キロ減の内枠なら。
△クリールカイザー
キングヘイロー×サッカーボーイのLC(S)系。
買うタイミングが掴みづらい馬ではあるが、ポテンシャルは高い。体力豊富で延長は向く。
△コスモロビン
ゼンノロブロイ産駒のMorLM系で、ゼンノロブロイは休み明け特注。
昨年も差の無い4着。目黒記念でも激走後で頑張っていたように、この条件への適性確か。
△スーパームーン
ブライアンズタイム×Sadler's WellsのSM系。
芝2500mと言えばサドラー。雨と言えばサドラー。藤沢厩舎も東京芝2500mはかつて鬼だった。

◎−○ 馬連200円
◎−○ ワイド300円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△、△)の10点買い。1点100円。計1500円
-----------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナーにほんブログ村 競馬ブログへ

アルゼンチン共和国杯回顧

アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m 
タイム:2:30.9
ラップ:7.5 - 11.0 - 11.4 - 12.5 - 12.6 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.8(29.9-35.2)
◎ルルーシュ
○シゲルササグリ
△マイネルマーク
△アドマイヤラクティ
△アスカクリチャン
△ニューダイナスティ

雑感:3連複当てたんですけど、そういう時に限って予想をブログでは更新せず。Mラジの方では上の印でした。実馬券は◎1頭軸の3連複5頭流し+単勝代わりの馬単5点買い。残り200mくらいまではかなり激熱だったのですが…。

■ディープ産駒が2頭とも飛んだが(違う意味で)、2500mになるとやはり体力、スタミナがかなり要求される
■オクトーバーS連対組と好相性。今年は5着だったが、来年以降もこのローテは注目


総評:勝ち馬はCも量もそこそこある万能型で延長の人気落ち+内突きに嵌った。軽いタイプは用無し。
1着アスカクリチャン M…延長は問題ないし、Cを活かした内突きも見事。M系で好リズム時の人気落ち合う
2着アドマイヤラクティ LM…エリシオの影響かハーツにしてはL強め。実質ダウンの局面で繰り上がった感じ
3着ルルーシュ LM…休み明けの広いコース+非根幹はベスト。馬体が増えなかったのと早仕掛けの分3着
4着コスモロビン M…ロブロイらしく間隔開いた方が走るタイプ。この2500mという特殊な距離の適性も高くて
5着ホッコーブレーヴ LC?…鮮度はあったが、追い込み接戦後の延長差しというタイミングでは5着が精一杯
・6着以下
7着エックスマーク ?…ディープ産駒で大幅延長不向き。この距離ならよほどのスローじゃないと体力切れで
8着ムスカテール S(LC)…目黒記念激走の反動で今期は不振期突入。ただ前走よりいい競馬でダウン戦なら
11着ニューダイナスティ LC?…凡走後向きも延長でスタミナ不足を露呈した感じ。2000m前後の中位人気で
14着メイショウナルト SL…Sを頼って夏場にピークを迎えた訳で、疲労とストレスが残った状態。休養欲しい
16着マイネルマーク C…馬体絞れなかったし、C系なので少頭数外枠→多頭数内枠のオプションは必要か

アルゼンチン共和国杯後付け回顧

競馬関連でラジオ始めました!→まとまり系競馬サロン Mラジ

アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m 不的中
タイム:2:29.9
ラップ:6.8 - 11.2 - 11.0 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.9 - 12.6 - 12.1 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.8(29.0-34.5)
◎ギュスターヴクライ
○マイネルマーク
▲ルルーシュ
△フォゲッタブル
△ムスカテール
×オーシャンブルー

