◎ホウオウピースフル
オルフェーヴル×キングカメハメハのL(S)系で、兄にはブラストワンピースがいる馬。同馬は東京で実績を残している馬ではあるが、ブラストワンピースの半妹と考えると、体力を活かせる中山の外枠は合う。父がオルフェの分ブラストより裏にSがあり、それが紫苑Sと秋華賞の凡走に現れている。ただオルフェでも母父がキンカメということで一定の量を保有しているため、前走間隔を開けて馬体を増やしたことで、再び走る気を戻すことが出来た。前走自体もSペースの出遅れと物理的に厳しかったので、最速上がりで4着なら復調と捉えることができる。不振期脱却はいつの時代も特殊馬場と相場が決まっているし、オルフェなら不良馬場で一変があっても驚けない。

○シーズンズギフト
エピファネイア×ゼンノロブロイのS系。父、母父共に体力を伝える能力に長けていて道悪は合う。特に母父のゼンノロブロイは道悪で回収率が良かった。まあこれは道悪適性というよりも、単純に体力が豊富で、相対的に浮上できるチャンスが多かったのが理由かなと。同馬はロブロイの後ろがダンチヒの直仔であるザイーテンで、ここがまた不安定さを後押ししている感じ。ポテ証明は十分あるので、あとは人気が落ちて気楽に走れるかどうか。

▲フェアリーポルカ
ルーラーシップ×アグネスタキオンのS(LC)系。基本L主導のルーラーシップ産駒にしてはSが強く、不安定な馬になる。昨春に頑張りすぎた影響で、秋は不振期のような推移を辿っていたが、人気が落ちたターコイズSで巻き返したのがいかにも同馬らしい。不振期を終えたS系が交互に移行する典型的な戦績。

△デンコウアンジュ
メイショウサムソン×マリエンバードのS(LC)系。メイショウサムソンはサドラー系で道悪特注種牡馬。母父もカーリアンの系統で道悪は合う。基本的にS主導の気分屋で、激走後だから消しとか、M的な常識は通用しない印象がある。自分が走りたい時にだけ走る馬。人気の無い時は常に注意が必要。

△シャドウディーヴァ
ハーツクライ×DansiliのSL系。同馬も走る意欲はあるものの、それを毎回出せない気分屋さん。東京巧者の印象が強いが、道悪小回りの秋華賞で4着。こちらも人気薄時は常に注意。


◎、○単勝 馬連BOX