ローズS
◎パーソナルハイ
○メモリーレゾン
▲セントカメリア
△エグランタイン
△ヴァンルーラー

◎パーソナルハイ…SL(C)系。デビュー当初は一本調子なSLorLS系といった馬だったが、桜花賞の走りでそのイメージが変わった。短縮内枠で控える競馬でもしぶとく6着した内容は、元々持っているSやLに加え、裏にCもあるような走りで、クロコスミアやカワキタエンカに近い雰囲気を感じた。とはいえ、やはり逃げるに越したことはないと思うので、逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しい。フローラSの内容からも、ショックがあればそう簡単には止まらないだろう。また、今回条件戦組の馬が多く、メンバー中重賞連対実績があるのは同馬だけ。逆張りという意味では合致する。

○メモリーレゾン…SC系。オルフェーヴル×ノボジャックのSC系。とにもかくにもコントロールの難しいS系が延長で控えて1人気1着した前走の内容が光る。ただ逆に言えば、そこまで痛烈なSは保有しておらず、血統の割にはまとまったタイプゆえに延長に対応した可能性も否定できない。仮にそうだとしたら、この穴人気した状態では勝ち切るまではどうか。Mラジでは◎にしていたものの、そこが気になって対抗にしてみた。

▲セントカメリア…LS系。ドゥラメンテ×エリシオのLS系。アドマイヤラクティの半妹で、M3タイプ云々よりかはまず体力があってそれでレースを支配している馬。2走前道悪でガイアフォースに逃げて完勝しながら、前走高速馬場で控えた競馬でも2着にまとめた内容は良かった。単純に能力上位の可能性が高い。

△エグランタイン…S系。キズナ×Distorted HumorのS系。父キズナがS系ということと、母父も母父としての代表馬にスマイルカナやモーニンがいて、同馬もかなりSが強いタイプと推測できる。3走前15人気1着、2走前出遅れながら8人気2着、そして前走の1人1着圧勝と、かなり連チャン期っぽい推移。キズナ初重賞の鮮度と、この人気落ちならもう1回走ってくる可能性は十分。

△ヴァンルーラー…L系。前走はほぼ勝ちに等しい内容だったし、3着にはミスフィガロがいてレースレベルは低くなかった。フローラSでは惨敗も、出遅れて大外を回すロスの大きい競馬。また、フェアリーSでは二冠馬のスターズオンアースと0.4差と考えれば、全く通用しないということはないだろう。ズブい面があるため、延長+外枠を利用して先行できるようなら。

◎単、◎からワイド、馬連BOX


《おまけ》
ラジオ日本賞

◎バイオスパーク…CS系。全弟のマイネルクロンヌがダート替わりで結果を出し、先日も2勝クラスで2着していた。また、今回同じレースに出ているウシュバテソーロも、前走ダート替わりで一変したオルフェ産駒。今年に入ってから芝重賞勝ちのあるラーゴムもダートのOP戦で勝利し、そのSとパワーゆえのダート適性を遺憾なく発揮している。少し前まではダート替わり特注種牡馬と言えばネオユニヴァースだったが、今はオルフェーヴルがその座についたか。

◎単複!