私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

競馬予想

チャンピオンズC、ラピスラズリS2022予想

チャンピオンズC
◎シャマル
○ハピ
▲テーオーケインズ

◎シャマル…S系。相性の良い南部杯組。前走延長で控える逆位置取りでも、勝ち馬とタイム差なしの3着。走りからかなり充実している印象で、連チャン期までありそう。テーオーが立ち遅れての前目にプレッシャーの少ない展開なら。

○ハピ…SM系。1戦多い印象も、終いは確実。中京ダ1800は地味に[2-0-0-0]。3歳馬でまだ鮮度あるし、前走Vラインなら走る意欲は落ちていないと見て。

▲テーオーケインズ…SM系。平安S1着後の帝王賞凡走が気になる。ただ他の人気馬も怪しい感じで、相対的に押さえざるを得ない。

◎単複、○単、3頭馬連、ワイドBOX


ラピスラズリS
◎トキメキ…展開ハマれば突き抜ける能力は十分ある。ストーミーシーの下でそろそろ。

○スノーテーラー…2走前の無茶苦茶な競馬の後に前走の綺麗な立ち回り。これは単純に強い。

▲オパールシャルム…SM系。キーンランドCの5着が強い内容。中山芝1200mは内枠先行有利の舞台で。

◎単複、3頭馬連、ワイド3頭BOX

マイルCS2022予想

◎ダノンスコーピオン
○シュネルマイスター
▲ホウオウアマゾン
△マテンロウオリオン
△ダノンザキッド
△セリフォス

見解はMラジ、noteで→https://note.com/mbright/n/n873252981a4a

◎から馬連、3連複

エリザベス女王杯&福島記念2022予想

エリザベス女王杯
◎ウインマイティー
○ピンハイ
▲ウインマリリン
△スタニングローズ
△デアリングタクト
△ルビーカサブランカ

◎ウインマイティー…C系。マーメイドS激走後に延長スローを控えて3着した京都大賞典の内容が良かった。メトロポリタンSの逃げの活性によって、再度充実期を迎えている感じ。メンバー中2頭しかいない短縮臨戦馬。道悪になって重い質になれば短縮の優位性が生きそう。

○ピンハイ…S(C)系。チューリップ賞、桜花賞で馬群を縫うCの挙動を見せつつ、オークス、西宮Sで外から量や体力を感じる走り。秋華賞を回避したことで大きな疲労やストレスを抱えなくてすんだし、条件戦1人気1着の高揚感もある。過去15年で前走3勝クラス[0-0-0-27]というデータは、んなもんは知らん(笑)。馬場が悪すぎると体力面での不安があるため、稍重くらいまでに収まれば。

▲ウインマリリン…SC系。昨年のオールカマー激走後から札幌記念3着後に変わって、ストレス、疲労を軽減。元々ポテンシャルの証明はある馬で、あとは臨戦次第。阪神芝2200mは[0-0-0-3]も、1回目のエリ女では9人気4着で悪い印象は無い。

△スタニングローズ…M系。紫苑S→秋華賞1着からの臨戦と言えばショウナンパンドラ、ディアドラが負けている臨戦。しかし、スタニングはこの2頭と比較して先行力があり、ストレス、疲労を最小限に抑えている。小回り中山のフラワーC1着から、大幅延長広いコース替わりで2着したオークスがポテ証明としては十分すぎる。2〜3着は十分圏内。

△デアリングタクト…LS系。3歳時のようなSは薄れたことで、結局全馬消耗戦で体力だけ生かせるようなレースが今はベスト。それは宝塚記念での好走にも表れている。前走は内々決着の大外だったし、一応捲り入れていたので、そこまで悪い内容ではなかった。叩き2戦目で馬場が渋れば。

△ルビーカサブランカ…LC系。1800〜2000だと距離が短く届かない競馬をしていただけに、今回の2200mへの延長。阪神芝2200m[1-0-0-0]という実績は、同馬とアカイイトしか保有していない。全兄のユーキャンスマイル同様、初G1での激走に期待。

◎単勝、◎〜▲馬連BOX、◎から3連複流し



福島記念
◎フォワードアゲン…馬体が軽いセン馬でSやCの強いタイプだと推測できる。小回り1800mの条件戦で激走後に新潟芝2000mでも4着に好走した内容は良かった。充実している。53キロ据え置きで、多頭数内枠も良い。

○サトノエルドール…障害明け+ブリンカー装着で2番手から競馬をした前走が良い内容だった。ペースの上がる福島替わりで、軽く差しに回る位置取りショックを仕掛けられれば。

▲サトノセシル…洋芝専用機みたいな同馬が東京で2人気4着は強い内容だった。

△オニャンコポン…前走はアスクを捉えにって息切れ。短縮で差しに回れば。メンバー中唯一の3歳馬

△ヴァンケドミンゴ…いつも大外のイメージ(笑)。福島合う。

◎単勝、○複勝 馬連BOX、◎からワイド

天皇賞秋2022予想

天皇賞秋

◎ノースブリッジ
○シャフリヤール
▲マリアエレーナ
△イクイノックス
△ジャックドール

◎ノースブリッジ…モーリス×アドマイヤムーンのSL系。まず、楽逃げ後に控えて勝利したエプソムCに驚いた。そして、もっと驚いたのが毎日王冠。差してまともに競馬をしたことなかった馬が、出遅れながらもしっかり追い込んでいた時点で驚いたし、さらに開幕にしては外差しも利く馬場ながら、内で何度も進路を探すロスがあった。それで勝ち馬から0.4差の5着なら、勝ちに等しい内容と言える。正直まだポテンシャルの証明は足りないだろう。しかし、今回延長で前に行く位置取りショックを仕掛けられれば、過去最高点を出せるタイミングではあると思う。100点を出して上位馬にどこまで食い込めるか。

○シャフリヤール…ディープインパクト×Essence of DubaiのM系。馬体が軽くてアルアインの全弟なのでC主導に思えるが、走りからはまとまったタイプ。前走は欧州特有の重い馬場で苦しんだが、それだけに今回に向けては苦→楽。今年まだ3戦目で消耗も少ないし、国内の古馬混合G1に限れば昨年のジャパンカップ以来でまだ2戦目。アルアインの全弟なら距離も2000mくらいまでがベストだろう。

▲マリアエレーナ…クロフネ×ディープインパクトのSC系。前走の小倉記念は強すぎて、適性が向いたとかでは片付けられない内容だった。かなり充実している印象を受ける。馬体の軽い馬で体力はそこまで無いと思うので最内枠は良いし、Bコース替わりで先週よりは内が良い状態なのもプラス。上がりではノーザンF軍団に引けを取ると思うので、平均的に流れてくれれば。

△イクイノックス…キタサンブラック×キングヘイローのL系。皐月賞、日本ダービーともに2着で、世代間ではトップの実力馬。やはり皐月賞で3人気2着と激走したにもかかわらず2着に差してきた日本ダービーの内容が強かった。もう少し距離があっても良さそうなタイプに思えるが、休み明けの東京自体は合う。揉まれずスムーズに運びたい。

