ダイヤモンドS
◎カレンルシェルブル…LS系。ハービンジャー×ハーツクライのLS系。セントライト記念でも本命を打ったが、いい量と体力、闘争心を感じさせる走り。前走は内で狭くなり取りこぼしたが、ここへ向けてはストレス、疲労がほぼ無い状態なので、間隔を詰めた臨戦を考えればちょうどよい

○ヴェローチェオロ…C系。ゴールドシップ×タイキシャトルのC系。菊花賞は対抗評価した馬で、高速過ぎない馬場でのスタミナ、体力比べなら上位の存在。今年の4歳馬はレベルが高く、今回印を打った3頭+マカオンドールあたりは、どれか春天に出てきても好勝負できると思う

▲テーオーロイヤル…LS系。リオンディーズ産駒なのでいずれ距離的な限界点は出そうだが、母父マンカフェのLと量でそれを下支えしている印象を受ける。主導はLだと思うので、激戦過ぎないレースなら

◎単、馬連BOX、3連複1点


京都牝馬S
◎プールヴィル…C系。意外にも同馬の阪神芝1400m参戦は、フィリーズレビュー以来。つまり阪神芝1400mは[1-0-0-0]。前走出遅れながらも0.2差の4着とまだ走る気は落ちていないし、多頭数アップ内枠のC系。6歳牝馬ということを考えても、古馬重賞制覇のラストチャンス

○オールアットワンス…M系。マクフィ×ディープインパクトという血統からは、1200m以下特化という配合ではない。また、地味にメンバー中唯一の重賞1人気1着保有馬。人気急落なら

▲クリスティ…S(CL)系。キズナ×クロフネの牝馬と考えると、じわじわ距離を短くして実績を上げそう。阪神芝1400mは初だが、血統的には合いそう。休み明け+ダ→芝というショックもあり

△クリノプレミアム…CL(S)系。今まで逃げ、先行馬だった同馬が、前走普通に差して競馬が出来たのには驚いた。走りに安定感が出てきて、充実を感じる。オルフェは人気の無い方を狙うのがセオリー

△スカイグルーヴ…LS系。量なら圧倒的。量系ゆえに、邪魔されやすい多頭数内枠は嫌な材料。ただルメールなので、そこを無難に乗られたらというのがよぎる。押さえ

◎、○単。馬連BOX。