回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

競馬回顧

小倉日経OP、朱鷺S回顧

 
小倉日経OP 小倉芝1800m
タイム:1:50.0
ラップ:12.5 - 11.9 - 12.6 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 12.2 - 12.5 - 12.6(37.0-37.3)

雑感:とりあえずケイティープライドは絶対買っちゃ駄目だろ(-_-)zzz

■ブラックタイド産駒は体力活かせるレースで

総評:2着馬は強い内容。爆弾を抱えているので秋の重賞戦線に備えて欲しい。
1着テイエムイナズマ LS(C)…重馬場合うし、短縮1800も現状ベスト。馬体も戻せたので
2着ウインフルブルーム SC…弱い相手の断然人気は合わない。中位人気の激戦で期待
3着サンライズタイセイ S…母父トニービンで重めのディープ。他が走れず相対的に浮上
4着メイショウヤタロウ L…こちらも何となく雪崩れ込んだ。ダウンの平均ペースで買いたい
5着ケイティープライド CS…内を割って激走後に人気では。Cあるので中位人気の内枠で
朱鷺S 新潟芝1400m
タイム:1:20.4
ラップ:12.5 - 10.8 - 11.0 - 11.4 - 11.9 - 11.0 - 11.8(34.3-34.7)

雑感:藤沢の休み明け大幅馬体増は叩き台ですからね…。血統的には休み明けでも、人気落ちがベスト。

■マイネルラヴは短縮芝1200、1400特注

総評:レベルが低すぎて条件馬でも好走できた。5着馬は秋の中山、阪神で期待。
1着ペイシャフェリス SL…延長で前に行く形は得意。逃げずに好走したのは意外だったが
2着ワキノブレイブ C…交互の臨戦に加え、マイネルラヴは短縮特注。ショッカーでもあり
3着タガノブルグ SL…夏に復調してくるのはヨハネスらしい。休み明け等ノーストレス時に
4着ゴールデンナンバー M…脚質的に人気だと期待値低い。中頭数は動きやすくて合う
5着マイネルホウオウ LC(S)…短縮のダウンは悪くないが、前走先行布石欲しかった感じ
続きを読む

新潟2歳S2016回顧

 
新潟2歳S 芝1600m 不的中
ラップ:12.5 - 11.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.3 - 10.6 - 11.7 (36.0-33.6)
◎キャスパリーグ
○イブキ
▲サンライズソア
△マイネルパラディ
△ヴィゼットジョリー

雑感:一流騎手が札幌に行ったので、福永クラスなら大威張りできるんだなという感じでした。オーバースペックは中位人気で面白そうなS系。ポストストーミーシーで(笑)。イブキはまとまってて軽い人気落ちで。アピールバイオは中途半端な逃げでしたね。馬群を試すか離した逃げの方が良かったと思います。ただ今回の内容見ると差しでも問題なく競馬できそうでした。中山の1800、2000ベストですかね。藤岡兄は相変わらず。年々下手になってて見てて哀れ。もう◎は打たないと心に決めました。まあ馬自体は馬群を経験できたのは大きいと思うので、軽量の牝馬ですし今後は内枠の方が良い馬になっていくんじゃないでしょうか。

■L系ハービンジャー産駒は伸び伸び走れる条件で
■東京の芝1600m〜1800mで卸す馬は期待馬が多い


総評:スローの切れ勝負。レベルは低かったが、ローカルの穴で面白そうな馬が多い。
1着ヴゼットジョリー LM…前走多頭数経験大きく完成度も高め。距離はもう少し伸びても
2着オーバースペック S…とにかく走る気旺盛。中位人気の外伸び馬場ベストという内容
3着イブキ SM…短縮だったので差しを試したかったが。安定感あるが、破壊力は乏しいか
4着アピールバイオ S…この展開なら離さないと切れ負け。差し返したように奥はありそう
5着キャスパリーグ CL…外枠から伸びない内に入れる。馬群を経験出来たのは大きいが
・6着以下
6着マイネルパラディ LS…延長スローだから前に行かないと。凡走後なら内枠向きだろう
7着サンライズソア S(LC)…掛かり気味だったし、仕掛けも早くて。距離は伸びた方が良い
8着モーヴサファイア L…L系が少頭数好走後にアップの多頭数内枠では。延長非根幹で
10着アンジュシャルマン S…延長で控える逆位置取り。前走強い内容だったのでS質なら
11着マテラフィールド C…未勝利馬なのに人気し過ぎだった。1800前後の平坦混戦向き
続きを読む

小倉記念2016回顧

 
小倉記念 芝2000m 不的中
ラップ:12.5 - 11.7 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 12.6 (36.2-36.1)
◎マーティンボロ
○ベルーフ
▲テイエムイナズマ

雑感:クランモンタナか…。前回馬券になったのが休み明けのダウン戦で前に行く位置取りを仕掛けたレース(ディセンバーS)だったので、今回鳴尾からのダウンで一応気にはしていたんですよ(言い訳)。昨年も4着でしたし、トニービン持ちですし、気にはしていたんですよ(言い訳2)。もうやめましょう(泣)。ベルーフはもう母がステゴの妹とか考えずLのタイミングで狙うようにします。というか、ちょっとでも使い詰めると脆そうなので休み明けだけで買っていれば良さそうです。ダコールは人気だとこんなもん。人気だから不利を受けやすいとも取れますしね。マーティンは鮫島か外人に戻してから。イナズマは完璧だっただけに案外。もう距離が長いのかも。Cもあるので短縮の多頭数戦でもう一度見たいですね。ラーゼンは完全に不振期ですね。フラットな馬場で人気している間は無視決め込みで。Mラジでも話しましたが、ダービーまでの走りはやはりSに頼っていた部分があったのかもしれません。母父がレッドランサムの系統で早熟気味のSLっぽいところが顕在化した感じ。アングライフェンもSのバランスが悪く、人気だと危ういですね。エクスペディションの弱い版。

■今さらだがトニービンは小倉記念特注。
■一線級から退いた重めのディープ産駒は休み明けやダウン戦で狙おう


総評:時計勝負でないのに上がりが掛かるという特殊戦。人気上位馬も不安要素多くて。
1着クランモンタナ LC(S)…和田で前に行く位置取り。ロスなく行けたし、ダウン戦も向いた
2着ベルーフ L…休み明け特注ハービンジャー。少頭数で摩擦も無く、普通に走ってこれた
3着エキストラエンド M…内枠合うし初の古馬2000m重賞。ディープの距離鮮度恐るべし
4着ダコール LC…不利があったとはいえ人気だと詰めが甘い。適性より人気落ちに警戒
5着マーティンボロ M…ここまで重いと勝ち馬に分があった。内枠の方が良さが出るタイプ
・6着以下
6着テイエムイナズマ LS(C)…レース運びは完璧だっただけに案外。1800への短縮注意
7着サトノラーゼン SC…昨秋から不振期で。また相対的にもう少し軽いレースの方が良い
8着メイショウナルト SL…ずっと逃げていてマンネリ化。特殊馬場か位置取りショック時に
9着アングライフェン S…気性が悪くS強いズレたステゴ。不安定なので、人気時は危ない
10着プランスペスカ S…3キロ減+時計掛かる馬場は合うはずで。激走後は期待値低い

クイーンS2016回顧

 
クイーンS 札幌芝1800m 的中
ラップ:12.5 - 11.6 - 12.4 - 12.6 - 12.4 - 11.9 - 11.6 - 11.2 - 11.5 (36.5-34.3)
◎マイネグレヴィル
○マコトブリジャール
▲シャルール
△ロッテンマイヤー
△ナムラアン

雑感:すみません、予想はアップできませんでした(汗)。一応マコトの単勝だけ的中したのですが、迷ったら人気の無い方って書いているにもかかわらず、札幌開幕週で丹内の外枠の馬を本命にするセンス。後悔ばかりです。マコトブリジャールはストーミングホーム的には重馬場の方が合うと思うのですが、同馬は馬体重が軽すぎて体力があまりないんですよね。だからある程度上がりが掛かるんだけど、良馬場で内枠という条件が揃わないと走れないんだと思います。これが京都や新潟だと切れ負けするし、重や外枠だと体力切れを起こすと…。得意な条件が限られているので、人気で買うのは怖い馬です。府中牝馬Sで人気だったら真っ先に切りたいですね。

■来年こそ内枠から買う(泣
■ストーミングホームは休み明け特注。S系でショックの類いにも注意


総評:札幌開幕スローで先行馬と内の差し馬で決着。本命が外枠逃げれずでは…。
1着マコトブリジャール S…父は休み明け特注。重賞勝った後なのに人気無く、内を掬えた
2着シャルール LM…前走速い流れを先行したおかげですんなり前に。揉まれないと安定
3着ダンツキャンサー SL…スロー内々追走で物理的に有利だった。非根幹開幕週も向く
4着レッドリヴェール C…前走逃げたのが活性化に繋がった。上がり掛かる馬場の内枠で
5着テルメディカラカラ LS…ハービンジャーで休み明けの開幕週合う。本質はダウン向き
・6着以下
6着ナムラアン LS…走れるタイミングだったものの位置取り悪すぎた。延長で先行したい
7着メイショウスザンナ S…小回り1800ベストも、ペースが緩くて。Hペース外伸びベスト
8着ウインプリメーラ C…ダウンに加えC系に合わない福永鞍上。使い詰めで疲労もあり
9着リラヴァティ LM…この条件自体は合うが、重人気薄激走後に再度走れる馬ではなく
12着マイネグレヴィル S…出負けして万事休す。血統的にも重く、スロー外差しは無理で

