◎レインフロムヘヴン…LM系。長い距離の番組が増えて少しずつ台頭してきたドゥラメンテ産駒。同産駒はL主導でスピードが足りないため、延長で体力を生かすような競馬がベスト。メンバー中2頭しかいない1800m以下臨戦の1頭。前走は逃げて激走後だったし、道悪のせいで終始手応えも悪かったので、参考外と見て。

○キングストンボーイ…もう1頭の1800m臨戦馬。前走後方からVラインで4着してからの延長のドゥラメンテ産駒。ドゥラメンテは今のところG1に届くような圧倒的なSやCやLを保有している馬がおらず、青葉賞のような前哨戦で上位を独占する姿は、いかにも想像に難くない。

▲ワンデイモア…こちらもドゥラメンテの延長。中山に適性が寄っている気がしたので、3番手まで。まあでも上記2頭と同じ実質ダウンの延長組。

△グレアリングアイ…ドゥラメンテの作るたるいレースに対抗できるのはハーツでしょう。激走後も人気据え置きの延長アップハーツ。ずっと出遅れているように走りに集中できていない面はあるものの、その分Sを感じるのでハマれば一発ありそう。東京替わりでのびのび走れれば

◎単勝、馬連4頭BOX、◎からワイド