愛知杯
◎フィオリキアリ
○アートハウス
▲マリアエレーナ
△サトノセシル

◎フィオリキアリ…LC(S)系。パワー型のキズナ産駒でタフな馬場が合うタイプ。3走前のクイーンSでは、前をカットされる不利がありながら0.4差の6着と見せ場十分だったし、レベルの高かった札幌記念でもそこまで負けていない。今回、混合重賞から牝馬限定重賞へのダウン+道悪替わりなら。

○アートハウス…L系。休み明け特注中内田厩舎の川田+頭数減の大幅ダウン戦。ローズS激走後の秋華賞5着がポテンシャルの証明としては十分。揉まれ弱い面もあるため、道悪で馬群がバラけそうなのも良い。

▲マリアエレーナ…SC系。天皇賞秋では致命的な不利を受けたのに7着。小倉記念圧勝もそうだが、単純に馬が強い。小柄で体力はそこまで無いタイプだと思うので、道悪の分3番手までにした。

△サトノセシル…LM系。交互の戦績を刻む馬で今回は×の番とはいえ、福島記念2着後にルメール鞍上で6人気はさすがになめられすぎ。フランケル産駒だから道悪は良い。

◎単、◎からワイド、馬連BOX


カーバンクルS
◎コムストックロード…SM系。強いから
○ザイツィンガー…S系。名前がカッコいいから
▲インターミッション…S系。名前がカッコいいから

◎−○馬連、ワイドBOX