中京記念2016回顧

 
中京記念 中京芝1600m 不的中
ラップ:12.3 - 11.4 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.2 - 11.5 - 11.9 (35.5-34.6)
◎アルマディヴァン
○マイネルアウラート
▲ケントオー
△ダッシングブレイズ
△ガリバルディ
×ダノンリバティ

雑感:アルマは直線熱かったですけど、結果的に一テンポ仕掛けが早かったのと伸びない内に突っ込んでしまったのが響きましたね。条件自体は合っていたと思うので、次走以降狙いづらいですね。コスモソーンパーク同様毎回買っちゃいそうで怖い(笑)。鮫島騎手は注目の若手ですね。前に行くタイミングでしっかり前に付けられるのは今後も武器になる思います。

■鮫島克は先行気質で前に行く位置取りで注意か
■人気落ちのまとまりディープは福永にお任せ


総評:外伸び。溜めるだけ溜めた外の差し馬が有利な馬場で、以前の中京に戻った。
1着ガリバルディ M…人気急落向いた。少し重い馬場での平均遅めという舞台も丁度良く
2着ピークトラム S(CL)…好走後なのに人気落ち。鞍上も思いの外馬場読みが冴えていた
3着ケントオー CS…S強く走る気旺盛。ある程度時計の掛かる馬場の混戦なら終い確実
4着ダンスアミーガ SM…外の差し馬有利の流れに乗れた。平坦→坂に今後も注意したい
5着ダノンリバティ LC(S)…芝では時計の掛かる馬場が合う。安定する分、破壊力無いが
・6着以下
7着カレンケカリーナ SM…ハーツだから休み明けの先行は良かった。馬場に泣いた感じ
8着アルマディヴァン C…短縮マイルベストも最後伸びない内に入ってしまい。休ませたい
13着カオスモス C…延長だから仕方ないが、本質は逃げ合わない。1400以下の内枠で
15着タガノエスプレッソ LS…前走L条件に反応した後で楽→苦。ダウン中頭数で買いたい
16着マイネルアウラート CS…不利を受けて競馬していない。Hペース激戦の内枠ベスト
続きを読む

函館記念2016回顧

 
函館記念 函館芝2000m 不的中
ラップ:12.3 - 11.0 - 12.0 - 12.4 - 12.3 - 11.6 - 11.9 - 11.7 - 11.9 - 11.9 (35.3-35.5)
◎マイネルフロスト
○ケイティープライド
▲トーセンレーヴ
△ツクバアズマオー
△バイガエシ
×ファントムライト

雑感:フロストは連続1人気からの人気落ちで良いかと思ったんですが、休み明けだと反応が鈍いですね。ここ2走よりは乗り方も悪くなかったと思うので、もうちょっと頑張って欲しかったです。バイガエシは鞍上をもう少し常識のある人に替えてから出直し。もっとスローなら捲りという選択もあったんでしょうけど、逃げ馬に上手く乗られた感じです。ケイティー、ツクバはCっぽい走りを披露。結局今回のレースはラチ沿いを走っていた馬が4着まで独占したんですよね。しかも勝ち馬は逃げ切り。つくづく逃げって有利な脚質だと思わされました。レイヴンはL系の教科書的な馬で、マチカネキンノホシと同じタイミングで。延長苦手説もありますけど、非根幹のダラッとした流れならむしろ延長の方が合いそう。ダウン外伸びで。トゥインクル、ホッコーは大幅延長で。特にホッコーは大外からよく詰めていたので、もう1回どこかで馬券になると思います。

■逃げは特別な脚質
■巴賞は少頭数の軽いレースになりやすく、函館記念で逆転がある


総評:オツウが控えて平均遅めのペース。こうなると内の差し馬しか間に合わない。
1着マイネルミラノ SL(SC)…東京→小回り良いし、稍重の単騎スロー逃げと全てが嵌った
2着ケイティープライド S(CL)…小倉大賞典と同じ内を突く形。内を狙う鞍上とも手が合った
3着ツクバアズマオー C…ステゴだから内に固執した競馬は合う。延長、渋った馬場も向く
4着マデイラ S(LC)…スローの内々追走で展開向いた。今後も内枠の中位人気で要注意
5着バイガエシ LC(S)…体力勝負向きで上がり勝負は苦手。鞍上も外を回すしか能が無く
・6着以下
6着ネオリアリズム S…もう少し内目の枠が欲しかった。凡走後の短縮で持続質戦ベスト
7着ホッコーブレーヴ LC…この展開でよく追い込んできた。次走延長で追走が楽になれば
9着レッドレイヴン L…少頭数スロー激走後のアップで投げ出す。摩擦の少ないレース向き
13着マテンロウボス M…軽いレース向きだから追走に苦しんだ感じ。高速馬場替わりで
16着フェイマスエンド LS…延長スローを前に行く形は良い。単純に能力差と反動が出た

七夕賞2016回顧

 
七夕賞 福島芝2000m 不的中
ラップ:12.3 - 11.0 - 11.0 - 11.9 - 11.7 - 11.6 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.6 (34.3-37.2)
◎マーティンボロ
○バーディーイーグル
▲クリールカイザー
△アルバートドック
△ヤマニンボワラクテ
△ダコール

雑感:1人気、2人気を消したのに外したMラーは多かったはず(爆)。迷ったら穴からと決めてるので、マーティン本命で良かったと思います。延長で前に行ってくれたのも嬉しかったですしね。ただあわよくばもう少しペースが緩んでほしかった…。前半57.9はいかんせん速すぎました。鮫島騎手は若手のホープらしいので、今後も注目していきたいですね。アルバートは戸崎に脱帽。関東の小回り2000mは戸崎、蛯名、田辺あたりをまず軸に据えなきゃいけないのかもしれません。騎手の技量が露骨に出る気がします。ボワラクテはしっかり揉まれない位置を取ったわけで、騎手は責められないです。ペースも経済と一緒で神の見えざる手が働いていると思ってますし(笑)。ラクリマはようやく戻ってきた感じですかね。ややSが弱まってCSに移行している印象を受けました。これまで以上に人気の推移やCの発揮できる舞台の見極めが重要になりそうです。必ずまた穴を開けると思うので、何とか当てたいです('A`)

■ディープ産駒は段々重めにシフトしている。重いところだから消しは早計
■上位馬は内を走った馬。小回り2000mは騎手の技量がモノをいう


総評:超Hペースの消耗戦。それでも時計が速くてディープのワンツーでは嫌になるが…
1着アルバートドッグ M…延長で勝てる位置を取りロスなく回る。疲労薄時なら内突き合う
2着ダコール LC…人気しないと真面目。小牧も人気だと気負うので5人気くらいが気楽で
3着オリオンザジャパン S…2年連続クロフネが3着。芝→ダ→芝のバウンド式も良かった
4着マイネルラクリマ SC…短縮混戦に反応した。以前よりCが強調されている感じの内容
5着クリールカイザー LC(S)…キングヘイロー産駒は消耗戦の穴でこそ。差したかったが
・6着以下
6着マーティンボロ M…前に行く判断は正解も体力を要求され過ぎた。平均ペースが合う
7着バーディーイーグル SC…BT産駒なら消耗戦で突き抜けて欲しかったが…。内枠向き
8着ルミナスウォリアー SM…休み明けから○→×が同馬のパターン。2人気も過剰人気で
9着シャイニープリンス SC…同産駒ならクリールを選ぶのが定石。凡走後の内枠がベスト
10着ヤマニンボワラクテ LS…番手を取れたが、ペース速すぎた。外枠から楽に運びたい
続きを読む

巴賞、CBC賞2016回顧

 
巴賞 函館芝1800m 不的中
タイム:1:47.7
ラップ:11.9 - 11.3 - 11.9 - 12.4 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.0(35.1-35.9)
◎フレイムコード
○レッドレイヴン
▲リベルタス
△マテンロウボス

雑感:藤沢は何にも変わらないな。これでリーディング2位という…。勝ち星優先主義。

■藤沢厩舎はダウンOP戦特注

総評:特になし。次走って意味なら3着馬。
1着レッドレイヴン LS…重賞で跳ね返された後のダウンOP戦。次走函館記念なら消したい
2着マテンロウボス LM…少頭数で摩擦の少ないレースは安定。本質は高速馬場向きだが
3着ツクバアズマオー C…休み明けの短縮でもまとめた。2000m前後の激戦中位人気で
4着フェイマスエンド LS…差し実績無いし、ペースアップで差して4着なら上々。ダウン向き
5着マイネグレヴィル S…逃げた後に逃げられず凡走。特殊馬場をめいっぱい走りたいS系
CBC賞 中京芝1200m 不的中
タイム:1:07.2
ラップ:12.2 - 10.7 - 10.9 - 10.9 - 10.8 - 11.7(33.8-33.4)
◎ラヴァーズポイント
△エイシンブルズアイ
△ラインスピリット
△ワキノブレイブ

