日経新春杯
◎ステラヴェローチェ…SC系。菊花賞、有馬の蓄積疲労は心配な局面も、さすがに相手が弱い。本質は中距離の混戦で、条件自体は合うと思うので

○マイネルウィルトス…CS系。アルゼンチン共和国杯で体力証明。スピードが足りないため、延長の混戦内枠がベストか。少頭数から多頭数替わりも良い

▲フライライクバード…SL系。同じグラスワンダー系と考えたら、アーネストリー感ある。今まで圧勝後は惨敗が多かっただけに、前走3着に踏ん張ったのを評価

△ダノンマジェスティ…S(CL)系。ミニアルアインで、今は若干Sが邪魔している状態。もう少し内枠向きだが、近走条件戦使用で鮮度あるし、叩き2戦目+人気落ちで

☆モズナガレボシ…S(LC)系。小倉記念激走後の前も先行活性化あったので、今回も期待したい。中央場所だとスピードが足りない印象なので、ローカルの方が良い

◎から☆まで3連複、△まで3連単。○単勝


京成杯
◎ヴェールランス…S系。体力優勢。それこそミニキタサンブラックか。ある程度速いペースを前で踏ん張る競馬が合う。東京よりは中山向き

○テンダンス…SM系。◎よりはこじんまりしたタイプで、Sと体力ではやや劣る分脚は速いというタイプか。まあ単純にG3入線馬で実力上位

▲タイセイディバイン…L系。淡々と走るとしぶといルーラーシップ産駒。母父ダンスの分、SやCもありそうで、初重賞のアップでも

△サンストックトン…M系。2走前同条件連対のバウンド延長、多頭数内枠経験など、臨戦的に魅力がある。サンアップルトンの下なら中山合いそう

△ホウオウプレミア…LM系。真逆のレース質でどちらも連対したのを評価。母がクロフネ産駒のパワー型の馬で、中山でも

◎から馬連、3連複