回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

重賞考察

菊花賞2017出走各馬見解その3

菊花賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
ポポカテペトル LC系 ★★★☆
 ディープインパクト×Mr. GreeleyのLC系。マウントロブソンの全弟で、同馬も似たタイプ。兄は菊花賞で敗れてしまったが、こちらはまだ鮮度を保有している。同じLC系ディープであるクランモンタナを復活させた和田とも手が合いそう。
マイネルヴンシュ CL系 ★★☆
 ステイゴールド×コマンダーインチーフのCL系。父はC系の代表的な種牡馬で、母父はCL系の種牡馬になる。叩かれながら着順を上げてきて1000万下を快勝。リズムは悪くないため、あとは単純にポテンシャル次第か。やはり内枠が欲しい。
クリンチャー S系 ★★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのS系。早め抜け出しを得意とする持続質タイプ。前走セントライト記念で4着以下の馬は[0-0-0-21]と壊滅的。ただ血統的には母父のブライアンズタイムが菊花賞特注血統ではある。馬体絞って先行したい。
プラチナヴォイス LS系 ★
 エンパイアメーカー×マンハッタンカフェのLS系。母父の影響でダウン戦や非根幹の揉まれないレースで強く、L主導のタイプになる。セントライト記念4着以下は前述した通り。現状では家賃が高いと言わざるを得ない。再度のダウン戦で期待。
人気ブログランキング S(LC)系 ★★★★
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのS(LC)系。父の産駒は切れがなく、中山や延長を得意とする馬が多い。前走神戸新聞杯4着馬は[0-0-1-6]。朝日杯の凡走で同馬の能力を見誤っていた件については謝罪する他ない(笑)。揉まれず運べれば。
スティッフェリオ LC系 ★★☆
 ステイゴールド×MtotoのC系。父はC系で母父はダビスタでしか見たことがない(笑)。前走セントライト記念4着以下は既に書いた通り。血統的には道悪の混戦はいかにも。2600m実績があったら率先して買いたかったのだが…。迷う。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
きさらぎ賞、弥生賞、皐月賞とひと月ごとに酷評してきたにもかかわらず、
ここで本命にするのは果たして良いのか。実益を取りにいくのか…。続きを読む

菊花賞2017出走各馬見解その2

菊花賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
アダムバローズ S(LC)系 ★
 ハーツクライ×Unbridled's SongのS(LC)系。スワーヴリチャードと同配合になるが、こちらは逃げて実績を残しているようにS寄りの馬。前走神戸新聞杯10着以下の馬は[0-1-0-11]。せめて京都外回り実績と位置取りショックは欲しかった。
マイスタイル S(CL)系 ★★☆
 ハーツクライ×フォーティナイナーのS(CL)系。神戸新聞杯6〜9着馬は[0-0-1-21]。5着以内の2頭はどちらも前走初角10番手以下から当日初角5番手以内に先行位置取りを仕掛けていた。年金暮らし状態の四位に逃げる気概があるかどうか。
ウインガナドル S系 ★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのS系。この配合は父、母父共にC系でありながら体力も供給するという無敵な配合(笑)。ただ同馬は短縮を逃げたりしており、Sが強めか。能力はある程度証明しているだけに、ショックが無いのは痛恨。
クリノヤマトノオー LM系 ★★☆
 ジャングルポケット×アグネスタキオンのLM系。前走1000万下組は[1-0-3-39]。近年は相性が悪く、スリーロールス以来勝ち星は無し。前走は追い込みの位置取りショックで0.0差。京都芝1800m実績は昔のトレンドだったが、切る方向で。
人気ブログランキング CM系 ★★★☆
 ステイゴールド×PivotalのCM系。父はC系で母父はヌレイエフの系統でまとまっているため、同馬はCM系か。レースを見るとやはりドン臭い。ただ条件戦1人1着後の人気落ちはどうしても魅力的に映る。馬体絞って内枠など条件が揃えば。
ベストアプローチ LC系 ★★
 New Approach×EfisioのLC系。父はサドラーの系統で重めのタイプになる。一応青葉賞で2着はあるものの、この時も上りは34.7だったし、神戸新聞杯でもバテず伸びずといった内容。重馬場でもないと平坦京都では遅れを取りそう。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
またシュペルミエール同様アップのステゴに私は騙されてしまうのか?
今年のテーマは置きに行く。そう置きに行く、置きに行く…( ˘ω˘)スヤァ続きを読む

菊花賞2017出走各馬見解その1

菊花賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
アルアイン CS系 ★★
 ディープインパクト×Essence of DubaiのCS系で、皐月賞を制した持続質マイラー。前走セントライト記念で人気より凡走した馬は[0-0-0-19]。またセントライト記念より菊花賞で人気を落とした馬も[0-0-0-32]。外枠ならまず無理か。
キセキ M系 ★★★
 ルーラーシップ×ディープインパクトのM系。父の産駒はずぶい中山向きの馬が多いが、同馬は母父の影響か素軽いタイプ。前走神戸新聞杯2着馬は[1-3-0-4]。当日3角2〜8番手以内の馬は[1-2-0-0]。延長だからある程度の位置は取りたい。
サトノアーサー LS系 ★★★
 ディープインパクト×Redoute's ChoiceのLS系。前走は+14で先行策と新味を見せた点は面白い。だが逆に言えばしっかり位置取りショックを使ったということにもなる。母方の血統もダンチヒにヌレイエフでは延長にも疑問が残るが…。
サトノクロニクル LS系 ★★☆
 ハーツクライ×IntikhabのLS系。ハーツにしてはSより量が多めで優しめ。前走はハーツクライお得意の凡走後の休み明けの延長という臨戦だったので、今回が楽に感じるかは微妙なところ。前走凡走でバウンド延長の形が欲しかった。
ミッキースワロー SC系 ★★
 トーセンホマレボシ×ジャングルポケットのSC系。父は母父ノーザンテーストのディープ産駒で、種牡馬としてはM系か。同馬は母父の影響を強く感じる。2走前Vラインでスローを差し損ねた後に延長で馬体を絞って激走。反動必至。
ブレスジャーニー SL系 ★☆
 バトルプラン×タニノギムレットのSL系。父はエンパイアメーカーの産駒でいかにも早熟SL系を輩出しそうな種牡馬。母方にはダイナカールがいて牝系はしっかりしているとはいえ、現実的には富士Sに出るべきだったとは思う。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
ブレスジャーニーの菊花賞出走は夢があって嫌いじゃないですよ。
アーサーは前走で内枠をこなしたのと脚質に幅を見せたのは好感ですが、血統が…。迷う。
キセキはまだ底は見せてませんが、前走は絞って差して激走。外枠入ってくれ頼む。続きを読む

秋華賞2017出走各馬見解その2

秋華賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
ラビットラン S系 ★★
 Tapit×Dixieland BandのS系。父はダート馬を多く輩出しているS系種牡馬で、母父は延長適性を高くしつつ体力を供給する種牡馬。ローズS1着馬で4角10番手以下だった馬は2頭いて当日1人4着と2人6着。人気薄の追い込みで反動必至。
ブラックオニキス LC系 ★★
 ブラックタイド×チーフベアハートのLC系。父、母父共に体力が豊富で凡走後の延長等で穴を開けそうなタイプ。クローバーSを激走後に連続激走した札幌2歳Sが良い内容。ただそのあとはリズムが悪い。延長で前に行くときに買いたい。
モズカッチャン L(CS)系 ★★☆
 ハービンジャー×キングカメハメハのL(CS)。血統的にはL系だが、フローラS、オークスで内枠から連続好走して、血統のイメージよりは大分しぶとい。ローズSはHペースの外差し決着だったので、内枠の好位差しなら酌量の余地あり。
ブラックスビーチ CL系 ★★★
 ディープインパクト×KingmamboのCL系で、安定感があってまとまっているタイプだろう。この馬は過去の馬だとリラコサージュっぽい。ローズS先行凡走→差しの位置取りに加え、同じ母父、スイートピーS好走馬。不気味な一頭。
メイショウオワラ S系 ★★★☆
 ディープブリランテ×タイキシャトルのS系。父は母父がRivermanの系統でディープの割にSの強い馬で、産駒もその傾向が強い。前走は上位馬よりも早めに動いて5着。2走前に速い上がりでも結果を残しており、意外と奥がありそう。
リスグラシュー CS系 ★★★★
 ハーツクライ×American PostのCS系。小柄な馬でハーツクライにしては珍しいC主導の馬。スローのチューリップで凡走してHペースの桜花賞で巻き返したように、混戦で本領を発揮する。今回も多頭数の中枠は良い。2番人気以下なら。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
前回走りすぎた嫌いもありますが、この馬で仕方ないでしょう。
メイショウオワラも楽しみですね。過去の馬だとキョウワジャンヌっぽい。
あの馬も新潟の条件戦で実績を積みつつ、ローズ激走後でも連続で走ったS系でしたね。続きを読む