雑感:これで馬連100倍付くなら押さえておかなきゃ駄目だよな…。ラヴァーズからの総流しが正義か(泣)。エイシンブルズアイは安定感を買われて1人気になるとコケるのはシルクロードで実証済みなので、これは完全に罠に引っ掛かってしまいました。まとまり系にはこれがあります。それにしても中京でも後傾ラップで1分7秒2ですか。高速馬場と時計の掛かる馬場で出し入れして競馬予想をしているようなコアな競馬ファンをJRAはもっと大事にした方が良いと思いますよ(# ゚Д゚)

■マイネルラヴはアップ斤量減特注

総評:高速馬場で前目の決着。勝ち馬はデムーロ補正が半端ない。
1着レッドファルクス S…父は馬場替わり特注。ただ高速馬場に対応できるとは意外だった
2着ラヴァーズポイント CS…人気落ち、斤量5キロ減のアップC系。本質は混戦差しだろう
3着ベルカント S…バクシンオーは休み明けのローカル特注。藤岡だったので、切ったが…
4着サドンストーム M…中位人気だと毎回自分の力を出せるタイプ。今後も人気薄の時に
5着ベルルミエール SL…かつてのSは影を潜め淡白な馬に。今はダウンの方が良さそう
続きを読む

ラジオNIKKEI賞2016回顧

ラジオNIKKEI賞 福島芝1800m 的中
馬連 100×35.8=3580
3連複 100×130.4=13040
ラップ: 12.4 - 10.6 - 12.3 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 11.5 - 11.7 (35.3-35.0)
◎ダイワドレッサー
○ゼーヴィント
▲アップクォーク
△ストーミーシー
×アーバンキッド
×ミライヘノツバサ
×ミエノドリーマー

雑感:パッと見なら即切りしていたであろうアーバンを拾えたのが良かったです。ダイワはフェアリーSで大幅短縮に反応していたので、オークスの段階からここに来いと願っていました(笑)。アップクォークは過剰人気だったところに出遅れで外を回すロスは痛かったですね。内枠の4〜6番人気くらいで買いたいですね。ミライヘノツバサはドリジャが延長の方が得意と言う話を聞きまして納得。スピードが足りない印象です。ブラックスピネル、ストーミーシーはもっと外伸びなら。特に後者は既にポテンシャルは証明しているので、江田照も相俟っていつかまた大穴を開けてくれそうです。荒れ馬場のローカル戦とか合いそうですね。大幅短縮の福島、小倉芝1200mとか。

■適性が中山とリンクするので、中山○→東京×→の臨戦が嵌りやすい
■今年もプリンシパルS組のディープが1着。ディープ初重賞も今年のトレンド


総評:例年通り平均ペースで内枠有利の決着。今年も短縮馬が優勢だった。
1着ゼーヴィント M…中山○→東京×の臨戦。内枠有利だし、位置もしっかり取って完勝
2着ダイワドレッサー SC…混戦向きで内枠合う。短縮坂コースはフェアリーと同じパターン
3着アーバンキッド LS…後ろに下げるもスムーズに運べた。ハーツだから体力活かしたい
4着アップォーク CM…3人気は可哀想だった。内を突きたい馬で出遅れて外回した分4着
5着ブラックスピネル SL…差しに回る判断は正解。臨戦悪いし、外枠も物理的に厳しくて
・6着以下
6着ジョルジュサンク S…上がり勝負は好まないので積極策は合う。中位人気の混戦向き
7着ナイトオブナイツ L…純粋Lなので7着なら立派。凡走後の中頭数非根幹外枠ベター
9着ロードヴァンドール LS…楽逃げ後の混戦を控える形と、全て苦条件。楽に運びたい
10着ストーミーシー SL…今回もVラインで不器用な馬。ポテ証明はあるので、大穴なら
11着ピックミータッチ LM…出遅れたが馬群に入るよりは。広いコースの上がり勝負ベスト
続きを読む

宝塚記念回顧

 
宝塚記念 阪神芝2200m 的中
ラップ:12.6 - 11.0 - 11.1 - 12.3 - 12.1 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.2 - 12.7 (34.7-36.8)
◎マリアライト
○ヤマカツエース
▲トーホウジャッカル
△ドゥラメンテ
×サトノクラウン

雑感:まあまあ読めていたとは思いますが、3〜5着はびっくりしました。ラブリーは旬を過ぎた感じもありますけど、初めて同馬を強いと思ったかもしれません。キャプテントゥーレの大阪杯に近い感覚(笑)。ステファノスも上位陣に比べたら軽いタイプだと思うので、秋はローテ次第でG1勝てそうですね。獲りに行くなら毎日王冠→マイルCSがベストでしょうね。叩き2戦目はやたら走りますし。当初はヤマカツを本命にしようかと思っていたんですが、重めのディープが穴で来まくっていたのとリズム重賞という点、またある程度緩く流れても対応できる点からマリアの方が無難かと思って、こちらを選択しました。ヤマカツはCとも言われているので、夏の重賞でもう1回内枠で見たいですね。キタサンはもう次からいい加減買おうかな(爆)。Hペースで逃げたので武豊の騎乗ミスって声もありますけど、控えて気分を害すよりはよっぽど上手かったと思います。ただ勝ち切りはしなかったので、秋はある程度布石が無いとじり貧になりそうです。同馬の場合1人気にならないのが逃げ馬として最大の武器ですが(笑)

■母父エルコンドルパサーは体力を伝える
■重めのディープが大活躍。上がり勝負に弱いディープは今後も要注目


総評:前後半2秒差の前傾ラップで重いタイプが上位独占。素軽い馬には厳しかった。
1着マリアライト LC(S)…非根幹の外枠パワー勝負は向く。エリ女同様人気落ちも後押し
2着ドゥラメンテ S++L…ややまとまってきて狂気が薄れた。良なら差し切れていただろう
3着キタサンブラック S…持続質の逃げは問題ないが、楽逃げ後だけに驚いた。内枠向き
4着ラブリーデイ LS…軽い質の馬だけに内容は濃かった。揉まれずスローの競馬が合う
5着ステファノス M…C、S、Lをバランスよく保有し、どんな質でもまとめる。人気落ち注意
・6着以下
6着サトノクラウン LS…凡走後の非根幹外枠合うが、もう少しスローか雨が欲しかったか
9着シュヴァルグラン SM…激走後の短縮ハーツは切り時。疲労薄時ならこの条件合うが
13着ヤマカツエース LC(SC)…外枠と激戦の影響か案外。内で脚を溜めた方が良いか
15着トーホウジャッカル SC…短縮で前に行くのは逆ショック。凡走後の激戦内枠差しで
16着アンビシャス M…大阪杯が嵌った感じで楽→苦。2000以下の平均ペース内枠なら
続きを読む

エプソムC回顧

 
エプソムC 東京芝1800m 不的中
ラップ:12.9 - 11.3 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.0 - 11.4 - 11.5 (36.3-33.9)
◎ルージュバック
○ヒストリカル
▲フルーキー
△アルマディヴァン
△ステラウインド

雑感:久々の回顧なので全頭やってみました。アルマディヴァンの中京記念に一番期待してます(笑)。

■混戦向きのC系に期待しすぎるな
■ディープ産駒ならOP→重賞より、条件戦→重賞を選択しよう


総評:スローで切れ勝負に。混戦向きの馬には厳しい流れだった。
1着ルージュバック L…G1からのダウン+外枠替わり。スムーズな競馬なら地力上位で
2着フルーキー SC(L)…どんな競馬でも出来るが、スローだと切れ負けする。休ませたい
3着マイネルミラノ SL(CS)…逃げて軽いレースを誤魔化した。本質はHペースの番手か
4着ロジチャリス S(LC)…ややズブいタイプで体力、パワー優勢。中山、阪神の方が良い
5着レコンダイト S(LC)…ハーツで激走後の短縮不向き。ただ人気落ちには注意が必要
・6着以下
6着ヒストリカル M…重めのディープで33.0はギリギリ。もう少し締まった流れの方が合う
7着アルバートドック LC…東京スローだと軽すぎた。近走先行経験無く、活性化も乏しい
8着サトノギャラント L…東京非根幹は悪くないが、ダウンや少頭数のオプションは欲しい
9着ラングレー LM…勝負弱いディープでアップ苦手。人気落ちまでは切って妙味の馬か
10着エキストラエンド M…目先を変えた距離変更は今後の布石。内枠から狡く差したい
11着ショウナンバッハ C…相変わらず行き脚が鈍い。AJCCでのイン突きが本質だろう
12着アルマディヴァン C…先行したのはプラス。次走中京記念を差しに回る位置取りで
13着メイショウヤタロウ L…Vライン後でタイミングは悪くないが、相手強すぎた。OPから
14着エックスマーク LC…リズム悪いディープで再浮上厳しそう。ダウン平均ペース向き
15着ダービーフィズ CL…C主導なのでスロー外枠は合わない。根幹距離の混戦内枠で
16着ステラウインド LM…ダ→芝の割に案外。もう少し上がりが掛かる中頭数戦ベター
17着ナカヤマナイト SC(L)…中山向きだし、長期休養明けで。叩いての2000m戦で
18着マイネルホウオウ LC(S)…NHKマイル勝ち馬だが、東京は不向き。坂コース向き

