マーメイドS
◎パッシングスルー…LC(S)系。ルーラーシップ産駒は量系の割に休み明けの成績がイマイチ伸びず、叩き良化型のタイプが多い。現に同馬も休み明けが[0-0-0-5]に対して、叩き2戦目が[1-0-1-0]という成績を残している。七夕賞でも狙ったが、ダート→芝、逃げという位置取りを使っても6着だったのは、これも結果的に同馬の休み明け適性の無さが原因と考えれば、酌量の余地がないこともないか。今回は叩き2戦目と、内枠から出遅れて揉まれてからの延長+外枠+前に行く位置取りショックを仕掛けられる局面であり、ルーラーシップ産駒のオプションとしてはこれ以上ないだろう。今まではすぐ間隔を開けてしまっていたので、久々の叩き2戦目なら巻き返しても。また、人気馬が後方格下鮮度チームなので、前に行く重賞実績馬は逆張り的な意味でも対照的で面白味を感じる

○レッドベルディエス…LM系。前走は休み明けの高速マイルでさすがに忙しかった。それでも最後詰めていたので、延長で追走が楽になれば巻き返しは可能。2走前にアカイイトに勝利しており、ポテンシャル的な意味でも十分足りる

▲イズジョーノキセキ…SC系。良い精神構造を持っているし、純粋Cみたいな馬でもないので、やや過剰人気でも買わざるを得ないか。前走はVラインで2着。当然鮮度は保有しているし、充実していると見て

△ソフトフルート…LC系。母父がキングマンボで重ためのディープ。2走前高速馬場敗退後の前走稍重馬場で巻き返したのは気になるが、秋華賞→エリ女でもそのような形ながら6着に走っているので、単純に能力が上か

△アンドラステ…SM系。エプソムCの内容が優秀。こちらも単純な能力を評価して押さえる。

◎から馬連、ワイド、3連複5頭BOX


ユニコーンS
◎ケイアイロベージ…S系。デビュー戦から騙馬ということで、狂Sか? 連勝中で勢いのある間は買っておきたいタイプ。単勝1点勝負