京都大賞典
◎バイオスパーク…CS系。Sに依存しすぎていないオルフェ産駒でバランスが良いタイプ。母父マイネルラヴなので距離延長に一抹の不安は覚えるものの、人気急落+混戦向きのC保有と考えれば目を瞑って狙える。

△キセキ…S(LC)系。過去の戦績から休み明けだと丁半博打の局面だが、道悪で馬が集中して走れれば。実績や格を考えれば4.0倍もなめられた。

△カセドラルベル…LC(S)系。タイセイトレイル、カフジプリンスと同配合。550キロの雄大な馬体から超体力型。延長道悪で早めに動くような競馬が出来れば。

△パフォーマプロミス…M系。量要素を多分に含みL寄りのまとまっているステゴ産駒。激走後だが、休み明けならリセットできると見て。京都2400も合う。

△キングオブコージ…LM系。連勝が連チャンではなく、能力で単調にそのまま走っているようなイメージ。カナロアだから休み明けは問題ない。

◎単複 ◎から馬連、ワイド