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016回顧

 
AJCC 中山芝2200m 不的中
ラップ:12.3 - 11.2 - 12.8 - 12.2 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 (36.3-35.4)
◎サトノラーゼン
○スズカデヴィアス
▲スーパームーン
△マイネルディーン
△ディサイファ
×ショウナンバッハ

雑感:ラーゼンだめか…。京都、東京で実績はありましたが、母父レッドランサム系で中山は悪くないと思ったんですけどね。こうなると平坦替わりの内枠が良さそうです。叩いての馬体を絞ってきたタイミングで。スズカは逃げの位置取りを取れたのは良かったんですが、思いのほかペースが速くて坂で止まってしまいました。坂コースではもっと楽に運びたいですね。ただそれでも6着には来たように、逃げられなかった逃げ馬のショックには常に気を配りたいです。マイネルディーンは先行させて活性化が欲しい、ディサイファは前走激走かと思ってラジオでは消していたんですが、よくよく戦績を見てみたら金鯱賞1人2着。今回も2人気への軽い人気落ちで反応しました。この馬かる〜くなめられると強い(笑) ショウナンバッハは戸崎が完璧に乗っていました。東京実績が目立っていますが、本質は中山でしょう。今後は東京の外枠では切りたいですね。

■中山金杯で人気より激走した馬は相性悪い
■基本格重賞。条件戦組なら使い詰めていない新鮮さのある馬を


総評:後半6Fからのロングスパート展開。持続質向きの馬が上位を独占した。
1着ディサイファ M…+12だったので持続質戦は助かった。2人気に留まると強さを発揮
2着スーパームーン M…藤沢厩舎で優しめ。破壊力に欠ける分どんな条件でもまとめる
3着ショウナンバッハ C…終始内に拘り完璧な走り。血統的には中位人気の中山ベスト
4着マイネルフロスト SC…混戦Hペースの内枠はベストだが、逃げた後が余計だったか
5着ヤマニンボワラクテ L…キンカメ×エリシオで混戦不向き。5着は立派でダウン戦なら
・6着以下
7着マイネルディーン SC…混戦替わりで浮上。一度先行させれば、もっと強い相手でも
10着サトノラーゼン CS…先行させた判断は正解だったが。叩いてからの平坦替わりか
11着ライズトゥフェイム LM…少頭数激走後のアップで投げ出した。ダウン外伸びベター
12着マイネルメダリスト C…持続質戦合うが、内枠差しの方が味が出る。Hペース差しで
15着ルルーシュ L…長期休み明けで先行できたのは収穫。叩いての延長+東京で注意

ニューイヤーS、フェアリーS回顧

 
ニューイヤーS 中山芝1600m 不的中
タイム:1:34.3
ラップ:12.9 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.6 (36.6-33.9)
◎コスモソーンパーク
○ペイシャフェリス
▲グァンチャーレ
△ダローネガ

雑感:ペイシャフェリスもっと飛ばせや。スローで折り合って良い馬ではないだろうに。てか、ここまでスローならアーデント行けよって感じですが。注目馬は再度Hペース内枠でコスモソーンパーク。使い詰めて均衡に入りそうなのが嫌ですが。グァンチャーレはこうなると内枠混戦の方が面白いのかもしれません。出遅れなければポストガルボ。グランシルクはズレたS主導のステゴでダウンのスロー戦にも反応してきてしまいますね。これがアップでの弱さに繋がっているのかもしれません。東京の人気の時は切っていく方向で。クラリティはL系で短縮合わない。ちょっとリズムを崩しているので、また休み明けで。それにしてもこれで馬連61倍か…。う〜む、下手こいたorz

■中山マイルは内有利という基本原則

総評:1000m60.4のスロー戦。内枠の中で一番切れる馬が勝ち馬だったというだけ。
1着ダイワリベラル S…停滞した面子で前走唯一の条件戦勝ち馬。相対的にスローも良く
2着コスモソーンパーク C…短縮SL。58キロのスローは苦手だが、明らかな過小評価で
3着グランシルク SC…母父ロベルト系で少しズレたステゴ。安定感ある分破壊力に欠く
4着ペイシャフェリス SL…矯め逃げで切れ負け。連続騎乗でこれでは鞍上の常識を疑う
5着グァンチャーレ LS(CL)…掛かり気味に捲る形で凡走。現状では内枠の方が良さそう
フェアリーS 中山芝1600m 不的中
タイム:1:34.3
ラップ: 12.4 - 11.3 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 11.2 - 11.9 (35.5-34.7)
◎フジマサアクトレス
○ラブリーアモン
▲ダイワダッチェス
△ルミナスティアラ
×リセエンヌ
×クードラパン

雑感:出ました久々に繰り返して見たくないレース(笑)。タイムはニューイヤーSと同じですね。これだけ聞くとレベル高そうですけど、今年も今後に繋がらなさそうなレースでした。注目馬は6着馬。良く差してきていたので、今後も穴で期待したいです。そういえばmenkさんが仰っていたんですが、改修後の中山はロベルトが良く来ますね。有馬記念のゴールドアクターから始まり、グランシルク、そしてビービーバーレル。意識しておいた方が良さそうです。

■中山マイルは内有利という基本原則part2

総評:逃げ、先行馬と内枠の差し馬の決着。注目馬は6着馬か。血統が面白い。
1着ビービーバーレル SL…凡走後の逃げられなかった逃げ馬。今の馬場にロベルトも合う
2着ダイワドレッサー S…ネオユニ×スウェプトだから短縮の中山合う。平坦凡走後に妙味
3着ダイワダッチェス M…連続連対中の人気落ち。シンザン記念のヘミングウェイパターン
4着クードラパン S…Hペースの阪神JFで先行していて楽だった。最後は外枠が響いたか
5着コパノマリーン S…母父シングスピールなので坂コースの根幹距離合う。位置取りの差
続きを読む

シンザン記念2016回顧

 
シンザン記念 京都芝1600m 不的中
ラップ:12.3 - 10.9 - 11.4 - 12.2 - 11.6 - 11.3 - 11.6 - 11.7 (34.6-34.6)
◎レインボーライン
○ラルク
▲アストラエンブレム
△ノーブルマーズ
△レオナルド

雑感:アドマイヤリード、クロコスミア、そしてレインボーライン、今年3歳のステゴ産駒で全て1着後のアップを凡走してしまった馬になります。短期間に重賞負け→条件戦勝利→再度重賞という流れは合わないのかもしれません。期間を開ければ、条件戦から上がってきたという鮮度に切り替わるのでしょうけどね。ステゴは疲労耐久指数の低い種牡馬ですが、若駒の条件戦ということもあり、疲労負けというのもちょっと腑に落ちない。やはりダウンに反応したのが良くないのかもしれません。ロジクライは戦績からもレッドデイヴィスパターン。これは本当失敗しました。1人気からの人気急落で、アップのハーツクライ。しかも鞍上も浜中。レインボーラインに目が行ったのなら、こちらにも注意を払わなくてはダメでした。本当下手ですorz。レッドデイヴィスの時もペースが上がってS、Cの強い馬が上位に。差して1戦1勝だった馬もどちらも好走していますし、歴史は繰り返されます…。シゲルノコギリザメは今後注目。ロドリゴっぽい走りで、ローカルで穴を開けてくれそうです。

■混戦だと内枠の人気薄のS、C系がよく走る
■1600mの500万下組は好相性。アップに耐えられる血統なら


総評:Hペースで上がりが掛かる流れに。前走楽逃げだった馬は全滅した。
1着ロジクライ SM…母母父にDanzigで1人気からの人気急落。アップの臨戦も向いた
2着ジュエラー S…スケール感ある走りで強い内容だった。小回りだと危なさそうだが…
3着シゲルノコギリザメ S(LC)…久々に太宰の逃げが炸裂した。本質は凡走後の人気薄
4着アストラエンブレム SC…Hペースを先行の形は酷だった。坂コースの短縮Hペースで
5着レオナルド SC…アドマイヤムーンで短縮Hペース合う。パワー型で馬体減り痛かった
・6着以下
6着レインボーライン C…お誂え向きのHペースで6着では。中位人気の坂コースベター
7着ノーブルマーズ LS…差しに回ったが伸びきれず。血統的には延長の体力勝負向き
9着ショウナンアヴィド L…ロブロイ楽逃げ圧勝後の重賞戦だから仕方ない。延長で注意
13着ラルク M…差し経験無いのが響いた。京都マイルは合うので、もう少し力付ければ
14着ピースマインド ?…楽逃げ後の短縮Hペースは厳しく。CL配合で1800の内枠ベスト
続きを読む

京都金杯2016回顧

 
京都金杯 京都芝1600m 的中
馬連 200×154.0=30800
ワイド 200×39.7=7940
ラップ:12.3 - 10.9 - 11.4 - 12.2 - 11.6 - 11.3 - 11.6 - 11.7 (34.6-34.6)
◎ウインプリメーラ
○テイエムタイホー
▲トーセンスターダム
△シベリアンスパーブ
△エイシンブルズアイ

