私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

競馬予想

アイビスSD2021予想

◎トキメキ
〇ジュランビル
▲オールアットワンス
△モントライゼ

見解はMラジを聴いて下さい笑

函館記念&中京記念&福島TVOP2021予想

函館記念
◎ワールドウインズ…LC(S)系。ルーラーシップだが、母父がフジキセキ産駒のエイジアンウインズの騙馬でSやCも保有。ルーラーだけに短縮だとややスピード不足なので、延長の前に行く位置取りショック+混戦という臨戦は合う。前走も位置取りが中途半端だったので、鞍上の思い切った騎乗に期待して

△トーセンスーリヤ
△ワセダインブルー
△ディアマンミノル
△バイオスパーク

◎単、◎から馬連、ワイド


中京記念
◎ボッケリーニ…M系。典型的なM系。母父ダンスインザダークは小倉特注血統。兄のラブリーデイも休み明けの小倉記念で2着の実績持ち

△ダノンチェイサー
△アンドラステ
△ロータスランド
△クラヴェル

◎単、◎から馬連


福島TVOP
◎メイショウキョウジ…SM系。前走久々に先行して活性化を入れてからの差しに回る位置取りショックで。元々シヴァージあたりと好勝負をしていた馬なので

○ホープフルサイン
▲インターミッション

3頭単、3頭の馬連、ワイドBOX

七夕賞2021予想

七夕賞

◎プレシャスブルー…C系。ディープインパクト×アンバーシャダイのC系。昨年は馬体を減らし続けていたが、ここ2走で馬体を戻し体調が安定してきた。相沢郁はエメラルファイトでも馬体を減らし続けて馬を終わらせていた前科があるだけに、これは良い傾向。ただ相沢郁と言えば、東京(富士S)凡走後に福島記念で一変したダンスインザモアがいて同馬と被る臨戦。しかも母父アンバーシャダイの七夕賞勝ち馬と言えば、チアズブライトリー。あの時も追い込みの大外一気で柴田善臣だった。まあまあ今年の善臣さんに関しては、ストライプで前に行ってるだけで評価しているので(笑)

○ロザムール…LC系。中山金杯激走後に連続激走した中山牝馬Sが強かった。前走でストレスを吐き出したので、タイミングとしては悪くない

▲クレッシェンドラヴ…CL系。大阪杯は特殊馬場過ぎたので。やや重たい馬場のダウン2000mはベスト。ただ加齢の影響はあると思うので、3番手評価

△アールスター…C系。中山金杯の末脚が異次元だった。展開が向けばいつでも突き抜ける魅力はある。ただ母父サッカーボーイの道悪なので、評価は4番手まで

△カウディーリョ…M系。函館記念1人気という実績?が光。菊花賞の後に連続で好走した関門橋Sの内容が良かったので。母からもまだまだ成長しそう

△クラージュゲリエ…CS系。前走はだらしなかったが、逆に言えば超スローで集中できなかったC系と捉えられる。叩き2戦目の人気落ち+多頭数混戦替わりで

◎単、◎から馬連総流し、◎から△ワイド5点。続きを読む

ラジオNIKKEI賞&CBC賞2021予想

ラジオNIKKEI賞
◎ボーデン…M系。ハービンジャー産駒は多頭数内枠を好まないが、前走馬群の間を抜けてきた走りと4着以下に負けても良さそうな走りだったのに3着に踏ん張ったのが良かった。しかもスプリングSは外伸び馬場で、馬場的にも厳しかった。今回は単純に休み明けダウンの局面なので、3着以内なら同馬で良さそう