雑感:軸間違えたな〜……。◎〜▲の3頭で迷っていまして、最後の最後に置きに行って外してしまったorz。上位馬はほとんど評価できていただけに、一番悔しい負け方ですね。ギュスターは故障しちゃうし…。勝ったルルーシュはL系のお手本のような狙いでした。私は最終的に内枠が気になって印を下げてしまったんですけど、鞍上が見事でしたね。マイネルマークは臨戦過程含め同じC系のドラゴンキャプテンと酷似。前走本栖湖特別を穴で1着し、2走前500万下1着と全く一緒(笑)。しかも今回のアルゼンチン共和国杯の6人3着まで一緒となりました。ドラゴンキャプテンはこの後長期休養となってしまいましたが、マークは無事でいって欲しいものです。ロージズインメイは今井さんの本だとC系ってなってますけど、活躍馬には母父マイネルラヴ、サッカーボーイ、コマンダーインチーフ等が多く、母父の影響が大きいような気はします。マイネル様様やで〜。

■条件戦組と好相性。1600万下組は東京、京都を人気で1着してきたタイプは安定
■脚質では先行馬が圧倒し、後方からだと届かない傾向。過去15年4角13番手以下[1-1-1-44]。
■それと並んで外枠も不利。7〜8枠からは先行しないと厳しい


総評:相変わらず東京の芝は軽い。芝2500m特有の重さは影を潜め、2400m戦を見てるような感じだった。
1着ルルーシュ LM…多頭数内枠で揉まれた後の延長広いコース替わりとL系にドンピシャ。2人気もプラスで
2着ムスカテール LC(SC)?…トップガンで延長の格上戦合う。多頭数でも怯まないタイプで、混戦の穴で注目
3着マイネルマーク C…C系の格上挑戦で多頭数内枠の斤量3キロ減。休み明けの条件戦は取りこぼしそう
4着ビートブラック SC?…休み明けの59キロは苦手な条件なので、Vラインで4着は好内容。内枠中位人気で
5着オーシャンブルー S…延長で控えてはまず無理。ステゴでもCの薄いタイプで、2000m前後の外伸びなら
・6着以下
7着オウケンブルースリ LC(S)…年を重ねて反動に弱く、人気馬の中では一番危なかった。凡走後の延長で
9着メーヴェ L…モンジューの直系で典型的なL系。血統的には中山の道悪特注。緩いペースを先行したい
11着トウカイパラダイス M…大幅減もあったが、量は少なく大幅延長不向き。まとまってて中距離の内枠向き
12着フォゲッタブル C?…休み明けの内容が良かっただけに案外。ただ年齢も年齢で反動かも。次も注目で
14着マイネルキッツ LC(S)…延長で前に行く位置取りショックを仕掛けるも、全く反応せず。もう引退も近いか

アルゼンチン共和国杯予想 〜押しきれメイン〜

 −指針− 自信度★★
時間がないので簡易版。

◎ゴールデンメイン
L系ラムタラでダラッとした距離合う。相性いい京都大賞典組。
○スリーオリオン
休み明けのオペラハウス。LC系でストレスなければ内枠でも。

◎ 単400円
○ 単400円
◎−○ 馬連200円
------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

アルゼンチン共和国杯軽く考察

うがった予想しか出来なくなってから早10年(笑)。
たまに競馬始めたての人に会うとその純粋な予想に昔を思い出す。
多分自分に必要なものってこういうもののような気がする。

アルゼンチン共和国杯考察(過去15年中山開催除く14回)

アルゼンチン共和国杯というレースを端的に説明すると、東京2400mのオークスで2着だから100mしか違わないここでも有力だよね〜とか言ってチューニーを買うと死亡するイメージです(長いよ)。
そんなイメージを漠然と持ちつつ重賞考察いきます。

・京都大賞典
[4-2-3-32]

38頭中6頭連対9頭3着以内。
勝ち星が最も多いステップで、勝率、連対率共に標準以上である。
勝ち馬は出走していない。2〜5着馬から見ていく。

・2着〜5着馬
[3-1-2-12]

18頭中4頭連対6頭3着以内。
・5番人気以内の馬
[3-0-1-4]