雑感:これで京都金杯は2年連続的中。テイエムタイホーはマイラーズCで本命にして駄目だったので、ここで馬券を取れて良かったです。以前より我慢が利かなくなってきた印象で、交互の戦績を刻みそうですね。ウインプリメーラはマーメイドS、小倉記念と重賞で好走しながら2戦連続OP戦で凡走。そこから再度アップの重賞で走るあたり、いかにもなC系の挙動を示しています。阪神牝馬Sを凡走後のヴィクトリアM内枠でどうでしょう。6歳馬ですが、古馬になってからG1は使っていないのでまだ鮮度もありますしね。シベリアンスパーブはここにきて強くなっていますね。今回も激走後の京都マイルで4着ですので、重賞くらいはすぐ勝つと思います。小倉大賞典、エプソムC、中京記念、その辺で逢いましょう。

■前目の決着。毎年そうだが、開幕週らしく外差しが利かない
■連闘馬特注。特に連闘計時だと陣営の意気込みが違う


総評:6着まで4角7番手以内。毎年書いているが、外の差し馬は酌量の余地あり。
1着ウインプリメーラ C…馬体絞ってのアップ戦。平均ペースを3番手からと展開も向いた
2着テイエムタイホー SL…凡走後の内枠→外枠替わり良いし、連闘計時で馬体も絞れた
3着ミッキーラブソング M…2番手から雪崩れ込む。キンカメ×フジキセキだから平坦向き
4着シベリアンスパーブ S…もう一列前で競馬したかったが、激走後なので。中山がベスト
5着ニンジャ SL…馬場、タイプ的に逃げの位置取りは悪くない選択。S主導でショック合う
・6着以下
6着エイシンブルズアイ LM…延長なのに位置を下げる逆位置取り。勿体無い競馬だった
7着エキストラエンド M…4角10番手以下の中では最先着。軽い人気落ちの内枠が良い
9着マーティンボロ M…京都マイルは軽すぎるし、大幅馬体増。絞っての2000m前後なら
10着トーセンスターダム LC(S)…外枠で出遅れてしまい万事休す。ダウン自体は合うが
13着バッドボーイ SL…多頭数の重賞は厳しい。弱い相手の中頭数で単騎の形が欲しい

中山金杯2016回顧

 
中山金杯 中山芝2000m 不的中
ラップ:12.7 - 11.1 - 13.4 - 12.3 - 12.8 - 12.3 - 12.3 - 11.8 - 11.1 - 11.4 (37.2-34.3)
◎マイネルフロスト
○ブライトエンブレム
▲フルーキー
△ステラウインド

雑感:上位馬全馬前走4着以上。スローならリズム重視は有馬記念と同じ形。ヤマカツエースは前走激走でしたけど、間隔開けてのスローであっさりでした。安易に激走後で消しと決めつけず、レース間隔と周りと比べてどうかというのを考えなくてはダメでしたね。ステラウインドは使い詰めて均衡気味。この展開で5着だともう重賞は厳しいのでは。そう思わせるくらい情けなかった(T_T) 逆にライズは今後楽しみ。血統的には道悪が滅法合いそうです。

■激走後でも一ヶ月以上間隔が開いたらもう1回馬柱を見よう
■人気馬が切りづらいレースは少額勝負で被害を最小限に(爆)


総評:前半62.3なのに大逃げの形。展開利あった逃げ馬と前走1着馬が3着以内に。
1着ヤマカツエース LC(S)…内々からロスなく運ぶ。休み明けとスローで疲労も相殺した
2着マイネルフロスト SC…物理的に有利も集中力系で単騎合わない。Hペース混戦向き
3着フルーキー SC(L)…激走後だったが、スローで何とか。強い相手にはマイル前後か
4着ライズトゥフェイム M…速い上がりの差し競馬合うが位置取りが悪すぎた。外伸びで
5着ステラウインド LM…絶好位から運んだだけに、能力不足を露呈。やや均衡気味かも
・6着以下
6着ブライトエンブレム S…スローを我慢する競馬は向かない。捲る形かHペース差しで
7着スピリッツミノル SL…この展開なら逃げないと。ダウン戦か特殊馬場まで買いづらい
7着ネオリアリズム SM…前走が鮮やかすぎたので反動出た形。母父から道悪合いそう
9着マイネルディーン SC…差し馬の休み明けは期待値低くて。1回先行活性化が必要
11着フラアンジェリコ SC…この条件は合うと思うので、もっとHペース戦なら。混戦向き
続きを読む

有馬記念2015回顧

 
有馬記念 中山芝2500m 不的中
ラップ: 7.0 - 11.7 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 12.2 (30.9-35.0)
◎アドマイヤデウス
○サウンズオブアース
▲リアファル
△アルバート
△ルージュバック
△ヒットザターゲット

雑感:デウス反応鈍かったな…。もっと速くなれば掲示板くらいはあったと思いますがね。ラブリーは疲労負け、シップは加齢による衰え。疲れている馬や高齢馬が上位人気なら、逆張りで鮮度と疲労薄の馬に賭けなくてはダメでした。それがゴールドアクター(4歳馬。2走前条件戦)、サウンズオブアース(4歳馬。今年5戦目)、キタサンブラック(3歳馬)という結果だったのかなと。キタサンは想像の2つ上は強いので、もうマヤノトップガンだと思って予想します(笑)。後半戦はダメダメでしたね。反省点が多かったです。金杯からまた頑張ります。

■菊花賞ワンツスリーのワンツースリー。菊花賞好走馬は来年も注目
■外枠決着も前に行って内を走った馬が上位に。来年も内側の取り合いか


総評:疲労とストレスが顕在化せず、前走好走馬でかつ前に行った馬で決まった。
1着ゴールドアクター LS…上がり掛かりつつスロー先行。相性悪いローテを鮮度で破った
2着サウンズオブアース SC…スローを前に行く位置取り。毎回自分の能力分は走る馬で
3着キタサンブラック S…お前父ブラックタイドじゃないだろ(笑)。逃げも最良の選択であり
4着マリアライト LC…延長を前に行く形。前に圧力も少なかったが、早めに動いた分4着
5着ラブリーデイ LS…スローは合うが、蓄積疲労は一番で。馬群に入って嫌気も差したか
・6着以下
6着トーセンレーヴ L…後方から最速上がりで強い内容。ただ本質は弱い相手向だが…。
7着アドマイヤデウス SC…馬体増で反応鈍くVライン。中山合うが、もっと持続質戦向きで
10着ルージュバック L…外枠から綺麗に乗れたが伸びず。広いコースの方が安定感ある
11着アルバート SC…ステイヤーズS組はスピードの証明が必要か。置かれてしまっては
14着ダービーフィズ CL(S)…延長スロー外枠で良さが出ず。混戦の内枠がベストであり

朝日杯FS2015回顧

 
朝日杯FS 阪神芝1600m 不的中
ラップ: 12.5 - 10.8 - 11.4 - 12.6 - 12.7 - 11.9 - 10.8 - 11.7 (34.7-34.4)
◎エアスピネル
○イモータル
▲ハレルヤボーイ
☆タイセイサミット
△リオンディーズ
△ショウナンライズ

雑感:最後シャドウ切って死んだorz
ラジオではシャドウにも印を打ってたんですけど、多すぎて1頭減らしたんですよね…('A`)
回顧をやらなかったからバチが当たった…ってことですね。有馬は頑張ります。

■阪神外回りに替わり一定の量が必要に。一本調子なS系には不利な舞台
■1600m以上のステップ組が優勢。京王杯激走組は今後も軽視の方向で


総評:馬群の固まった平均ペースで差し比べ勝負に。勝ち馬が抜けて強かった。
1着リオンディーズ LS…馬群の経験は無いので、外枠が一番の勝因。切れも一枚違った
2着エアスピネル M…差しに回る形で完璧な競馬。将来的には内枠向きの馬になるだろう
3着シャドウアプローチ S(LC)…ジャンポケ×フレンチなら阪神合う。重い質のレース向き
4着ユウチェンジ S…内枠から唯一差し込む。S系だから短縮やショックがあると不気味
5着シュウジ SL…キンシャサだから阪神替わりで体力切れ。坂があるなら1400m以下で
・6着以下
6着タイセイサミット SM…2戦連続の出遅れと直線の不利。伸び伸び走れる条件で見たい
9着イモータル LS…幸四郎替わりの人気落ちも制御利かず。Hペースの外伸びがベター
11着ボールライトニング L…中山時代ほど1着にアドバンテージが無い。延長も苦だった
12着ハレルヤボーイ SL…中山で強かったので、もっとS条件向きな感じ。内回りコースで
14着ショウナンライズ S…S強調で延長は合わないか。短縮を差しに回る位置取りベスト
続きを読む

秋華賞回顧

 
秋華賞 京都芝2000m 不的中
ラップ:12.0 - 10.5 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.9 (33.8-35.3)
◎マキシマムドパリ
○ディアマイダーリン
▲レッツゴードンキ
△ココロノアイ
△トーセンビクトリー
△クイーンズリング
×ミッキークイーン