○ヴァイスメテオール…M系。こちらもノーザンF産で量がありそうなまとまったタイプ。プリンシパルSは内伸びの競馬を出遅れて外に出して万事休す。五分に出れば

▲グランオフィシエ…CS系。2走前の内容が秀逸。前走逃げたのは余計も、着差を詰められているのなら、楽では無かったと見て。軽く差しに回る形なら

△ヴェイルネビュラ…S系。マイルがベストだが、OP1人1着経験を保有している馬は同馬くらいで。動くとスタミナ不足が露呈しそうなので、溜めるだけ溜めて欲しい

△ロードトゥフェイム…S系。母父ホワイトマズルで道悪特注。スプリングSの4人気は過剰人気だったし、そこからの人気急落+馬場が悪化して消耗戦なら

◎から馬連、3連複


CBC賞
◎ピクシーナイト…S系。同馬はモーリスというよりスクリーンヒーロー産駒っぽく、短縮適性高そう。前走唯一のG1戦使用馬の大幅ダウン斤量減なら

○ノーワン…S系。遅刻したら諦める(爆)。連闘で前総崩れの流れなら

▲ヨカヨカ…S系。激走後は嫌だが、高速馬場の中頭数戦ならストレスの影響より鮮度だけで何とかしそうと見て

馬連、ワイドBOX
続きを読む

マーメイドS&ユニコーンS2021予想

マーメイドS
◎パッシングスルー…LC(S)系。ルーラーシップ産駒は量系の割に休み明けの成績がイマイチ伸びず、叩き良化型のタイプが多い。現に同馬も休み明けが[0-0-0-5]に対して、叩き2戦目が[1-0-1-0]という成績を残している。七夕賞でも狙ったが、ダート→芝、逃げという位置取りを使っても6着だったのは、これも結果的に同馬の休み明け適性の無さが原因と考えれば、酌量の余地がないこともないか。今回は叩き2戦目と、内枠から出遅れて揉まれてからの延長+外枠+前に行く位置取りショックを仕掛けられる局面であり、ルーラーシップ産駒のオプションとしてはこれ以上ないだろう。今まではすぐ間隔を開けてしまっていたので、久々の叩き2戦目なら巻き返しても。また、人気馬が後方格下鮮度チームなので、前に行く重賞実績馬は逆張り的な意味でも対照的で面白味を感じる

○レッドベルディエス…LM系。前走は休み明けの高速マイルでさすがに忙しかった。それでも最後詰めていたので、延長で追走が楽になれば巻き返しは可能。2走前にアカイイトに勝利しており、ポテンシャル的な意味でも十分足りる

▲イズジョーノキセキ…SC系。良い精神構造を持っているし、純粋Cみたいな馬でもないので、やや過剰人気でも買わざるを得ないか。前走はVラインで2着。当然鮮度は保有しているし、充実していると見て

△ソフトフルート…LC系。母父がキングマンボで重ためのディープ。2走前高速馬場敗退後の前走稍重馬場で巻き返したのは気になるが、秋華賞→エリ女でもそのような形ながら6着に走っているので、単純に能力が上か

