AJCC
◎ガイアフォース
○スタッドリー
▲ラーゴム
△ユーバーレーベン
△ノースブリッジ

◎ガイアフォース…LS系。量、体力型のキタサンブラック産駒。イクイノックスが異常なだけで、おそらく同馬がキタサンブラック産駒のスタンダード。休み明け+ダウン+頭数減+外枠+ルメール。L主導にとってこれ以上のタイミングはない。

○スタッドリー…LC系。ハービンジャー×フジキセキのLC系。条件戦圧勝後なのに人気急落。AJCCは格レースだが、ここまでリズムが良くて人気薄なら。

▲ラーゴム…S系。中山金杯差し損ね組。内々決着の中、0.3差ならまだ走る気は落ちていない。2走前のダートから馬場替わりショック+短縮は同馬にはキツすぎた。バウンド延長で追走が楽になれば。

△ユーバーレーベン…C系。リズム低下もゴルシ産駒で今は東京より中山の方が合いそうだし、加齢の影響で今はダウン内枠くらいが一番フィットしそう。

△ノースブリッジ…S(LC)系。毎日王冠の内容が良かったので評価。今なら差しでも競馬できそうで。

◎−○馬連、◎から3連複

東海S
◎ウェルカムニュース
○スマッシングハーツ
▲ハギノアレグリアス
△ハヤブサナンデクン

◎ウェルカムニュース…LC系。休み挟んで3戦連続複勝圏確保からの人気落ち。4歳馬でまだ鮮度あるし、前走も3着を8馬身離していて重賞でも十分通用。

○スマッシングハーツ…S系。前走は延長で勝ちに行く競馬だったが、本来は後方一気が合うタイプ。Hペースで差しに回る位置取りショックを仕掛ければ。

▲ハギノアレグリアス…M系。キズナ×ジェネラスのM系。父のSを母父のL、量で中和してバランスが良い。安定感あるタイプでここも馬券圏内なら。

△ハヤブサナンデクン…S系。元々逃げていたようにSが強く、気分屋な面があるタイプで、良い時と悪い時の差が激しいタイプ。中京1800mでは圧勝歴があり、ハマれば。

◎単複、◎から馬連、ワイド