雑感:幸さんナイス騎乗(*^_^*)。とか抜かしてるアホが多くてびびった。これを騎乗ミスと呼ばずして何と表現すればいいんだ。こっちとら8人気だろうが、1人気だろうが、基本的には勝つと思って本命を打っています。8人気3着で人気より好走したから好騎乗^^じゃ、何にもならない。Hペースを押して出ていって早め先頭で差される競馬。せっかく前走先行して差しに回る位置取りショックの布石も作っていたのに、それも全てパー。2流は本当にペースが読めない。普通に乗れば2着はあったと思いますね。10年後データとしてはTARGET上にも紙面上にも8人3着としか残りませんが、後世に糞騎乗だったと伝えていければいいなと思っています。

■ペースが年によって極端。Sペースは前、Hペースは外差し。ベタに狙いたい
■ローズS、前走条件戦組は疲労、ストレスの有無を意識


次走以降の注目馬:ホワイトエレガンス
→先行して0.9差はなかなか。セキショウくらいは活躍できるのでは。

総評:逃げ馬がしっかり逃げてHペースに。上位馬は追い込み馬で埋められた。
1着ミッキークイーン M…中団に付けた鞍上の好騎乗。Hペースで上がりへの不安も払拭
2着クイーンズリング S…前走先行→差しに回る位置取りSはさすがデムーロ。混戦も合う
3着マキシマムドパリ CL(S)…前の馬では最先着。人気薄で勝ちに行った幸の常識を疑う
4着アンドリエッテ S(LC)…展開向いたが、均衡気味ではここらが限界。重い質の競馬で
5着アースライズ S…本質は延長の先行馬だが、外の差し馬優勢の流れで雪崩れ込んだ
・6着以下
6着タッチングスピーチ S…追い込みストレスが甚大で動けず。脚質的に人気だと脆いか
11着ホワイトエレガンス S…2番手からだったのでよく頑張った。冬の中山芝が合いそう
13着ディアマイダーリン M…正攻法だっただけに単純に力負け。+10は良いし、ダウンで
16着キャットコイン C(S)…これだけ間隔を開けても+2止まり。関東圏の混戦まで静観で
17着レッツゴードンキ LS…レースを重ねるごとに掛かる馬に。現状では短縮が良さそう
続きを読む

毎日王冠2015、京都大賞典2015回顧

 
毎日王冠 東京芝1800m 不的中
タイム:1:45.6
ラップ:13.0 - 11.2 - 11.7 - 12.0 - 12.0 - 11.7 - 11.0 - 11.3 - 11.7 (35.9-34.0)
◎グランデッツァ
○アンビシャス
▲ステファノス
△クラレント
△マーティンボロ

雑感:エイシンヒカリ過小評価が全ての始まり。個人的にこういう馬は評価し辛い…。秋天でももう1回消しますけども(ダメじゃん)。アンビシャスは出遅れが全て、普通に秋天でも有力だと思いますけど、回避みたいで。ペルーサも出遅れから巻き返してますし、大丈夫だと思うんですけどね。外枠の差し馬は酌量の余地ありとはいえ、全体的にはポテンシャルを感じませんでした。グランデッツァは縦長の単騎2番手みたいな競馬がしたかったですね。やはり外枠の方が良いのでしょう。キャプテントゥーレ化が進んでます(笑)。

■東京の乾き始めはとにかく内有利

次走以降の注目馬:ヴァンセンヌ
→位置取りを仕掛けたのは鞍上らしい。次走は人気も落ちそうで有力。

総評:平均遅めのペースでディープのワンツー。逃げ、先行馬と内の差し馬の決着。
1着エイシンヒカリ SL…これで9戦8勝。少頭数の逃げ切り後ではやはり評価しづらい…
2着ディサイファ M…4人気で留まり、内から突っ込む。中位人気の内枠だとしぶとい走り
3着イスラボニータ CS…良発表は助かった。煮え切らない走りで、今はもうマイラーだろう
4着ダノンシャーク CM…開幕週特注カーリアン。やや長いだろうが、人気落ちで乗り切る
5着トーセンスターダム LC(S)…少頭数の広いコースは得意。もう少し上がりが掛かれば
京都大賞典 京都芝2400m 不的中
タイム:2:23.6
ラップ: 12.8 - 11.0 - 11.5 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 12.8 - 12.9 - 11.9 - 11.1 - 10.9 - 11.0 (35.3-33.0)
◎カレンミロティック
○レコンダイト
▲ラブリーデイ
△フーラブライド
×ラキシス

雑感:カレンミロティックとレコンダイトが似たような臨戦でしたが、カレンを上に取れたのは良かったと思います。レコンダイトはもう少しポテンシャルの証明が欲しかったのと、位置取りショックが仕掛けられなかった分の差ですね。レースはスローの3F戦で、勝ち馬にはぴったりの流れ。そういう意味ではサウンズが良い馬過ぎて泣ける(T_T) 有馬記念はこの馬からですね。ラキシスはちょっとずつ淡白な走り。32.5で差せないならもう仕方ないですね。ワンアンドは相変わらず不振期っぽい走りで、特殊馬場までは静観が良さそうです。

■ハーツクライは体力豊富で、上位条件ほど延長+前に行く位置取りショックが嵌る

次走以降の注目馬:メイショウカンパク
→久々に活力を感じさせる走り。相手が強すぎたのでダウン戦なら。

総評:超スローの3F戦。勝ち馬に向いた流れとはいえ、この安定感には脱帽。
1着ラブリーデイ L…高速馬場でお誂え向きのスロー。L系だから58kgも気にならず完勝
2着サウンズオブアース SC…外枠スローは苦手なので、地力を証明。激戦の内枠ベスト
3着カレンミロティック SL…延長+前に行く位置取り。もう少し持続戦に持ち込みたかった
4着ラキシス CS(L)…上位2頭とは差を感じる内容だった。延長で下げたのも良くなかった
5着フーラブライド C…阪神大賞典もだが、延長だとひょっこり顔を出す。もう少し混戦なら
続きを読む

オールカマー、神戸新聞杯回顧

 
オールカマー 中山芝2200m 不的中
タイム:2:11.9
ラップ:12.5 - 10.9 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.6 - 11.9 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8 (35.8-34.9)
◎マリアライト
○マイネルフロスト
▲ヌーヴォレコルト
△ミトラ
△サトノノブレス
×メイショウカドマツ

雑感:牝馬のワンツー。後傾ラップのレースは斤量差が大きいのか、どの距離を見渡しても牝馬の比重が大きくなってきましたね。勝ち馬はC系で内枠向き、ヌーヴォもCがあって内枠は合いますね。ヌーヴォはあくまで挑戦者って立場の方が良い馬で1人気だと取りこぼすのはハーツらしいですね。もっと激戦ならヌーヴォの方が強いんでしょうけど…。

■G1馬がワンツー。オールカマーは格がモノをいうレース
■宝塚記念3着以内の馬は好相性。ダウンで迂闊に消せない


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→先行してしぶとかった。父は短縮向きも、逃げられるなら延長でも。

総評:牝馬のワンツー。勝ち馬は嵌ったとはいえ、強かった。牡馬が情けない…。
1着ショウナンパンドラ C…C系だから強い相手の多頭数内枠はベスト。外枠なら消したい
2着ヌーヴォレコルト SC…重賞1人1着経験が無く、本来は中位人気でこそ。激戦内枠で
3着ミトラ M…休み明けの人気落ちは合う。もうちょっと短い距離の方が良さが出そうだが
4着ロゴタイプ SC…2200は若干長いので、まずまず。ただ東京、京都だと切れ負けする
5着マリアライト M…外枠から正攻法の競馬。道悪Hペース等、他馬が破綻する条件なら
神戸新聞杯 阪神芝2400m 不的中
タイム:2:26.7
ラップ:12.6 - 11.1 - 12.8 - 12.9 - 13.0 - 13.1 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 11.0 - 11.4 - 11.7 (36.5-34.1)
◎リアルスティール
○サンライズセンス
▲レッドアルティスタ
△キロハナ
△バイガエシ
×アルバートドック

雑感:リアファルは仕方ないとしてもトーセンバジルは買わなくてはダメでした。アルバートドックなんか買ってる場合じゃ無いでしょう…。距離が延びれば延びるほど、ディープの支配力が落ちますからね。リアファルは前走のレベルが高くて、ダウン戦のロブロイだったということにします(笑)。

■2400になってから、ダービーで掲示板に入った1人気はこれで[5-2-0-0]
■凡走後のバウンド延長L系はしっかり買っていこう


次走以降の注目馬:無し

総評:差し馬が1人気でスローの3F戦。勝ち馬に勝って下さいという流れだった。
1着リアファル LM…前走同様楽な逃げ。断然の1人気が差し馬で、前に圧力が無かった
2着リアルスティール CL(S)…同世代の内枠なら安定。本質は2000m前後の分届かず
3着トーセンバジル L…ハービンジャーで延長の休み明けは良い。坂もパワーが活かせた
4着バイガエシ S(LC)…ジャンポケ×ダンスだから、消耗戦の方が良い。菊で見たいが…
5着ジュンスパーヒカル S…Vラインでインから追い込む。ファルブラヴだから、短縮向きか
続きを読む

セントウルS回顧

 
セントウルS 阪神芝1200m 不的中
ラップ:11.9 - 10.8 - 11.3 - 11.1 - 10.9 - 11.8 (34.0-33.8)
◎ルチャドルアスール
○ストレイトガール
▲アクティブミノル
△マテンロウハピネス