8頭中3頭連対4頭3着以内。
4角2番手〜8番手の馬は[3-0-1-0]。
複勝圏100%になるが、全馬今走で3番人気以内に支持されていたように実力馬だった。
・6番人気以下の馬
[0-1-1-8]

10頭中1頭連対2頭3着以内。
今走人気より好走したのは2頭しかおらず、前走激走したタイプはイマイチ。
無理やり狙うなら先行した馬か。

・6着以下
[1-1-1-20]

23頭中2頭連対3頭3着以内。
いくらレベルの高いレースとはいえ6着以下からの馬は厳しい内容となっている。
・10番人気以下
[0-0-0-5]

京都大賞典を6着以下だった馬で10番人気以下だった馬は全馬2桁着順。
次は凡走タイプと激走タイプを見ていく。
・人気≧着順だった馬
[0-0-0-10]

6着以下なので激走タイプと呼べるかは微妙だが、人気以上に走った馬は全滅。
・人気<着順だった馬
[1-1-1-10]

アクティブバイオやアイポッパーなどがこのタイプ。
前者は4人7着→7人1着、後者は3人6着→2人2着。負けすぎても良くない印象。


・オールカマー組
[0-0-2-15]

17頭中0頭連対2頭3着以内。
3着以内の2頭はどちらもオールカマーで4番人気2着という成績だった。
オールカマー組は掲示板を外すと[0-0-0-11]と相性が良くない。
ある程度人気に支持されて好走した馬以外は無視して良さそう。


・オクトーバーS組
[3-3-1-6]

13頭中6頭連対7頭3着以内。
相性は抜群にいいが、昔は1800m、2200m、2300mだった点に注意。
2400mになってからは
[1-1-1-4]
人気に応えて連対したタイプは安定。
ただトウショウウェイヴやチェストウイングのように叩き2戦目の2走ボケのパターンもあるので、
そこは戦績に注意しながら見極めていきたい。


メンバー見た感じなかなか消しづらい馬が多くて、馬券的には難しそうですね。
デストラメンテ、ゴールデンメイン、スリーオリオン、スノークラッシャー。
このあたりは戦績見ると買いたくなってしまう…。
ただ、スリーオリオンはミヤビランベリのせいで人気上がるのが嫌ですね。
スリーオリオンどうなんでしょうね。個人的にはこの馬はミヤビランベリじゃなくて、
オペラブラーボっぽいオペラハウス産駒だと思ってます。
03年1着だったアクティブバイオもミヤビランベリ型のオペラハウスであって、
テイエムアンコール、オペラブラーボ型のオペラハウスじゃないはずです(ややこしい)。
だからダミー臭い気がしてます。22戦連続掲示板なところは目を引きますが。

スノークラッシャーはどうしても展開に左右される脚質がネックですね。
C系サッカーボーイのアップ戦なので、気になってはいるんですが。
となると穴で期待はL系アドマイヤコジーンのデストラメンテ。
アドマイヤコジーン=マイラーと見せかけて、距離適性がどこにあるか分からないL系と見ました。
同じく距離適性が謎だったL系馬のダイワカーリアンを買うようなイメージで(じゃあ4着じゃん)。
あ、ゴールデンメインは馬が好みなので。あと太宰だからw 重賞105連敗中何それ(σ- ̄)ホジホジ
何か今日は例えが滅茶苦茶。分かってくれる方がいたら僕と握手!

