安田記念

◎ダノンスコーピオン
○ナミュール
▲イルーシヴパンサー
△ソウルラッシュ
△ジャックドール

◎ダノンスコーピオン…SC系。NHKマイルCで全てを出し切ってしまったのか、そこから不振期っぽい挙動。しかしながら、元々カナロア×サドラー系という配合なら量もあって、復活しても良さそう。今回は生涯初の超人気急落で、無欲で差しに回る位置取りショックを仕掛けられれば。同じダノンの古馬マイルG1馬と言うと、ダノンキングリーやダノンシャークがいるが、その2頭も人気急落でG1を制覇していた。

○ナミュール…L系。休み明けや凡走後のストレス無い状態で、外枠からスムーズな競馬をするのがベストの馬。前走は臨戦的に悪くなかったが、不利もあって一応参考外。個人的にエリザベス女王杯の5着の内容がポテンシャルの証明としては十分で、フラットな状態で牡馬相手にどこまで通用するか。

▲イルーシヴパンサー…CS(L)系。昨年の安田記念は厳しい経験のないままLで連勝後に、1人気+G1多頭数中枠で揉まれて終了。いかにも厳しい臨戦で、今年の方が全て上。京都金杯、中山記念と今までのLっぽいイメージを覆すCやSも感じる内容で充実感じるし、追い込みから好位を取れるようになったら覚醒ハーツのサイン。

△ソウルラッシュ…L系。負けるタイミングで負けなくなってきたら、ポテンシャルの証明。ルーラー×マンカフェなら主導はLっぽく、富士S激走後のマイルCSで4着に踏ん張ったのが強い内容だった。前走は休み明け+ダウン+外枠と条件は悪くなかったが、質が軽すぎて上2頭に切れ負け。もう少し持続質戦で外からスムーズな展開がベスト。イルーシヴ同様、昨年よりは良い臨戦。

△ジャックドール…LC(SC)系。モーリス産駒の逃げ馬でS主導に思わせておきながら、豊富な体力と量で包まれた大きなLの中にSCがあるんじゃね?ってイメージの馬。前走大阪杯組は、G1になってから[0-0-1-11]と相性悪いが、唯一3着に入ったスワーヴリチャードが1人気3着とはいえ、よく3着に入ったなと驚いたのを覚えている。ジャックもスワーヴに近いL、体力、量型の馬で、要は能力だけで3着に"通用してしまった"形。似た雰囲気を感じる。

◎単、◎からワイド、馬連、3連複BOX

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!(メール、LINE)
LINEに友だち追加すれば無料予想が届くので、競馬初心者の方におすすめしたいです。

とりあえず登録して無料情報だけ利用するというのが賢い使い方かもしれません。