△ジャックドール…モーリス×Unbridled's SongのLC(S)系。モーリスの重さを母父の米国的なスピードと量で中和している配合で、バランスが良い。母父のおかげでSに頼りすぎず、精神的にも安定しているからこそ、この戦績を残せていると思う。大阪杯は使い詰めでHペースを逃げる競馬になってしまい最後は体力切れを起こしたが、今回は適度に間隔を開けて良い臨戦で臨めた。前走控えて競馬しながら勝ち切った内容も良く、宝塚記念をパスしたのも消耗を抑える意味で今回にとってはプラスに働くはず。

◎単勝、◎から馬連、ワイド、3連複BOX

菊花賞2022予想

◎ボルドグフーシュ
○セレシオン
▲ヴェローナシチー

◎ボルドグフーシュ…スクリーンヒーロー×LaymanのS系。サンデーサイレンスの3×3があるように、かなり気性の勝ったタイプで、走りは不安定。ただそれゆえに破壊力は保有していて、前走の糞Vラインでの3着からもその一端が垣間見える。阪神芝3000mなんてどの馬も走ったことないのだから、適性は分からない。なら、単純に近走の走る意欲を評価して同馬を本命。

○セレシオン…ハーツクライ×Candy StripesのS系。ハーツクライ産駒は過去15年[0-1-0-14]という呪縛があるものの、阿賀野川特別の友道厩舎といえば、ユーキャンスマイルとポポカテペトルが穴を開けている。前走の内容から能力的には足りていると思うので、レースの運び方次第。外々回されるような競馬だと厳しいので、縦長になって上手くインに入れたい。

▲ヴェローナシチー…LS系。エピファネイア×ゼンノロブロイのLS系。神戸新聞杯は内枠から揉まれる競馬になってしまい良さが出せなかった。多少ロスがあっても京都新聞杯のような体力を生かす競馬がベストだろう。もしくは潜在的にスタミナはあると思うので、川田で前に行く位置取りショックを仕掛けても面白い。初G1エピファの鮮度も一応あるので。

3頭単勝、馬連、ワイドBOX

富士S2022予想

◎ピースオブエイト
○セリフォス
△スマートリアン

◎ピースオブエイト…SM系。前走初めて控えて揉まれる競馬を経験したので、今回休み明けの外枠替わりで苦→楽。しかも前走はVラインながら5着まで走ったので、内容は濃かった。前走はペースも速かったので、今回ある程度前に付けてのペース落ちなら、逆ショッカーの形も取れそうでそれもプラス材料。

○セリフォス…M系。実績馬の休み明け組の中では一番無難な選択肢か。ダノンよりSでは劣る分、量があって安定感ではこちらが上。ダイワメジャーなので、少しずつ下降線は辿ると思うが、ダウン戦のここまでなら。

△スマートリアン…LS系。均衡気味もルメールの人気落ちなら。元々広いコースの外枠外伸び向きの馬。1200mはさすがに短かったと思うので。

◎単複。◎−○馬連、◎○△ワイドBOX

秋華賞2022予想

◎ウインエクレール
○スターズオンアース
▲サウンドビバーチェ
△メモリーレゾン
☆ナミュール

◎ウインエクレール…ディープインパクト×アドマイヤコジーンのCS系。メンバー中唯一のディープ産駒で、初のG1戦という鮮度を保有。スイートピーSでは1人気1着で楽勝しながらも、前走ダウンの少頭数外枠で敗退したあたりはCっぽい挙動に映った。また、道中掛かり癖があるようにSっぽい一面もあり、今回多頭数内枠のHペースでコントロールができれば。

○スターズオンアース…ドゥラメンテ×Smart StrikeのM系。CS的な桜花賞の走りと量で飲み込んだようなオークスの走り。この2レースの内容だけで、かなり高いレベルで全ての要素を保有していることが伺える。過去15年前走オークス組は[4-0-0-19]と極端だが、この4頭はアーモンドアイ、クロノジェネシス、デアリングタクト、アカイトリノムスメで、実績馬ならむしろそのまま実力を出せるローテ。

▲サウンドビバーチェ…ドゥラメンテ×Johan CruyffのS系。チューリップ賞4着、紫苑S2着にもかかわらず12番人気は明らかに過小評価。前走逃げたのは余計に思えるが、この馬自体絶対逃げなくては駄目という馬ではないため、ある程度持続質戦の番手競馬なら力を発揮できそう。結果的にオークスの除外によって鮮度低下を免れており、いい意味での異端性も持っている。

△メモリーレゾン…オルフェーヴル×ノボジャクのCL(S)系。前走というよりかは、2走前の延長で控えて圧勝した内容が良かった。ドS血統の割に走りが優等生なのは気になるが、坂コースの混戦替わりでパフォーマンスを上げられそうな血統なので、そこに一縷の望み。

☆ナミュール…ハービンジャー×ダイワメジャーのL系。前走はストレス、疲労の無い状態だったのに3着止まりで、スターズとは差を感じる内容だった。母父ダイワメジャーだから若干Sが邪魔して2400mまで持たなかったのかもだが…。チューリップ賞では馬群を縫っているように、休み明けなら意外としぶとい。揉まれすぎなければ。

◎単 ◎〜△馬連BOX ◎から3連複

毎日王冠2022予想

毎日王冠

◎キングオブコージ…L系。休み明け短縮ロードカナロア。横山武はいつもより1列前で競馬をしつつ同じ脚を使う技術のある騎手だと思うので、こういう追い込み一辺倒の馬に乗せて新味に期待したい。

○レイパパレ…LS系。休み明けダウンディープインパクト産駒。L主導で短縮凡走後の休み明け少頭数ダウン戦はベスト。

▲レッドベルオーブ…S系。逃げて連チャンの入り口の空気感。溜めずに逃げれば

◎単複 ◎−○馬連 3頭ワイドBOX

オパールS

◎ケープゴット
前走道中で軽い不利。ずっと弱いナックビーナスだと思っていて、人気に支持されてからの久々の人気急落で。

◎単複

スプリンターズS2022予想

スプリンターズS
◎シュネルマイスター
○ダイアトニック
▲トゥラヴェスーラ
△メイケイエール
△ナムラクレア

◎シュネルマイスター…S系。不安点は初の1200mという部分のみで、逆に言えば他はそこまでスキがないのでは。G1勝ち馬が同馬とナランフレグだけというのメンバー構成で、実績だけで言えば同馬が圧倒的に上。外枠に入って量だけで飲み込めるくらいのポテンシャルはある。

○ダイアトニック…CS(L)系。これはもう一度だけ買わせて下さい。お願いします。年内重賞1人気1着経験保有馬でありながら、人気無し。高松宮の叫び声ダメージから休み明けで記憶が薄れていれば。

▲トゥラヴェスーラ…C系。叩き型と思わせて休み明けでも人気がないと走るのがC系。近走安定しており、負けるタイミングで踏ん張れるようになった。欲を言えば稍重くらいは欲しかったが。

