NHKマイルC
◎タイセイディバイン
○トウシンマカオ
▲セリフォス

◎タイセイディバイン…S系。600mの大幅短縮で、不利を受けながらも伸びてきたファルコンSの内容が濃かった。そしてその反動のある中、アーリントンCも普通に中団から進めて連続2着。明らかにここ2走は馬が変わっている。父のルーラーシップはL系の種牡馬だが、母父が初物に強いダンスインザダークで、目先を変えたことにより馬にスイッチが入った感じがする。とにかく今はSが充満している状態。この人気なら、反動よりも連チャンに賭けてみたくなる臨戦過程。

○トウシンマカオ…CS系。ビッグアーサー×スペシャルウィークのCS系。◎もそうだが、母父スペシャルウィークや母父ダンスインザダークは、淡白な父に良い精神力を与える。ファルコンSはOP戦1着の疲労があったため、先行力が落ちて5着止まりだったが、今回1人気からの人気落ち+前に行く位置取りショックの布石を獲得することが出来た。臨戦的にもラウダシオンと被る。本質的には1400m以下だと思うので、高速馬場で距離をごまかしたい。

▲セリフォス…M系。ダイワメジャー×Le HavreのM系。久々に現れたダイワメジャー牡馬の大物。母父はプールヴィルの父親であり、ここからCを与えられているのかもしれない(デゼルとかはLっぽいが)。父、厩舎共に休み明け特注。ただ、休み明けの分激戦への対応力は落ちると思うので、出入りの少ない摩擦薄レースの方が良いだろう。

◎○単複、馬連・ワイドBOX


新潟大賞典
◎トーセングラン
○スマイル
▲レッドガラン

◎トーセングラン…C系。ポストプレシャスブルーを狙えるC系ディープ産駒。まだ若くて先行力があり、前走も並ばれてからしぶとかった。初重賞の鮮度はもちろんのこと、小柄な馬で斤量3キロ減も大きい。

○スマイル…S(LC)系。体力のあるタイプで長距離を走らされていたが、ダイワメジャーと考えれば将来的には1800m前後が本質か。ここ2走は格G2レースだったので、ダウン+54キロで前進ありそう。

▲レッドガラン…M系。今年の中山金杯で巻き返したように、人気落ちだと思い通りに力を発揮できるM系。前走に関して言えば馬場が速すぎた。もう少し時計の掛かる馬場の方が良い。

◎○▲単、馬連・ワイドBOX


鞍馬S
◎アスコルターレ
○ケープコッド

◎アスコルターレ…SM系。北九州短距離Sの末脚がヤバすぎる。速いペースで流れて差しが届く展開なら。

○ケープゴッド…M系。ダイワメジャー牝馬で、ナックビーナスになれる器。ダウン+休み明けは合いそうなタイプなのに、超人気急落。気楽に運べれば。

◎○単複、馬連・ワイド