天皇賞秋

◎ノースブリッジ
○シャフリヤール
▲マリアエレーナ
△イクイノックス
△ジャックドール

◎ノースブリッジ…モーリス×アドマイヤムーンのSL系。まず、楽逃げ後に控えて勝利したエプソムCに驚いた。そして、もっと驚いたのが毎日王冠。差してまともに競馬をしたことなかった馬が、出遅れながらもしっかり追い込んでいた時点で驚いたし、さらに開幕にしては外差しも利く馬場ながら、内で何度も進路を探すロスがあった。それで勝ち馬から0.4差の5着なら、勝ちに等しい内容と言える。正直まだポテンシャルの証明は足りないだろう。しかし、今回延長で前に行く位置取りショックを仕掛けられれば、過去最高点を出せるタイミングではあると思う。100点を出して上位馬にどこまで食い込めるか。

○シャフリヤール…ディープインパクト×Essence of DubaiのM系。馬体が軽くてアルアインの全弟なのでC主導に思えるが、走りからはまとまったタイプ。前走は欧州特有の重い馬場で苦しんだが、それだけに今回に向けては苦→楽。今年まだ3戦目で消耗も少ないし、国内の古馬混合G1に限れば昨年のジャパンカップ以来でまだ2戦目。アルアインの全弟なら距離も2000mくらいまでがベストだろう。

▲マリアエレーナ…クロフネ×ディープインパクトのSC系。前走の小倉記念は強すぎて、適性が向いたとかでは片付けられない内容だった。かなり充実している印象を受ける。馬体の軽い馬で体力はそこまで無いと思うので最内枠は良いし、Bコース替わりで先週よりは内が良い状態なのもプラス。上がりではノーザンF軍団に引けを取ると思うので、平均的に流れてくれれば。

△イクイノックス…キタサンブラック×キングヘイローのL系。皐月賞、日本ダービーともに2着で、世代間ではトップの実力馬。やはり皐月賞で3人気2着と激走したにもかかわらず2着に差してきた日本ダービーの内容が強かった。もう少し距離があっても良さそうなタイプに思えるが、休み明けの東京自体は合う。揉まれずスムーズに運びたい。

△ジャックドール…モーリス×Unbridled's SongのLC(S)系。モーリスの重さを母父の米国的なスピードと量で中和している配合で、バランスが良い。母父のおかげでSに頼りすぎず、精神的にも安定しているからこそ、この戦績を残せていると思う。大阪杯は使い詰めでHペースを逃げる競馬になってしまい最後は体力切れを起こしたが、今回は適度に間隔を開けて良い臨戦で臨めた。前走控えて競馬しながら勝ち切った内容も良く、宝塚記念をパスしたのも消耗を抑える意味で今回にとってはプラスに働くはず。

◎単勝、◎から馬連、ワイド、3連複BOX