富士S、スワンS、天皇賞秋、アルゼンチン共和国杯後付け回顧

【富士S】
富士Sは意味分からない決着でお手上げ。強いて言えば宗像厩舎の休み明け(笑)。
休み明けで東京芝に出てくる宗像厩舎の馬は、全買いでいいくらい率が高いです。
じゃあ買えって話ですが、ギムレットはブライアンズタイムなので休み明けで人気だと買いづらい。
とか思ってたら最終的にどんどん人気落ちて11倍ですよ。
マイルだともう人気落ちなさそうなんで、1800m以上のレースで人気落ちが楽しみ。
馬主、厩舎、騎手が同じだから、これからはバランスオブゲームみたいな狙い方でいいと予想w

マルカシェンクはG1を除いたマイル戦で1,1,1,2,3,4,3番人気からの11番人気という人気急落でした。
こういう好走を見ると東京コース実績[0-0-0-4]の無意味さが分かる(笑)。
マイル戦に限れば敗因はしっかりしてましたし、重賞未勝利馬が1番人気に祭り上げられるようなレースでしたから、重賞1番人気1着経験のある同馬は気をつけなければいけませんでした。
まあ買えませんけどね! それにしても、河内−柴山ラインの穴馬は今後も注意が必要ですね
マイネルファルケが中山替わりで期待。差し優勢だったので、ザレマも良さそう。
ライブコンサートはシングスピールだから阪神マイルで。あとは坂コースや重馬場で注意。

【スワンS】
内伸び。でも今は外伸びになってます。…とりあえず太宰は追いかける方向で(笑)。
キンシャサはフジキセキらしく坂コース→平坦が嵌りましたね。
ただ、リズムが断絶していたんで買えませんけど。スミヨンパワーってことで。
ボストンオーはやはり京都は軽いかも。坂コースで。

【天皇賞秋】
どこの回顧でも書かれていますが、スローの内伸びの内枠有利でいいと思います。
スクリーンヒーローは不振期後の休み明けで、どっちに転ぶか分からない場面。
だったら内伸びでしたし、走る方に賭けて見るのが穴党としての正しい姿だったんでしょう。
カンパニーは次走マイルCSだと思いますが、1番人気の横山典はただの人なんで(笑)、
マイルCSならキャプテンの方が面白そうですね。先行して布石打ちましたし。

あとは外から差してきた馬は全滅だったんで、やはりもう一度どこかでエアシャイディを狙いたい。
昨年の実績があるんで有馬で穴になるか微妙ですが、内枠さえ入れば。
この馬は昨年の秋天が今までで最高の臨戦だったと思ってるんですが、
そこに最強クラスの牝馬2頭が出走してくるあたり運がない。
去年の臨戦で今年のメンツの内枠ならって思っちゃいますね。…って条件付きすぎですね(爆)。
だから今年のクソメンツなマイルCSに出りゃいいのに。伊藤先生 orz
もう日本じゃ無理だから、香港かシンガポールをまとまり系の異端臨戦で穴開けてきやがれ。

【アルゼンチン共和国杯】
1着○ミヤビランベリ
同レースと相性のいいオぺラハウス産駒ですし、量もあるので休み明けも問題ない馬でした。
L主導なのに、タイミングさえ合えばしぶといあたりはオペラハウスらしい馬ですね。
小倉大賞典と七夕賞が特に能力を証明したレースだったので、この人気ならって感じでした。

2着−アーネストリー
前走条件戦を1番人気1着で圧勝した馬。大幅延長に対応できないと見て無印でしたが、
同じ条件戦組の比較なら、コース実績しかウリのないウェイヴよりこっちを上にするべきだと思います。
どんな条件でも、レースレベルは関西>関東が前提にあるので
3人1着接戦後の3番人気と、1人1着圧勝後の4番人気って考えても後者に分がありますね。
条件戦無視の格レースっていう発想から予想していたので、
結果的には実績馬の単勝爆弾という選択が正解だったという気がしないでもないですが。
私は欲が出てしまうんで、よっぽど遊びレースにならない限り無理ですけど(汗)。

3着−ヒカルカザブエ
訳わからない穴馬を連れてくるでお馴染み秋山鞍上。
凡走後の休み明け初戦とタイミングは悪くなかったものの、これは買えないですね。
ジャンポケ×サンデーで多頭数混戦が良かったんでしょうけど、本来はもう少し内枠が良さそうです。
とりあえずL主導ではなさそうですが、タイミングが掴みづらい馬になりそうで嫌ですね。
意外と中山とか走りそうな感じもしますが…あーやっぱ分からない(駄)。

