京成杯AH
◎コムストックロード
○ダーリントンホール
▲インテンスライト
△ファルコニア
△ミスニューヨーク

◎コムストックロード…SM系。前走は出遅れたうえに、外の伸びる馬場を内に突っ込んで4着。1人気も可哀想だった。今回斤量据え置きの51キロに加え、メンバー唯一の1200m臨戦&3歳牝馬という異端性は魅力。どちらかというと延長は苦手なタイプに映るが、ショックには反応しそうな馬なので前に行く位置取りショックがあればごまかせるだろう。

○ダーリントンホール…CL(S)系。CLベースの真面目でまとまっているタイプ。休みを挟んだことと、距離のカテゴリーを変更したことが功を奏した。共同通信杯勝ち馬だが、血統的には中山の方が合いそう。軽い人気落ちがあればより面白い。

▲インテンスライト…LC(S)系。エイシンフラッシュ×フレンチデピュティなら道悪の方が面白そうだが、鮮度とダービー卿CTの内容を評価して。馬群を苦にしないタイプなので、内枠もプラス。

△ファルコニア…M系。ヴァンドギャルドの弱い版で、量産型まとまりディープ牡馬の筆頭格。4着っぽい気もするが、こういうのに3着入られたら面倒くさいので(笑)。

△ミスニューヨーク…LC系。本質的には重い質向きのズブい馬だが、デムーロがそれを中和させている。前走もスロー前残りの割には頑張っており、単純に地力上位。

◎単複、◎から馬連、3連複BOX


セントウルS
◎サンライズオネスト
○ソングライン
▲メイケイエール

◎サンライズオネスト…SM系。ここ2走グイグイ感ある末脚。ノーストレス、疲労薄状態の休み明け+少頭数替わりで、阪急杯くらい位置を取れれば。

○ソングライン…SM系。メイケイとの比較ではこちらを上に。揉まれ弱いタイプなだけに、休み明けの少頭数外枠+ルメールでその不安が解消されたのは大きい。

▲メイケイエール…SL系。まだイマイチ信用しきれていない。本質は不安定なSL系で人気だと怖い。ここ圧勝のスプリンターズS内枠どん詰まりパターンにも期待しつつ、押さえておく

◎単、◎から馬連、3連複1点