全頭考察してますので、こちらも見て下さいね!
大阪杯
◎ジャックドール
○エフフォーリア
▲ヒシイグアス
△ウインマリリン
☆スカーフェイス

◎ジャックドール…LC(SC)系。なかなか形容の仕方が難しい逃げ馬。スピードと重さのバランスが良い。問題は、前走高速摩擦薄レースを逃げて楽勝してしまった点だろう。本質的には番手でも競馬のできるタイプだが、臨戦的には前走と同じかそれ以上に楽に運ぶのがベスト。こう言ってしまうと一見厳しそうに思えるが、逆に言えばそれさえクリアしてしまったら、ここでも勝ち切る程の力強さは感じた

○エフフォーリア…LS系。3歳馬は初の古馬G1で激走してしまうと、バブルガムフェローやファインモーション、フェノーメノなどのように、その次は凡走するのが定説だった(例えが古いのはご愛嬌)。それだけ1回目でエネルギーを放出してしまうということなのだが、同馬はあっさり秋天、有馬と連勝してしまった。じゃあ強いじゃん!となりそうなものだが、そうはなかなかならない腐った性格なので、これだけエネルギーを放出した後の休み明けなら凡走もあるんじゃないかと。でも結局対抗にしている。なんだよ俺(爆)

▲ヒシイグアス…CS系。秋天→香港は単純に強かった。今年は2000m前後でG1を取れるほどの器だと信じている。血統とかローテーションとかその他諸々は知らん(笑)

△ウインマリリン…SC系。エリ女は激走後の反動がある中、超Hペースを先行して万事休す。フラットな状態に戻っての短縮坂コースで内目の枠なら。オールカマーくらい走れれば通用

☆スカーフェイス…SC系。七夕賞あたりからグイグイ感のある末脚。人気では信用ならないタイプの典型で、狙うなら人気薄の激戦。鞍上強化で勝負できる位置に付けて内突きができれば

◎軸3連複、○軸3連複。▲、△の単押さえ