9着◎トーホウアラン
8番人気9着と人気落ちに反応せず。ハイアーゲームにすら勝てなかったのはショックだな…。
やはりヌレイエフは前走掲示板確保(リズム保持)の人気落ちが合うんでしょうね。
母父ヌレイエフの穴を調べてみたら、好走しているのに人気急落ってパターンが多かったです。
前走2番人気5着くらいで、負けるところで踏ん張ったという布石は欲しかった局面でした。
もしくは単純に距離が長いか…。今後は2000前後の内枠で。

<今後>
トウショウウェイヴはスクリーンヒーローの幻影に翻弄された。
東京以外の実績云々言われて人気を落とした軽ハンデのローカル、中山戦あたりで期待。
兄のシロッコは中山の鬼ですし、今充実してるんでもう一回中山で見てみたいですね。
スマートギアは人気だから前につけて勝ちに行ってましたね。しかし、これによって息切れ。
2000前後の平坦外伸びで。この条件が揃えば強い相手でも買える馬だと思います。
ただ、疲れがありそうで休ませた方がいいのかも。
次は差しに回る位置取りが仕掛けられるので、楽しみではあるんですが。
ジャガーメイルは1番人気の追い込み馬なので、どうしても展開に左右されますね。
常に追い込んできてはいるから人気も落ちません。3番人気以上で注意ってことで。

アルゼンチン共和国杯予想 〜前走から人気落ちの実績馬〜

 −指針− 自信度★★★
馬場が再び外伸びに移行してきているので、序列は外の差し馬>先行馬>逃げ馬=内の差し馬。
だから馬場的にはジャガーもギアもウェイヴも悪くない。
しかし、東京2400mと東京2500mはたった100mなのにスタミナの消耗度が違う。
東京2300mの方が2500mに直結していたのも、なにかカラクリが隠されていそうですね。
おそらく根幹距離と非根幹距離云々の話だとは思いますが。
とりあえずジャガーはいいとしても、ギア、ウェイヴは軽すぎる印象。
あとは人気馬に重賞実績無しの差し馬が多いので、逆張りで重賞実績のある先行馬を買いたい。

◎トーホウアラン
○ミヤビランベリ
▲ジャガーメイル

◎トーホウアラン
ダンスインザダーク×ヌレイエフというまとまり系配合馬の人気急落。
ヌレイエフは同じまとまり系でも、ダンチヒと違って痛烈な巻き返しがないため、
前走掲示板を外してしまったのは痛手ではあるのだが、
高齢馬が長期休み明けで激走した後の敗戦って考えれば、酌量の余地はあると思う。
それに同馬は外枠が駄目なタイプで、重賞を勝った時は内目を走っていることが多い。
2500m以上の実績はないが、父ダンスインザダークで延長は問題なく、乗り慣れた鮫島が一発。

・2番手以下の短評
○ミヤビランベリ
今年二度驚いた馬。一度目は小倉大賞典。二度目は七夕賞。
負けるべくして負けるレースを惨敗しなかったところに強さを感じた。
オペラハウス×ホリスキーでLCベースの馬だから、凡走後の距離延長で前に行く位置取りは合う。
同父でオペラシチーがいたが、あれくらいのポテンシャルありそう。
ここ負けても有馬の穴でどうよ(笑)。
まあ、オペラシチーは目黒記念を評価した瞬間に廃れるという曰くつきの馬ですがw
同馬も似たような軌跡を辿らないことを心から祈る。
▲ジャガーメイル
スミヨンだから(爆)。石橋も悪くないけど馬主が黙っていないんでしょうな。
田島センチュリーみたいに元に戻って重賞制覇ってなるか、
石山から武豊で桜花賞制すか、まあどっちに転ぶか見守っていこう。
東京実績含めこれだけ人気材料あるのに、ギアに人気を譲るようならかなり面白いと思うが。

