皐月賞
◎ビーアストニッシド
○ドウデュース
▲キラーアビリティ
△ジオグリフ
☆アスクビクターモア

◎ビーアストニッシド
LC(S)系。スプリングS激走馬は2走前条件戦の方が良いものの、ここまで人気が落ちるようなら。父はウォーフロントの系統で元はダンチヒ。「勝ったのに なめたらまた来る ダンチヒ系」の格言通りに。馬場も大分外伸びに移行しており、外目の枠のパワータイプが良さそう

○ドウデュース
LS系。弥生賞はウォーターナビレラを彷彿とさせる武豊らしい前哨戦の戦い方だった。スロー2戦から短縮マイルに対応したように、その柔軟性がウリ。単勝のオッズを見てビーアストを◎にしたが、2〜3着の軸ならこちらでいいと思う。こちらもやや外目の枠でいい枠が引けた

▲キラーアビリティ
M系。まだまだ鮮度があるため、今はCもSも保有している状態。父や臨戦を考えるとコントレイルのようなタイプだろう。そこまで体力も感じないため、ある程度内目の枠でロスなく運べる枠も良い。緩い流れになって逃げ馬を射程圏に入れつつ、綺麗に外に出せれば

△ジオグリフ
L系。前走共同通信杯も割りと向いている(ダウン+延長)レースだったと思うので、そう考えるとそこまで上積みはないだろう。それでも朝日杯でも5着だったり、前走も先行できていたり、経験値が高いのは評価して良い。やや穴人気してしまっているので、その分4番手

☆アスクビクターモア
M系。上手く重賞を使わず鮮度をキープしている初G1ディープ産駒。5レース全て同じようなレースぶりで、もう少し経験の多様性は欲しかったが、今の充実度とデキを評価

◎単複、◎〜△馬連BOX、3連複5頭BOX


アンタレスS
◎ユアヒストリー
4歳馬で鮮度あるし、阪神ダ1800mは[4-1-2-0]という阪神ダ1800mの鬼。前走も速いペースだったので、短縮へ向けて違和感は少ないし、むしろ逆ショッカーに期待したい

◎単複


福島民報杯
◎プレシャスブルー
C系。20倍くらいは欲しい中位人気向きの馬だが、休み明けダウンディープ+母父アンバーシャダイの内枠といういいとこ取りの状況ではある。今は加齢の影響でCLくらいのイメージで、強すぎない相手の混戦がベスト

◎単複