共同通信杯

◎ジオグリフ…L系。ドレフォン×キングカメハメハのL系。ノーザンF産で無理やり軽い質の馬に作り上げられている印象。本質は重いタイプで、ダウン+延長+道悪広いコースは、ほぼベスト条件では

○ビーアストニッシド…LC(S)系。現代競馬に合わなさそうな重い体力型。良馬場なら3着止まりだろうが、ここまで道悪なら2着まで食い込んでくるのに期待したい。逃げられなかった逃げ馬で

▲ダノンスコーピオン…S(CL)系。2走前キラーアビリティに勝利しているし、前走も初の短縮+多頭数戦で好走と、奥を感じさせる走りだった。単純に強い

◎から馬連、3連複、3連単。○の単も押さえ


京都記念
◎ユーバーレーベン…C系。今回は休み明けというより、実質長期休養から叩き3戦目で状態ピーク(笑)。雨も降って軽すぎない馬場も良い。このメンバーで54キロは反則

○タガノディアマンテ…S系。気分屋オルフェちゃん。距離変更の道悪馬場の中位人気ではとりあえず買っておいた方がいい。2走ボケが心配な局面も、人気据え置きなら前進に期待しても

△マリアエレーナ…LC系。クロフネって2000m以上の重賞初勝利が昨年のソダシですからね。2200mは若干長いんでしょう。3着候補

△サンレイポケット…CL系。使い詰めた後の休み明けなので、C系としては嫌いたい局面も、JC4着馬が5人気はなめすぎ。地力評価

△アフリカンゴールド…LS系。逃げられなかった逃げ馬。前走あわやというシーンもあったが、外差しの展開に負けてしまった。前残りの馬場、展開なら

△ダノンマジェスティ…S(CL)系。前走は出遅れ。もう少し走れてもいいと思うし、怒り?の鞍上変更なので、押さえ

◎から3連複。◎−○馬連、ワイド