◎タイセイビジョン SC系
タートルボウル×スペシャルウィークのSC系。朝日杯FSでも◎にしたが、この血統にしては量があり、延長の高速上がりにも対応している守備範囲の広さが魅力。NHKも4着に敗れはしたが、アーリントンCの内突きのストレスがある中だから強い内容だった。富士Sが案外な内容だっただけに、Sの不振期の可能性も否定できないが、内から出ようとしてくる挙動は悪くなかったので、叩き2戦目の上積みと初の超人気急落に賭けてみる。地味に同条件重賞1人1着経験も保有。サリオスが前を掃除しての着付けで十分。軽く差しに回るのがベスト。

○サリオス SC系
元々体力、量もあるS系マイラーで、皐月賞では◎を打った馬。ダービーは厳しいと思っていたので、延長を控える逆位置取りの形でも連を外さなかったのには驚いた。この時点でかなりのポテンシャルを証明している。毎日王冠はレベルが低くあっさりだったが、本質はマイルの持続質戦の方が良いだろう。臨戦的にも毎日王冠1人1着後の異端短縮ショッカー馬で、ほぼ隙が無いように思えるが、大外のデムーロに良いイメージが無いのと、中間疝痛があったらしいので対抗評価にした。

▲アドマイヤマーズ LC系
京都芝1400mは短いので、そこで2人3着後の延長マイルはベストの臨戦。母方にシングスピールがいる影響かダイワメジャーにしてはしぶとく、根幹坂コース替わりも良い。またもグランが微妙な臨戦の時にしれっと出走してくる運の良さもピカイチ。

△インディチャンプ CM系
今までの休み明けは明らかな叩き台だったが、今回はいきなりのG1なので、通常時の休み明けよりはしっかり作ってくるだろう。戦績見ても分かるように、生涯5着以下が無いまとまったタイプ。消しづらい。

△スカーレットカラー SC系
秋天からの異端臨戦とあとは単純に能力を評価して。今までのG1よりはストレス、疲労、条件含め一番良い臨戦過程。阪神牝馬Sのような着付けで。

☆ベステンダンク S系
前走がかなり勿体ない競馬。それでも最後間を抜けてきていたし、走る気は落ちていない。延長で前に行く位置取りを仕掛ければ解放感はありそう。


◎単 ◎からワイド ◎〜△3連複BOX