△アンドラステ…SM系。エプソムCの内容が優秀。こちらも単純な能力を評価して押さえる。

◎から馬連、ワイド、3連複5頭BOX


ユニコーンS
◎ケイアイロベージ…S系。デビュー戦から騙馬ということで、狂Sか? 連勝中で勢いのある間は買っておきたいタイプ。単勝1点勝負

エプソムC&函館SS2021予想

エプソムC
◎ファルコニア…CL系。条件戦1着後のディープ古馬初重賞戦。休み明けの神戸新聞杯以外は大崩れなく、1800m前後なら無難に

○ヒュミドール…C系。ノベンバーSの内容が忘れられない。日経賞でも不利があって4着と強い内容。前走は日経賞の反動と見れば○×○で

▲ミラアイトーン…SL系。ダート使ってSが戻ってきた。ただ元々ダウン質の苦→楽逃げ馬ではあるので、今回も先手を取れれば

△ヤシャマル…SM系。母父アグネスデジタルで量は無いが、好長期には逆らわない方が良さそう。父、母父共に短縮臨戦の鬼でもあり

◎から馬連、ワイド流し。○、▲の単


函館SS
◎マイネルアルケミー…S系。休み明けを除けば唯一の前走条件戦勝利馬。ダンカークはS系で連チャン期注意したい。適度に上がりの掛かる北海道も悪くなさそう

○ジョーアラビカ…SC系。母父ダンスで父の勝負弱さを消している。量は無いので休み明けは疑問も、父はマンカフェの直仔らしく北海道の成績は悪くないので

△ビアンフェ…S系。まあまあ無難に
△ケープゴッド…M系。まあまあ無難に
△カレンモエ…SM系。まあまあ無難に

◎、○単 ◎、○から△へワイド

安田記念2021予想

・今回も考察やってます!
ただ雨が降ってきたので、ちょいと方針転換。
ある程度体力、スタミナが必要になると思うので、近2走で2000m以上を使用している馬を重視します。

◎サリオス
○ギベオン
▲グランアレグリア
△ダノンプレミアム

<他該当馬>
無シュネルマイスター…鮮度はあるが、前走が激走過ぎた。3人気も過大評価な印象

無カデナ…さすがに特殊馬場でもリズムを崩しすぎ。ここで走るなら今まで何度かチャンスがあったはず

◎○単勝、馬連3連複BOX

鳴尾記念2021予想

◎ユニコーンライオン…ダートを使用して良い頃の走りに戻ってきた。条件戦1着後の鮮度で

○ヒンドゥタイムズ…安定感あるCLっぽいハービンジャー。よほど激走後とかでなければ安定

▲クラージュゲリエ…スピードが微妙に足りないので、短縮失敗後のバウンド延長

日本ダービー2021予想

◎グレートマジシャン
○アドマイヤハダル
▲ヴィクティファルス
△エフフォーリア

◎単 4頭馬連BOX◎厚め ◎〜▲3頭ワイドBOX

オークス2021予想

・今回も考察記事書いてます


◎ソダシ…SC(L)系。桜花賞2人気以内で1着馬は[5-1-0-1]なので、大崩れは考えづらい。いい意味でも悪い意味でもS特化しているわけではないので、大幅延長でも同世代戦なら問題ないだろう

○ユーバーレーベン…CS系。延長のアップ戦はいかにも合う血統。混戦になれば逆転も。ポテンシャルは随所に見せているので

▲タガノパッション…M系。3戦の割には色々な競馬をしており、経験値は得ている。前走も完勝だったので、未知の魅力十分

☆ストライプ…LC(S)系。短距離馬に思われているが、ルーラーシップなら大幅延長の淡々としたペースは良い。前に行ければ

△ステラリア…SM系。体力、パワータイプだと思うので、延長外枠は問題ない。戦績的にもミニミッキークイーンといった感じ

△アカイトリノムスメ…最後の最後で押さえ。ソダシを逆転するのは厳しいだろうが、2〜3着なら。前走もVラインだったので

◎から3連複流し
○、▲、☆のワイドBOX



ヴィクトリアM2021予想

◎マルターズディオサ
○テルツェット
△プールヴィル
△ダノンファンタジー

4頭馬連、ワイドBOX

京王杯SC2021予想

◎グルーヴィット…SC系。やや優しくなってきたSC系。元々ポテ証明はあるし、昨年も好走している。1着のイメージ湧きづらいが、軸なら。

◎単複

NHKマイルC2021予想

◎ピクシーナイト
○リッケンバッカー
▲グレナディアガーズ
△グレイイングリーン

馬連、ワイド4頭BOX
見解は考察とMラジで〜。

天皇賞春&スイートピーS2021予想

天皇賞春
◎カレンブーケドール…CS系。良馬場継続ならこの馬で。ギリギリで大雨になったら知らん(笑)。叩き2戦目で軽く人気の落ちたC系。ベタに。

○ワールドプレミア…LM系。内枠向きの馬でもないが、長距離の縦長になるようなら。やや下降線を辿っているディープ産駒で1着のイメージが湧かず対抗

▲ディバインフォース…S(LC)系。菊花賞4着以来の3000m超えのレースで延長適性もあるし、近走条件戦しか使っていない鮮度もあり。土砂降りになって欲しい

△ウインマリリン…SC系。良馬場なら評価を上げる。陣営が同馬にとってベストの乗り方を熟知しているので、外からでも上手く内に潜り込めれば。人気落ち

△ユーキャンスマイル…M系。一線級相手ではもう厳しいだろうが、このメンバーレベルなら。活性化が足りない分は延長で少しでも相殺できれば

△メロディーレーン…S(C)系。菊花賞5着と3走前のアドマイヤポラリスに完勝した競馬がポテ証明としては十分。とにかく気分を害さず自分の競馬に徹すれば

◎から馬連、3連複


スイートピーS
◎ミツルハピネス…前走の未勝利戦が強い内容。多頭数内枠経験獲得できたのは良い。C感じる

○グローリアスカペラ…前走はアネモネS激走後だったので、仕方ない。交互の人気落ちで

▲ホウオウラスカーズ…ディープ初のOP戦。マイルからでスピードの慣れもあるので

△オレンジフィズ…LS系。ダウン少頭数替わり合いそうなLS系。逃げられなかった逃げ馬

4頭馬連BOX◎厚めで

青葉賞2021予想

◎レインフロムヘヴン…LM系。長い距離の番組が増えて少しずつ台頭してきたドゥラメンテ産駒。同産駒はL主導でスピードが足りないため、延長で体力を生かすような競馬がベスト。メンバー中2頭しかいない1800m以下臨戦の1頭。前走は逃げて激走後だったし、道悪のせいで終始手応えも悪かったので、参考外と見て。

○キングストンボーイ…もう1頭の1800m臨戦馬。前走後方からVラインで4着してからの延長のドゥラメンテ産駒。ドゥラメンテは今のところG1に届くような圧倒的なSやCやLを保有している馬がおらず、青葉賞のような前哨戦で上位を独占する姿は、いかにも想像に難くない。

▲ワンデイモア…こちらもドゥラメンテの延長。中山に適性が寄っている気がしたので、3番手まで。まあでも上記2頭と同じ実質ダウンの延長組。

△グレアリングアイ…ドゥラメンテの作るたるいレースに対抗できるのはハーツでしょう。激走後も人気据え置きの延長アップハーツ。ずっと出遅れているように走りに集中できていない面はあるものの、その分Sを感じるのでハマれば一発ありそう。東京替わりでのびのび走れれば

◎単勝、馬連4頭BOX、◎からワイド

フローラS&マイラーズC2021予想

フローラS
◎スノーハレーション…C系。ステファノスの全妹でC主導のディープ産駒。前走躍動感を感じる走りだったので、アップ戦でも怯まなさそう。あとは物理的に馬体重が減られたり、超スローで後方とかだと困るが…。まあそれでもある程度の位置を取れば抜けてくるだけのポテンシャルは感じる。

○ジェニーアムレット…S系。掛かる面があってSっぽいディープ産駒。母方がPulpitの系統なので、血統的にはグランアレグリア。グランもS的な躍動感があったので、そこが良い方に出れば。先行馬がほぼいないメンバー構成で単純に前に行けるのは展開面で強み。

▲オヌール…LS系。デゼルの下ならSLかLS系か。デゼルと同配合と考えれば多頭数中枠でいいイメージは湧かないが、姉よりも競馬が器用でそういう意味では対応してもおかしくない。

△メイサウザンアワー…LC(S)系。どの要素も持ち合わせてそうなノヴェリスト産駒。一昨年のパッシングスルーを彷彿とさせる臨戦、鞍上で穴人気すると4着臭いのが嫌(笑)。

◎単複、○単、4頭馬連、ワイドBOX。


マイラーズC
◎アルジャンナ…M系。Mラジでは切ったが、3人気なら見れば見る程一番無難に見えてきた。琢也さんごめんなさい(爆)。ディープの古馬初重賞戦というオプションもあり

○パンサラッサ…L系。ダウン。元々あまり強く見せない馬だったとは思うが、近走はしぶとい走りを披露。前走は出遅れているので、好スタートを切って前々で運べれば

▲ワールドウインズ…M系。ルーラーシップでスピードはやや足りない印象なだけに、短縮失敗後の同距離なら。ずっと人気に支持されてて一定のポテンシャルは保有していると見て

△ベステンダンク…S系。調教で動いていて、巻き返すならラストチャンスはここかなと。スワンS、マイルCSくらい走れば通用。ブリンカー装着で逃げも辞さない構えなら

4頭の馬連、ワイドBOX

皐月賞&アンタレスS&福島民報杯2021予想

考察を書いたので見て下さい。


皐月賞
◎ステラヴェローチェ…SM系。マイル経験あるし、重い馬場、軽い馬場どちらも対応している経験の多様性を評価。ポテンシャルも朝日杯FSで十分見せている。

○アサマノイタズラ…LC(S)系。重い馬場をスムーズに競馬すると強い。激走後も中山の延長外枠はベスト

▲ヨーホレイク…LC(S)系。母方がフレンチデピュティ×カーリアンでディープにしては重いタイプ。前走はSを感じさせる内容だったし、重すぎるよりは稍重くらいがベストのタイプ

△レッドベルオーブ…M系。馬場が乾いてきたらマイル経験が生きる。2000mの大外枠は体力的に不安も、1人気からの超人気急落で

△ダノンザキッド…SC系。念のため押さえ。低レベル戦ならG1で多頭数戦をこなした経験が生きると見て

△ディープモンスター…すみれSは死のローテも、キタノコマンドールが3人気5着したように、初重賞&初G1のディープなら通用する可能性はある

◎単勝、◎から馬連、3連複


アンタレスS
◎ケイアイパープル…S系。叩き2戦目[2-0-0-0]。前走Hペース前総崩れの中粘っていたので
○モズアトラクション…CS系。前走久々に馬券圏内で走る気が戻ってきた感じ
▲アナザートゥルース…SC系。逃げは合わない。差し競馬の方が合うタイプ
△ダノンスプレンダー…M系。元々実力馬。人気落ちで反応しそうなまとまったタイプ

◎単複 馬連BOX、ワイド◎流し


福島民報杯
◎ドリームソルジャー…C系。道悪延長特注ドリームジャーニー。初重賞で鮮度あるし、バウンド延長で得意距離に戻れば

○トーセンスーリヤ…S(LC)系。叩き2戦目で上昇カーブ。宝塚記念が強い内容で持続質戦なら

◎単複、馬連、ワイド

桜花賞2021予想

◎ソダシ…SC(L)系。クロフネ牝馬で精神構造のしっかりしたタイプ。戦績だけ見ればラッキーライラック級なはずで、それで3.5倍はなめられた。むしろクロフネ牝馬ならホエールキャプチャ的なイメージで、オークスの方が危なそうなタイプ

○ファインルージュ…SM系。フェアリーSの内容が強かった。休み明けのキズナ産駒で初G1。馬場は内も良いので、内枠からロスなく運べれば

▲ククナ…M系。母のクルミナルからC要素も受け継ぎつつも全体的にはまとまったタイプ。強い相手と戦ってきてるし、初の超人気急落で

△ソングライン…SC系。前走が圧巻の内容。枠だけが痛恨。ある程度前に付けて持続質戦を押し切る形なら

△メイケイエール…SL系。チューリップ賞1人1着馬は安定。阪神JFの内々決着を外から勝ちに等しい4着。能力だけなら1番でも良いくらい

△ストライプ…LC(S)系。3走前の内容が強かった。アップ、ダウン、どちらにも対応したのは好感

◎から馬連、3連複


春雷S
◎グルーヴィット…SC系。ジャンダルムに負けるなよ、チャンピオンタイプ!

○カッパツハッチ…S系。逃げられなかった逃げ馬

▲レジェーロ…SM系。人気が無ければ怖い母父ロックオブジブラルタル

◎、○単 馬連、ワイドBOX

NZT&阪神牝馬S2021予想

NZT
◎シティレインボー…CSorSC系。前走は母父のフジキセキが苦手な道悪馬場。元々戦ってきた相手も強いし、1人気→11人気の超人気急落で狙いたい。少頭数経験しか無いのは嫌な部分だが、血統的にはCを保有していそうで、一気のアップ戦+多頭数内枠で花開く可能性も

○ワーズワース…S系。初芝もカシアスの半弟で父リオンディーズなら芝向きでしょう。東京の上がり勝負だと不安もあるが、中山マイルでSを活かせる条件なら

▲ワザモノ…S系。シンザン記念がVラインを刻みながら8着で、1勝クラスをシュネルマイスターの2着ならここでも十分通用する。激走後は嫌な材料も、ずっと人気より走ってきており、そもそも騎手や地味な血統のせいで過小評価馬な感じもするので

3頭単勝、馬連、ワイドBOX


阪神牝馬S
◎デゼル…LS系。条件戦からリズムを立て直してきたディープの古馬初重賞戦。スイートピーSの内容からも邪魔されなければ高パフォーマンスを出せる馬で、少頭数外枠なら。次VMで内枠なら消す(笑)

○リアアメリア…LM系。弱いダノンファンタジー。道悪凡走後の少頭数外枠は苦→楽

▲プールヴィル…CS系。ある程度先行して競る展開に持ち込めば。人気よりは強いとは思う

馬連BOX

大阪杯2021予想

◎レイパパレ
○グランアレグリア
▲コントレイル
△クレッシェンドラヴ

◎から馬連、4頭3連複BOX
見解は考察とMラジを聞いてください〜。

ダービー卿CT2021予想

◎スマイルカナ…S系。ディープにしては珍しい牝馬のS系逃げ馬。ノーストレス時の坂コースベスト
○ベステンダンク…S系。やや衰え感じるが、スワンSの内容が良く、短縮特注タイキシャトルなら
▲レイエンダ…LM系。ダート使用してのマクリ活性からの得意距離への短縮。やることはやった感じ
△ルフトシュトローム…SC系。能力だけで言ったら一番上。走る気さえあればG1レベルの馬で

◎から馬連、ワイド

高松宮記念2021予想

全頭考察を書いていますので、良かったら見て下さい。
◎マルターズディオサ
CS系。手加減を知らないので毎回100を出し切ってしまう馬。それゆえに、休み明け激走の反動が大きいタイプ。それでも桜花賞や秋華賞は強い内容だったので、やはり単純に精神構造のしっかりした良い馬という印象。キズナで休み明けの道悪は良い。初の1200mも2000→1400mで番手に付けられるスピードがあるなら、心配いらないと見て。

○インディチャンプ
▲レシステンシア
△モズスーパーフレア
△ラウダシオン
△ライトオンキュー

思いのほか雨が強いので、ディープは切っちゃいます。
◎から馬連、3連複

日経賞2021予想

◎ダンビュライト…S(LC)系。前走久々に馬券圏内で復調気配。中山芝2500は最も向くであろう舞台だと思っていたので

○ワールドプレミア…LM系。同じディープでカレンとの比較ならこちらの方が休み明け適性は上。この条件にも実績があり

▲アールスター…C系。体力面で不安はあるが、内枠で良馬場ならギリギリ持つと見て。近走毎回脚も使っているので

△ウインキートス…LC(S)系。53キロは恵まれた。格重賞だが、他も盤石ではないと思うので単純に鮮度で

△カレンブーケドール…CS系。休み明けは向かないが、単純に能力上位で押さえ

△ヒュミドール…C系。古き良きステゴの匂い。負けるタイミングで踏ん張るようになってきている。地味に短縮ショッカー

◎から馬連、3連複。

スプリングS、阪神大賞典2021予想

スプリングS
◎アサマノイタズラ…SM系。馬場が重く、体力、短縮優勢と見る。同馬は前走Vラインで、スムーズさを欠く勿体ない競馬。そういう意味で馬群のばらけやすい道悪は良い。スムーズに走れれば2走前のような競馬が出来るはず。血統的にも母父キングヘイローは道悪特注のリファール系

○イルーシヴパンサー…SM系。同馬も短縮馬。2走前中山マイルで差して連対経験もあるので、スピード面で短縮への不安も少ないタイプ

▲ボーデン…L系。圧倒的な量を保有していそうなハービンジャー産駒。1戦で5秒時計を詰めたのは評価できる。外目の枠もプラス材料

△ロードトゥフェイム…S系。穴人気嫌だが、同馬も母父ホワイトマズルがリファール系。中山道悪はいかにもな血統

△ヴェイルネビュラ…SM系。本命評価だったが、馬場が重すぎるので短縮、同距離臨戦馬を上に取った。1人1着後なのに初の人気急落は良い

◎単勝、◎から馬連流し


阪神大賞典
◎アリストテレス…M系。まあ仕方ないか。菊花賞の内容からエピファらしく体力も保有しているので

○アドマイヤジャスタ…LC系。同レース2着のアドマイヤラクティの全弟。前走0.5差の最速上がりで、走る気が戻ってきた印象

▲ゴースト…SM系。前走激走後に延長を控える逆位置取りでも5着に入線。今は充実期と見て。母父コジーンも道悪合う

△ユーキャンスマイル…M系。CやS要素が薄れ、今はダウン頭数減の延長くらいが合いそう

△ディープボンド…S(LC)系。前走は短縮で中団になり敗れたが、再度の延長なら

○単勝、◎から3連複、◎、○、▲馬連、ワイドBOX

ファルコンS2021予想

◎フォイアーロート
ダート経験、多頭数内枠経験等経験の多様性がある。ダート除けば実質2戦2勝で底を見せていないし、祖母にロゼカラーのいるバラ一族で、初重賞のアップ戦でも楽しみ。

単複

中山牝馬S2021予想

◎ホウオウピースフル
オルフェーヴル×キングカメハメハのL(S)系で、兄にはブラストワンピースがいる馬。同馬は東京で実績を残している馬ではあるが、ブラストワンピースの半妹と考えると、体力を活かせる中山の外枠は合う。父がオルフェの分ブラストより裏にSがあり、それが紫苑Sと秋華賞の凡走に現れている。ただオルフェでも母父がキンカメということで一定の量を保有しているため、前走間隔を開けて馬体を増やしたことで、再び走る気を戻すことが出来た。前走自体もSペースの出遅れと物理的に厳しかったので、最速上がりで4着なら復調と捉えることができる。不振期脱却はいつの時代も特殊馬場と相場が決まっているし、オルフェなら不良馬場で一変があっても驚けない。

○シーズンズギフト
エピファネイア×ゼンノロブロイのS系。父、母父共に体力を伝える能力に長けていて道悪は合う。特に母父のゼンノロブロイは道悪で回収率が良かった。まあこれは道悪適性というよりも、単純に体力が豊富で、相対的に浮上できるチャンスが多かったのが理由かなと。同馬はロブロイの後ろがダンチヒの直仔であるザイーテンで、ここがまた不安定さを後押ししている感じ。ポテ証明は十分あるので、あとは人気が落ちて気楽に走れるかどうか。

▲フェアリーポルカ
ルーラーシップ×アグネスタキオンのS(LC)系。基本L主導のルーラーシップ産駒にしてはSが強く、不安定な馬になる。昨春に頑張りすぎた影響で、秋は不振期のような推移を辿っていたが、人気が落ちたターコイズSで巻き返したのがいかにも同馬らしい。不振期を終えたS系が交互に移行する典型的な戦績。

