毎日王冠
◎トーラスジェミニ…S系。非根幹向き逃げ馬。父キングズベストで道悪良い。エプソムを逃げのショックで激走した後も2回まとめたのを評価。前走は使い詰めの疲労もあったし、ラッキーの圧を受けながらでの1.0差なら悪くない。頭数減の短縮で同じペースで行けるなら楽には感じるはず。展開の助けは必要だが、この人気なら。

○サンレイポケット…LC系。ジャンポケ×ワイルドラッシュという配合馬で、血統的には体力、パワー型のS系か。ダートを使いたくなる血統構成。しかし戦績を見ると速い上りの差し競馬を好む馬になっている。これを本質と見るか、鮮度を保有しているから一時的に対応しているのかの判断は難しい。ただ一つ言えることは単純にずっと好走は続けており、裏にあるCの集中状態のようにも見える。まだ能力がどのあたりにあるか難しい馬で、一定の評価は必要だろう。

▲サリオス…SC(L)系。3歳馬の秋初戦としてはジェニュイン、バブル、ペルーサあたりが苦汁を飲まされている。能力は確かだし、ハーツにしてはまとまってて量があり休み明けからも大丈夫なタイプだが、物理的に勝負に行くかというと疑問は残る。道悪適性もそれ自体云々というよりも、イレギュラーな要素として考えて、1.2倍ならわざわざ本命にしなくてもというポジションの馬ではあると思う。

△カデナ…LC系。重い質に移行したディープで、前走58キロを背負って極限の上がり勝負でも対応していたのには驚いた。前回より上がりの掛かる馬場なのは良いし、腐っても大阪杯4着馬で、他馬の破綻があれば突っ込んでくるといったタイプ。

△サトノインプレッサ…LS系。L系だと思えば、短縮多頭数だったNHKの凡走、延長スローだったダービーの好走には合点がいく。能力はさほど評価していないが、弱いサトノクラウンみたいなイメージで捉えればこういう条件はむしろ合う。


◎、○単 ◎から馬連、3連複流し