秋華賞2017出走各馬見解その1

秋華賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
アエロリット SM系 ★★
 クロフネ×ネオユニヴァースのSM系。クロフネは牝馬だとCを保有している馬が多く、同馬もなかなかしぶとい。前走クイーンS1着馬は[1-0-1-1]。相性は悪くない臨戦だが、やはり逃げて圧勝してしまったのが気掛かり。今回はかなり苦に感じると思う。
人気ブログランキング C系 ★★☆
 ステイゴールド×Cape CrossのC系。紫苑Sは昨年重賞に格上げになって、2着馬と5着馬が本番でワンツーになった。激走後だが、人気は無さそうだし適性的にはオークスよりはこっちだろう。血統的にも母父にロジユニヴァースがいて道悪は鬼。
カワキタエンカ CL(S)系 ★★
 ディープインパクト×クロフネのCL(S)系。この血統はショウナンパンドラやウリウリ等C系に出るケースが多い。だから本質は差し競馬向きだと思うのだが…。前走ローズS2着を逃げて激走はいかにも反動が出そう。クロコスミアっぽい臨戦。
タガノヴェローナ LS系 ★
 クロフネ×キングカメハメのLS系。タイプはよく分からないが、あまりCを感じない配合には映る。前走ダート戦使用馬は[0-0-1-6]。血統的には芝の方が向いているとは思うので不気味だが、馬場替わりショックだけではちょっと弱いか。来たら事故で諦める。
ディアドラ L(SC)系 ★★☆
 ハービンジャー×スペシャルウィークのL(SC)系。父はへタレL系の代表格と言える種牡馬で、母父はSやCを供給する種牡馬。同馬はアップのG1でも好走していて、良い馬なのは間違いない。ただ臨戦が痛恨。連続0.0差勝ちは疲労、ストレスが残りそう。
ハローユニコーン SM系 ☆
 ハーツクライ×パントレセレブルのSM系。前走ローズS10着以下組は[1-0-1-14]と、掲示板には4頭入っており意外と面白い。その4頭は全馬ローズS先行→本番差しに回る位置取りショックを仕掛けていた。同馬は追い込み続きで、活性化に乏しい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
初めは買う気なくて紫苑Sの回顧でも次走危険馬に指名していたのですが、道悪人気薄なら別腹(爆)
まーでも厳しいかもしません。よっぽど他馬が馬場を気にしてくれればって感じでしょうけど。続きを読む

毎日王冠2017出走各馬見解その3

毎日王冠2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年(中山開催を除く14回)のものです。
人気ブログランキング LS系 ★★★☆
 ダイワメジャー×ウォーエンブレムのLS系。父はLMやSM系で、母父はS系の種牡馬。同馬はアップで負け続けてきたので、基本はL系だろう。前走新潟記念組は[0-0-1-10]。短縮になるので差しに回ると相性が良い。近走リズムがよく、人気が落ちれば。
グレーターロンドン LM系 ★★☆
 ディープインパクト×ドクターデヴィアスのLM系。父はM系で、母父は父がステゴでもズレた馬にするL系っぽい種牡馬(フェデラルホール)。安田記念は出色の内容とはいえ、ディープ初重賞というオプション持ちだったのも事実。上がり勝負で外伸び欲しい。
ダイワキャグニー L系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのL系。この配合はM系配合ながらC寄りにもL寄りにも出る。同馬はアップの弥生賞で敗れ、ダウンの東京で巻き返しておりLっぽい。前走日本ダービーからは前述したので省略。条件は良いが、能力自体に疑問は残る。
マッチレスヒーロー ?系 ★
 オレハマッテルゼ×チーフベアハートという配合馬で、タイプはよく分からない。父はCLかLC、母父はLCベースのM系といった産駒が多い。前走ダート戦使用馬は[0-0-0-3]。半年の休み明けだし、ここは叩き台だろう。血統的には芝の方が面白そうだが。

4頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
近走内容が良いですね。上手く間隔を開けたローテもそれを後押ししている感じです。
グレーターは人気では買いたくないですね。
マッチレスは後々芝に来てほしい血統ですが…ここはさすがに。続きを読む

毎日王冠2017出走各馬見解その2

毎日王冠2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年(中山開催を除く14回)のものです。
人気ブログランキング SC(L)系 ★★★
 スニッツェル×サンデーサイレンスのSC(L)。父はS主導のダンチヒ系で、母父はCやSを補完する種牡馬。前走関屋記念組は[0-2-2-7]。前走はペース落ちを控える逆位置取りで切れ負けした。今回は延長になるので、思い切って逃げる形が良いだろう。
ワンアンドオンリー S系 ☆
 ハーツクライ×タイキシャトルのS系。日本ダービー馬の栄光も今は昔、すっかり平成のオペックホースと化してしまった。前走中京記念組は[0-0-0-3]。延長になる為、こちらも前に位置を取りたい。完全に不振期なので、特殊馬場等のオプションは必須か。
ウインブライト CS系 ★★
 ステイゴールド×アドマイヤコジーンのCS系。父はC系で母父は体力あるLorLC系。前走日本ダービー組は[1-1-0-5]。掲示板にも4頭載っており、相性は悪くない。ただ父の産駒は上がり勝負を好まず、一線級相手では東京より中山向き。適性面でどうか。
ヒストリカル M系 ★
 ディープインパクト×ノーザンテーストのM系。父、母父共にまとまったタイプで、同馬もM系だろう。前走エプソムC組は[3-0-2-8]と相性は良いが、昨年のように外伸び等、よほど条件が揃わないと厳しい。カンパニーの弟で一時期はかなり期待したのだが…。

4頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
元々は混戦向きのCあるタイプで、純粋な切れ勝負は劣る馬ですよね。
延長ですし、ダンチヒ系のS系と考えれば逃げるしか手はないと思います。
関屋記念組ではサンレイレーザーなど、延長で前に行く位置取りで穴を開けた馬もいますしね。続きを読む

毎日王冠2017出走各馬見解その1

毎日王冠2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年(中山開催を除く14回)のものです。
リアルスティール M系 ★★★
 ディープインパクト×Storm CatのM系。ディープ牡馬の象徴のような馬でCLベースのM系といったところか。前走半年以上の休み明けは[0-0-1-6]。好走したのはイスラボニータのみで奇しくも中山記念凡走からである。臨戦は悪くない。内枠引きたい。
ソウルスターリング LS系 ★★★☆
 Frankel×MonsunのLS系。父は欧州ノーザンダンサー系でLかLM系。同馬も休み明けのチューリップ賞で圧勝しているように、量の豊富なL主導のタイプだろう。初古馬戦という鮮度はあるし、ダウン休み明けの頭数減で開幕週東京。条件は合いそうだ。
サトノアラジン LC系 ★★☆
 ディープインパクト×Storm CatのLC系。リアルスティールと同配合になるが、こちらの方が馬体が重く、量や体力に優れているタイプになる。休み明けは[2.2.1.2]で、適性は高い。ただ同馬の場合人気ブログランキングという嫌なデータが。押さえまでか。
マカヒキ CS(L)系 ★★☆
 ディープインパクト×フレンチデピュティのCS(L)系。この配合はショウナンパンドラや姉のウリウリ等、C系をよく輩出している。同馬は昨年ディープ牡馬に似つかわしくないCを見せていただけに、今の不振が気掛かり。血統から距離短縮は合うだろうが…。

4頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
頭数が少ない上に似たような馬が揃いましたね。こういうレースは嫌いです(爆)。
あ、でもアンビシャスがいないだけマシか…(M系ディープ地獄)続きを読む

スプリンターズS2017出走各馬見解その3

スプリンターズS2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去17年のものです。
ダイアナヘイロー SL系 ★★☆
 キングヘイロー×グラスワンダーのSL系。父は極端なSL系で、強い相手に怯まない反面、好不調の波が激しいタイプ。前走北九州記念組は[2-0-1-8]。連チャンの推移もスムーズな競馬を好むので、内過ぎると嫌気が差しそう。外から差す形か逃げたい。
ワンスインナムーン SC系 ★★
 アドマイヤムーン×ヘクタープロテクターのSC系。父は短距離志向の強いS系で、母父はCLベースのまとまったタイプをよく輩出する種牡馬。完全異端の短縮組で、ローテ的には魅力たっぷり。ただ意外にも前走1400m組は[0-0-0-12]。これは罠だ!!
シュウジ S系 ★
 キンシャサノキセキ×KingmamboのS系で、キンシャサにしては混戦向きの馬。昨年は楽逃げ後に4着したように能力自体はメンバーでも上位だろう。だがそう考えると前走の3.5差は明らかに負けすぎで、精神的に切れてしまった可能性が高い。不振期。
ブリザード M系 ★★☆
 Starcraft×Redoute's ChoiceのM系。父はヌレイエフ、母父はダンチヒの系統でM系配合。SMかもしれないが。G1勝利経験はないが、中距離実績があるのは好感。60キロからの斤量減もプラスに働きそうで、過去の馬ではウルトラファンタジーに近い。

4頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
影の本命はソルヴェイグでした(笑)。
この後ツイキャスで考察やるので、そちらもお楽しみに〜。続きを読む

スプリンターズS2017出走各馬見解その2

スプリンターズS2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去17年のものです。
ネロ SL系 ★★★
 ヨハネスブルグ×サンデーサイレンスのSL系。父は一本調子のSL系だが、同馬は母父から多少しぶとさを付与されている。前走キーンランドC6〜9着は[1-0-1-8]。混戦向きのタイプが本番ペースが上がって巻き返すという形。同馬なら逃げ等ショック必須。
ダンスディレクター SC系 ★★☆
 アルデバラン×サンデーサイレンスのSC系。こちらも母父サンデーが淡白さをフォローし、混戦でも戦えるタイプになっている。前走セントウルSで人気以上に走った馬は[1-2-1-24]。ポテ証明は十分だが、出遅れた上に-8ではまだ戻っていないか。
フィドゥーシア SM系 ★★
 Medaglia d'Oro×サンデーサイレンスのSM系。母のビリーヴは母父ダンチヒのサンデー産駒でまとまっていた。前走セントウルS6〜9着馬は[1-1-1-19]。好走馬は2〜3走前に好走しつつ、ショックや鮮度のあったタイプだった。鮮度だけでどこまで。
モンドキャンノ SC系 ★★☆
 キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーのSC系。父はフジキセキからCを薄めて距離適性を短めにした産駒が多い。母父はしぶとさを付与する種牡馬。一応朝日杯FSでポテ証明はあるものの、ここ3走掲示板にも載れず不振期の嫌いがある。
メラグラーナ LS系 ★★☆
 Fastnet Rock×Secret SavingsのLS系。まあ正直タイプはよく分からない(爆)。父はデインヒルの系統なので、ある程度まとまりもあるだろうが。前走セントウルS4着馬は[1-1-2-6]。臨戦的には悪くないが、先行活性化が無く躍動感には乏しいか。
ラインミーティア S系 ★★
 メイショウボーラー×オースのS系。新潟1000mばかりを使われ続け香車みたいな馬だと思っていたので、前走延長で控えて内を突いてきたのには驚いた。しかし、やはり連続好走となると疲労、ストレスの点で引っ掛かってくる。能力を十分見せはしたが…。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
今回の6頭はどれが来ても驚かないし、来なくても別に驚かない(爆)。
ダンスディレクターは個人的に買いたいけど、-8と出遅れを見るに昨年と似たイメージ。
距離変更挟んだり、ショックを使って数回叩かないとG1は厳しいかな…。良い馬なんですけどね。続きを読む

スプリンターズS2017出走各馬見解その1

スプリンターズS2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去17年のものです。
ファインニードル SM系 ★★☆
 アドマイヤムーン×Mark of EsteemのSM系。セントウルS1着馬は[1-2-1-12]と相性が悪く、連勝したのはビリーヴのみ。父は関西圏の芝1200m優勢の種牡馬で中山替わりはマイナスだし、交互の戦績もどうか。人気が無さそうなのは不気味だが…。
レッドファルクス S系 ★★★☆
 スウェプトオーヴァーボード×サンデーサイレンスのS系。父は短縮が得意だったフォーティナイナー系のS系で、母父はその父の精神面をフォローしている。前走安田記念組は[2-2-1-17]。能力は証明済みなので、外枠引いてスムーズなら切りづらい。
ビッグアーサー S(LC)系 ★★★☆
 サクラバクシンオー×KingmamboのS(LC)系。母父の影響でバクシンオーにしては量があり、ややSが薄くまとまっている。その分、休み明け適性や巻き返し能力は高い馬だろう。半年以上の休み明けは[0-3-0-7]。逃げて勝った後の昨年よりは良い臨戦。
セイウンコウセイ SM系 ★★★
 アドマイヤムーン×CapoteのSM系。前走はかなり速いペースだったので、早め先頭で差される負け方は悪くない。ただ母方はシアトルスルーにミスワキでかなり淡白に映るし、高松宮は特殊馬場が向いたのも事実。凡走後に間隔を開けた臨戦は良いが。
レッツゴードンキ SL系 ★★★
 キングカメハメハ×マーベラスサンデーのSL系。以前はキンカメらしくL主導のM系といった馬だったが、近年はSL系に変貌を遂げている。前走は短縮激走後に延長で楽→苦。今回はキンカメの得意の休み明けで短縮という形。前走よりは良いだろう。
スノードラゴン LC系 ★☆
 アドマイヤコジーン×タヤスツヨシのLC系。父の産駒は上がり勝負が苦手で道悪が得意な馬が多い。同馬もその例に漏れず特殊馬場の持続質戦でG1を勝利した。昨年は先行活性化からの位置取りショックがあった。今年は目立ったショックもなく厳しい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
昨年の再現だとか、昨年より厳しいとか言ってる奴は競馬をもっと勉強した方が良いと思いますね。
昨年無印の人間が言ってるんだから、これは定説なはずです(笑)。続きを読む

宝塚記念2017出走各馬見解その3

宝塚記念2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ミッキークイーン LC系 ★★★☆
 ディープインパクト×Gold AwayのLC系。同馬は近年のディープ産駒らしく、切れというよりパワーと体力で押すタイプになっている。前走VM組は[0-2-2-6]。同馬にはマイルは若干忙しく延長阪神替わりは合うだろう。のびのび走りたい馬で、外枠欲しい。
ミッキーロケット M系 ★★★☆
 キングカメハメハ×PivotaのM系。前走大阪杯組は[0-0-0-5]。大阪杯1着馬が2頭とも惨敗しており、ここでは凡走の方が良さそう。前走は◎だっただけにガッカリしたが、短縮のVラインだったので再度延長なら巻き返しても良い。ポテ証明も十分ある。
レインボーライン C系 ★★★
 ステイゴールド×フレンチデピュティのC系。父は内枠Hペースを好むC系種牡馬で、母父も母父に入るとCを供給している種牡馬。母父フレンチは古馬になると率が落ちるため、生き延びるには距離短縮しかないと思う。着付け競馬に徹すれば面白い。

