札幌記念
◎パンサラッサ
○ウインマリリン
▲グローリーヴェイズ
△ユーバーレーベン

◎パンサラッサ…S系。ロードカナロア産駒だが、母父モンジューで重めにシフトしている。激走後で距離も長かった宝塚記念で8着にまとめたのは、馬が充実している証拠。短縮+ペース落ちでの逃げは楽に感じるだろう。一本調子な硬いS系にならないのは、量を保有するカナロアとモンジューの為せる業か。

○ウインマリリン…SC系。3走前、2走前で不振期のような推移だったが、前走では久々にやる気を見せていた。馬が戻れば能力は確かだし、小回り持続質戦への適性も高い。昨年はオールカマーで鮮やかすぎる勝利。ここらで本気を出しちゃうのがマイネル系ってこともあり。

▲グローリーヴェイズ…今はM系かLC系あたりか。加齢の影響もあってL化している分、相対的に休み明けの適性は上がっている。2000mは短い印象も、パンサラッサの作るペースで地力が問われれば。

△ユーバーレーベン…休み明けの外枠はイマイチのC系だが、5人気という挑戦者の立場での稍重2000m混戦はかなりフィットしそう。15倍前後で推移するようなら、地力を評価して押さえる。

◎から馬連、3連複BOX


北九州記念
◎アネゴハダ
○メイショウチタン
▲シンシティ
△タイセイビジョン
△ナムラクレア
☆ファストフォース

◎アネゴハダ…S系。条件戦1人1着圧勝経験あるし、今回は1人気からの解放&道悪特注キズナ産駒。

○メイショウチタン…C系。前走は休み明けながら走る意欲を見せていた。高速馬場は苦手でもう少し重い質なら。

▲シンシティ…S系。まだ芝は3戦目で鮮度十分。1000mからの延長特殊馬場の逃げで。

△タイセイビジョン…SC系。激走後は不安も、相手が弱すぎる。2〜3着なら。

△ナムラクレア…SM系。こちらも他が弱すぎてタイセイ同様怖いので押さえる。

☆ファストフォース…SL系。シンシティと同じく逃げ要員。一応前走は落鉄らしい。

◎単勝 ◎から馬連、ワイド