Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れている無料メルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!
日本ダービー2019の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ロジャーバローズ L系 ★
 ディープインパクト×LibrettistのL系。父は量が豊富なM系種牡馬。同馬は量というよりL的要素が強く淡白な印象を受ける。初重賞だった短縮+ペースアップのスプリングSで凡走。ディープの鮮度を考えると絶望的に弱い。逃げた後も良くない。
ナイママ S系 ★
 ダノンバラード×ジャングルポケットのS系。父は坂コースの非根幹距離を得意としたディープにしては重めのS(LC)系で、産駒もS主導のタイプだろう。前走京都新聞杯2着以下は[0-0-0-20]。小回りの持続質戦向きの馬で、適性面でも疑問符。
シュヴァルツリーゼ S系 ★★★☆
 ハーツクライ×MonsunのS系。皐月賞10着以下は既に述べたように、2走前に重賞を連対しつつ人気より凡走したタイプだと相性が良い。同馬は該当する。まだまだ荒削りで人気で買うにはリスキーな馬だが、爆発力は保有している。穴なら。
タガノディアマンテ SL系 ★★
 オルフェーヴル×キングカメハメハのSL系。母父から安定感を供給しても良さそうなものだが、同馬はオルフェのS全開で所謂キチ○イSL系。前走京都新聞杯2着以下は相性最悪も、極端な馬場やショックがあれば常識は通用しない馬ではある。
ヴィント LC系 ★☆
 モンテロッソ×グラスワンダーのLC系。父のタイプは分かりづらいが、Dubawiの産駒と考えるとそこまで一本調子な印象はなく、LCかCあたりか。5戦連続連対中でCっぽい推移も、ポテ証明の弱さと東京の上がり面での適性に不安はある。
マイネルサーパス SC系 ★★
 アイルハヴアナザー×タマモクロスのSC系。母父はダウン血統として有名な種牡馬だったが、同馬はアップの持続質戦向き。前走プリンシパルS組は[0-0-2-19]。掲示板に入った3頭は全馬1人気で2着以内。ここ凡走後のラジオNIKKEI賞で。