参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

宝塚記念2017出走各馬見解その2

宝塚記念2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
シャケトラ LC(S)系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×シングスピールのLC(S)系。父はL系種牡馬で、母父はS主導でCも保有する重めの種牡馬。同馬も母父の影響かマンカフェにしてはしぶといタイプ。春天を人気より凡走の形は悪くないし、母父は坂コース特注血統。馬体を戻せれば。
シュヴァルグラン S(LC)系 ★★
 ハーツクライ×MachiavellianのS(LC)系。父は体力豊富なS主導のM系種牡馬で、母父もまとまっている。前走天皇賞春2着馬は[0-1-1-7]。人気より走った馬は[0-0-1-6]。ハーツクライは激走後の短縮で率の悪い種牡馬。人気馬の中では一番危ない。
スピリッツミノル SL系 ★
 ディープスカイ×ラムタラのSL系。父はSが強めの種牡馬で母父はL系。前走鳴尾記念組は[1-2-1-9]。5着以下は[0-0-0-5]。4人気以下は[0-0-0-4]。やはり一にも二にもポテンシャルの証明が弱い。道悪は良さそうな血統なので、そこに一縷の望みか。
ヒットザターゲット L(CS)系 ☆
 キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。父は量、体力優勢のM系種牡馬で、母父はSやL強めのダウン特注種牡馬。京都大賞典でゴルシを破ったのも昔、同馬も9歳馬になってダウンや内枠でも反応しなくなってきた。4走連続二桁着順では流石に厳しい。

参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

宝塚記念2017出走各馬見解その1

宝塚記念2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
キタサンブラック S系 ★★★★
 ブラックタイド×サクラバクシンオーのS系。ブラックタイドはLSベースの体力やパワーをメインに供給する種牡馬で、母父はSやCを供給する種牡馬になる。天皇賞春はレコード決着で疲労が残る内容だった。ただそんな状況でもいつも耐えてきているだけに…。
クラリティシチー LM系 ★
 キングカメハメハ×スペシャルウィークのLM系。父はLが優勢のM系種牡馬で、母父はスタミナやSCチックな勝負強さを付与する種牡馬。同馬は年齢を重ねてM系からL主導になりつつある。延長非根幹自体は悪くないが、今はもうダウン戦でないと厳しいだろう。
ゴールドアクター LS系 ★★★
 スクリーンヒーロー×キョウワアリシバのLS系。前走春天6〜9着は[1-0-0-8]で、掲示板に載った2頭は春天を人気より凡走していた。ポテンシャルは既に証明済み。ここ2走を衰えと取ることも出来るが、まだ同馬には逃げという選択肢が残されている。
サトノクラウン L系 ★★★★
 Marju×RossiniのL系。現役馬の中ではルージュバックの次にオーソドックスなL系か(笑)。前走は休み明け激走後の短縮頭数増の中枠で三重苦。今回は凡走後の延長非根幹頭数減と苦→楽の局面。道悪だと変に人気してしまいそうで嫌だが…。

参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その3

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
スワーヴリチャード S(LC)系 ★★★★
 ハーツクライ×Unbridled's SongのS(LC)系。父は体力優勢の種牡馬で、母父はまとまったタイプ。前走皐月賞6〜9着は前述した通り。同馬もカデナと同じで好走条件を満たしている。前走位置を取りに行きつつ理想のVライン。スムーズに運べれば。
サトノアーサー LS系 ★★☆
 ディープインパクト×Redoute's ChoiceのLS系。血統や走りからはあまりCを感じない。広いコースをのびのび走って強いLS系だろう。前走毎日杯組は[0-0-0-1]で参考外。経験の多様性も乏しく普通に考えたら買えない。ディープの初G1だけでどこまで。
キョウヘイ SL系 ★☆
 リーチザクラウン×ダンスインザダークのSL系。父、母父共に一筋縄ではいかないタイプで、同馬も極端な競馬を好むSL系になっている。強い相手には怯まないが、色々と条件が揃わないと厳しい。道悪や多重のショックがありつつ大穴まで待ちたい。
トラスト SL系 ★☆
 スクリーンヒーロー×エイシンサンディのSL系。朝日杯FSで◎を打ったのも昔のよう、Sが弱まり別馬になってしまった。前走NHKマイルC組は[3-1-1-35]。唯一巻き返したのは逃げの位置取りを仕掛けたアサクサキングス。同馬も逃げしか道は無し。
マイスタイル S(CL)系 ☆
 ハーツクライ×フォーティナイナーのS(CL)系。ハーツクライで体力優勢だが、馬体が軽くやや軽い条件も要求されるタイプ。前走皐月賞10着以下は[1-1-1-28]。また4人気以下だった馬は[0-0-0-26]。データ的には一切買えない。ポテ証明も弱くて。
マイネルスフェーン C系 ★★★
 ステイゴールド×ジェイドロバリーのC系。父はC系で、母父は短縮やダートを好むSL系。同馬は初重賞だったホープフルSを激走しているように、おそらくC系。京成杯3着でポテ証明はあるし、前走掛かってしまったので、差しに回る形で内を突ければ。

まあ普通に考えたらスワーヴリチャードでしょう。
穴ならマイネルスフェーン。前走は先行布石のための出走だったと割り切れば。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その2

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ペルシアンナイト LS系 ★★☆
 ハービンジャー×サンデーサイレンスのLS系。父は典型的な欧州ノーザンのL系馬だが、同馬は母や母父からCやSを供給してしぶといタイプになっている。皐月賞2着馬は[1-1-2-11]。前走は神騎乗で4人2着と激走。反動は必至で、よほど恵まれないと。
カデナ M系 ★★★★
 ディープインパクト×フレンチデピュティという配合馬で、L寄りのM系。前走皐月賞6着〜9着の馬は[0-1-2-22]。好走した3頭はここ2走とも5人気以内で、かつ重賞勝利経験があった。弥生少頭数激走→皐月多頭数凡走の形はL系サトノクラウンと酷似。
レイデオロ L系 ★★★☆
 キングカメハメハ×シンボリクリスエスという配合馬で、藤沢や母父の影響もありL主導の馬になっている。前走皐月賞5着馬は[0-0-0-5]。ただ同馬はいかにも多頭数内枠が苦手なL系なので、延長に加え外枠、東京替わりで巻き返せる条件は揃った。
ウインブライト CS系 ★★
 ステイゴールド×アドマイヤコジーンのCS系。父は混戦向きのC系種牡馬で、母父はコジーンの系統で体力寄りのL系種牡馬。東京の上がり勝負は好まない馬で、適性では明らかに皐月賞>ダービー。今回も外枠を引いてしまい厳しい戦いが予想される。
ジョーストリクトリ LS(C)系 ★
 ジョーカプチーノ×キングヘイローのLS(C)系。父は高速馬場のNHKマイルCを先行して押し切ったSL系で、母父はショックや道悪を好むSLorLS系種牡馬。同馬の場合、距離適性以前に東京外枠が合わない。特殊馬場や何かしらのショックが欲しい…。
アメリカズカップ L系 ★☆
 マンハッタンカフェ×コロナドズクエストのL系。父は淡白なL系種牡馬で、母父は米国のダート血統の馬でSかSL系あたり。同馬は朝日杯FSを多頭数のアップで投げ出した後、少頭数のダウンだったきさらぎ賞を道悪で勝利。ここ凡走後のダウン戦で。

まあ無難にカデナかレイデオロで。
レイデオロの方が活性化に乏しい分評価を下げました。
カデナは前走意味なく内から動いたのが布石になるはず(鞍上は意図せず)。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング
 続きを読む

日本ダービー2017出走各馬見解その1

日本ダービー2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
アドミラブル M系 ★★☆
 ディープインパクト×シンボリクリスエスのM系。父、母父共にM系の種牡馬。前走青葉賞組は[0-5-3-35]だが、1人1着の馬に限れば[0-4-0-4]とまずまず。しかし連対した4頭には3走以内に初角3番手以内の競馬をした経験があった。やや活性化不足。
アルアイン CS系 ★★
 ディープインパクト×Essence of DubaiのCS系。母父はPulpitの系統でSL系のダート種牡馬だが、同馬は良いせい構造を持ったCS系と思われる。前走皐月賞1着馬は[5-1-2-6]。今回は延長になるので、内に入れて集中力を活かせるかが鍵。
クリンチャー SL系 ★★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのSL系。父はタキオンの産駒のL系(現役時代はCもあったが)で、母父は大舞台に強いチャンピオンタイプのSC系になる。前走皐月賞4着馬は[1-1-1-9]。反動はあると思うので、それを誤魔化すには逃げしかない。
ダイワキャグニー LM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLM系。父は量、体力優勢のM系種牡馬で、母父はSやCを与える種牡馬。前走プリンシパルS組は[0-0-2-23]。弥生賞凡走からの巻き返しを見るに、ただLを強調しただけに過ぎず、再度アップで期待は禁物か。
ダンビュライト S(LC)系 ★★
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのS(LC)系。父は少しズブく延長を得意とするS系というややこしい種牡馬で、母父は前述した通りSやCを付与する種牡馬。皐月賞3着馬は[2-1-0-8]。同馬の場合適性は中山>東京だと思うので、他馬の破綻は必須。
ベストアプローチ LC系 ★
 New Approach×EfisioのLC系。血統内にサンデーサイレンスを持たないサドラー系の馬で、いわゆる重い芝を好むタイプだろう。前走青葉賞2着以下は[0-0-2-26]。前走は弥生賞のクソVラインの後に馬体を絞っての激走だったので、お釣りは無いか。

