私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

競馬予想

マイルCS2020予想

◎タイセイビジョン SC系
タートルボウル×スペシャルウィークのSC系。朝日杯FSでも◎にしたが、この血統にしては量があり、延長の高速上がりにも対応している守備範囲の広さが魅力。NHKも4着に敗れはしたが、アーリントンCの内突きのストレスがある中だから強い内容だった。富士Sが案外な内容だっただけに、Sの不振期の可能性も否定できないが、内から出ようとしてくる挙動は悪くなかったので、叩き2戦目の上積みと初の超人気急落に賭けてみる。地味に同条件重賞1人1着経験も保有。サリオスが前を掃除しての着付けで十分。軽く差しに回るのがベスト。

○サリオス SC系
元々体力、量もあるS系マイラーで、皐月賞では◎を打った馬。ダービーは厳しいと思っていたので、延長を控える逆位置取りの形でも連を外さなかったのには驚いた。この時点でかなりのポテンシャルを証明している。毎日王冠はレベルが低くあっさりだったが、本質はマイルの持続質戦の方が良いだろう。臨戦的にも毎日王冠1人1着後の異端短縮ショッカー馬で、ほぼ隙が無いように思えるが、大外のデムーロに良いイメージが無いのと、中間疝痛があったらしいので対抗評価にした。

▲アドマイヤマーズ LC系
京都芝1400mは短いので、そこで2人3着後の延長マイルはベストの臨戦。母方にシングスピールがいる影響かダイワメジャーにしてはしぶとく、根幹坂コース替わりも良い。またもグランが微妙な臨戦の時にしれっと出走してくる運の良さもピカイチ。

△インディチャンプ CM系
今までの休み明けは明らかな叩き台だったが、今回はいきなりのG1なので、通常時の休み明けよりはしっかり作ってくるだろう。戦績見ても分かるように、生涯5着以下が無いまとまったタイプ。消しづらい。

△スカーレットカラー SC系
秋天からの異端臨戦とあとは単純に能力を評価して。今までのG1よりはストレス、疲労、条件含め一番良い臨戦過程。阪神牝馬Sのような着付けで。

☆ベステンダンク S系
前走がかなり勿体ない競馬。それでも最後間を抜けてきていたし、走る気は落ちていない。延長で前に行く位置取りを仕掛ければ解放感はありそう。


◎単 ◎からワイド ◎〜△3連複BOX

福島記念2020予想

こちらは簡易版で。
◎バイオスパーク…CS系。京都大賞典でもCの挙動。メンバー中2頭しかいない短縮ショッカーで

○ウインイクシード…LS(C)系。もう1頭の短縮ショッカー馬。外差し馬場だった七夕賞も内容良かった

▲マイネルサーパス…CS系。1回叩いてからの斤量減、アップのC系

△マイネルファンロン…CS系。こちらも斤量減のアップステゴ。福島民報杯くらい走れれば

☆ロードクエスト…LS系。前走捲り活性化。また同馬は休み明け走る

◎〜△馬連BOX ◎から3連複

エリザベス女王杯2020予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ

 −指針− 自信度★★★
◎は迷いましたが、高速馬場向きの人気落ちの馬に。
あとは人気馬が切れないので押さえる感じで。

◎リアアメリア
○ウインマイティー
▲ラヴズオンリーユー
△ノームコア
△ラッキーライラック
△エスポワール


◎リアアメリア
ディープインパクト×Rockport HarborのM系。前走はローズSの反動に加え、内枠の先行馬は全滅の馬場、展開だったので仕方ないし、むしろ同馬のキャラ的には完全に苦を味わって、ストレス、疲労を吐き出してもらった方が良い。交互の人気落ちのタイミングで。当初はウインマイティー本命の予定だったが、馬場が高速内前が有利な馬場なのでこちらを上に取った。一応ディープ古馬初重賞戦という鮮度もある。

・2番手以下の短評
○ウインマイティー
ゴールドシップ産駒のC系。ここ2走は人気負けなので、オークス以来の人気落ちで。紫苑Sの内容も良かっただけに、馬場が重ければこちらを本命にしていたが。

▲ラヴズオンリーユー
ディープインパクト産駒のLC系。弱いミッキークイーン(笑)。数を使っていないので鮮度は保っている。重いタイプが多く、高速馬場も相対的には悪くない。

△ノームコア
ハービンジャー産駒のL系。激走後は嫌だが、高速適性はメンバー中1,2くらいの馬。揉まれずスムーズなら。

△ラッキーライラック
オルフェーヴル産駒のCL(S)系。オルフェ産駒の中では量が豊富で高いレベルで安定している。ただ昨年よりは微妙なローテ、条件、人気で押さえまで。

△エスポワール
生涯初の人気急落。スローなら前、Hペースなら後方等、極端な競馬をしてくれれば。またそれができる騎手でもあり。

◎単 ◎から馬連、3連複。
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
ココ
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。続きを読む

アルゼンチン共和国杯2020予想

◎ユーキャンスマイル…M系。以前はS的な走りを披露していたが、年齢を重ねるごとにまとまってきた。激走後のJCや春天等決して良いとは言えない局面でも投げ出さないのが同馬の強さ。重賞1人1着経験馬は同馬だけだし、これといった馬が居ない一長一短のメンバー構成で、余程の事が無い限り崩れる姿は想像しづらい。

○オセアグレイト…S系。3連勝で挑んだセントライト記念で同馬のキャラが決まった。結局はオルフェーヴル産駒らしい不安定なS系で、人気では買えないタイプ。母方から欧州色の強い重いタイプで、スローを中団で折り合って良い馬ではない。体力を活かすためにも前に行く位置取りショックを仕掛けたい。

▲サンレイポケット…LC(S)系。速い上り、遅い上りどちらにも対応していて充実を感じさせる。血統的にはS系で、今は軽い連チャン期かもしれない。ただ今回に関しては2走連続5人3着後の3人気という局面なので、そこだけが気掛かり。ここを不利等で軽く凡走してもらって有馬記念で買いたい馬。

△ゴールドギア…LM系。母父ゼンノロブロイで体力を供給したL主導のカナロア産駒。前走は短縮で走れないと思っていたが、32.7を使って0.5差は驚いた。距離延長の外枠は良い。目黒記念もVラインで5着と走っていたので。やや強いメートルダール(笑)

△ラストドラフト…C系。前走は買ってしまったが、休み明けのダウン外枠で集中できなかったと考えれば今回アップ内枠で買える(しかも前走は熱中症だったらしい)。やや距離が長い分押さえまでにしたが。

△アイスバブル…LM系。鮮度が薄れてダウン向きの平均質ディープ。京都大賞典からの実質ダウン戦なのに人気据え置き。今の高速過ぎない東京の馬場も良い。

△サンアップルトン…LC系。鮮度もあるからだろうが、ロブロイの割に春先は躍動感を感じた。前走は結果的に明らかに叩き台だった。日経賞くらい走れれば。


◎から馬連、3連複○、▲厚めに。続きを読む

カシオペアS2020予想

◎レッドガラン…L(SC)系。カナロアで休み明け合う。前走は勝ちに出て3人5着という強い内容で、鮮度があるおかげかまだまだSやCを感じる。量もあってなかなかバランスが良いタイプ。

△ランブリングアレー…SM系。小倉記念においてロードクエスト捲りの一番の被害者。苦を味わってからのダウン休み明け

△サトノフェイバー…LS系。休み明け、ダウンのL系逃げ馬。凡走後にどれだけ揉まれず気分よく行けるかが重要なタイプ

△カリビアンゴールド…LC系。1800m向きも今の重い馬場設定合いそうだし、良馬場では安定しているのに人気落ちなので

△ヴァンケドミンゴ…LC(S)系。七夕賞3着なのに人気落ち。外枠から体力生かせれば。1回叩いた方が良さそうではあるが…

△テーオービクトリー…LC系。4走前バイオスパークと0.1差。3走前はワンダープチュックに完勝。ここ2走もそこまで負けておらず

△ノーブルマーズ…S(LC)系。使い詰めて均衡からリズムを喪失しているが、小倉記念くらい走れれば

◎から馬連、3連複

天皇賞秋2020予想

◎アーモンドアイ…L系。摩擦薄レースなら史上最強クラスの馬。休み明けも良い

○ダノンキングリー…M系。CSっぽかったが、すっかり丸くなった。休み明けベスト

▲ダノンプレミアム…M系。同じくL化した量系ディープ。鮮度が薄れた分3番手評価

△クロノジェネシス…LS系。休み明けの中頭数は悪くないが、相対的にこの評価

☆スカーレットカラー…SC系。前走躍動感ある走り。開けすぎない間隔も丁度良い

◎から相手4頭3連複6点。

スワンS2020予想

◎カテドラル…SC系。好走後なのに、人気据え置きロックオブジブラルタル。人気で買いづらいS系だが、この人気で休み挟んで馬が戻ったと見るなら、単純にポテンシャルだけで買える。

○アルーシャ…M系。京成杯AHが強い内容。4人気で反動は気になるが、まだ鮮度はあるので

▲レインボーフラッグ…CL系。近走安定。混戦向きだし、今の重たい京都の馬場も丁度良い

△スマートオーディン…SL系。外差し要員。ポテ証明はあるし、休み挟んで馬が戻れば

△ボンセルヴィーソ…SM系。好走しても人気据え置き。速すぎない短縮京都芝1400mベスト

馬連BOX。◎単、◎からワイド

菊花賞2020予想

◎コントレイル…M系。東スポ杯から成長は感じないが、多少マイナス要素があったとしても6戦全て1人1着の馬が3着を外すのは考えづらい。

○ヴェルトライゼンデ…C系。延長+内枠で前に行く位置取りショック。前走は馬体緩かったし、脚を測った感じでいい前哨戦だった。

△ブラックホール…C系。ひたすら脚を溜めて前が崩れれば。ダービーも地味に走ってるし、外差し馬場+異端札幌記念組のポストファストタテヤマ。

△ターキッシュパレス…?系。菊花賞でトレンドの2走前条件戦、前哨戦でそこそこ走ったという実績、鮮度のバランスが良いタイプ。

△ディープボンド…SM系。ここ3走は単純に強い。7人気はなめられた印象で、変に条件戦組を狙うくらいなら、同馬の方が確実か。

△ガロアクリーク…S系。セントライトはS的に危ないタイミングも耐えた。本質は坂コースだと思うのが、前走を評価して。

◎から3連複、○単


京都9R
◎トウカイデュエル…好きだから。

単複

富士S2020、新潟牝馬S2020予想

富士S
◎シーズンズギフト…エピファ産駒のSM系。綺麗な形の短縮先行⇒差しのS系。3歳牝馬で斤量軽いし、単純に能力ある。
○ケイアイノーテック…CS系。まとまってきた均衡気味ディープ。人気据え置き安田くらい走れば。
△レイエンダ…LM系。人気なさすぎ
△タイセイビジョン…SM系。普通に強すぎ
△ワーケア…LS系。頭数減大外枠でダウン質

新潟牝馬S
◎コンダクトレス…雨、道悪、非根幹と言えばホワイトマズル
○フィリアプーラ…ハービンジャーのダウン延長
▲パルティアーモ…道悪特注ワークフォース。条件戦1人1着後で鮮度、勢い十分
△カーロバンビーナ…OP戦に出てきたディープ
△サトノワルキューレ…延長合うL系ディープ
△ミスマンマミーア…単純に強い。毎回外枠いやだが、馬場は外伸びなので

オクトーバーS2020、信越S2020予想

オクトーバーS
◎マイネルサーパス…CS系。多頭数の力の要る馬場向き。

◎単、相手を10頭に絞って馬連流し


信越S
◎ストーミーシー…SL系。使い詰めは気になるが、前走も逆位置取りVラインでしっかり走っている。
○プールヴィル…CS系。このメンバーで10倍付くなら。枠はもう少し内でもよかったが。
△カリオストロ…S系。前走控えて惨敗。51キロで逃げられなかった逃げ馬
△シャイニービーム…C系。短縮未知数も、混戦合うタイプ

◎、○の馬連、◎、○厚めでワイドBOX。

秋華賞2020予想

◎デアリングタクト…SL系。能力断然。道悪で体力要求される形も得意
○ミヤマザクラ…LC系。ディープにしては体力型。福永が先行すれば
▲ウインマイティー…CS系。ベタなC系の狙い。前走馬体減と4人気は嫌だが
△ムジカ…SL系。ここ2走躍動感のある走り。Sの連チャンと考えても良い
△ソフトフルート…LC系。スピード証明無いが、道悪なら。ディープ初重賞
☆クラヴァシュドール…CL(S)系。生涯初の人気急落。叩き2戦目で絞れば
☆オーマイダーリン…LS系。ディープ初G1。ローズ激走馬は2走前条件戦が○

◎から相手6頭3連複、○〜△までワイド4頭BOX。

京都大賞典2020予想

京都大賞典
◎バイオスパーク…CS系。Sに依存しすぎていないオルフェ産駒でバランスが良いタイプ。母父マイネルラヴなので距離延長に一抹の不安は覚えるものの、人気急落+混戦向きのC保有と考えれば目を瞑って狙える。

△キセキ…S(LC)系。過去の戦績から休み明けだと丁半博打の局面だが、道悪で馬が集中して走れれば。実績や格を考えれば4.0倍もなめられた。

△カセドラルベル…LC(S)系。タイセイトレイル、カフジプリンスと同配合。550キロの雄大な馬体から超体力型。延長道悪で早めに動くような競馬が出来れば。

△パフォーマプロミス…M系。量要素を多分に含みL寄りのまとまっているステゴ産駒。激走後だが、休み明けならリセットできると見て。京都2400も合う。

△キングオブコージ…LM系。連勝が連チャンではなく、能力で単調にそのまま走っているようなイメージ。カナロアだから休み明けは問題ない。

◎単複 ◎から馬連、ワイド

毎日王冠2020予想

毎日王冠
◎トーラスジェミニ…S系。非根幹向き逃げ馬。父キングズベストで道悪良い。エプソムを逃げのショックで激走した後も2回まとめたのを評価。前走は使い詰めの疲労もあったし、ラッキーの圧を受けながらでの1.0差なら悪くない。頭数減の短縮で同じペースで行けるなら楽には感じるはず。展開の助けは必要だが、この人気なら。

○サンレイポケット…LC系。ジャンポケ×ワイルドラッシュという配合馬で、血統的には体力、パワー型のS系か。ダートを使いたくなる血統構成。しかし戦績を見ると速い上りの差し競馬を好む馬になっている。これを本質と見るか、鮮度を保有しているから一時的に対応しているのかの判断は難しい。ただ一つ言えることは単純にずっと好走は続けており、裏にあるCの集中状態のようにも見える。まだ能力がどのあたりにあるか難しい馬で、一定の評価は必要だろう。

▲サリオス…SC(L)系。3歳馬の秋初戦としてはジェニュイン、バブル、ペルーサあたりが苦汁を飲まされている。能力は確かだし、ハーツにしてはまとまってて量があり休み明けからも大丈夫なタイプだが、物理的に勝負に行くかというと疑問は残る。道悪適性もそれ自体云々というよりも、イレギュラーな要素として考えて、1.2倍ならわざわざ本命にしなくてもというポジションの馬ではあると思う。

△カデナ…LC系。重い質に移行したディープで、前走58キロを背負って極限の上がり勝負でも対応していたのには驚いた。前回より上がりの掛かる馬場なのは良いし、腐っても大阪杯4着馬で、他馬の破綻があれば突っ込んでくるといったタイプ。

△サトノインプレッサ…LS系。L系だと思えば、短縮多頭数だったNHKの凡走、延長スローだったダービーの好走には合点がいく。能力はさほど評価していないが、弱いサトノクラウンみたいなイメージで捉えればこういう条件はむしろ合う。


◎、○単 ◎から馬連、3連複流し

オパールS2020予想

◎ヤマカツマーメイド…LC系。前走大外から勝ちに動いて5着。軽く差しに回れば
○プリディカメント…SM系。前走出遅れながらも末脚確か。中位人気向きの馬
▲エイシンデネブ…SL系。Hペース差し要因。母父サドラー系で道悪こなせれば
△リバティハイツ…C系。前走先行して布石を作りつつ初距離への短縮
△レジェーロ…SM系。前走は買ってはいけないタイミング
△トウショウピスト…SL系。前走久々に重賞で0.6差。特殊馬場で不振期脱せば

◎から馬連、3連複

スプリンターズS2020予想

スプリンターズS
◎ビアンフェ…SM系。3人気から人気急落。鮮度要求率高いキズナ古馬初G1
○ライトオンキュー…CS系。2人2着から人気落ち+混戦アップ戦のC系
▲ダイアトニック…LS系。こちらも人気落ち。前走は道悪+馬群と敗因ある
☆グランアレグリア…LS系。休み明けの鬼。短縮中山に疑問あり押さえ
☆モズスーパーフレア…S系。得意な舞台も昨年よりは臨戦が悪い。押さえ

◎単複 ◎、○、▲馬連、ワイドBOX。◎から☆まで3連複


ポートアイランドS
◎ハーレムライン…前走短縮+先行の中、好メンバーの割には頑張っていた
○モルフェオルフェ…短縮+久々の逃げられなかった逃げ馬
▲エメラルファイト…体調戻せば強いはず

分けわからないので穴狙い。
3頭の単複、ワイドBOX

オールカマー2020予想

◎サンアップルトン…L系。休み明け特注ゼンノロブロイ。休み明け激走後に1人1着した2走前のレースが強い内容。日経賞も出負けして後方からだったので仕方ない。少頭数で動きやすいレースなら。

○カレンブーケドール…CS系。臨戦的に厳しいと思われた休み明けの京都記念で2着。2人気は舐められており、多少叩き台だとしても3着以内は堅そう。

△センテリュオ…LC(S)系。延長で前に行く位置取りショック使えば。ずっと掲示板は確保しており、まとまり系の軽い人気落ちで。

△ミッキースワロー…SC(L)系。1人気は嫌だが、中山芝2200mはベスト。

△ステイフーリッシュ…M系。今は休み明けが合うダウン向きのステゴ。

◎から馬連、3連複(○厚め)

神戸新聞杯2020予想

◎コントレイル…M系。神戸新聞杯が2400mに替わってから、ダービー馬は[5-1-0-0]。唯一連を外したのがエイシンフラッシュで同馬はダービーが7人1着だった。それ以外の5頭は全馬ダービーで5人気以内で、ここを全勝。コントレイルも1人1着圧勝後で、土砂降りの不良馬場みたいなことが無い限りは、さすがに崩れる姿は考えづらい。

○メイショウボサツ…エピファネイア×マイネルラヴのSM系。青葉賞は激走後に出遅れながら5着確保、前走は短縮スローの上がり勝負で最後方から唯一差してきて4着。ここ2走の内容は良い。母父からCもありそうで、上手く中団に付けられれば。

▲ファルコニア…ディープインパクト産駒のM系。ここ2走は出遅れて酌量の余地あるし、間隔開けて鮮度補完したディープ。G1を使わなかったのは結果的に良さそう。まとまっており、休み明けから期待。

☆エンデュミオン…SC系。条件戦1人気から人気急落。馬体を増やした早苗賞から馬が変わった。母父ブライアンズタイムならSやCもありそうでアップ戦の中枠も良い。

△ヴェルトライゼンデ…CM系。ノーザンF産のドリジャでややまとまったC系か。本質は重い質の内枠だろうが、スプリングくらい走れば十分通用するレベル。

△ビターエンダー…SM系。ダービーは延長で下げる逆位置取り。再度前に行ければ。
△ディープキング…LC系。Lっぽいディープだが、まとまってるなら人気薄の着付けで。
△ロバートソンキー…C系。未勝利戦の内容が出色。Cはありそうでアップ多頭数内枠で。

◎−○、▲、☆ 馬連
○、▲、☆ ワイドBOX
◎−(○、▲、☆)−(○、▲、☆、△) 3連複15点

ローズS2020予想

◎クラヴァシュドール…CS(L)系。ポストリスグラシューとずっと言ってきた馬だったが、走る度にまとまりに近くなってきて、今は安定勢力側という馬。休み明け+短縮は良い。疲労が無ければ脚質にも幅が出そうで。

○ムジカ…S系。7戦連続複勝圏内なのに人気急落。前走は馬群の間をVラインを刻みながら抜けてきてたし、直線の脚も良かった。最後は出遅れの分止まったが、能力感じる。母父ディープで初重賞の鮮度活かせば。

▲フィオリキアリ…SM系。ボンオムトゥックが結構強い馬だと思うので、その馬に完勝した内容を評価。Sが強そうなのでローカル持続質戦は悪くない。

△フアナ…LC(S)系。不利がありながらも伸びてきたフローラSが強い内容だった。1人1着後でもあり、過剰人気気味でも仕方ない。

△デゼル…SL系。スマートリアンに楽勝しており、スムーズで能力を出せれば当然上位。オークスは1枠1番で明らかに楽→苦。ダウン外枠替わりで。

☆アカイイト…キズナ初重賞。前走出遅れてスローの内で包まれてしまい物理的に無理だった。出遅れず流れに乗れれば

○、▲単 ◎〜△馬連BOX。3連複◎流し

ケフェウスS2020予想

このレース絶対今年だけだろ(笑)

◎アトミックフォース…S(CL)系。新潟大賞典激走後に5着にまとめたのを評価。一定の量がある優しいタイプで休み明けでも対応できる

○ノーブルマーズ…S(LC)系。7歳馬で均衡の戦績だが、前走超Hペースを前で粘っていたのは同馬だけ。5人気ならギリ買えるライン

▲ラストドラフト…C系。中日新聞杯が良い走りだし、金鯱賞でも5着と単純に能力上。相手が弱いのと休み明けでボケてる可能性を考慮して3番手

△ミスマンマミーア…CS系。前走は、糞騎乗of the yearを与えたいレベルだった。活性化が無いのは嫌だが、差せる展開になれば

△ミスディレクション…S系。バウンド延長の逃げられなかった逃げ馬。前走差して0.8差なら巻き返しても

◎から馬連、3連複

セントウルS2020予想

セントウルS

◎トゥラヴェスーラ…ドリームジャーニー×アドマイヤコジーンのC系。前走はOP戦2人1着後に3人気になってしまい疲労&人気負けといった内容。今回はそこからの人気落ちで多頭数中枠と条件は揃った。父は速い上りの競馬が苦手な種牡馬なので、道悪もプラス

○ダノンスマッシュ…SC(L)系。L化して我慢が利かなくなった。ダウン戦+休み明けベスト

▲ノーワン…SL系。CBC賞が良い内容でそろそろ走り頃。ダート⇒芝のショックもあり

△セイウンコウセイ…S系。特殊馬場の中京芝1200mはベスト。久々に逃げたい

△ラヴィングアンサー…M系。京王杯SCが強い内容。理想を言えば活性化欲しかったが

△シヴァージ…S系。過剰人気気味だが、不振期に入っていなければ能力上位

単◎、▲ ◎から馬連、3連複○厚めで


京成杯AH
◎アフランシール…S系。延長アップハーツクライ古馬初重賞の鮮度。前走はHペースを前に行く逆位置取りながら圧勝。強い内容だった

○ストーミーシー…SL系。使い詰めは気になるが、先行できてから安定している。この人気なら

▲ボンセルヴィーソ…LS系。休み明けの人気急落。延長ですんなり先行できれば

☆ロフト先生…強いから∩(´∀`∩) ワッショーイ

3頭単、馬連、ワイドBOX、☆から馬連押さえ

紫苑S2020予想

紫苑S
◎スマートリアン…SL系。キズナ×Mr. GreeleyのSL系。ここ3走全てポテンシャルの証明。前走も速いペースを勝ちに行って、オーマイダーリンに1人1着と内容は濃かった。将来的にはマイラーかもだが、同世代戦なら。

○パラスアテナ…ルーラーシップ×スペシャルウィークのLC(S)系。ラジオNIKKEI賞でも評価したが、1人気の後方からで可哀相だった。福島2000mを35.9の上がりで圧勝した後に、東京の超スロー戦でも快勝と経験の多様性が魅力。

▲シーズンズギフト…エピファネイア×ゼンノロブロイのSM系。特殊前残り戦だったフラワーCで3着を外さなかったことを評価。中山芝2000m特注エピファネイア産駒もそうだが、単純に強い。

△クロスセル…LC(S)系。パラスアテナと同配合のポストロサグラウカ(微妙)。水仙賞の4着馬がガロアクリークで、5着馬のトウカイデュエルが先週条件戦を楽勝と、通用する下地は十分。

◎単複 ◎から馬連、ワイド

新潟記念2020予想

新潟記念予想
◎ピースワンパラディ…ジャングルポケット×アグネスデジタルのCS系。前走は特殊馬場だったし、出遅れたことで延長で控える逆位置取りの形で酌量の余地あり。ずっと人気負けしているC主導の馬で、軽い人気落ち+多頭数内枠根幹距離で巻き返す条件は揃った。中団には付けたい。

○インビジブルレイズ…ハーツクライ×サクラバクシンオーのSC系。条件戦激走後に白富士Sを勝ったのにはまず驚いた。しかもその後の新潟大賞典でも5着にまとめるあたりは充実している。前走は特殊馬場でノーカン。白富士のレース内容からダウンというタイプではない。強い相手向き。

▲ウインガナドル…ステイゴールド×メジロマックイーンのS系。血統はC系なのに走りがSっぽいのはマイネル系の成せる業か。ゴーステディを思い出す(笑)。連続連対なのに人気落ち。逃げられなかった逃げ馬で展開利を使ってどこまで。

△プレシャスブルー…ディープインパクト×アンバーシャダイのC系。母父の影響が強く、強い相手の混戦中位人気が向くタイプ。前走は-20もあったので、仕方ない敗戦。ある程度上がりの掛かる流れになれば。

△ジナンボー…ディープインパクト×キングカメハメハのSLorLS系。迷いに迷ったが、前走は明らかに合わない条件だったので、そこで出遅れて揉まれてからの前に行く位置取りショック+広いコース替わりで解放感はありそう。

馬連5頭BOX ◎から3連複流し。○−◎、▲、△、△ワイド



小倉2歳S予想
◎メイケイエール
多頭数内枠を逃げずに1人1着で圧勝後。外枠なら擦られる心配なく道悪さえこなせれば
○カシノレオ
道悪要員。母父キングヘイローで道悪持続質戦の適性はありそう。

2頭単、2頭の馬連、ワイド

新潟2歳S2020予想

◎ショックアクション…母父がプリモシーンと同じで新潟マイルは合う。多頭数戦を延長で控えて圧勝した前走の内容がとても良い。単純にいい馬だと思う
△シュヴァリエローズ…ディープ初重賞。多頭数戦で控えて1人1着なら仕方ない
△ジュラメント…キズナ初重賞。逃げた後は嫌だが、母父ギムレットで新潟マイル合いそう
△フラーズダルム…キズナ初重賞(笑)。母クーデグレイスなら良い精神構造はしてそうで
△セイウンダイモス…1人1着圧勝後の人気落ち。ローエン×マベサンならLっぽく外伸びで
△ハヴァス…メンバー中2頭しかいない新潟芝1600m勝ち馬

◎から馬連、3連複

キーンランドC2020予想

道悪で最内にダイアなのでHペース前崩れ想定。
混戦向きの馬と鮮度保有馬から。

◎ビリーバー…CS系。モンテロッソ×ネオユニヴァースのCS系。アイビスでも頑張っていたが、本質は道悪洋芝の方が合う重いタイプ。連続激走なので疲労は気になるが、人気のない間はCで踏ん張ると見て。

○ライトオンキュー…CS系。2走前で不振の気配だったが、前走が圧巻の内容。2走前は海外明けなので、調整不足と見て度外視。前走はダウンに反応したというより能力差の印象。アップ戦合う。

▲アスタールビー…LM系。母父ブライアンズタイムの軽量戦(古い格言)で古馬初重賞。ただ走り自体はカナロアっぽく量っぽい走りだが。一応鮮度あっての人気落ちなので、そこを評価して。

△エイティーンガール…SL系。ファイナルSとシルクロードSの内容は良かった。不振期っぽい感じだが、道悪特殊馬場Hペースで後ろで溜めるだけ溜めて差し脚に賭ければ巻き返しても。

△フィアーノロマーノ…LS系。前走は高速馬場の内々前残り戦だったので、その中ではよく追い込んではいた。L系のオプションである短縮失敗後の同距離で追走が楽になれば。

◎、▲単 ◎から馬連、3連複(○厚め)

札幌記念2020、北九州記念2020予想

時間がないため印だけ。すみません
札幌記念 平均ペースから後半4F戦持続質想定
◎イエッツト
○トーセンスーリヤ
▲カウディーリョ
△ラッキーライラック
△トーラスジェミニ

◎単複、◎から馬連、ワイド

北九州記念 Hペース外差し決着想定
◎アウィルアウェイ
○タイセイアベニール
▲メイショウキョウジ
△レッドアンシェル

4頭単、馬連、ワイドBOX

小倉記念2020予想

◎ランブリングアレー…M系。ディープインパクト産駒古馬初重賞。ベタで何が悪い!(笑)。対抗も考えたが、高速馬場のHペースで外も届くならこれで仕方ない。3倍ならむしろ頭で勝負

○ショウナンバルディ…S系。母父ダンチヒ系の人気落ち。臨戦過程がミヤビランベリっぽい

▲アールスター…CL系。母父サッカーボーイがC系で、斤量大幅減の格上挑戦+内枠は合う

△ロードクエスト…LS系。見落としていたが、母父が凡走後の距離延長の鬼チーフベアハート。着付けでいいです

◎から馬単、3連単6点。4頭馬連BOX

関屋記念2020予想

◎メイショウグロッケ…SM系。休み明け道悪特注メイショウサムソン。中山牝馬Sは連続激走の延長で我慢が利かなかった感じ。近走C感じるし、サムソンの牝馬だとフロンテアクイーンのイメージなら完全に吐き出しての混戦内枠悪くない。善臣先生もサムソン牝馬デンコウアンジュで道悪の内突きをやってるから大丈夫でしょ(笑)

○ミッキーブリランテ…LC(S)系。前走Hペースを早めに抜け出す競馬は強かった。反動ありそうだが、人気が無ければ圧力弱く吸収してくれると見て。タフな馬場も良い

▲グルーヴィット…SC系。Sが強く不振期っぽかったが、ようやく復調してきた。元々能力はある馬。前走は条件が軽すぎたので、延長でややタフな馬場の混戦はプラス

△プリモシーン…CS(L)系。加齢の影響かL化した。ただ完全なダウン質向きの馬ではなく、ダウンだけど多頭数内枠の混戦という絶妙な条件が合う。3人気もなめられた

◎、○単 4頭馬連、ワイドBOX

クイーンS2020予想

Mラジでは◎コントラだったのですが、土曜の馬場を見ると外が伸びているので混戦差しに張ります。


◎サムシングジャスト…CS系。前走の走りが秀逸でCを感じる。逃げ馬は揃っているので、Hペースで前が崩れれば
○ビーチサンバ…SC(L)系。上位人気の中では安定。オークス⇒ローズ巻き返しの内容から、非根幹ダウンくらいが丁度よいか
▲オールフォーラヴ…LC系。休み明け混合⇒牝馬限定、頭数減の実質ダウンディープ。府中牝馬Sくらい走れれば
△シャドウディーヴァ…SM系。秋華賞、東京新聞杯の内容は強かった。安定感は無いが、母父ダンチヒ系で中位人気時は常に注意

◎単、4頭馬連、ワイドBOX、◎から厚め

アイビスSD2020予想

アイビスSD
◎メイショウカズヒメ…SL系。ルミエールが内枠から差して0.2差。休み明けの外枠で前が開けば
○ゴールドクイーン…S系。芝、ダどちらも勝利経験ある外枠の馬でベタ。大惨敗後で開放感ありそう
▲イベリス…LS系。ここ2走はだらしないが、休み明け特注ロードカナロア。姉も勝った舞台で
△ライオンボス…S系。外目の枠で斤量減。ダントツ人気でないなら千直1人1着3回を評価して
△レジーナフォルテ…SM系。劣化版ナックビーナス。前走先行馬総崩れだし、休み明けで立て直せば

◎単複 馬連、3連複BOX

函館記念2020&中京記念2020予想

函館記念
◎マイネルファンロン…C系。前に行く位置取りで。逃げ馬多く持続質戦の番手競馬で。
○プレシャスブルー…C系。母父アンバーシャダイで小柄な面からもC系か。混戦で。
▲ミスマンマミーア…CS系。多頭数内枠。活性化乏しいが、前走Vラインなら。

3頭単勝、馬連・ワイドBOX、3連複1点


中京記念
◎ストーミーシー…SL系。先行活性化されて近走安定。坂コースのHペース外差しなら
○ディメンシオン…LC(S)系。前走短縮で前に行く逆位置取り。バウンド延長で
▲リバティハイツ…C系。混戦向き。均衡気味だが、内容は悪くない。展開ハマれば
△プリンスリターン…CL(S)系。M3のバランスが良い。ダウン混戦くらいが合いそう

◎、○、▲単勝 馬連・ワイドBOX


福島テレビOP
◎メイショウキョウジ…SM系。シヴァージと0.1差。先行でも差しでも競馬が出来る自在性が魅力。ダイワメジャーなら疲労の無い休み明け合う

◎単 10〜16の外枠に馬連流し
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card