スプリングS
◎アサマノイタズラ…SM系。馬場が重く、体力、短縮優勢と見る。同馬は前走Vラインで、スムーズさを欠く勿体ない競馬。そういう意味で馬群のばらけやすい道悪は良い。スムーズに走れれば2走前のような競馬が出来るはず。血統的にも母父キングヘイローは道悪特注のリファール系

○イルーシヴパンサー…SM系。同馬も短縮馬。2走前中山マイルで差して連対経験もあるので、スピード面で短縮への不安も少ないタイプ

▲ボーデン…L系。圧倒的な量を保有していそうなハービンジャー産駒。1戦で5秒時計を詰めたのは評価できる。外目の枠もプラス材料

△ロードトゥフェイム…S系。穴人気嫌だが、同馬も母父ホワイトマズルがリファール系。中山道悪はいかにもな血統

△ヴェイルネビュラ…SM系。本命評価だったが、馬場が重すぎるので短縮、同距離臨戦馬を上に取った。1人1着後なのに初の人気急落は良い

◎単勝、◎から馬連流し


阪神大賞典
◎アリストテレス…M系。まあ仕方ないか。菊花賞の内容からエピファらしく体力も保有しているので

○アドマイヤジャスタ…LC系。同レース2着のアドマイヤラクティの全弟。前走0.5差の最速上がりで、走る気が戻ってきた印象

▲ゴースト…SM系。前走激走後に延長を控える逆位置取りでも5着に入線。今は充実期と見て。母父コジーンも道悪合う

△ユーキャンスマイル…M系。CやS要素が薄れ、今はダウン頭数減の延長くらいが合いそう

△ディープボンド…S(LC)系。前走は短縮で中団になり敗れたが、再度の延長なら

○単勝、◎から3連複、◎、○、▲馬連、ワイドBOX