優先出走権を持ってる馬全部良く見えない(爆)。
クリンチャーの★3は逃げ込みでの評価なので、逃げなかったら★1.5〜2くらいのイメージですね。
G1ではてんで名前を聞かなくなった藤岡大先生。思い切れるかどうか。
皐月賞4着で変に欲を持っていたとしたら駄目でしょうけどね。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング
 続きを読む

NHKマイルC2017出走各馬見解その3

NHKマイルC2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ミスエルテ LS系 ★★☆
 Frankel×PulpitのLS系。父は体力、量を伝える欧州のL系種牡馬で、母父は米国ダート血統のSL系種牡馬。前走桜花賞組は既に書いたので割愛。同馬は朝日杯FS4着で一定のポテンシャルは証明している。外枠も引けたので、後ろに張ってどこまで。
アエロリット SM系 ★★★
 クロフネ×ネオユニヴァースのSM系。父はS主導のタイプで、牝馬だとCが加わり高いレベルでまとまったタイプが多くなる。父クロフネにはここでの好走馬が多く、また同馬自体にもクイーンCで2着の実績がある。今回は先行の位置取りを仕掛けたい。
ナイトバナレット S系 ★
 ディープブリランテ×Favorite TrickのS系。父はディープ産駒にしてはSの強いタイプで、産駒もS主導と思われる馬が多い。前走NZT10着以下は[0-0-2-16]。好走した2頭は2走前連対していた。同馬は連続2桁着順で、リズムが悪い。厳しいだろう。
プラチナヴォイス LS系 ★★
 エンパイアメーカー×マンハッタンカフェのLS系。父はS系のダート種牡馬で、母父は量、体力優勢のL主導の種牡馬。前走皐月賞は惨敗も激走後に多頭数中枠で0.5差だったので、悪い負け方ではなかった。ただ短縮内枠マイルはややスピード不足か。
ガンサリュート CS系 ★★★☆
 ダノンシャンティ×クロフネのCS系。アップの京成杯で好走し、次走少頭数外枠で敗れているので、Cはありそう。前走毎日杯組は[4-1-0-7]。近年はLっぽい馬が激走後に向かうケースが多いため率を落としているが、同馬はその逆なので可能性は感じる。
タイセイスターリー LS系 ★★★☆
 マンハッタンカフェ×ロックオブジブラルタルのLS系。父は典型的なL系で、母父はS主導のM系種牡馬。前走NZT6着以下は[1-0-3-37]。ただNZTで4人気以内に支持されつつ0.5差以内の負けだった馬に限れば[1-0-2-6]まで率は上がる。中枠が痛恨。

参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

NHKマイルC2017出走各馬見解その2

NHKマイルC2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
タイムトリップ S系 ★★☆
 ロードアルティマ×ホークアタックのS系。父は現役時代は淡白なSL系だった馬で産駒もS主導だろう。前走NZT凡走組もやはり人気≧着順組が相性悪く、NZT4着以下で人気≧着順の馬は[0-0-0-23]。しかし経験の多様性はあるので、そこはプラス材料。
トラスト SL系 ★★★
 スクリーンヒーロー×エイシンサンディのSL系。父はLSベースの種牡馬だが、同馬はSが強めの印象。前走皐月賞10着以下は[0-0-1-21]。差し実績は無いので、面白いのは逃げだろう。父は短縮特注種牡馬。ただスローで折り合いに専念したら終わり。
アウトライアーズ SM系 ★★★
 ヴィクトワールピサ×フレンチデピュティのSM系。母父は同レース特注血統。皐月賞組は短縮になるため、ある程度位置を取っている馬の方が良い。皐月賞で4角10番手以下だった馬は[0-0-1-10]で、複勝圏は1人気のギムレットのみ。他馬の破綻待ちか。
レッドアンシェル L系 ★★
 マンハッタンカフェ×Storm CatのL系。父、母父共にL主導の馬が多く、同馬の戦績を見ても少頭数外枠で連勝したあと多頭数のG1で敗れ、そして間隔を開けたダウン少頭数外枠で2着に好走しているように、やはりL系か。再度多頭数のアップでは厳しい。
オールザゴー CL系 ★☆
 ステイゴールド×フレンチデピュティのCL系。父はC系の代表種牡馬だが、同馬は逃げて勝ったり、非根幹のダウンに反応しており、Lっぽさが目立っている。前走マーガレットS組は[0-0-2-21]。3着した2頭はどちらも1人気だった。押し要素は母父だけか。
ディバインコード SM系 ★★★☆
 マツリダゴッホ×ヘクタープロテクターのSM系。父は中山巧者で産駒もS系が多く、母父はCLベースのM系種牡馬。前走橘S組は[0-1-1-21]と、ローテの相性は良くない。ただ同馬はメンバー中唯一の生涯複勝圏確保している馬。人気が落ちたら不気味。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬はディバインコードにしておきます。
この馬地味に3歳時のOP戦で1人1着経験を持っている唯一の馬なんですよね。
ただ鞍上が鞍上が鞍上が鞍上が鞍上が(以下リピート
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング続きを読む

NHKマイルC2017出走各馬見解その1

NHKマイルC2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ジョーストリクトリ SM系 ★★
 ジョーカプチーノ×キングヘイローのSM系。父はLS系の種牡馬だと思うが、同馬は母父からCを供給していてしぶとい。前走NZT1着馬は[1-1-0-12]。なめられればエイシンツルギザンのような連発もあるとはいえ、基本的には厳しいステップ。人気次第。
ボンセルヴィーソ SL系 ★★
 ダイワメジャー×サクラローレルのSL系。父はS主導のM系の産駒が多く、母父はL主導で量や体力を供給する種牡馬。前走NZT3着馬は[3-0-0-10]と極端な成績。この内NZTで人気より走った激走組は[0-0-0-8]。逃げという武器を使えるかが鍵になる。
モンドキャンノ SC系 ★★☆
 キンシャサキセキ×サクラバクシンオーのSC系。父はフジキセキよりも距離を短めにシフトして、淡白さを注入したような産駒が多い。前走スプリングS組は相性が良く[1-3-1-4]。先行布石もあり、短縮ショッカーを獲得。問題は2.3差負け後という点か。
リエノテソーロ SM系 ★★★☆
 Speightstown×LangfuhrのSM系。短距離で先行したり、ダートで圧勝したりしているので、S主導のタイプだろう。前走OP特別組は[0-1-4-48]も、ほとんど1400m組なので参考外。芝実績あるし、母父はダンチヒの系統で初の人気急落は面白そう。
カラクレナイ LS系 ★★☆
 ローエングリン×アグネスタキオンのLS系。父、母父共にL主導のタイプ(タキオンは母父に入ると意外としぶといタイプも多いが)で、基本はスムーズな競馬を好む馬だろう。前走桜花賞組は[3-1-0-8]で4着以内の馬になると[2-1-0-2]。外枠を引きたい。
キョウヘイ SL系 ★★☆
 リーチザクラウン×ダンスインザダークのSL系。毎回書いているが、ポストマジェスティハーツ。要は相手の強弱は関係なく、展開や馬場が嵌れば一撃の威力が大きいタイプ。前走アーリントンC組は[1-0-0-2]。人気落ちて外伸びHペースなど展開向けば。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬はリエノテソーロですかね。
でも全部一長一短。どれがきてもおかしくないとは正にこの事か。
参考になったよ〜って方は押してくださいませ(´Д`)⇒人気ブログランキング
 続きを読む

天皇賞春2017出走各馬見解その1

天皇賞春2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
シャケトラ LC(S)系 ★★★
 マンハッタンカフェ×シングスピールのLC(S)系。父はL主導の種牡馬だが、母父がSやCを保有しており、しぶとさもある。前走日経賞1着馬[1-4-0-8]。2人気以下での1着馬は[0-2-0-7]。鮮度は一番あるが、馬体を絞っての激走後が気になる。取捨難解。
ラブラドライト M系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのM系。父はややLが強く出たM系種牡馬で、サンデーも母父だとM系。前走ダイヤモンドS組は[0-1-0-10]。3000m以上⇒3000m以上は昔から春天の死のステップ消化。鮮度はあるが、斤量7キロ増もあっては…。
キタサンブラック S系 ★★★★☆
 ブラックタイド×サクラバクシンオーのS系。ブラックタイドはLSベースの体力やパワーをメインに供給する種牡馬で、母父はSやCを供給する種牡馬になる。もうこの馬について多くは語るまい。体力型の馬でありながら、他馬に影響を受けない精神力の持ち主。
スピリッツミノル SL系 ★☆
 ディープスカイ×ラムタラのSL系。ディープスカイは現役時代Cを持っていたが、産駒は総じてLSやSL系あたり。阪神大賞典5着以下は[1-2-0-31]。前走人気より走った馬は[0-0-0-12]。前走バウンド延長を前に行く形で好走したので、お釣りは無いだろう。
ファタモルガーナ M系 ★★
 ディープインパクト×エリシオのM系。父は量が豊富で、上がり勝負を好むM系種牡馬で、母父は欧州ノーザンダンサー系の典型的なL系。同馬もMかLMがしっくりくる。昨年7着の内容は濃く、適性はありそう。しかし昨年より鮮度は無く、ポテ証明も薄くて。
シュヴァルグラン S(LC)系 ★★☆
 ハーツクライ×MachiavellianのS(LC)系。父は体力豊富なS主導のM系種牡馬で、母父もまとまったタイプ。阪神大賞典2着馬は[0-1-1-11]。掲示板に載った3頭は4歳馬と3走前まで条件戦の5歳馬だった。前走の内容を見る限り逆転は無いと見るが…。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬はキタサンだけです(笑)
春天の数字を調べて[1-0-2-30]という相性悪い数字が出てきました。⇒人気ブログランキング
 続きを読む

皐月賞2017出走各馬見解その3

皐月賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ペルシアンナイト LS系 ★★☆
 ハービンジャー×サンデーサイレンスのLS系。父は典型的なL系だが、同馬はシンザン記念で内から3着したりと、しぶといタイプ。それだけにチャンスはあったと思うが、前走でダウン、頭数減に反応したのが痛恨。前走アーリントンC組も[0-0-0-8]で。
ファンディーナ SL系 ★★★
 ディープインパクト×PivotalのSL系。兄のナムラシングンはCSやSCといった混戦向きのタイプも、同馬は気性も勝ってSL系に映る。ディープ初のG1挑戦で牝馬からの異端臨戦と鮮度を活かせる条件は揃っている。問題は馬群。控えず番手取りたい。
人気ブログランキング S(LC)系 ★★★☆
 バゴ×フジキセキのS(LC)系。前走弥生賞6着以下は[0-0-1-13]。掲示板に入った2頭は弥生賞で人気より凡走しつつ、当日派手な位置取りショックを仕掛けていた。同馬も前走の弥生賞では捲っており、追い込みに回る位置取りショックを仕掛けたい。
トラスト SL系 ★★☆
 スクリーンヒーロー×エイシンサンディのSL系。父は量、体力が豊富なLSベースの種牡馬で、母父はしぶといC系種牡馬。前走毎日杯組は既に書いたので省略。同馬は逃げて圧勝経験があるので、延長大外枠なら逃げるしか道は無い。大知逃げろ!
クリンチャー SL系 ★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのSL系。前走は京都をスローで逃げの後にペースが締まって延長を控えて圧勝したわけで、内容は悪くなかった。だが、すみれS組は[0-0-0-8]なように、少頭数でたるいレース質になりやすく、多頭数替わりでどうか。
キングズラッシュ S(LC)系 ★☆
 ルーラーシップ×シンボリクリスエスのS(LC)系。ルーラーシップはキンカメほど軽さは無くズブい産駒が多い為、延長が合う。同馬も福島、中山芝2000mで連勝して東京で凡走しているように、コース適性はありそう。やはりポテ証明の無さだけがネック。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
弥生賞が少頭数の摩擦薄のレースだったので、混戦向きの馬の巻き返しに期待したいですね。
母父もC系種牡馬ですしね(母父に入るとM系っぽいですけど)。
続きを読む

皐月賞2017出走各馬見解その2

皐月賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
マイスタイル S系 ★☆
 ハーツクライ×フォーティナイナーのS系。父は延長の体力勝負を好む種牡馬だが、同馬は馬体が小さい分本気の体力勝負だと厳しく、延長のスローなど軽さも必要なタイプ。弥生賞2着馬は[0-0-2-12]。逃げの位置取りSでの激走後では食指は動かない。
サトノアレス M系 ★★
 ディープインパクト×デインヒルのM系。父、母父共にまとまっており安定感がウリのタイプ。前走スプリングS4着以下は[0-1-0-39]。唯一巻き返したのはサンツェッペリン。バウンド延長で前に行く位置取りショックでのものだった。人気急落で他馬の破綻待ち。
レイデオロ L系 ★★★
 キングカメハメハ×シンボリクリスエスのL系。父、母父共にL主導のM系で、藤沢と考えてもL主導の馬だろう。前走年明け前だった馬は過去15年で初。キンカメは休み明け特注で、擦られなければ悪い臨戦ではない。ただ厩舎的にはダービー狙いなのが…。
アメリカズカップ LS系 ★
 マンハッタンカフェ×コロナドズクエストのLS系。少頭数を連勝した後、多頭数のG1で惨敗し、ダウン少頭数のきさらぎ賞で勝利。血統や戦績を見ると完全にL主導のタイプで、アップのG1で好走するイメージは湧かない。きさらぎ賞組も[0-0-1-11]と相性悪い。
スワーヴリチャード S(LC)系 ★★★
 ハーツクライ×Unbridled's SongのS(LC)系。少頭数での好走しかないのとスタートがあまり良くないというのは皐月賞にとって致命的な弱点。しかし、共同通信杯組は[4-0-2-7]と近年最も相性の良いステップ戦。延長なので好発切って前に行けるかが鍵。
人気ブログランキング CS系 ★★★★
 父は量が豊富なM系種牡馬で、母父はSL系のダート血統。ただ同馬は内を抜けてきたり、Cを感じる走りをしている。前走毎日杯組は[0-0-0-20]で、ローテ的には厳しい。だが父は裏街道から初のG1挑戦というローテを得意としていて、そこに一縷の望み。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
前走のような少頭数は向かないはずでそれでも押し切ったと考えれば、
全く通用しないということは無いでしょう。
もう少し内枠の方が自信を持って◎を打てたんですがね…。
続きを読む

