道悪で最内にダイアなのでHペース前崩れ想定。
混戦向きの馬と鮮度保有馬から。

◎ビリーバー…CS系。モンテロッソ×ネオユニヴァースのCS系。アイビスでも頑張っていたが、本質は道悪洋芝の方が合う重いタイプ。連続激走なので疲労は気になるが、人気のない間はCで踏ん張ると見て。

○ライトオンキュー…CS系。2走前で不振の気配だったが、前走が圧巻の内容。2走前は海外明けなので、調整不足と見て度外視。前走はダウンに反応したというより能力差の印象。アップ戦合う。

▲アスタールビー…LM系。母父ブライアンズタイムの軽量戦(古い格言)で古馬初重賞。ただ走り自体はカナロアっぽく量っぽい走りだが。一応鮮度あっての人気落ちなので、そこを評価して。

△エイティーンガール…SL系。ファイナルSとシルクロードSの内容は良かった。不振期っぽい感じだが、道悪特殊馬場Hペースで後ろで溜めるだけ溜めて差し脚に賭ければ巻き返しても。

△フィアーノロマーノ…LS系。前走は高速馬場の内々前残り戦だったので、その中ではよく追い込んではいた。L系のオプションである短縮失敗後の同距離で追走が楽になれば。

◎、▲単 ◎から馬連、3連複(○厚め)