△メイケイエール…S系。強いから。もういいよ。もう消さないよ。

△ナムラクレア…SM系。北九州記念の脚が凄かった。Vラインのような走りで走る気が満ちているし、3歳馬で鮮度も保有。


◎単、○単複 ◎から馬連、3連複

オールカマー&神戸新聞杯2022予想

オールカマー
◎フライライクバード
○ソーヴァリアント
▲ジェラルディーナ
△デアリングタクト
△テーオーロイヤル

◎フライライクバード…スクリーンヒーロー×シンボリクリスエスのSL系。休み明け[1-2-1-0]の休み明け巧者。使い詰めや激走後だと馬が不安定で、本来の力を発揮できないケースが多い。条件戦ではディープボンドやアリストテレス、ヒートオンビートあたりと対等にやり合っていた馬で、初の超人気急落+短縮のスクリーンヒーローなら。また母方にノーザンテーストの血があり、中山非根幹も合いそう。

○ソーヴァリアント…CS系。単純にめちゃくちゃ強い。母父シンボリクリスエスから量を供給している印象で、オルフェにしてはSに頼っておらず、休み明けでも極端に着順を落とすことはないだろう。本質的には2000mくらいがベストだと思うので、平均スローくらいでスタミナをそこまで要求されない展開になった方が楽か。

▲ジェラルディーナ…同馬の弱点は活性化の無さ。それを補うのが延長臨戦で、マイルを挟みつつの久々の2200mは苦→楽。前走もVラインで走れていたし、1人気でもしっかり3着を確保したあたりは一定の能力を証明できたと思う。

△デアリングタクト…宝塚記念の◎。体力を活かせる非根幹坂コースはベスト。上手く捲くる形を作れれば。

△テーオーロイヤル…リオンディーズなら短縮+坂コースは良い。ちょっと同馬の能力を測りかねているところがあるので、怖いので押さえるってイメージ。

◎単複、3連複BOX


神戸新聞杯
◎リカンカブール
○ジュンブロッサム
▲レヴァンジル
△ヴェローナシチー
△ビーアストニッシド

◎リカンカブール…超Hペースを先行して4着に粘った京都新聞杯が強い内容だった。前走もしダウンに反応したと言うのなら、もっと圧勝していていいはずで、内容的には再度のアップ戦でも問題なさそう。母方にダンチヒ系とヌレイエフ系で、まとまっている。1人1着後の人気急落で。

○ジュンブロッサム…前走は多頭数戦でも難なく1人気1着圧勝。馬体が増えてこないのはやや不満も、戦ってきた相手が強く、ここでも地力は上位。ワールドエース産駒にはレッドヴェロシティがいるように意外と距離も持つ。

▲レヴァンジル…青葉賞1人気からの人気急落。青葉賞はすみれSを逃げて接戦後だったので、仕方ない敗戦。ドゥラメンテ×フランケルなら休み明けも合う。

△ヴェローナシチー…強い。ただあまり馬群には入れたくないタイプで、上手く外に出して捲れるかが鍵を握る。体力は豊富で延長坂コース自体は合う。

△ビーアストニッシド…逃げられれば。前に行ければしぶといタイプで、2200までなら守備範囲だろう。切れる脚はないため、平均的に脚を使いたい。

◎単複 馬連BOX、◎からワイド

ローズS2022予想

ローズS
◎パーソナルハイ
○メモリーレゾン
▲セントカメリア
△エグランタイン
△ヴァンルーラー

◎パーソナルハイ…SL(C)系。デビュー当初は一本調子なSLorLS系といった馬だったが、桜花賞の走りでそのイメージが変わった。短縮内枠で控える競馬でもしぶとく6着した内容は、元々持っているSやLに加え、裏にCもあるような走りで、クロコスミアやカワキタエンカに近い雰囲気を感じた。とはいえ、やはり逃げるに越したことはないと思うので、逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しい。フローラSの内容からも、ショックがあればそう簡単には止まらないだろう。また、今回条件戦組の馬が多く、メンバー中重賞連対実績があるのは同馬だけ。逆張りという意味では合致する。

○メモリーレゾン…SC系。オルフェーヴル×ノボジャックのSC系。とにもかくにもコントロールの難しいS系が延長で控えて1人気1着した前走の内容が光る。ただ逆に言えば、そこまで痛烈なSは保有しておらず、血統の割にはまとまったタイプゆえに延長に対応した可能性も否定できない。仮にそうだとしたら、この穴人気した状態では勝ち切るまではどうか。Mラジでは◎にしていたものの、そこが気になって対抗にしてみた。

▲セントカメリア…LS系。ドゥラメンテ×エリシオのLS系。アドマイヤラクティの半妹で、M3タイプ云々よりかはまず体力があってそれでレースを支配している馬。2走前道悪でガイアフォースに逃げて完勝しながら、前走高速馬場で控えた競馬でも2着にまとめた内容は良かった。単純に能力上位の可能性が高い。

△エグランタイン…S系。キズナ×Distorted HumorのS系。父キズナがS系ということと、母父も母父としての代表馬にスマイルカナやモーニンがいて、同馬もかなりSが強いタイプと推測できる。3走前15人気1着、2走前出遅れながら8人気2着、そして前走の1人1着圧勝と、かなり連チャン期っぽい推移。キズナ初重賞の鮮度と、この人気落ちならもう1回走ってくる可能性は十分。

△ヴァンルーラー…L系。前走はほぼ勝ちに等しい内容だったし、3着にはミスフィガロがいてレースレベルは低くなかった。フローラSでは惨敗も、出遅れて大外を回すロスの大きい競馬。また、フェアリーSでは二冠馬のスターズオンアースと0.4差と考えれば、全く通用しないということはないだろう。ズブい面があるため、延長+外枠を利用して先行できるようなら。

◎単、◎からワイド、馬連BOX


《おまけ》
ラジオ日本賞

◎バイオスパーク…CS系。全弟のマイネルクロンヌがダート替わりで結果を出し、先日も2勝クラスで2着していた。また、今回同じレースに出ているウシュバテソーロも、前走ダート替わりで一変したオルフェ産駒。今年に入ってから芝重賞勝ちのあるラーゴムもダートのOP戦で勝利し、そのSとパワーゆえのダート適性を遺憾なく発揮している。少し前まではダート替わり特注種牡馬と言えばネオユニヴァースだったが、今はオルフェーヴルがその座についたか。

◎単複!

京成杯AH&セントウルS2022予想

京成杯AH
◎コムストックロード
○ダーリントンホール
▲インテンスライト
△ファルコニア
△ミスニューヨーク

◎コムストックロード…SM系。前走は出遅れたうえに、外の伸びる馬場を内に突っ込んで4着。1人気も可哀想だった。今回斤量据え置きの51キロに加え、メンバー唯一の1200m臨戦&3歳牝馬という異端性は魅力。どちらかというと延長は苦手なタイプに映るが、ショックには反応しそうな馬なので前に行く位置取りショックがあればごまかせるだろう。

○ダーリントンホール…CL(S)系。CLベースの真面目でまとまっているタイプ。休みを挟んだことと、距離のカテゴリーを変更したことが功を奏した。共同通信杯勝ち馬だが、血統的には中山の方が合いそう。軽い人気落ちがあればより面白い。

▲インテンスライト…LC(S)系。エイシンフラッシュ×フレンチデピュティなら道悪の方が面白そうだが、鮮度とダービー卿CTの内容を評価して。馬群を苦にしないタイプなので、内枠もプラス。

