Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れているメルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

有馬記念の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
シュヴァルグラン S(LC)系 ★★★
 ハーツクライ×MachiavellianのS(LC)系。ハーツクライらしく、Sと体力で押していくタイプ。前走JC4〜5着馬は[1-1-3-8]。そこで人気より走った馬は[0-0-2-5]。昨年よりストレス、疲労は薄いが、鮮度は落ちている。一長一短で取捨難解。
スマートレイアー LS系 ★
 ディープインパクト×ホワイトマズルのLS系。母父の影響で、M系を出すディープにしてはLやSが強めのタイプ。前走エリザベス女王杯組は[0-3-0-14]。近年は斤量の影響もあって牝馬が相性良い。まあ同馬はさすがに年齢的に厳しいが。
パフォーマプロミス C系 ★★★☆
 ステイゴールド×タニノギムレットのC系。父、母父共に精神構造がしっかりした種牡馬になり、同馬もCかCS系。前走アルゼンチン共和国杯組は[1-0-0-7]。5走前に条件戦で鮮度はまだある。宝塚記念の9着だけがどうしても引っ掛かるが。
人気ブログランキング L系 ★★★☆
 ハービンジャー×キングカメハメハのL系。父はL系種牡馬になり、母父はM系の種牡馬。母父が上手く父のLを引き出している感じ。前走菊花賞組は[3-3-2-7]と好相性だが、3着以下に限定すると[0-1-1-5]。短縮は微妙も凡走後は良い臨戦。
マカヒキ CS(L)系 ★★
 ディープインパクト×フレンチデピュティのCS(L)系。父はM系の種牡馬で、母父はパワー型のS系種牡馬。ただフレンチはディープの母父に入るとCを供給する。JCをスキップした臨戦は良いが、鮮度切れの古馬ディープで、上積みはないか。
6頭の中で気になるのは人気ブログランキング
本命候補でしたけど、厩舎が信用ならん。押さえまでか…。


※有馬記念2017の馬柱です。
有馬記念2018の各馬指数値が当日会員内北条ブログで無料で見れます!
小倉記念〜先週までの無料提供重賞20レースで60頭中50頭が指数値30以下。
指数1位2位は確実に抑えておくべき馬。例年8番9番人気が1頭食い込むので、指数5位6位に何がくるか今から楽しみなんです。
有馬記念の各馬指数値を無料で見る!