東京新聞杯
◎ファルコニア
○マテンロウオリオン
▲ジャスティンカフェ
△ウインカーネリアン

◎ファルコニア…M系。晩年牡馬ディープ産駒の大幅ダウン戦。東京の切れ味勝負は向かないタイプなだけに、ある程度先行して平均的に脚を使いたい。人気馬に差し馬が多いので、展開向けば。また、吉田隼人の東京新聞杯と言えばスマートレイアーでの逃げ切りが思い出される。

○マテンロウオリオン…SM系。ダイワメジャー×キングカメハメハのSM系。ここ数戦真面目に走らせてもらえてないのが可哀想。シンザン記念で前に行く位置取りショックを仕掛けての勝利経験もあるので、普通に走れば。

▲ジャスティンカフェ…L系。ルージュバック二世。ダウン東京替わりはベスト。内枠は苦手なタイプだが、マイルCSでも馬群を出てこようとしていたように、まだ活力のある状態なら。

△ウインカーネリアン…SC系。ウインフルブルーム二世。鞍上は不安も、G1で控えてG3でしっかり先行して勝たすのはいかにも三浦がやりそうで。

◎単複。馬連BOX。


きさらぎ賞
◎シェイクユアハート…ハーツクライ産駒の3歳馬でまだまだ荒削りな印象。ハーツで多頭数内枠経験もあり、アップ戦では怯まないだろう。相手も弱いので。

◎単複


関門橋S
◎エヴァーガーデン…いかにもローカルOP〜G3で強いセカンドクラスのC系。中山金杯は外枠スローで集中できなかった。ダウンなのに人気も手頃。混戦向き。

◎単複