△ファルコニア…M系。ヴァンドギャルドの弱い版で、量産型まとまりディープ牡馬の筆頭格。4着っぽい気もするが、こういうのに3着入られたら面倒くさいので(笑)。

△ミスニューヨーク…LC系。本質的には重い質向きのズブい馬だが、デムーロがそれを中和させている。前走もスロー前残りの割には頑張っており、単純に地力上位。

◎単複、◎から馬連、3連複BOX


セントウルS
◎サンライズオネスト
○ソングライン
▲メイケイエール

◎サンライズオネスト…SM系。ここ2走グイグイ感ある末脚。ノーストレス、疲労薄状態の休み明け+少頭数替わりで、阪急杯くらい位置を取れれば。

○ソングライン…SM系。メイケイとの比較ではこちらを上に。揉まれ弱いタイプなだけに、休み明けの少頭数外枠+ルメールでその不安が解消されたのは大きい。

▲メイケイエール…SL系。まだイマイチ信用しきれていない。本質は不安定なSL系で人気だと怖い。ここ圧勝のスプリンターズS内枠どん詰まりパターンにも期待しつつ、押さえておく

◎単、◎から馬連、3連複1点

新潟記念&小倉2歳S2022予想

新潟記念
◎カラテ
○ヒートオンビート
▲サンレイポケット
△カイザーバローズ

◎カラテ…CS系。マイラーズCは激走後の反動、安田記念はノーザンF産の馬が独占する超スロー戦で集中できずと一応敗因はある。トゥザグローリー×フレンチデピュティなら、そこまで延長は苦にならず(フレンチはアドマイヤジュピタやメイショウベルーガなど、一時期延長の鬼だった時期があった)、多頭数内枠で集中力を活かせれば。距離はとりあえず置いておいて、中山記念でパンサラッサの2着なら単純に能力上位で。

○ヒートオンビート…M系。人気が無茶苦茶なので、もう強いと思ってる順に買うイメージで。サンレイとは能力だけで言うならサンレイの方が上だろうが、10回やったらこっちが6〜7回は勝ちそう。つまり、常に80点以上を出せるような安定感という意味では同馬の方が上で、その分対抗評価。

▲サンレイポケット…CL系。Mラジでは強気で消し!なんて息巻いてたんですが、蓋を開ければ9倍て。3倍でもいいような馬ですよ。ちょっと過小評価すぎるので、▲まで上げた。軽すぎず重すぎずの今の新潟の馬場もフィットしそう。極端な外伸びでなければ。

△カイザーバローズ…M系。前走は激走後にもかかわらず1人気に祭り上げられ可哀想だった。中内田厩舎らしく休み明けの方が良い。軽い人気落ちも後押し。

◎単、馬連BOX、◎からワイド


小倉2歳S
◎プロトポロス
○ニシノトキメキ
▲メイショウコギク
△ゴールデンウィンド
△ウメムスビ

◎プロトポロス…M系。前走は9頭立てながら1枠1番で競馬が出来たのは良かったし、単純に強い内容だった。レース振りからは真面目そうなタイプで、頭数増やペースアップにも順応しそう。

○ニシノトキメキ…M系。リアルスティール×ダイワメジャーなら、まとまったタイプ。現時点で人気はないが、前走でミカッテヨンデイイに勝利しており、能力的には十分争覇圏内。

▲メイショウコギク…SL系。まだまだ走りが子供で遊びながら走っている。それでも前走の強さなので、もっとレースに集中できれば。ただそれだけに穴向きな印象で、やや過剰人気ではあるが。

△ゴールデンウィンド…CL系。血統的にはダートの方が良さそうだが、新馬戦は4角で不利があったので参考外。ダートの内枠で厳しい経験を補完した異端臨戦は魅力的に映る。

△ウメムスビ…S系。前走2人気からの人気急落。前走は目標になってしまい、可哀想だった。番手で競馬ができれば。これ前走がなければ5〜6人気くらいでも良さそうな戦績。

◎から馬連、ワイド

札幌2歳S2022予想

◎ドゥアイズ
○ダイヤモンドハンズ
▲ウェイビー
△ジョウショーホープ
△ドゥーラ
△トーセンウォルト

◎ドゥアイズ…CL系。ルーラーシップ×ディープインパクトというとキセキがいるが、キセキは500キロ超えの大型牡馬に対して、同馬は小柄な牝馬。その分体力面は劣るが、C要素は強そう。実際、新馬戦はインに潜り込んで勝負根性を発揮して1着だった。ポストウラヌスチャームを目指してください(笑)。

○ダイヤモンドハンズ…LM系サトノダイヤモンドの産駒で馬格もあり、ジオグリフ2世的な馬になりそうな気配を感じる。体力を要求される洋芝は合いそう。

▲ウェイビー…新馬戦で評判馬ライツオブキングスに勝利。前走も卒なく短縮に反応していて、バランスの良さがある。

△ジョウショーホープ…ルメールだから(笑)。

△ドゥーラ…新馬戦でドゥアイズと接戦。血統的に重めのタイプで、時計の掛かる馬場が合う。

△トーセンウォルト…1戦ごとに内容が見違えるように良くなっている。カーリアンの3×3のクロスがあり、洋芝も合う。

◎単勝、◎から馬連、◎−○ワイド

キーンランドC&新潟2歳S2022予想

キーンランドC
◎エイティーンガール
○トウシンマカオ
▲マイネルジェロディ
△ロードマックス
△メイショウミモザ

◎エイティーンガール…SL系。重い馬場を得意とするあたりは、極端な馬場・戦法を好むヨハネスブルグ産駒らしい。現在同レース2連覇中の札幌芝1200m巧者に加え、ダウン+休み明けで分かりやすいタイミング。ただそれだけに、いかにもすぎて嫌いたい面もあったが、高松宮記念の脚や現時点で5人気と考えると、仕方ないか。

○トウシンマカオ…CS系。M的な発想ならこれが一番無難な選択肢か。だからか分からないが、現時点で1人気とは、皆さん鮮度保有馬お好きですね(笑)。タイプ的に大外枠は合わないものの、土曜から外伸び馬場が続いているので、最内枠よりは良い。短縮なので、軽く差しに回りたい。

▲マイネルジェロディ…CS系。スクリーンヒーロー×ロージズインメイなら、クリノガウディーと似たタイプで、重い馬場+ショックがハマりそう。前走軽い馬場を先行してからの重い馬場+差しに回る位置取りショック。

△ロードマックス…SL系。配合的にはC系っぽいが、馬自体は中位人気向きの不安定なSL系。大幅短縮激走後で反動が心配な局面も、馬場自体はフィットしそうで、人気据え置きならもう一度走ってきそうなタイプ。

△メイショウミモザ…CS系。トロットスターの中日スポーツ賞4歳Sを思い出す綺麗な形のバウンド式異端短縮ショッカー(笑)。差しに回る位置取りショック+外伸び馬場と条件は揃った。

馬連BOX、◎から3連複流し


新潟2歳S
◎キタウイング
○ロードディフィート

◎キタウイング…S系。Hペースの福島芝1200mで追い込んだ後に、新潟芝1600mでスローを控えて勝利した内容が良い。延長を控えて勝つのはポテンシャルの証明。たった2戦ながら経験値が高く、将来穴馬ホースとして楽しみ。過去の馬だとオーバースペックを彷彿とさせる。

