↑秋競馬のお供に是非。noteで現役牝馬を徹底解剖してみました!

きさらぎ賞

きさらぎ賞回顧

きさらぎ賞 京都芝1800m 不的中
タイム:1:47.6
ラップ: 13.0 - 11.5 - 11.3 - 11.6 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 12.0 (35.8-35.5)
◎バンドワゴン
○トーセンスターダム
▲エイシンエルヴィン
△サトノルパン
△ピークトラム

雑感:ゴール残り10mくらいまで的中やったし、全然悔しないわ(震え声)。○→◎→▲で外すかね。裏も買っておけば良かったorz。トーセンスターダムはダービー向き。けど皐月勝っちゃったら逆に消してやろう(笑)。バンドワゴンは1番人気だと脆い逃げのホワイトマズル。スターダムが1人気になれば、セイウンスカイ的な感じで2冠馬になれるんじゃね?的な感想。直行なら2人気以下確定でしょうし。サトノルパンは多分晩成。兄貴の感じから坂コース凡走後の平坦替わりという狙い方で。まあその前に成長を待たなきゃなりませんけど。

■きさらぎ賞(というか京都芝1800m)はダービー、菊花賞に繋がる

総評:1、2着は皐月、ダービーでも。3着馬はNHKマイルCで注目したい
1着トーセンスターダム CS…+10での勝利は大きい。いかにもダービー向き
2着バンドワゴン SL…ホワイトマズルだから人気の逃げだと脆い。消耗戦なら
3着エイシンエルヴィン S?…内を突いて中々しぶとい走り。休み明けも良く
4着ピークトラム M…M系で毎回自分の力は出す。絞ってマイル戦の内枠で
5着オールステイ S?…離した逃げが合いそう。位置取りショックが掛かる時に
・6着以下
6着サトノルパン LC(S)…サトノに変わった瞬間このレベル。東京、京都で注意

きさらぎ賞予想◎バンドワゴン

競馬関連でラジオ始めました!
きさらぎ賞の予想は一切触れてません!!(笑)→まとまり系競馬サロン Mラジ

簡易版。
選んだ理由は勘という名の雰囲気。

◎バンドワゴン 超強そう
○トーセンスターダム そこそこ強そう
▲エイシンエルヴィン 休み明け良さそう
△サトノルパン まあまあ強そう
△ピークトラム 安定してそう

◎→○→▲ 3連単300円
◎→○→△ 3連単100円×2

きさらぎ賞は

バンドワゴン、トーセンスターダムでいいんでしょうけど、
3着に期待していた藤沢の馬がいない!?

ピークトラム、エイシンエルヴィンの3着に期待します。

東京新聞杯、きさらぎ賞回顧

競馬関連でラジオ始めました!→まとまり系競馬サロン Mラジ

東京新聞杯 東京芝1600m 不的中  収支:-13800(14戦0勝) 回収率:0%
タイム:1:32.9
ラップ:12.4 - 11.1 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.2 - 11.0 - 11.3 (35.5-33.5)
◎トライアンフマーチ
○ドナウブルー
▲クラレント
△リアルインパクト
△キングストリート
×ヤマニンウイスカー

雑感:うまカレのお会いした方と本命が被って心強かったです(笑)。トライアンフは物理的に有利な位置取りではありましたが、このペースだと京都金杯と同じで切れ負け。Hペース激戦で。マイラーズはシルポートが居ればでしょうかね。中位人気の方が面白そうです。

■最近の東京はスロー内伸びばかり
■ディープ産駒は鮮度薄れると激走後の休み明けは不安定
■4角で着順を落としたVラインに気を付けよう


総評:東京芝はスロー内伸びだらけ。トライアンフは早くしないと鮮度落ちて、タイミング失いそう。運向け!
1着クラレント LC(S)…どの要素も保有し、ダンス産駒にしては安定感ある。凡走後の広いコースは現状ベスト
2着ダイワマッジョーレ SM…連続Vラインで走る気満ちていた。内で脚を溜めた判断も良く、交互に反応した
3着トライアンフマーチ CS…京都金杯と同様先行の内々追走で物理的に有利も、スロー過ぎて一押し欠いた
4着レッドスパーダ L(S)…休み明け激走後も、同じスローの逃げで粘り込む。もっと楽な相手か非根幹距離で
5着ブライトライン C…上位陣に比べると延長適性低いので5着なら上々。短縮Hペースのレースで買いたい
・6着以下
6着スマートシルエット LS…短縮スローはベストなはずで案外。ただMサマンサっぽく、中山牝馬Sでも買いか
8着ガルボ LC…ダウン短縮に反応した後だけに反動大きかった。芝血統だからダート惨敗後にまた狙いたい
9着マウントシャスタ S(LC)…ディープにしてはズブいタイプで、東京マイルはピントがずれる。1800Hペースで
14着ヤマニンウイスカー ?…逃げて連続好走後なのに、このペースで逃げないのは正気の沙汰とは思えない
15着インプレスウィナー L…ダウンのスローは合うが、外枠の差し馬は物理的に無理な馬場で。非根幹向き
きさらぎ賞 京都芝1800m 不的中  収支:-14400(15戦0勝) 回収率:0%
◎ラストインパクト
△リグヴェーダ
△アドマイヤドバイ
△クラウンレガーロ

雑感:省略(爆)