皐月賞2017出走各馬見解その1

皐月賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
人気ブログランキング SM系 ★★★
 父はS主導のM系種牡馬で、母父は闘争心あるS系種牡馬。前走スプリングS2着馬は[0-2-1-8]とあまり相性は良くないが、人気より激走した馬を除けば[0-2-1-2]とまずまず。皐月賞はS系マイラーの強い舞台で、2走前にマイル圧勝経験があるのは良い。
アダムバローズ SL系 ★
 ハーツクライ×Unbridled's SongのSL系。父は体力、パワー、闘争心メインの種牡馬で、母父はまとまったタイプになる。若葉S1着馬は[1-1-1-9]。好走した3頭は全馬1人1着。重賞で敗れた後ダウンに反応しているところを見ると、ここは家賃が高いか。
ウインブライト CS系 ★★★
 ステイゴールド×アドマイヤコジーンのCS系。母父はL系の種牡馬だが、同馬は父の影響が強いのかCやSが強く出ている。スプリングS1着馬は[5-0-2-8]と好相性。連勝中の馬になると[3-0-2-3]。問題は前走-12と絞って激走した点か。当日の状態次第。
カデナ M系 ★★☆
 ディープインパクト×フレンチデピュティのM系。量が豊富で若干Lが強めのM系といった印象。弥生賞1着馬は[2-4-2-7]。逃げずに1人1着した馬に限れば[2-2-0-2]と、ローテ的には悪くない。ただ間隔を開けての差して激走なので、反動は心配な局面。
ダンビュライト S(LC)系 ★★
 ルーラーシップ産駒のS(LC)系で、父の初年度産駒になる。ルーラーシップの総じての印象は、スピードが無く、痛烈なC、S、Lも無く、サムソン産駒に近いイメージ。弥生賞3着馬は多頭数に替わって巻き返せる混戦向きの馬が穴で、イメージとは程遠い。
プラチナヴォイス LS系 ★★
 エンパイアメーカー×マンハッタンカフェのLS系。レースを見ると揉まれなくて強さを発揮するL主導の馬という印象で、アップ戦は苦手だろう。スプリングS3着馬は[1-1-0-10]。連対馬2頭はドリパスとダイワメジャー。前走も上手くいったので楽→苦は確実。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
今年は未知数な馬が多いという印象で、これっといった馬は見当たりません。
となるとまとまり系に賭けても良いのかな…。というわけで★3評価ですが、同馬を挙げてみました。
続きを読む

弥生賞2017出走各馬見解その2

弥生賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
人気ブログランキング M系 ★★★☆
 父はM系の種牡馬で母父はSやCの強い種牡馬。兄2頭はSの強いタイプだったが、同馬はここ2戦を見る限りSが安定し、バランス型といった印象。前走ホープフルS組は[0-0-0-4]。しかし激走した馬ばかりで、2人3着後の休み明けなら血統的には良さそう。
サトノマックス M系 ★★★
 ディープインパクト×Indygo ShinerのM系。母父はエーピーインディの系統でやや淡白なタイプかもしれない。前走新馬戦組は[0-1-0-3]。人気より好走した2頭は3人気以内でかつ逃げないで0.2差以上の圧勝だった。同馬も一応それに該当。取捨迷う。
スマートエレメンツ L系 ☆
 シンボリクリスエス×アグネスタキオンのL系配合馬。父はM系種牡馬で、母父はLが強めの種牡馬になる。血統的には芝の方が合いそうなので、中山芝2000mという舞台は悪くないと思う。ただ前走500万下3着以下は[0-0-0-15]。ポテ証明が足りないか。
ディアシューター LS系 ★☆
 サムライハート×MiswakiのLS系。前走共同通信杯組は[1-0-1-7]。好走した2頭は共同通信杯で5着以内。東京の高速上がりに対応できないながらも崩れなかった馬が穴。ただ同馬の場合は2走前の中山でも凡走しており、傾向には当てはまらない。
テーオーフォルテ L系 ★★☆
 ハービンジャー×マンハッタンカフェという配合馬で、父、母父共にLが強め。前走新馬組はサトノの欄で書いたので割愛。前走は完全に負けパターンだったが、外に出してから一気の伸び脚。完結Vラインだったし、広いコースでのびのび走らせたいタイプ。
ベストアプローチ LC系 ★★★☆
 New Approach×Efisioという血統でタイプはよく分からない。ズブそうなので一応LC系で。戦績から上がりの速いレースで差して届かずを繰り返しており、サドラー系ということを踏まえても東京→中山替わりは良い。戸崎が前目の競馬を選択できれば。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
戦績見てたらベストアプローチも魅力的に思えてきました。
サトノも別に人気が無いなら悪くなさそうですね。少頭数でも難しそうです。

弥生賞2017出走各馬見解その1

弥生賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
コマノインパルス S(LC)系 ★★★
 バゴ×フジキセキのS(LC)系。父はS主導の多いレッドゴット系だが、ヌレイエフが入っている為S〜Mの間くらいのタイプ。強いSではないので、中山での平均遅めくらいのペースがツボで、ここ2走はまさにそういった流れだった。今回も適性的には消しづらい。
カデナ M系 ★★
 ディープインパクト×フレンチデピュティのM系。前走2000m戦を使用した休み明けの馬は[2-2-0-15]で、前走1着馬に限っても[2-1-0-7]。しかも4着以下に敗れた7頭の内3頭は1人気でのものだった。前走ディープ初重賞の鮮度を使って3人1着。軽視で。
ダンビュライト LS系 ★☆
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのLS系。父は今のところ非C系でありながら強烈なSもLも持ち合わせていないM系といった感じ。前走は一応3着に好走したが、ダウンとトニービン持ちで道悪に反応しただけに思える。きさらぎ賞組も[0-1-0-8]。厳しい。
サンライズソア SM系 ★
 シンボリクリスエス×スペシャルウィークのSM系。この配合ではあの名馬ユールシンギングも生まれている(そっち!?)。前走ダート戦使用馬は[0-0-0-16]。適性は芝にありそうだが、2走前芝の500万下で1.3差負けを見てしまうと能力不足は否めない。
ダイワキャグニー M系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのM系。前走芝1800mの500万下は[1-1-0-5]。連対馬2頭は前走1人1着と1人2着で当日6人気と7人気に人気が落ちていた。同馬の場合6人1着後で、ややピントがずれる。2走連続少頭数外枠で経験値も低めか。
人気ブログランキング S系 ★★★☆
 父は体力優勢なS主導の種牡馬で、母父はミスプロ系のS系種牡馬。母母父にはDanzigの文字があり、前走勝ったのに人気急落の今回は不気味な存在。先行馬総崩れの中、5着に粘った2走前の内容が良く、ポテシャルは証明済み。延長で前に行ければ。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
過去の臨戦を紐解けば紐解くほど、どの馬もあまり魅力的に見えませんでした。
そんな中でも今回挙げた馬だけは異端で面白そうですね。
ただ鞍上的に◎だと怖さがあるのでどうしようか悩んでいますが…。

京都金杯2017出走各馬見解その3

京都金杯2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
アストラエンブレム LS系 ★★
 ダイワメジャー×ウォーエンブレムのLS系。血統的にはS主導だが、走りや戦績を見るとLっぽい。条件戦1人1着後で鮮度あるのは良い。しかし、前走休み明けを大外枠から差して0.0差勝ちでは反動に気を遣う。ここを敗れた後のダウン戦がベター。
人気ブログランキング CS系 ★★★
 父、母父共にS系の種牡馬だが、2走前重賞で激走した後にダウンを人気で凡走する戦績から同馬はC系っぽい。激戦で京都金杯を制したと言えばライブコンサートがいるが、ライブコンサートの父親はこの馬の母父と同じ。人気急落+内枠Hペースなら。
ペイシャフェリス SL系 ★☆
 スペシャルウィーク×Cape Crossという配合馬で、一本調子なSL系。7月から8戦使われており、かなり疲労が心配なローテ。ただ京成杯AHの内容は良かったと思うので、もう1回どこかで馬券にはなりそう。非根幹中頭数戦の特殊馬場あたりがツボか。
アルマディヴァン C系 ★★
 メジロベイリー×メジロライアンのC系。父のメジロベイリーは未勝利戦からいきなりG1を制した馬で、典型的なC系という馬だった。同馬は使い詰めて均衡に入ってしまった為、一度休ませたいところ。あと単純に京都マイルという条件も同馬には軽すぎる。
ブラックスピネル SL系 ★★★☆
 タニノギムレット×アグネスデジタルのSL系。前走チャレンジC、鳴尾記念組は[3-3-1-17]とまずまず。さらに4角5番手以内に限定すれば[3-1-1-9]まで率が上がる。同馬は前走2人5着なので先行して凡走という形になり、過去の好走パターンと合致する。
ダイシンサンダー SL系 ★
 アドマイヤムーン×マンハッタンカフェのSL系。父からSを母父からLを供給された馬。前走タンザイナイトS組は[0-0-1-2]。前走は短縮で期待したが、前が有利な馬場で可哀想だった。ただアドマイヤムーンは物理的に延長が苦手なので、その点がどうか。