雑感:岩田の神騎乗で馬券外したああああ。中山記念のアルキメデス思い出したわ…(1-3-4着で死亡)。スプリンターズSも終わっちゃったんで、軽く。ウリウリはスプリンターズで凡走しましたが、ここで能力を出しすぎましたね。岩田も出遅れたから、焦っちゃったんでしょうか。3〜4着で良かったのに。マヤノリュウジンはマイルに行っちゃいましたが、短縮で再度期待。

■OP以上で勝ち星のある逃げ馬は過去15年[3-1-2-5]。やはり開幕週の逃げ
■前走1600万下以上で1人1着した牝馬は[2-1-0-0]。勢いある牝馬は消せない


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→平坦の方が破壊力出るのかも。京都替わりで逃げれば。

総評:開幕週で後傾ラップのスロー戦。人気馬も出遅れれば、そりゃ逃げ馬が残る
1着アクティブミノル SL…芝1200mでこれで3戦3勝。父はC系だから、番手でも面白そう
2着ウリウリ C…大外枠出遅れから見事な内突き。ただ疲労は大きく次走に課題を残した
3着バーバラ CL…CLベースの素直な馬。強い内容だったが、次走1人気では危なさそう
4着ストレイトガール CS…人気の外枠で安全運転。ペースも遅くて前に残られてしまった
5着マヤノリュウジン SC…後方から唯一追い込む。鞍上と手が合うので、あとは展開待ち
続きを読む

スプリンターズS回顧

 
スプリンターズS 中山芝1600m 的中
馬連 100×55.5=5550
ラップ:11.7 - 10.7 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.6 (34.1-34.0)
◎ストレイトガール
○ティーハーフ
▲コパノリチャード
△リッチタペストリー
△サクラゴスペル
×アクティブミノル

雑感:当たったレースだと回顧が進む(爆)。ウリウリとベルカントを切って◎ストレイル、これだけで個人的には満足です。ウキヨノカゼはさすがに連続激走後では買えなかったので、何とか馬連だけ引っかけられて良かったと思います。ウリウリは前走が120点の競馬だったので、そこがそもそもの過ち。再度の外枠で内に入れられなかったですし、1200の鮮度も低下、夏場の疲労もあって、全ての弱点が顕在化してしまいましたね。ベルカントはバクシンオーらしく夏場の平坦戦で走り過ぎた反動でしょうか。シーイズ、カノヤを見ているようでした。ストレイトはマイル戦使用が利きました。ゴスペルは休み明けでG1をトライアルに見立てる戦法で2着。ミッキーアイルは揉まれた後の休み明けはベスト。それだけに掛かって競馬にならなかったのは勿体無かったですね。スワンSやマイルCSあたりでも人気すると思うので、切って妙味でしょう。逃げられると怖いですけど。

■ウリウリはコケたが、セントウルS2着馬は今後も注目
■ストレイトはVM出走がミソ。近走1200続きより1400以上の経験があると良い


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→来年の高松宮記念が外差し競馬になれば。重賞1人1着経験を積ませたい。

総評:逃げ馬が競ると思われたが、意外なスロー。内しか間に合わない形になった。
1着ストレイトガール CS…外枠凡走後の内枠替わり。優しくなって流れも相対的に向いた
2着サクラゴスペル SM…休み明けの中山芝1200ベスト。上位に破綻があり浮上出来た
3着ウキヨノカゼ LS…疲労、ストレスを勢いで相殺。体力型でこの上がり勝負は良かった
4着ミッキーアイル SM…揉まれた後の休み明け合うが、ちぐはぐ。延長では不安を感じる
5着ウリウリ C…前走が完璧な競馬の分詰めを欠いた。マイルに戻ったら、切りたい存在
・6着以下
8着スギノエンデバー M…スローの内枠ベストも相手が強く。ダウン平坦替わりで狙いたい
10着ティーハーフ M…外の差し馬には厳しい馬場だったので。現状はHペース外伸びなら
13着ベルカント S…母父ボストンハーバーで道中のストレスに弱い。前走が綺麗過ぎたか
13着コパノリチャード SL…休み明けに期待したが、まだ馬が戻っておらず。短縮や道悪で
15着フラアンジェリコ SC…激戦タイプで短縮スロー合わない。やはり1800m前後ベター
続きを読む

京成杯AH回顧

 
京成杯AH 中山芝1600m 不的中
ラップ:12.7 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.8 (35.4-34.6)
◎ブレイズアトレイル
○アルマディヴァン
▲コスモソーンパーク
△ダローネガ
△シャイニープリンス
×グランシルク

雑感:なにこの毎回勝ち馬が変わる感じのレース。とりあえずグランシルクは見直しました。将来楽しみです。負けた馬にはCやSの強い馬が多く、穴ホースの素質のある馬ばかり。ただ富士Sは買いたい馬が多くなりそうで、嫌な予感しかしません(汗)。

■関屋記念激走組は相性悪い
■多頭数戦でまとまり系の人気落ちは注意(内〜中枠)


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→本質はHペースの差し競馬なので、次走差しに回る位置取りショックを仕掛ければ。

総評:1着からビリまで0.9差の大接戦。中山らしくやや重めの決着ではあったが。
1着フラアンジェリコ SC…ネオユニで坂コースは合う。SC系だから多頭数の混戦も向いて
2着エキストラエンド M…近走安定しているのに、人気急落。高速馬場敗退後も良かった
3着ヤングマンパワー SC…中山合うし、ダンチヒは激走後でも人気据え置きだと強いので
4着グランシルク SC…+12は成長分。勝ちに等しい内容で、今後が楽しみ。もっと激戦で
5着ショウナンアチーヴ CS…京王杯で先行してから状態上向き。強い相手には内枠必須
・6着以下
6着シャイニープリンス SC…やはり外枠は合わないか。Vラインを刻んでおり、次走も注意
7着アルビアーノ S…連チャン後で不振期っぽい走り。特殊馬場や位置取りSなどが欲しい
10着アルマディヴァン C…内枠合うが、詰まって追えず。使い詰めで、そろそろ疲労が怖い
12着コスモソーンパーク C(S)…C系で先行競馬は合わない。混戦の多頭数内枠がベスト
16着レッドアリオン LS…以前よりL化した感じ。こうなると楽逃げ後の馬群では為す術無し
続きを読む

セントライト記念回顧

 
セントライト記念 中山芝2200m 不的中
ラップ:12.6 - 11.6 - 12.2 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.5 - 12.6 - 11.9 - 11.5 - 11.6 (36.4-35.0)
◎ジュンツバサ
○ブライトエンブレム
▲タンタアレグリア
△サトノラーゼン
△ミュゼゴースト
×ミュゼエイリアン

雑感:最後◎の単複と◎からのワイドを買い足して当てました(汗)。レースはもう完全な内決着で、外の差し馬はどうしようもなかったですね。セントライト記念組は激走すると本番厳しいので、上位陣は菊はいらないでしょう。ジュンツバサだけまだ底が見えないので、内枠人気薄ならギリギリですかね。とにかく菊花賞は内を取る戦いなので、今回外枠で敗れた馬の内枠替わりだけ気を付けたいです。

■ステイゴールドはC系だが、休み明けも走る(内枠欲しい)
■ブラックタイドはパワー型なので、ディープ不振のところでむしろ買える


次走以降の注目馬:レッドライジェル
→一番距離を走っていた。単純にダウンで。外伸びか捲くれる弱い相手向き。

総評:横山典の絶妙な逃げでスローに。こうなると先行馬か内の差し馬しか届かない。
1着キタサンブラック SL…35.0掛かりつつのSペースで展開向いた。意外と体力もあって
2着ミュゼエイリアン S(LC)…内からロスなくスローの逃げ。交わされてからもしぶとかった
3着ジュンツバサ C…1着後の多頭数内枠はステゴの十八番。母父から休み明けも走れる
4着ウイングチップ LS…内枠が自動的に有利だったので。ダウン、非根幹等L条件で注意
5着ベルーフ LC…絞れて好気配も激走後だから立派。次は微妙だが、凡走後ならしぶとい
・6着以下
6着タンタアレグリア LM…いい手応えも、並んでから弱くて。母方にサドラーがあり道悪で
7着サトノラーゼン CS(L)…位置取りが悪すぎた。内枠は合うので、もっと流れてくれれば
8着レッドライジェル LS…このペースで最後方では物理的に厳しく。捲くれる外伸び馬場で
10着ブライトエンブレム S…激戦タイプなので、仕方ない。スタミナ十分で、延長の混戦で
13着ミュゼゴースト S(LC)…勝負所で下がってしまい万事休す。本番は内枠引ければか
続きを読む

新潟記念回顧

 
新潟記念 新潟芝2000m 不的中
ラップ:13.2 - 11.0 - 11.3 - 11.3 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 10.5 - 13.0 (35.5-35.1)
◎アルフレード
○アヴニールマルシェ
▲ミュゼスルタン
△メドウラーク
△マイネルミラノ