きさらぎ賞後付け回顧

【きさらぎ賞】
・先頭集団と後続集団が離れているのに前半60.2のスロー。後続馬は極限の上りが必要になった。
3着馬がいい内容だったと思います。
1着▲トーセンラー
ディープインパクトも母父がミスプロ系で軽さも持っているタイプ。
ローテも500万下1番人気3着でクリア。短縮組の方が率がいいのでコティリオンよりこちらが正解だったと。
-10キロで0.0差勝ちのレースだったので反動は大きそう。次走中山、阪神なら消したい。

2着−リキサンマックス
キングヘイロー×テンビーのLS系でローレルゲレイロの全弟。
ローレルゲレイロはCもあるしぶといタイプでしたが、同馬は血統の字面通りの馬かと思います。
ローレルゲレイロよりL、Sが強く、戦績が交互になりそうな馬ですね。
今後は逃げられなかった逃げ馬に注意。

3着−オルフェーヴル
前走が多頭数内枠の激走だったので、ただの延長の少頭数外枠では厳しいと思いました。
それだけに3着ならかなりいい内容だったと思います。まあ距離の本質が1800m以上にあるのかもしれませんが。
きさらぎ賞は上がり最速馬が強いレースなので、そこは来年以降も意識していきたいですね。
変に動くと量不足が露呈するので池添の騎乗振りにも感服です。ただこうなると中山は合わなさそうですけど…。

<その他>
ウインバリアシオン ローテは良かったのでイマイチ。ただ1番人気で乗り難しい展開ではありました。若葉Sで。
メイショウナルト 母父からL主導。延長非根幹距離、休み明け、ダウンで。
コティリオン ラジニケの内容を評価して買いましたが、少頭数京都は合わなかった感じです。混戦中位人気向き
カーマイン すみれSあたりで巻き返しそうです。もしくはダート替わりか。

きさらぎ賞予想 〜◎コティリオン〜

 −指針− 自信度★★
週中の考察通りコティリオン本命。
あとは相性のいいローテの馬に流す。



◎コティリオン
○ウインバリアシオン
▲トーセンラー

◎コティリオン
ディープインパクト×トニービンのC系っぽい配合の馬。
ラジオNIKKEIをVラインで走り、前走は1番人気で勝ちに行ったところを差されてしまった。
2走前重賞でVライン+前走500万下1人3着はスマイルジャックの時と同じローテ。
同馬もディープでまとまり色強いと思うので、能力証明しつつ人気落ちというパターンは嵌りそう。

・2番手以下の短評
○ウインバリアシオン
ハーツクライ×ストームバードのS系っぽい馬。
前走終始外を回って4着。短縮の恩恵を受けそうなタイプ。
▲トーセンラー
ローテから3番手。
ディープ×ミスプロなら2000mより1800m以下にピークありそう。

◎→○ 馬単100円
◎−○ 馬連500円
◎−▲ 馬連400円
-----------------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー競馬ブログ・ランキング

きさらぎ賞重賞考察

きさらぎ賞の考察です(過去15年)。

若駒重賞だけあってきさらぎ賞もリズム重賞となっている。
・OP特別・重賞6着以下
[0-0-3-29]

たった3頭しか3着以内に好走できておらず3頭とも前走重賞使用馬である。
重賞で5番人気以内に支持されて一桁着順の馬なら、かろうじて巻き返す余地はある。

・500万下4着以下
[0-0-1-21]

前走500万下組が連対するには3着以内必須となっている。
3着に巻き返した1頭は前走500万下を6着だった。
ただ勝ち馬とは0.9差離されており、かなり特殊な例と言って良さそう。
次は好走した馬を見ていく。
重賞ではラジオNIKKEI杯組がやはりというべきか率が高い。

・ラジオNIKKEI杯組
[3-4-1-7]

15頭中7頭連対8頭3着以内。
・この内4番人気以内
[3-4-1-0]

あっさり絞れてしまった。
ラジオNIKKEI杯で人気に支持されるということは一定の実力があると同義なのかもしれない。
全馬の共通点は一桁着順で4角6番手以内だった。
400mの短縮になるので、ある程度前に行っている馬の方が布石として大きいのだろう。

<注目馬>
☆ウインバリアシオン
ラジオNIKKEI杯を3人4着。通過順も4-4-4-2と合格ラインである。
外を回されてロスの多い競馬だったし、ハーツクライ×ストームバードなら潜在的な短縮適性は感じる。

500万下組の好走馬も見ていこう。
・500万下3着以内
[7-3-2-21]

33頭中10頭連対12頭3着以内。
大体が500万下好走から出走してくるわけで、500万下の相性の良さが窺える。

・芝1600m以上の500万下を3着以内
[7-3-2-12]

24頭中10頭連対12頭3着以内。
マイル戦以上の距離だとある程度レベルも保証されているので安定感が出てくる。
・この内3番人気以内
[7-3-2-4]

16頭中10頭連対12頭3着以内。
500万下で人気に支持されて3着以内に好走した馬は安定。
ただ05年までは[7-0-2-0]だったのに対し、06年以降は[0-3-0-4]となっている点に注意。
・この内1番人気だった馬
[5-1-2-1]

9頭中6頭連対8頭3着以内。
さらに休み明けのファイングレインを除けば[5-1-2-0]とパーフェクトになる。

<注目馬>
☆コティリオン
☆トーセンラー
どちらも500万下を1番人気に支持されての3着だったので、[5-1-2-0]の該当馬になる。
どちらか選べと言われたら多頭数内枠経験のあるコティリオンか。
コティリオンはラジオNIKKEI杯でVライン。レースを見る限り、かなりスムーズさを欠いた内容であった。
母のジェミードレスとえいばCLベースの一歩足りないトニービンだったが、きさらぎ賞までなら平気だろう(笑)。
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと

200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。