○ロードディフィート…ここ2走の走りと、父ダンチヒ系で安定感のあるまとまったタイプ。新馬戦で多頭数経験もあるし、母父ダイワメジャーなら道悪も問題なさそうで、3着は堅そう。

◎単勝、馬連・ワイド

札幌記念&北九州記念2022予想

札幌記念
◎パンサラッサ
○ウインマリリン
▲グローリーヴェイズ
△ユーバーレーベン

◎パンサラッサ…S系。ロードカナロア産駒だが、母父モンジューで重めにシフトしている。激走後で距離も長かった宝塚記念で8着にまとめたのは、馬が充実している証拠。短縮+ペース落ちでの逃げは楽に感じるだろう。一本調子な硬いS系にならないのは、量を保有するカナロアとモンジューの為せる業か。

○ウインマリリン…SC系。3走前、2走前で不振期のような推移だったが、前走では久々にやる気を見せていた。馬が戻れば能力は確かだし、小回り持続質戦への適性も高い。昨年はオールカマーで鮮やかすぎる勝利。ここらで本気を出しちゃうのがマイネル系ってこともあり。

▲グローリーヴェイズ…今はM系かLC系あたりか。加齢の影響もあってL化している分、相対的に休み明けの適性は上がっている。2000mは短い印象も、パンサラッサの作るペースで地力が問われれば。

△ユーバーレーベン…休み明けの外枠はイマイチのC系だが、5人気という挑戦者の立場での稍重2000m混戦はかなりフィットしそう。15倍前後で推移するようなら、地力を評価して押さえる。

◎から馬連、3連複BOX


北九州記念
◎アネゴハダ
○メイショウチタン
▲シンシティ
△タイセイビジョン
△ナムラクレア
☆ファストフォース

◎アネゴハダ…S系。条件戦1人1着圧勝経験あるし、今回は1人気からの解放&道悪特注キズナ産駒。

○メイショウチタン…C系。前走は休み明けながら走る意欲を見せていた。高速馬場は苦手でもう少し重い質なら。

▲シンシティ…S系。まだ芝は3戦目で鮮度十分。1000mからの延長特殊馬場の逃げで。

△タイセイビジョン…SC系。激走後は不安も、相手が弱すぎる。2〜3着なら。

△ナムラクレア…SM系。こちらも他が弱すぎてタイセイ同様怖いので押さえる。

☆ファストフォース…SL系。シンシティと同じく逃げ要員。一応前走は落鉄らしい。

◎単勝 ◎から馬連、ワイド

レパードS&エルムS2022予想

ダートは初心者ですから…

レパードS
◎トウセツ…血統的にタイプはよく分からないが、Cっぽい挙動は見せている。多頭数内枠アップ初重賞戦で1人気からの人気落ちは面白そう。ズブい面は気になるので、鞍上には置いていかれないようにして欲しい。

◎単複

エルムS
◎ブラックアーメット…川崎記念4着とはいえ、2着とは0.1差なので、OP・重賞では通用してもおかしくない。今回逃げ馬が揃ったので、前崩れのずぶずぶの展開になれば。将来的には2000m以上で狙いたいが。

◎単複

クイーンS&アイビスSD2022予想

クイーンS
◎ウォーターナビレラ
○スライリー
▲ファーストフォリオ
△ローザノワール
△メイショウミモザ

◎ウォーターナビレラ…SL系。3歳牝馬で同世代戦の重賞を勝てるくらいのレベルの馬なら、アエロリット、オースミハルカ、アプリコットフィズ、アイムユアーズなどが1着している。1800mが長いと言われているが、ソダシも昨夏ベストとは言えない2000mで勝利しているように、オークスで苦を味わってからの短縮臨戦&鮮度+斤量ならこなせてしまう。SL系ベースの割に母父キングヘイローだからか奥があってすぐ不振期に入るような馬にも見えず、ここは仕方ない。秋華賞は切ります(笑)。

○スライリー…SL系。走る意欲はあり、あとは活性だけが足りない状態と見ていたので、前走掛かりながら捲った形を取れたのは大きい。また、前走のような東京で折り合わせる競馬はS主導のオルフェ産駒には苦条件なので、凡走後のローカル小回り替わりも良い。

▲ファーストフォリオ…SM系。リオンディーズの全妹でSが強く、距離を短くしてパフォーマンスを上げてきたタイプ。しかしながら日高Sでは300m延長に対応しており、血統的な下地を考えても短距離特化型というわけではないだろう。2走前の脚が異常で、追い込みに徹すれば。

△ローザノワール…S系。逃げ要員。過剰人気だが、逃げはそれを一番かき消すことができる脚質。
△メイショウミモザ…CS系。阪神牝馬Sの内容が良かった。前走は出遅れて競馬に参加できず仕切り直しの一戦。

◎から馬連、3連複、〇単


アイビスSD
◎マウンテンムスメ
○ジュニパーベリー
▲ロードベイリーフ

◎マウンテンムスメ…S系。アドマイヤムーン×ストーミングホームというS系配合で、連チャンの入り口のような気配がある。1000m実績馬の枠比較や能力比較に時間を割くくらいなら、異端鮮度馬で良い。

○ジュニパーベリー…S系。ゴールドシップというより、ほぼほぼ母父のスニッツェル(笑)。前走マリアズハートから1人気を奪った千直巧者で、1回の凡走でここまで人気が落ちるなら。

▲ロードベイリーフ…タイプはよくわからないが、ここ2走はグイグイ感のある末脚を披露。まだ重賞挑戦回数も少ないため、鮮度も保有。枠に目をつむれば。

3頭単勝、馬連・ワイドBOX

中京記念2022予想

中京記念

◎ベレヌス
○カイザーミノル
▲シャーレイポピー
☆ベステンダンク

◎ベレヌス…S系。高速前残りの競馬になると思うので、延長臨戦の馬を評価。楽逃げ後は嫌な材料も、近走着順をまとめてきているのは充実している証拠。父タートルボウルと言えば、小倉重賞2勝のトリオンフがいる。

○カイザーミノル…SC(L)系。以前の一本調子な面は消え、差しを覚えてから安定感が増した。こちらも激走後にはなるが、毎日王冠5着や京都金杯3着を考えると、ここでは実績は上。3人気止まりなら。

▲シャーレイポピー…ここ2走は案外な内容も、2走前は楽逃げ後の控える競馬、前走は落鉄があったそうなので、一応酌量の余地あり。紫苑Sと条件戦での内容は良かったので。

☆ベステンダンク…S系。逃げ要員で。逃げられなかった逃げ馬があればより面白かったが…。

◎単、◎〜▲馬連・ワイドBOX。☆からワイド

宝塚記念&パラダイスS2022予想

宝塚記念
◎オーソリティ
○デアリングタクト
▲ウインマリリン

◎オーソリティ
オルフェーヴル×シンボリクリスエスのL系。今まで前哨戦快勝後にG1で弾かれていたヘタレL系が昨年のJCで初めてG1で2着と好走してみせた。少しずつ課題を克服している印象があり、ここも東京巧者のイメージだけで評価を下げると痛い目を見そう。負けるタイミングで負けなくなってきたのは地力の証明。また、オルフェーヴル産駒なら本来この舞台は悪くない。地味に親子制覇に期待ということで。