雑感:最後ギリギリでマイネルミラノの単勝を買っていたんですが…。結局雨の影響が大きすぎて、次走はそれで負けた馬を。とりあえずラブイズとアルフレードには期待したいですけどね。メドウラークも先行できたのは大きいと思います。良馬場の差しに回る位置取りショックで。普通に来年の白富士Sあたり勝ってそうですね。

■雨はステイゴールドとオペラハウス
■新潟記念は馬場が渋るとペースが上がる


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→ようやく1.0差以内にまとめてきたC系。ポテンシャルはあるので、あとはタイミング。

総評:新潟記念は馬場が渋ると流れが速くなる。重適性や持続質適性がモノをいった。
1着パッションダンス M…母父ジェイドで少し重め。前走先行バテが活性化に一役買った
2着マイネルミラノ SL(SC)…ステゴで逃げの馬ではない。血統的に重の持続質は向いた
3着ファントムライト LC(S)…出ました、東京凡走後の延長オペラハウス。雨も当然良くて
4着ロンギングダンサー L…Lだから重で馬群がバラけたのが向いた。他馬の破綻もあり
5着ラブイズブーシェ C…叩いてようやく復調気配か。多頭数内枠ならアル共あたりで注意
・6着以下
7着アルフレード M…差しに回るも位置取りが悪すぎた。Vラインだし、まだまだ期待したい
9着メドウラーク SC…Hペースを前に行く逆ショック。ギムレットも雨が苦手で良替わりなら
10着マジェスティハーツ LS…人気馬の中では一番危なかった。中位人気の外伸びベスト
15着アヴニールマルシェ M…ダウンの休み明けは合うが、この馬場では。マイルが良いか
16着ミュゼスルタン LM…2000mの重なら上がり勝負でないと体力負け。弱い相手向き
続きを読む

キーンランドC回顧

キーンランドC 札幌芝1200m 不的中
タイム:1:08.6
ラップ:12.1 - 10.6 - 11.3 - 11.8 - 11.4 - 11.4 (34.0-34.6)
◎オメガヴェンデッタ
○ローブティサージュ
▲エポワス

雑感:3頭とも馬券圏外へ。勝ち馬はいいとしても2着馬を拾えなかったのはダメでした。前走苦しんだ馬を買うのは基本中の基本。

■オンファイア、ブラックタイドは洋芝1200、1500あたりで注目したい
■前走Hペース先行前総崩れ→差しに回る位置取りショックは破壊力ある


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→元々逃げていた馬。先行力が見え始めたらまた激走しそう。暮れの中山で注意。

総評:平均ペースも差し決着に。勝ち馬は外枠から流れに乗りたいタイプで上手く嵌った。
1着ウキヨノカゼ LS…間隔開けて前走のストレスを相殺。パワー型で洋芝適性が高かった
2着トーホウアマポーラ CL…Hペース先行バテ後に差しの位置取りS。前走の苦が生きた
3着ティーハーフ SM…差し決着激走後の1人気だから強い内容。混戦の人気落ちが合う
4着オメガヴェンデッタ LM…前目で唯一粘る。もう少しゆったりした流れなら。1400ベスト
5着レッドオーヴァル S(LC)…復調を感じさせる内容だった。良馬場の平坦外伸びベター
続きを読む

北九州記念回顧

北九州記念 小倉芝1200m 不的中
タイム:1:07.3
ラップ:11.7 - 10.2 - 10.8 - 11.2 - 11.9 - 11.5 (32.7-34.6)
◎ヘニーハウンド
○マヤノリュウジン
△サドンストーム
△ビッグアーサー
×バクシンテイオー

雑感:もう武豊を褒めるしか。来年ももう1回外差しに張るか。

■来年こそ外差しに張る
■サクラバクシンオー産駒は特注


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→差しに回る位置取りショックや短縮時注意。平坦で。

総評:3頭が離して。
1着ベルカント S…武豊の綺麗な位置取りショック。33.6-33.7で走られたらお手上げ状態
2着ビッグアーサー SC…鮮度と差しに回る位置取りでまとめる。あまり破壊力は感じない
3着ベルルミエール S…激走後だから内容濃いが、使われると下降線辿りそう。短縮向き
4着バーバラ CL…こちらも大幅短縮激走後だからなかなか。ノーストレス時の内枠が合う
5着ミッキーラブソング M…じわじわ距離を短くして安定。キンカメで休み明けのダウン向き
続きを読む

札幌記念回顧

 
札幌記念 札幌芝2000m 不的中
ラップ:12.5 - 10.9 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.1 (35.1-36.2)
◎ラキシス
○ディサイファ
▲ステラウインド
△トウケイヘイロー
×トーホウジャッカル

雑感:ヒットザターゲットを選べなかったのが全ての敗因。ダービーフィズを切るところからスタートした今回の予想において、唯一助かる道はヒットザターゲットを買うことでした。ダービーフィズを即切りしてもまだそれができたかできなかったかで予想の善し悪しが決まるのでしょう。ステラウインドは昨年条件戦1人1着後の函館記念3着を評価して▲にしましたが、条件戦と重賞激走を同列に扱ったのがそもそもの間違いでした。激走後のアップロブロイはもう少し精査してから取捨選択をしたいと思います。

■反動の出やすいタイプの激走後は間隔の空いた方を選ぼう

次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→外枠と激走後が響いた。S主導でもSCなので、坂コースの内枠替わりで。

総評:ペースが速くレベルの高い一戦。実力差が小さく、内をタイトに回った馬が上位に。
1着ディサイファ M…上がり勝負だと分が悪く、鞍上の判断が光った。根幹Hペースがベスト
2着ヒットザターゲット L(CS)…激走後も人気薄と休み明けなら。ノーストレス時は内枠向き
3着ダービーフィズ CL…C系で内を突ける鞍上と手が合う。激走後を耐えたのは驚いたが
4着ヤマカツエース LC(S)…馬体減も連続激走。内容濃いが、反動必至で次人気なら怖い
5着ラキシス CM…馬体絞っての外枠→内枠替わり。もう少しゆったりいければだったが…
・6着以下
6着ラストインパクト M…休み明けは合うが、人気で外から捲る強引な競馬。距離延ばせば
7着ハギノハイブリット SC…内枠混戦激走後の外枠で7着なら上々。阪神、中山の内枠で
8着トーホウジャッカル SC…勝ちに動いた分、最後垂れる。行く気は見せており、内枠なら
10着サクラアルディート LC…激走後の外枠で0.8差なら悪くない。ダウンや重いレースで
14着ステラウインド M…反動出たのか早々に手応え無くなる。根幹Hペースも厳しかった
続きを読む

関屋記念回顧

 
関屋記念 新潟芝1600m 的中
ワイド 300×20.6=6180
タイム:1:32.6
ラップ:13.2 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.2 - 10.7 - 11.4 (36.4-33.3)
◎ヤングマンパワー
○レッドアリオン
△エキストラエンド
△サトノギャラント
△シャイニープリンス

雑感:当たりはしましたが、不完全燃焼でした。というのもマジェスティハーツはぎりぎりのところで悩んでいた馬だったので。前に言っていた率の悪い激走後の短縮ハーツクライではあったのですが、この臨戦で唯一来たのがマジェスティハーツだったんですよね(休み明け除く)。スローなら短縮の意味合いは和らぎますし、この馬はSっぽくとにかく中位人気でスムーズなら常に注意したいタイプ。激走後とはいえ、間隔開けてのダウン戦。人気も手頃。う〜む、これは失敗でした。レッドアリオンはL化してもうクラレントと同じように扱います。凡走馬には混戦向きの馬が多く、多頭数替わりで期待したいです。

■後方Vライン後の前に行く位置取りショックは効果テキメン
■間隔開けての大幅馬体増減は若駒ならあまり気にしないように


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→連続好走は能力の証。混戦内枠の中位人気で。逆に人気の外枠なら危ない。

総評:例年通りのスロー上がり勝負。差し優勢の条件だが、今年も前が残った。
1着レッドアリオン LS…出遅れも外枠から逃げの位置取りS。少頭数なのも良かった
2着マジェスティハーツ LS…スローで短縮の意味が軽減。左回りでスムーズに差せた
3着ヤングマンパワー SC…+18は斤量と先行で相殺。並んで強く、本来は混戦向き
4着アルマディヴァン C…人気薄なら疲労を耐えるのはC系らしい。人気なら切りたい
5着アルバタックス LM…外枠の差し馬は厳しい流れだった。今後も坂コース凡走後に
・6着以下
6着シャイニープリンス SC…切れ負けも、中位人気なら常に注意したい。多頭数戦で
7着カフェブリリアント S…混合戦での実績乏しく、可哀想だった。短縮等S条件なら
8着サトノギャラント LM…凡走後のダウン戦ベストも、内が開かず。勿体ない競馬
9着エキストラエンド M…切れ勝負だと分が悪い。もう少し馬場や展開の助け欲しい
11着スマートオリオン SL…3F33.4で負けたなら仕方ない。前走と適性が真逆だった
続きを読む
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
Mラジ
■ブライト、MIO、TAKUYAが送る競馬ラジオ番組です。
(※ロードに少し時間が掛かりますが、ご了承下さいませ)
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】ウマコラボ
200×200-gold%20
【PR】スマートウィン
200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
My Blog List
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク