天皇賞(春)
◎マカオンドール
○タガノディアマンテ
▲ロバートソンキー
△タイトルホルダー
△ディープボンド

◎マカオンドール…C系。少頭数外枠から多頭数内枠替わりのアップ戦+人気より凡走後でストレスない状態での軽い人気落ち。同馬がC系ならオプションは揃った。高速馬場だと活性化不足、土砂降りまで行くとより重い質の馬の台頭が怖かったので、小雨の稍重くらいが一番ベター。ここでも前走のような敗退を喫するようだと早々に暗雲が立ち込めそうだから、普通に勝て。

○タガノディアマンテ…S(LC)系。菊花賞をあの競馬して大幅ダウンの万葉Sで普通に1人気1着したのは驚いた。オルフェーヴルの中でも母父キンカメから良い量を受け継いで、一定の安定感は付与されている。2走連続激走後だが、人気がない=パフォーマンスを評価されていない=ストレス、疲労が少ないという三段論法で評価する。地味に古馬初G1とう鮮度もまだ保有している。

▲ロバートソンキー…C系。ルーラーシップ×サンデーサイレンスというと、M系やLM系のような印象を受ける血統構成だが、同馬はなかなか良い精神構造をしている。それゆえに、大幅延長の外枠だと集中力を持続できるのか?という問題は生じる。それでもMラーとしては、この鮮度と人気では買わざるを得ないだろう。鞍上にはヤマニンウイスカー以来の激走に期待する(笑)。

△タイトルホルダー…S(LC)系。何でも出来たドゥラメンテに対して産駒に重い馬が多いのは、トニービンの影響か、はたまた完成されすぎた配合の影響か。日経賞の乗り方に関しては色々思うところはあるが、現在11年連続菊花賞3着以内好走馬が複勝圏内継続中なので、まあまあ期待してあげても。

△ディープボンド…S(LC)系。他が弱いから相対的に印を上げざるを得なかった。4番手までは古馬初G1という鮮度を保有している馬を選んだ。何かにやられるとしたらそういう馬ということだろう。

◎○単、◎〜▲馬連、ワイドBOX。3連複5頭BOX


スイートピーS
◎ローブエリタージュ…M系。ディープ初OP戦の鮮度だけで事足りるメンバー構成。

◎単1点


吾妻小富士S
◎ニュートンテソーロ…S系。前走は休み明け激走後の人気だったので、どう乗ったって無理。延長は気になるが、小回り1700mならS質の舞台なので、レパード以来の人気急落+前に行く位置取りとセットなら問題ないと見て。

◎単複