ジャパンC

◎ヴェラアズール
○カラテ
▲テーオーロイヤル
△シャフリヤール
△ユーバーレーベン
△ボッケリーニ

◎ヴェラアズール…エイシンフラッシュ×クロフネのSM系。メンバー中唯一の2走前条件戦という鮮度とまだ芝を5回しか走っていないというカテゴリー鮮度持ち。前走の走りが圧巻の内容で、重賞の番人的存在であるボッケリーニをあっさり差し切ってしまった。ややズブい面はあるものの、そこはムーアでカバー。賞味期限が長そうなタイプには思えないので、G1取るならここが最初にして最大のチャンスか。

○カラテ…トゥザグローリー×フレンチデピュティのCS系。新潟記念で初の2000mで勝利し、そこがL化して延長のダウン戦に反応したというのなら、天皇賞秋の6着には違和感。Vラインで走っていたし、カテゴリーが変わって、馬が伸び伸び走れている感じがする。今回も初の2400m戦で距離鮮度あり。シャフリヤやダノンと同じ位置だと上がり負けしそうなので、ある程度位置は取りたい。

▲テーオーロイヤル…リオンディーズ×マンハッタンカフェのLC(S)系。鮮度があって挑戦者の立場だったダイヤモンドSと天皇賞春の内容が強かった。スタミナと体力なら、現役でも上位の存在だろう。ここ2走は挑戦者から迎え撃つ立場になってしまったことで、置きに行く競馬をして4着、6着。再度人気落ちで思い切って前に行ければ。ユニコーンの真後ろくらいに付けて早めにパスできれば。

△シャフリヤール…ディープインパクト産駒のM系。鮮度の切れたディープで特に強調材料はないが、凡走後の距離延長で実質ダウン臨戦なら、大崩れまではなさそう。

△ユーバーレーベン…C系。もう少し内枠を引きたかったが、前走の脚は一時期の不振は抜けた感じ。C系は1.0差以内に詰めてから狙うのがセオリーで。

△ボッケリーニ…M系。距離適性が長いポタジェで他馬の破綻があれば。ただ1人気からの人気落ちも、もう少しオッズは落ちても良かった気はする。

◎から馬連、3連複。○単複


京阪杯
◎マリアズハート…スプリンターズSヤバイ
○タイセイビジョン…今はダウン戦向き
▲キルロード…前走の6着強い
△サンライズオネスト…安定感
△エイティーンガール…末脚確実

◎、○単勝。馬連BOX