◎メイショウグロッケ…SM系。休み明け道悪特注メイショウサムソン。中山牝馬Sは連続激走の延長で我慢が利かなかった感じ。近走C感じるし、サムソンの牝馬だとフロンテアクイーンのイメージなら完全に吐き出しての混戦内枠悪くない。善臣先生もサムソン牝馬デンコウアンジュで道悪の内突きをやってるから大丈夫でしょ(笑)

○ミッキーブリランテ…LC(S)系。前走Hペースを早めに抜け出す競馬は強かった。反動ありそうだが、人気が無ければ圧力弱く吸収してくれると見て。タフな馬場も良い

▲グルーヴィット…SC系。Sが強く不振期っぽかったが、ようやく復調してきた。元々能力はある馬。前走は条件が軽すぎたので、延長でややタフな馬場の混戦はプラス

△プリモシーン…CS(L)系。加齢の影響かL化した。ただ完全なダウン質向きの馬ではなく、ダウンだけど多頭数内枠の混戦という絶妙な条件が合う。3人気もなめられた

◎、○単 4頭馬連、ワイドBOX