賞金順に6頭。考察を終えて魅力がある馬は人気ブログランキング
人気どころならブラックスピネルで、穴ならこの馬。
ただ混戦向きなので外枠や少しでも単調な流れになったらいらないでしょうね。
続きを読む

京都金杯2017出走各馬見解その2

京都金杯2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
ガリバルディ M系 ★★☆
 ディープインパクト×ZafonicのM系。前走マイルCSで6着〜9着だった馬は[1-1-0-2]。奇しくも兄のマルカシェンクがマイルCS6着から2着に好走している。前走4角13番手以下は[0-1-0-28]。この2着はまたもマルカシェンク(笑)。内枠Hペース欲しい。
テイエムタイホー SL系 ★☆
 ニューイングランド×Lord at WarのSL系。昨年の2着馬だが、昨年はアップで揉まれた後のダウン戦というベストのタイミングだっただけに今年はどうか。G1からのダウン戦は良いと思うので、もう少し弱い相手ならだったが。中頭数や道悪で買いたい。
エアスピネル M系 ★★★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのM系。母エアメサイアと似たタイプで、高次元でまとまっている馬になる。前走2200m以上からの馬は[0-0-0-5]と微妙。だが同馬の場合先行布石がある上にSが強めに出ている馬なので、短縮自体の不安は少ない。
人気ブログランキング SL系 ★★★★
 ディープインパクト×Cape CrossのSL系。母父の影響かズレたディープ産駒で、母父がダンチヒ系という意味ではミッキーアイルに近いタイプか。前走1着だったディープ産駒は[0-2-0-0]。ディープ初重賞の鮮度あるし、差しが板についたのもプラス材料。
ケントオー SC系 ★★☆
 ダンスインザダーク×トウカイテイオーのSC系。母父からC、S要素供給し、混戦向きのタイプになっている。前走は先行馬総崩れのレースとはいえ1.9はいかんせん負けすぎか。平坦凡走後の坂コース替わりが一番の狙いなので、中山、阪神で買いたい。
サクラアドニス ?系 ☆
 サクラプレジデント×ウォーニングという配合馬で、タイプはよく分かりません(爆)。延長で前に行く位置取りショックを仕掛けての好走が多いので、SかL主導の馬だろう。障害戦を除くと5戦連続2桁着順が続く。特殊馬場やダウン戦までは手を出しづらい。

賞金順に6頭。考察を終えて魅力がある馬は人気ブログランキング
逃げて好成績を挙げているのがちょっと気になりますけど、
この種牡馬にあまり理屈はいらないと思うので(汗)。
近走スタートがあまり良くないも怖いですけどね。ただ人気無さそうなのはいいですね。
続きを読む

京都金杯2017出走各馬見解その1

京都金杯2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
フィエロ LC系 ★★☆
 ディープインパクト×デインヒルのLC系。母父の影響でパワーがあり、まとまったタイプ。京都芝1600mは[1-2-1-2]と相性は悪くないし、ダウンも良いだろう。問題は使い詰めか。父、母父共に疲労耐久力はある方ではないので、叩き4戦目で激走後だと?
ダンツプリウス SC系 ★★☆
 ブライアンズタイム×マンハッタンカフェのSC系。強い相手にも怯まないが、その反面単調な流れは合わず、また一旦調子を崩すと不調の期間が長いタイプ。ジュニアCからの4戦は連チャン期なので、今は不振期なのだろう。坂コースや特殊馬場まで待ちたい。
人気ブログランキング S系 ★★★☆
 マツリダゴッホ×ナリタブライアンという配合馬で、特殊馬場を逃げて圧勝しているようにS主導のタイプ。前走はHペースを逃げずに早め先頭で押し切る強い内容。今までの淡白な印象とは程遠く、連チャン期かもしれない。開幕週で前が有利。有力の一頭。
ピークトラム S(CL)系 ★★☆
 チチカステナンゴ×スペシャルウィークのS(CL)系。まとまっているタイプだが、近走逃げているように現状はややSが前面に出ているか。前走はダウンの人気落ちだっただけに、物足りない内容に映った。ただ夏にポテ証明はあるので、先行したら怖い存在。
テイエムイナズマ LS(C)系 ★★
 ブラックタイド×DanzigのLS(C)系。父から体力を供給しつつ、混戦でも走れるしぶとい馬。また母父から人気落ちでは常に注意を払っておきたい。上がりに限界のある交互系で、激走後の京都平均ペースは合わない。短縮Hペースを差しに回る形がベスト。
ブラックムーン SC系 ★★
 アドマイヤムーン×ジェネラスのSC系。父の産駒は連チャン期を保有している馬が多く、連勝してOPに上り詰める馬が多い。ただそう考えると、富士Sの凡走と前走ダウンに反応しすぎたのに違和感。ジェネラスのLが顔出した?(笑)。差し馬で内枠は必須。


賞金順に6頭。考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
秋3戦の内容が全部いいですね。
あまり人気しないようなら反動より連チャン期に賭けたい臨戦ではあります。
続きを読む

有馬記念2016出走各馬見解その2

有馬記念2016出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
アルバート S系 ★★
 アドマイヤドン×ダンスインザダークのS系。母父から体力を供給し、スタミナ型の馬。ステイヤーズS組は[0-0-1-19]。昨年は短縮で全く付いて行けず惨敗しただけに、有馬記念が本気ならステイヤーズSという選択はしなかったはずで、ここは静観で。
サトノノブレス LC(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×トニービンのLC系。馬体の重いディープ産駒で、切れよりもパワーや体力で勝負するタイプ。一応中山芝2500mという舞台は合いそうだし、前走も2人気3着とダウンなのに凡走した形。基本ダウンホースだが、そこが気になる。
人気ブログランキング LC系 ★★★
 ディープインパクト×キングカメハメハのLorLC系。前走は長期休養明けで8着。しかし、直線では内を突いて最後追えてなかったので、内容は悪くなかった。条件は色々重ならないと厳しそうではあるが、古馬混合G1で2着2回の実績がある。押さえなら。
ヤマカツエース S(LC)系 ★★☆
 キングカメハメハ×グラスワンダーのS(LC)系。血統的にはL系だが、混戦でもしぶとく全ての要素を持ち合わせたタイプ。前走金鯱賞1着馬は[0-1-0-2]。ポテンシャルの証明は春の段階でしているが、G1で弾かれている姿を見ると、まだ本調子ではないか。
ヒットザターゲット L(CS)系 ★
 キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。母父がダウン特注種牡馬で、一時期はダウンで好走しまくっていた馬。ストレスが無いと内枠を得意とするのはキンカメの特徴で、同馬も1枠での成績が良い。近走見てると衰えを感じる。厳しいだろう。
ムスカテール S(LC)系 ★
 マヤノトップガン×サンデーサイレンスのS(LC)系。マヤノトップガンらしく延長の混戦が得意で体力と闘争心があるタイプ。前走金鯱賞組4着以下の馬は[0-0-0-5]。目黒記念をレコード勝ちした同馬ももう8歳。全盛期だったら面白い条件だったとは思うが。
マルターズアポジー SL系 ★★
 ゴスホークケン×Old TriesteのSL系。父のゴスホークケンも中山の朝日杯を逃げて勝ったようにS主導の馬だった。同馬も全レース逃げているようにS系だろう。前走福島記念組は[0-0-0-9]。最低でも逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しかったか。
サムソンズプライド SM系 ☆
 メイショウサムソン×サンデーサイレンスのSM系。メイショウサムソンの産駒はこれといった特徴が無く、まとまっているタイプが多い。前走ステイヤーズSで3着以下だった馬は[0-0-0-9]。OPに上がってから頭打ちの感じは否めず、ここは記念出走だろう。

ここまでの8頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
個人的にはHペース想定ではあるんで、この馬は微妙なんですけどね。
ただ前走直線で詰まっていたので、まだまだ走る気は落ちていないのかなと。
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
Mラジ
■ブライト、MIO、TAKUYAが送る競馬ラジオ番組です。
(※ロードに少し時間が掛かりますが、ご了承下さいませ)
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】ウマコラボ
200×200-gold%20


200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
My Blog List
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク