天皇賞春
◎カレンブーケドール…CS系。良馬場継続ならこの馬で。ギリギリで大雨になったら知らん(笑)。叩き2戦目で軽く人気の落ちたC系。ベタに。

○ワールドプレミア…LM系。内枠向きの馬でもないが、長距離の縦長になるようなら。やや下降線を辿っているディープ産駒で1着のイメージが湧かず対抗

▲ディバインフォース…S(LC)系。菊花賞4着以来の3000m超えのレースで延長適性もあるし、近走条件戦しか使っていない鮮度もあり。土砂降りになって欲しい

△ウインマリリン…SC系。良馬場なら評価を上げる。陣営が同馬にとってベストの乗り方を熟知しているので、外からでも上手く内に潜り込めれば。人気落ち

△ユーキャンスマイル…M系。一線級相手ではもう厳しいだろうが、このメンバーレベルなら。活性化が足りない分は延長で少しでも相殺できれば

△メロディーレーン…S(C)系。菊花賞5着と3走前のアドマイヤポラリスに完勝した競馬がポテ証明としては十分。とにかく気分を害さず自分の競馬に徹すれば

◎から馬連、3連複


スイートピーS
◎ミツルハピネス…前走の未勝利戦が強い内容。多頭数内枠経験獲得できたのは良い。C感じる

○グローリアスカペラ…前走はアネモネS激走後だったので、仕方ない。交互の人気落ちで

▲ホウオウラスカーズ…ディープ初のOP戦。マイルからでスピードの慣れもあるので

△オレンジフィズ…LS系。ダウン少頭数替わり合いそうなLS系。逃げられなかった逃げ馬

4頭馬連BOX◎厚めで