◎ 単勝400円
○ 単勝400円
◎−○ 馬連300円
◎−▲ 馬連200円
○−▲ 馬連200円
---------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー

アルゼンチン共和国杯考察2

前回の
・前走2300m以上戦の1600万下組
[3-3-2-10]
・連対組
[3-3-2-2]

4着以下に敗れた2頭の共通点を探していたんですが、ありました。叩き2戦目でした。
休み明けで連対→次走人気コケという典型的な2走ボケのパターンに当てはまっていました。
この叩き2戦目はもう1頭いて、それが去年のジャガーメイル。
だけどメイルは1番人気1着だったのでストレスを最小限にしつつ勢いを保っていたんですよね。
トウショウウェイヴは叩き2戦目の3番人気1着だから、ローテ的にはチェストウィングと似ています。
去年がオクトーバーS組のワンツーだったので、同じローテの同馬は過剰人気もありそうですし、
アーネストリー、ウェイヴ、メイルが人気なら、格レースに傾く可能性もあるかもしれません。
ってことで、サンライズ、モンテ、ダンス、ランベリあたりの重賞勝ち馬に注目でしょうか。

アルゼンチン共和国杯考察

考察ってほどではないですが、軽く見ていきます。(過去10年、中山開催を除く9回)

同クラス[5-5-4-85] 44円 54円
昇級戦[4-4-5-26] 85円 116円

前走条件戦を使っていた馬の方が相性が良く、ハンデ戦らしい結果。

・前走1600万下組
[3-3-2-18]
・前走2000m以下戦の1600万下組
[0-0-0-7]

アーネストリーが引っかかった。1番人気は1頭だけで人気馬も少ないが、大幅延長の馬は不振傾向。
アーネストリーは日経賞で本命を打ってガッカリしたのを覚えている。
戦績からは長距離馬に見えるのに、延長でそこまで良い馬ってわけではなさそう。
1番人気も有り得るだけにダウン圧勝後のアップでもあるし、消し候補か?

・前走2300m以上戦の1600万下組
[3-3-2-10]
・連対組
[3-3-2-2]

10頭中6頭連対8頭3着以内。残り2頭は3人気4着、1人気5着。
長距離の1600万下を好走した馬は確実性が高い。

<今回の該当馬>
・トウショウウェイヴ
ニッポーテイオーのせいか東京の鬼。
ここも人気だろうが、ローテからは消すのはなかなか難しい。
ただ休み明けで勝負を仕掛けてこない大久保厩舎だけに、この激走は2走ボケが怖い。

アルゼンチン共和国杯考察

<前回までのあらすじ>
ネヴァブションの調教が絶好調と聞き、格レースだと息巻いたブライトだったが、データ上では全く買える要素が無いと知る。
一方データ上では完璧な京都大賞典組。格か勢いか…57.5キロ以上の馬も同レースと相性いい。
ハンデ戦は人気が分散する分実績馬なのか…

・1000万下、1600万下組(99年以降)
[4-3-4-23] 単回収率90% 複回収率116%

↓連対馬に限定すると。

・1000万下、1600万下連対組(99年以降)
[4-3-4-12] 単回収率133% 複回収率166%

ただ、オクトーバーS組は距離が2300mから2400mになってやや不振傾向。
1000万下組が穴を開けるものの今年は該当馬0。

・京都大賞典組(99年以降)
[4-2-2-20] 単回収率131% 複回収率87%

安定しているステップ。
特に斤量55.5キロ以上の実績馬に限れば[4-1-2-14] 単回収率175% 複回収率87%

・京都大賞典以外のOP以上組(99年以降)
[1-4-2-61] 単回収率10% 複回収率45%

勝ったのはマチカネキンノホシ1頭のみ!さすがL系シアトルスルー。非根幹距離の鬼。

・継続騎乗
[5-2-5-41] 単回収率103% 複回収率104%
・乗替
[4-7-4-65] 単回収率24% 複回収率54%

穴を狙うなら継続騎乗。人気なら別にどちらでも遜色ない感じ。

・結論
京都大賞典か条件戦組から買うのがベター。
京都大賞典+継続騎乗のコンボでいくなら、メイショウカチドキ
京都大賞典+55.5キロ以上のコンボでいくなら、アルナスラインマンハッタンスカイマキハタサイボーグ
条件戦+継続騎乗でいくならジャガーメイル
スクリーンヒーローキングアーサーも怖い。

