クイーンS
◎ウォーターナビレラ
○スライリー
▲ファーストフォリオ
△ローザノワール
△メイショウミモザ

◎ウォーターナビレラ…SL系。3歳牝馬で同世代戦の重賞を勝てるくらいのレベルの馬なら、アエロリット、オースミハルカ、アプリコットフィズ、アイムユアーズなどが1着している。1800mが長いと言われているが、ソダシも昨夏ベストとは言えない2000mで勝利しているように、オークスで苦を味わってからの短縮臨戦&鮮度+斤量ならこなせてしまう。SL系ベースの割に母父キングヘイローだからか奥があってすぐ不振期に入るような馬にも見えず、ここは仕方ない。秋華賞は切ります(笑)。

○スライリー…SL系。走る意欲はあり、あとは活性だけが足りない状態と見ていたので、前走掛かりながら捲った形を取れたのは大きい。また、前走のような東京で折り合わせる競馬はS主導のオルフェ産駒には苦条件なので、凡走後のローカル小回り替わりも良い。

▲ファーストフォリオ…SM系。リオンディーズの全妹でSが強く、距離を短くしてパフォーマンスを上げてきたタイプ。しかしながら日高Sでは300m延長に対応しており、血統的な下地を考えても短距離特化型というわけではないだろう。2走前の脚が異常で、追い込みに徹すれば。

△ローザノワール…S系。逃げ要員。過剰人気だが、逃げはそれを一番かき消すことができる脚質。
△メイショウミモザ…CS系。阪神牝馬Sの内容が良かった。前走は出遅れて競馬に参加できず仕切り直しの一戦。

◎から馬連、3連複、〇単


アイビスSD
◎マウンテンムスメ
○ジュニパーベリー
▲ロードベイリーフ

◎マウンテンムスメ…S系。アドマイヤムーン×ストーミングホームというS系配合で、連チャンの入り口のような気配がある。1000m実績馬の枠比較や能力比較に時間を割くくらいなら、異端鮮度馬で良い。

○ジュニパーベリー…S系。ゴールドシップというより、ほぼほぼ母父のスニッツェル(笑)。前走マリアズハートから1人気を奪った千直巧者で、1回の凡走でここまで人気が落ちるなら。

▲ロードベイリーフ…タイプはよくわからないが、ここ2走はグイグイ感のある末脚を披露。まだ重賞挑戦回数も少ないため、鮮度も保有。枠に目をつむれば。

3頭単勝、馬連・ワイドBOX