オールカマー
◎フライライクバード
○ソーヴァリアント
▲ジェラルディーナ
△デアリングタクト
△テーオーロイヤル

◎フライライクバード…スクリーンヒーロー×シンボリクリスエスのSL系。休み明け[1-2-1-0]の休み明け巧者。使い詰めや激走後だと馬が不安定で、本来の力を発揮できないケースが多い。条件戦ではディープボンドやアリストテレス、ヒートオンビートあたりと対等にやり合っていた馬で、初の超人気急落+短縮のスクリーンヒーローなら。また母方にノーザンテーストの血があり、中山非根幹も合いそう。

○ソーヴァリアント…CS系。単純にめちゃくちゃ強い。母父シンボリクリスエスから量を供給している印象で、オルフェにしてはSに頼っておらず、休み明けでも極端に着順を落とすことはないだろう。本質的には2000mくらいがベストだと思うので、平均スローくらいでスタミナをそこまで要求されない展開になった方が楽か。

▲ジェラルディーナ…同馬の弱点は活性化の無さ。それを補うのが延長臨戦で、マイルを挟みつつの久々の2200mは苦→楽。前走もVラインで走れていたし、1人気でもしっかり3着を確保したあたりは一定の能力を証明できたと思う。

△デアリングタクト…宝塚記念の◎。体力を活かせる非根幹坂コースはベスト。上手く捲くる形を作れれば。

△テーオーロイヤル…リオンディーズなら短縮+坂コースは良い。ちょっと同馬の能力を測りかねているところがあるので、怖いので押さえるってイメージ。

◎単複、3連複BOX


神戸新聞杯
◎リカンカブール
○ジュンブロッサム
▲レヴァンジル
△ヴェローナシチー
△ビーアストニッシド

◎リカンカブール…超Hペースを先行して4着に粘った京都新聞杯が強い内容だった。前走もしダウンに反応したと言うのなら、もっと圧勝していていいはずで、内容的には再度のアップ戦でも問題なさそう。母方にダンチヒ系とヌレイエフ系で、まとまっている。1人1着後の人気急落で。

○ジュンブロッサム…前走は多頭数戦でも難なく1人気1着圧勝。馬体が増えてこないのはやや不満も、戦ってきた相手が強く、ここでも地力は上位。ワールドエース産駒にはレッドヴェロシティがいるように意外と距離も持つ。

▲レヴァンジル…青葉賞1人気からの人気急落。青葉賞はすみれSを逃げて接戦後だったので、仕方ない敗戦。ドゥラメンテ×フランケルなら休み明けも合う。

△ヴェローナシチー…強い。ただあまり馬群には入れたくないタイプで、上手く外に出して捲れるかが鍵を握る。体力は豊富で延長坂コース自体は合う。

△ビーアストニッシド…逃げられれば。前に行ければしぶといタイプで、2200までなら守備範囲だろう。切れる脚はないため、平均的に脚を使いたい。

◎単複 馬連BOX、◎からワイド