◎メイショウカチドキ
○スクリーンヒーロー
△アルナスライン
△キングアーサー
△ジャガーメイル

アルゼンチン共和国杯

東京の芝が相変わらず良い。
1.57.2というタイムはやはり高速馬場という面もあるでしょう。
カンパニーの内突き、エアシェイディも内枠。そう考えると、まだ内側有利の印象。
昨年のアルゼンチン共和国杯も内々決着。今年もそれになるのかな。
で、メンバーを見ると。

1番人気 アルナスライン 1番人気の内田博 追い込み
2番人気 ジャガーメイル 2番人気の石橋脩 追い込み

(((( ;゚д゚)))アワワワワ
どっちも軸にできねーーー。
アルナスラインに関しては典型的なVライン後の実質ダウン戦だから、圧勝しても驚かないけど、
メイルの方はどうだろう。休み明けを前走タイム差なしの接戦追い込み後で石橋でしょ。
いくらアップ血統のジャンポケ×サンデーでも…。バカらしくて買えん。

人気馬2頭が追い込み馬で内伸びなわけだから、当然狙いは穴の逃げ先行馬。
マンハッタンスカイ、テイエムプリキュア、トウカイトリック、スクリーンヒーローになるか。
サイン馬券的にはテイエムプリキュアらしいです。TMネットワークから。
確かに著作権10億円の5億円詐欺ですから、五十嵐厩舎というのもサインっぽい(笑)

個人的にはスクリーンヒーローにどうしても目が行ってしまう。
しかし、こういう典型的な穴人気馬に毎回引っかかっている気もする…ましてや今絶不調だし。
となると、他から探すことに。
毎回アップに期待してやられるから、今年は京都大賞典からの実質ダウン組でいいかな。

アルナスライン、マンハッタンスカイと名前を挙げてきたけど、
良く考えたら同斤で2頭に先着したにもかかわらず、3キロ減の馬がいるじゃないか。
メイショウカチドキ キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

エリシオ産駒の典型的なL系馬です。母父クリスだから少しはCもあるかもですが。
アルナスもVラインで厳しかったですけど、カチドキだってトーホウアランに比べたら
、結構内で進路に手間取っていた印象。
昔はアイポッパーに完勝した実績もあるんですよね。
エリシオならダウンに反応しそうだし。なめられれば、マーブルチーフっぽいですよね。
L系のノーザンダンサー系ってくらいしか共通点ないですけど。

しかしメンバー見るとどの馬にもチャンスありそう。
結論は
◎メイショウカチドキ
○スクリーンヒーロー
▲アルナスライン

ってこれ書いている時に思ったんですけど、1〜3番人気が重賞未勝利馬になる予感。
そうなると格を重視したくなってくる…ネヴァブション気になるな。
この馬は連チャン期入って、その後休み挟んで不振期突入。
ステイヤーズSではその不振期を抜け出したところでの休養明け。
今回重賞勝っているのは4頭で、牝馬2頭が2走連続2ケタ着順でリズム喪失。
そう考えると、トウカイトリック、ネヴァブションかな。

結論の結論
◎メイショウカチドキ
○ネヴァブション
▲トウカイトリック
心の◎スクリーンヒーロー

アルゼンチン共和国杯考察

アルゼンチン共和国杯の考察です。
のべ81頭。過去6年続きを読む
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと

200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。