○デアリングタクト
エピファネイア×キングカメハメハのLS系。前走はマイル戦で多頭数の最内枠という決して同馬にとって楽な舞台ではなかったが、そんな中でも0.5差の6着。しかも直線での脚もまだまだ走る気が満ちていた。これだけでポテ証明としては十分だし、体力、量の塊みたいな馬で、軽い凡走後の延長坂コースもベスト条件。G13勝の実績とあの2年前のジャパンカップを3着した馬で、4人気は過大評価ではなく、むしろ過小評価の部類。

▲ウインマリリン
スクリーンヒーロー×Fusaichi PegasusのSC系。現状S系の不振期のような状態だが、オークス、天皇賞春の2戦でポテンシャルの証明は十分。理想を言えばもう少し内枠の方が良かったが、阪神芝2200mという舞台は合うだけに、ここまで人気が無いなら騙されても。

◎○▲単勝、馬連・ワイドBOX


パラダイスS
◎サンクテュエール
福島牝馬Sは延長Hペースを前に行ってしまいスタミナ切れを起こしたが、しっかり先行できていた分活性化には繋がったと思う。鮮度が薄れたディープ産駒なので、今回のダウン+広いコースのそこまで強くない相手という条件は良い。前すぎず後ろすぎず8番手あたりを取ることができれば。

◎単複

マーメイドS&ユニコーンS2022予想

マーメイドS
◎ウインマイティー
○マリアエレーナ
▲スルーセブンシーズ
△ルビーカサブランカ
△アイコンテーラー

◎ウインマイティー…CS系。今まで1.0秒以上負けている状態から、前走逃げて0.5差。先行活性化とリズムをいっぺんに取り戻した。メンバー中2頭しかいない短縮ショッカー馬で、異端臨戦+人気落ち多頭数混戦なら。

○マリアエレーナ…S(CL)系。前走激走後の延長でスタミナ切れ。それでも0.5差負け程度だったし、今回休み明けで2000mに戻れば。ペースが流れるようなら、軽く差しに回る形がベスト。

▲スルーセブンシーズ…C系。同馬も短縮。前走は延長で控える逆位置取りで2着。重賞実績ありつつ、前走条件戦で鮮度も保有しているタイプ。

△ルビーカサブランカ…LC系。1800mは短かったが、2戦とも0.2差で留めたので、延長で得意距離に戻れば。阪神も合うし、軽い人気落ちもプラス。

△アイコンテーラー…SM系。マーメイドSは毎年逃げ馬が穴を開けるので、逃げ要員として。ポテ証明はそこまでないが、前走は1人気に祭り上げられて可哀想だったので、開放感はあるはず。

◎単複 馬連BOX


ユニコーンS
◎ティーガーデン
○ペイシャエス
▲セキフウ
△コンバスチョン

◎ティーガーデン…SM系。ドゥラメンテ×シンボリクリスエスで、東京ダート替わり合いそう。ルメール継続騎乗も心強い。

○ペイシャエス…S系。前走は激走後ながら、差し決着を先行して5着に踏ん張る強い内容。後ろから行く馬が多いメンバー構成で、人気落ちで前走より楽に先行できれば。

▲セキフウ…SC系。強いから。

△コンバスチョン…S系。強いから。

◎○単 ◎からワイド 馬連BOX

エプソムC&函館SS2022予想

エプソムC
◎ヤマニンサンパ
○ジャスティンカフェ
▲シャドウディーヴァ
△ザダル
☆ガロアクリーク

◎ヤマニンサンパ…CS系。母父スウェプトオーヴァーボードということで、グローリーヴェイズと同配合。前走狭くなったところを抜けてくるC質を保有し、今はかなり充実している状態。あの走りを見るともっっと多頭数の方が面白そうだが、ディープ初重賞含めてここは勢いだけでも十分通用。

○ジャスティンカフェ…LS系。延長初重賞特注エピファ産駒。前走圧巻の走りを披露し、量とスピードはかなり保有してそう。揉まれないでスムーズなら鮮度あるうちは安定しそうで、東京の少頭数はベスト。対抗に下げたのはあまりにも調教で動かなかったので(爆)。

▲シャドウディーヴァ…LS(C)系。もうタイプはよく分からん(笑)。G1だと家賃が高い印象で、凡走後の東京のG2〜G3がスイートスポット。人気も手頃で、母父ダンチヒ的にも嬉しい限り。

△ザダル…CL系。前走はストレス、疲労があるところに馬群に入ってしまい万事休す。新潟記念と同じ負け方。凡走後にレーン乗り替わりでS付加あれば

☆ガロアクリーク…S系。オルフェ産駒っぽい感じで、中位人気向きのS系。2走前の末脚が良かった。ただ東京よりは中山向きだと思うので、押さえで。

◎単、◎〜△馬連BOX、◎−☆ワイド


函館SS
◎ライトオンキュー
○ジュビリーヘッド
▲ビアンフェ
△プルパレイ
△ナムラクレア

◎ライトオンキュー…CS(L)系。加齢の影響でL化したC系。今はダウン混戦くらいがベストだろう。衰えはあるだろうが、先行できているのは良い。外枠でCっぽい負け方をした京阪杯くらい走れれば

○ジュビリーヘッド…M系。メンバー中唯一の前走条件戦勝ち馬。前走完勝からの重賞初挑戦の鮮度持ち。

▲ビアンフェ…S系。多少の衰えは感じるものの、まだまだ前残り馬場だと思うので、逃げという脚質だけで十分武器。

△プルパレイ…CS系。凡走後の短縮+内枠替わり。52キロ良いし、ファルコンSでは名馬トウシンマカオに勝利(笑)。

△ナムラクレア…SM系。この戦績で50キロは反則。2走前まで馬群に苦しむ面も見られたので、流れに乗れれば。


◎単複、○単、馬連BOX

安田記念2022予想

◎ダイアトニック
○カラテ
▲ソングライン
△シュネルマイスター
△セリフォス

◎、○単勝。◎、○からワイド。馬連BOXで!

オークス2022予想

オークス
◎ナミュール
○ベルクレスタ
▲ルージュエヴァイユ

◎ナミュール…L系。前走はチューリップ賞が鮮やかすぎた反動で、綺麗な○×○。血統の字面的にスタミナ要素は感じないため、速すぎると単純なスタミナ不足が怖い。平均スローの差し競馬ベスト。

○ベルクレスタ…S(CL)系。均衡気味な戦績も、走り自体にはまだ躍動感が残っている。クイーンCは後ろ過ぎてのVライン、桜花賞も内伸び馬場の外枠で敗因は明白。フラットな馬場で位置を取れば。

▲ルージュエヴァイユ…SM系。ビッシュと戦績が似ているため、巻き返しても良い条件は引っ張ってきた。前走のフローラSでは、直線でほとんど追えていないため、人気落ちでスムーズなら。

◎○単勝、馬連・ワイドBOX

ヴィクトリアM2022予想

全頭考察も終わっているので、軽く

ヴィクトリアM
◎ファインルージュ
○アンドヴァラナウト
▲クリノプレミアム
△メイショウミモザ
△レイパパレ
△シャドウディーヴァ

◎ファインルージュ…SM系。休み明け特注キズナ産駒。休み明けの最大の弱点は馬群への対応力が落ちることだが、11番枠+ルメールによってその不安はほとんど払拭されてしまった。秋華賞でポテンシャル証明は十分すぎるほどあるので、まあ無難にこれを本命で大丈夫でしょう。

○アンドヴァラナウト…M系。前走は短縮を前に行く逆位置取りの形ながら1人気2着。今回軽く差しに回る形なら、人気落ち+着付け王福永も相まって好走の確率は高そう。こちらもローズS1着後に秋華賞3着でポテ証明あるし、愛知杯の不可解な凡走も逆にCを証明した感じでプラスに捉えられる。

▲クリノプレミアム…CS系。京都金杯あたりから馬が変わりだした。今は以前のSLチックな不安定さはなく、集中状態のCS系。Hペースで先行して2着に粘った前走が強い内容。こちらも軽く差しに回る形で。

△メイショウミモザ…CS系。前走普通に勝利し、単純に1200mの馬でなかった&過小評価パターンに見えた。小柄な馬でCも感じる走りで、初G1の鮮度+アップ混戦で。人気据え置きも良い材料。

△レイパパレ…LS系。外枠平均ペース程度ならそこまでストレス、疲労の影響はないと見て押さえ。全兄のシャイニングレイも短縮で馬が変貌を遂げた。初距離の方が面白かったが。

△シャドウディーヴァ…SL系。綺麗な形の短縮ショッカー+差しに回る位置取りショック。陣営も府中牝馬の内容を評価しており、今回は差しに回ることを示唆している。

◎から馬連、◎−○ワイド、◎から3連複

NHKマイルC&新潟大賞典&鞍馬S2022予想

NHKマイルC
◎タイセイディバイン
○トウシンマカオ
▲セリフォス

◎タイセイディバイン…S系。600mの大幅短縮で、不利を受けながらも伸びてきたファルコンSの内容が濃かった。そしてその反動のある中、アーリントンCも普通に中団から進めて連続2着。明らかにここ2走は馬が変わっている。父のルーラーシップはL系の種牡馬だが、母父が初物に強いダンスインザダークで、目先を変えたことにより馬にスイッチが入った感じがする。とにかく今はSが充満している状態。この人気なら、反動よりも連チャンに賭けてみたくなる臨戦過程。

○トウシンマカオ…CS系。ビッグアーサー×スペシャルウィークのCS系。◎もそうだが、母父スペシャルウィークや母父ダンスインザダークは、淡白な父に良い精神力を与える。ファルコンSはOP戦1着の疲労があったため、先行力が落ちて5着止まりだったが、今回1人気からの人気落ち+前に行く位置取りショックの布石を獲得することが出来た。臨戦的にもラウダシオンと被る。本質的には1400m以下だと思うので、高速馬場で距離をごまかしたい。

▲セリフォス…M系。ダイワメジャー×Le HavreのM系。久々に現れたダイワメジャー牡馬の大物。母父はプールヴィルの父親であり、ここからCを与えられているのかもしれない(デゼルとかはLっぽいが)。父、厩舎共に休み明け特注。ただ、休み明けの分激戦への対応力は落ちると思うので、出入りの少ない摩擦薄レースの方が良いだろう。

◎○単複、馬連・ワイドBOX


新潟大賞典
◎トーセングラン
○スマイル
▲レッドガラン

◎トーセングラン…C系。ポストプレシャスブルーを狙えるC系ディープ産駒。まだ若くて先行力があり、前走も並ばれてからしぶとかった。初重賞の鮮度はもちろんのこと、小柄な馬で斤量3キロ減も大きい。

○スマイル…S(LC)系。体力のあるタイプで長距離を走らされていたが、ダイワメジャーと考えれば将来的には1800m前後が本質か。ここ2走は格G2レースだったので、ダウン+54キロで前進ありそう。

▲レッドガラン…M系。今年の中山金杯で巻き返したように、人気落ちだと思い通りに力を発揮できるM系。前走に関して言えば馬場が速すぎた。もう少し時計の掛かる馬場の方が良い。

◎○▲単、馬連・ワイドBOX


鞍馬S
◎アスコルターレ
○ケープコッド

◎アスコルターレ…SM系。北九州短距離Sの末脚がヤバすぎる。速いペースで流れて差しが届く展開なら。

○ケープゴッド…M系。ダイワメジャー牝馬で、ナックビーナスになれる器。ダウン+休み明けは合いそうなタイプなのに、超人気急落。気楽に運べれば。

◎○単複、馬連・ワイド

プリンシパルS&京都新聞杯2022予想

プリンシパルS
◎ダノンフューチャー
6戦連続1人気からの人気急落。こんなに綺麗な形はヘミングウェイ以来やで!(笑)というわけで本命。唯一の芝が新馬戦のレースで、1着馬がルージュスティリア、2着がスターズオンアースの3着なら、芝が全くダメということもないでしょう。母父もダノンファンタジーの母父ですしね。

◎単複


京都新聞杯
◎ミスターホワイト
前走初芝(ロッテじゃない方)で圧勝。全兄のチェスナットコートも初重賞だった日経賞で2着に食い込んでおり、同馬も延長+アップ坂コースの初重賞戦で期待せずにはいられない。まあ、そう考えると良くなるのは来年以降という気もするが…。

○アスクワイルドモア
前走なめていたら意外と走っていたので中京合いそう。キズナ×ロブロイなら休み明けは鬼。ズブい馬で延長は合うし、実質ダウン戦みたいなメンバー構成なら。

◎○単 馬連、ワイド

天皇賞(春)2022予想

天皇賞(春)
◎マカオンドール
○タガノディアマンテ
▲ロバートソンキー
△タイトルホルダー
△ディープボンド

◎マカオンドール…C系。少頭数外枠から多頭数内枠替わりのアップ戦+人気より凡走後でストレスない状態での軽い人気落ち。同馬がC系ならオプションは揃った。高速馬場だと活性化不足、土砂降りまで行くとより重い質の馬の台頭が怖かったので、小雨の稍重くらいが一番ベター。ここでも前走のような敗退を喫するようだと早々に暗雲が立ち込めそうだから、普通に勝て。

○タガノディアマンテ…S(LC)系。菊花賞をあの競馬して大幅ダウンの万葉Sで普通に1人気1着したのは驚いた。オルフェーヴルの中でも母父キンカメから良い量を受け継いで、一定の安定感は付与されている。2走連続激走後だが、人気がない=パフォーマンスを評価されていない=ストレス、疲労が少ないという三段論法で評価する。地味に古馬初G1とう鮮度もまだ保有している。

▲ロバートソンキー…C系。ルーラーシップ×サンデーサイレンスというと、M系やLM系のような印象を受ける血統構成だが、同馬はなかなか良い精神構造をしている。それゆえに、大幅延長の外枠だと集中力を持続できるのか?という問題は生じる。それでもMラーとしては、この鮮度と人気では買わざるを得ないだろう。鞍上にはヤマニンウイスカー以来の激走に期待する(笑)。

