フローラS
◎マイシンフォニー
○パーソナルハイ
▲ゴールデンアワー

◎マイシンフォニー
M系。母父Salt Lakeはアパパネの母父としても有名で、デピュティミニスター系らしいSやパワーを付与する。前走は大幅短縮で出遅れながらも、0.4差の4着は良い内容だった。本質的には1800m以下という気もするが、前に行く位置取りショックに反応しそうなSと実質ダウンのようなメンバー構成なのに、人気落ちを引いてきたのが頼もしい。

○パーソナルハイ
SL系。ここ2走の走りは、今までのヘタレな印象を一変させた。延長スローが予想されるので、逃げられなかった逃げ馬が理想だが、単純にある程度の位置に付けてダウン戦ならまとめてくるのでは?という読みで。ディープ産駒なので、中1週の疲労だけが気掛かり。

▲ゴールデンアワー
LS系。エピファネイア×スウェプトオーヴァーボードのLS系。前走は父らしい体力でひと捲りで完勝してしまった。ただそういう馬なら、ここは延長で向かいたかったし、東京替わりだと切れ負けの不安がつきまとう。母父スウェプトオーヴァーボードと言えば、グローリーヴェイズが真っ先に思い浮かぶが、あの馬もディープにしては重いタイプで、混戦向きの馬。元々先行馬なので、平均的に脚を使える展開になれば。

◎単、3頭馬連、ワイドBOX


マイラーズC
◎ソウルラッシュ
○ダイワキャグニー
▲ヴィクティファルス
△ホウオウアマゾン
△カラテ
△シュリ

◎ソウルラッシュ
LS系。まだタイプは分からないが、とりあえずL主導で。前走も圧勝だが、あまりグイグイとしたS的な感じはなかったので、ルーラー×マンカフェなら字面通りL系で、そこに今は若い分SやCがあるってイメージ。メンバー中唯一の連勝馬。近走に2200mやダート経験があり、まだまだマイル戦に対しても鮮度があるという特殊なタイプ。ストレス保有馬が多いので、ここはリズムだけで通過できるのでは。

○ダイワキャグニー
L系。現代のバランスオブゲーム。内枠で揉まれて苦を味わった後のダウン外枠替わり。道悪も馬群がバラけるし、馬格のあるキンカメ産駒なので、プラスに働くだろう。昨年も同レースでは良い脚を見せており、東京巧者のイメージの割にはここにもある程度適性はあると見て。

▲ヴィクティファルス
CL系。近年ノーザンF産のハーツクライ産駒は古馬になってから全く奮わないが、これくらいの人気なら騙されてやっても。他馬がストレス保有時のノーストレス休み明けは異端で、まず臨戦が魅力。道悪はスプリングSでこなしているし、バラけながらの内枠も合いそう。

△ホウオウアマゾン
逃げられなかった逃げ馬。アーリントンが強かったので、それの再現ということで。1人気はふざけてるが(笑)。

△カラテ
単純に強いし、坂コースのマイルはベスト。ただ安田記念で買いたいので、欲を言えばここは人気より軽く凡走して欲しいという思いもあり。あとは短縮に加え、ストレス、疲労はあると思うので、位置取りが後方になりすぎると届かない不安がどうしてもある。

△シュリ
はたぼうさんが良いと言ってたので(笑)。阪神マイルはOPで1人気1着経験あるし、前走も出遅れ参考外なので、追い込み→先行の位置取りショックを仕掛けられれば前進あっても。


◎○▲単、◎から馬連、3連複