△デンコウアンジュ
メイショウサムソン×マリエンバードのS(LC)系。メイショウサムソンはサドラー系で道悪特注種牡馬。母父もカーリアンの系統で道悪は合う。基本的にS主導の気分屋で、激走後だから消しとか、M的な常識は通用しない印象がある。自分が走りたい時にだけ走る馬。人気の無い時は常に注意が必要。

△シャドウディーヴァ
ハーツクライ×DansiliのSL系。同馬も走る意欲はあるものの、それを毎回出せない気分屋さん。東京巧者の印象が強いが、道悪小回りの秋華賞で4着。こちらも人気薄時は常に注意。


◎、○単勝 馬連BOX

弥生賞2021予想

見解はMラジを聞いてください笑

弥生賞
◎ダノンザキッド
○ソーヴァリアント
▲ゴールデンシロップ
△タイムトゥヘヴン

○、▲単 ◎から3連単


大阪城S
◎テーオービクトリー
○ヒンドゥタイムズ
▲アフリカンゴールド
△レッドジェニュアル
△ロードマイウェイ

◎単勝
5頭馬連、3連複BOX

オーシャンS2021予想

ケータローさんに送ったものをそのまま

中山11R オーシャンS
◎ヒロイックアゲン

ロードアルティマ×ブライアンズタイムのSL(C)系。父のロードアルティマはMの法則ではL系というタイプに分類される種牡馬で、単調なレースを好む傾向にあります。それが千直での強さに繋がることにもなるため、ロードアルティマ産駒は千直で好成績を上げています。しかし同馬の場合は、千直で実績を挙げながらも、母父からしぶとさを供給しているため、ただの単調な千直だけ走るような馬にはなっていません。前走は好スタートを切ったにもかかわらず、通過順が7-9と一旦下がってから6着というスムーズさを欠いたレース振りでした(しかも直線でも不利を受けていました)。今回は鞍上が替わり、また外目にも先行馬が少ないメンバー構成ということで、スムーズな競馬が期待できます。2走前に同条件で6着に敗れていますが、逃げ切った後に控えるというのはMでは苦条件とされていますので、0.2差程度の負けなら十分能力を証明したとも言えますし、同馬は7歳牝馬でありながら、まだトップクラスでの戦いが少なく、今回は生涯初の重賞戦ということで、新鮮さも保有しています。ここは十分巻き返しが利くと見ました。

◎単複
馬連6-2.3.4.5.10.11.13.14.15.16

チューリップ賞2021予想

阪神11R チューリップ賞
◎8テンハッピーローズ
○10マリーナ

◎は阪神マイル特注のエピファネイア産駒です。前走は上がりの掛かる競馬を早めに動いてバテてしまいましたが、今回は人気落ち+速い上がりの競馬なら前進があると思います。

単勝◎、○
馬連8-1.2.4.10.12

フェブラリーS2021予想

東京11R フェブラリーS
◎13ソリストサンダー…CS系。初G1、重賞2戦目という鮮度と、2走前同条件連対、前走Hペースを早め捲りで完勝という活性もあり。ほぼほぼ条件は揃ったが、あとはダンチヒと単勝10倍との闘い(笑)

○10エアスピネル…M系。前走は逆位置取りで7着。戦績見ても交互で凡走後の軽い休み明けはベスト。一線級相手にはもう厳しいだろうが、これだけメンバーレベルが落ちればチャンスがあっても

▲4ヘリオス…S(LC)系。同馬も近走に条件戦使用の鮮度を保有。前走ちぐはぐな競馬の割には最後まで諦めず走っていたのを評価。血統を見てもただの一本調子なS系には思えず、上積みに期待

△9サンライズノヴァ…CS系。前走は武蔵野S激走後の反動が出た形。休み明け+得意距離への短縮で

△14オーヴェルニュ…S系。前走は前総崩れの中、前目から押し切る強い内容。非根幹向きの嫌いはあるが、充実期と見て

◎単 ◎から馬連、3連複
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card