△タイトルホルダー…S(LC)系。何でも出来たドゥラメンテに対して産駒に重い馬が多いのは、トニービンの影響か、はたまた完成されすぎた配合の影響か。日経賞の乗り方に関しては色々思うところはあるが、現在11年連続菊花賞3着以内好走馬が複勝圏内継続中なので、まあまあ期待してあげても。

△ディープボンド…S(LC)系。他が弱いから相対的に印を上げざるを得なかった。4番手までは古馬初G1という鮮度を保有している馬を選んだ。何かにやられるとしたらそういう馬ということだろう。

◎○単、◎〜▲馬連、ワイドBOX。3連複5頭BOX


スイートピーS
◎ローブエリタージュ…M系。ディープ初OP戦の鮮度だけで事足りるメンバー構成。

◎単1点


吾妻小富士S
◎ニュートンテソーロ…S系。前走は休み明け激走後の人気だったので、どう乗ったって無理。延長は気になるが、小回り1700mならS質の舞台なので、レパード以来の人気急落+前に行く位置取りとセットなら問題ないと見て。

◎単複

フローラS&マイラーズC2022予想

フローラS
◎マイシンフォニー
○パーソナルハイ
▲ゴールデンアワー

◎マイシンフォニー
M系。母父Salt Lakeはアパパネの母父としても有名で、デピュティミニスター系らしいSやパワーを付与する。前走は大幅短縮で出遅れながらも、0.4差の4着は良い内容だった。本質的には1800m以下という気もするが、前に行く位置取りショックに反応しそうなSと実質ダウンのようなメンバー構成なのに、人気落ちを引いてきたのが頼もしい。

○パーソナルハイ
SL系。ここ2走の走りは、今までのヘタレな印象を一変させた。延長スローが予想されるので、逃げられなかった逃げ馬が理想だが、単純にある程度の位置に付けてダウン戦ならまとめてくるのでは?という読みで。ディープ産駒なので、中1週の疲労だけが気掛かり。

▲ゴールデンアワー
LS系。エピファネイア×スウェプトオーヴァーボードのLS系。前走は父らしい体力でひと捲りで完勝してしまった。ただそういう馬なら、ここは延長で向かいたかったし、東京替わりだと切れ負けの不安がつきまとう。母父スウェプトオーヴァーボードと言えば、グローリーヴェイズが真っ先に思い浮かぶが、あの馬もディープにしては重いタイプで、混戦向きの馬。元々先行馬なので、平均的に脚を使える展開になれば。

◎単、3頭馬連、ワイドBOX


マイラーズC
◎ソウルラッシュ
○ダイワキャグニー
▲ヴィクティファルス
△ホウオウアマゾン
△カラテ
△シュリ

◎ソウルラッシュ
LS系。まだタイプは分からないが、とりあえずL主導で。前走も圧勝だが、あまりグイグイとしたS的な感じはなかったので、ルーラー×マンカフェなら字面通りL系で、そこに今は若い分SやCがあるってイメージ。メンバー中唯一の連勝馬。近走に2200mやダート経験があり、まだまだマイル戦に対しても鮮度があるという特殊なタイプ。ストレス保有馬が多いので、ここはリズムだけで通過できるのでは。

○ダイワキャグニー
L系。現代のバランスオブゲーム。内枠で揉まれて苦を味わった後のダウン外枠替わり。道悪も馬群がバラけるし、馬格のあるキンカメ産駒なので、プラスに働くだろう。昨年も同レースでは良い脚を見せており、東京巧者のイメージの割にはここにもある程度適性はあると見て。

▲ヴィクティファルス
CL系。近年ノーザンF産のハーツクライ産駒は古馬になってから全く奮わないが、これくらいの人気なら騙されてやっても。他馬がストレス保有時のノーストレス休み明けは異端で、まず臨戦が魅力。道悪はスプリングSでこなしているし、バラけながらの内枠も合いそう。

△ホウオウアマゾン
逃げられなかった逃げ馬。アーリントンが強かったので、それの再現ということで。1人気はふざけてるが(笑)。

△カラテ
単純に強いし、坂コースのマイルはベスト。ただ安田記念で買いたいので、欲を言えばここは人気より軽く凡走して欲しいという思いもあり。あとは短縮に加え、ストレス、疲労はあると思うので、位置取りが後方になりすぎると届かない不安がどうしてもある。

△シュリ
はたぼうさんが良いと言ってたので(笑)。阪神マイルはOPで1人気1着経験あるし、前走も出遅れ参考外なので、追い込み→先行の位置取りショックを仕掛けられれば前進あっても。


◎○▲単、◎から馬連、3連複

皐月賞2022予想

皐月賞
◎ビーアストニッシド
○ドウデュース
▲キラーアビリティ
△ジオグリフ
☆アスクビクターモア

◎ビーアストニッシド
LC(S)系。スプリングS激走馬は2走前条件戦の方が良いものの、ここまで人気が落ちるようなら。父はウォーフロントの系統で元はダンチヒ。「勝ったのに なめたらまた来る ダンチヒ系」の格言通りに。馬場も大分外伸びに移行しており、外目の枠のパワータイプが良さそう

○ドウデュース
LS系。弥生賞はウォーターナビレラを彷彿とさせる武豊らしい前哨戦の戦い方だった。スロー2戦から短縮マイルに対応したように、その柔軟性がウリ。単勝のオッズを見てビーアストを◎にしたが、2〜3着の軸ならこちらでいいと思う。こちらもやや外目の枠でいい枠が引けた

▲キラーアビリティ
M系。まだまだ鮮度があるため、今はCもSも保有している状態。父や臨戦を考えるとコントレイルのようなタイプだろう。そこまで体力も感じないため、ある程度内目の枠でロスなく運べる枠も良い。緩い流れになって逃げ馬を射程圏に入れつつ、綺麗に外に出せれば

△ジオグリフ
L系。前走共同通信杯も割りと向いている(ダウン+延長)レースだったと思うので、そう考えるとそこまで上積みはないだろう。それでも朝日杯でも5着だったり、前走も先行できていたり、経験値が高いのは評価して良い。やや穴人気してしまっているので、その分4番手

☆アスクビクターモア
M系。上手く重賞を使わず鮮度をキープしている初G1ディープ産駒。5レース全て同じようなレースぶりで、もう少し経験の多様性は欲しかったが、今の充実度とデキを評価

◎単複、◎〜△馬連BOX、3連複5頭BOX


アンタレスS
◎ユアヒストリー
4歳馬で鮮度あるし、阪神ダ1800mは[4-1-2-0]という阪神ダ1800mの鬼。前走も速いペースだったので、短縮へ向けて違和感は少ないし、むしろ逆ショッカーに期待したい

◎単複


福島民報杯
◎プレシャスブルー
C系。20倍くらいは欲しい中位人気向きの馬だが、休み明けダウンディープ+母父アンバーシャダイの内枠といういいとこ取りの状況ではある。今は加齢の影響でCLくらいのイメージで、強すぎない相手の混戦がベスト

◎単複
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card