Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れているメルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

有馬記念の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
オジュウチョウサン S系 ★★
 ステイゴールド×シンボリクリスエスのS系。父はC系の種牡馬で、母父はS(LC)ベースのまとまった種牡馬。障害で活躍している馬なので、おそらくS系だろう。前走条件戦組は[0-0-0-2]。道悪になって最内枠から逃げるのは必須だろう。
キセキ SM系 ★★☆
 ルーラーシップ×ディープインパクトのSM系。父と母父の良いところを合わせたような馬で、体力がありつつ上がり勝負にも対応できる馬になる。前走JCで人気>着順だった馬は[1-1-3-43]。秋4戦目で人気だと疲労が露呈する可能性が高い。
クリンチャー S系 ★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのS系。父はL系タキオン産駒だが、同馬は闘争心と体力が全面に出ているタイプ。前走海外だった馬は[1-2-1-5]とまずまず。ただ鞍上はLM系みたいな優しいタイプと相性が良いので、同馬とは合わない。
サウンズオブアース SC系 ★
 ネオユニヴァース×Dixieland BandのSC系。父はS系種牡馬で、母父は体力や延長適性を高める種牡馬。前走JC10着以下は[0-1-2-26]。3着以内に走った馬には、年内に重賞で1人1着経験があった。同馬は2年以上複勝圏がなく、流石に厳しいか。
人気ブログランキング CL系 ★★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのCL系。キンカメ産駒の割にはCがある。前走秋天6〜9着馬は[1-0-0-4]。後方から差し届かずの内容で、前に行く位置取りを仕掛けられるのは良い。やはり枠が痛恨。今年のJRAはC系に厳しすぎる。
サトノダイヤモンド LC系 ★★
 ディープインパクト×OrpenのLC系で、馬体があって量、体力型。以前はSも見せてキタサンにも勝利した馬だが、今は鮮度が低下してテンプレの体力型ダウン質ディープに成り下がった。JC6〜9着馬は[0-1-0-26]。怪我だけはないように。
6頭の中で気になるのは人気ブログランキング
枠が1枠2番なら★4で本命でしたけど、この枠なら多分買いません(爆)

有馬記念は信頼できるコラボ指数に託す事にします(PR)

わたしはいつもこのコンテンツで推奨の照らし合わせています。
「コラボ指数」とは馬を能力などから指数化したもの。

指数で入線の可能性を判別してくれるのでありがたいですよね!



■秋G1的中実績




秋のG1、10R3着以内30頭中26頭が指数30以下の好走期待馬!入線率は驚きの86%です!


■有馬記念の過去4年のコラボ指数実績




有馬記念2018も指数6位7位8位あたりまで気になりますね。
そういう3連単狙いの方は当日会員内北条ブログで!
指数上位6頭を5頭に絞り込んだり、、、え?この下位人気馬?みたいな最終見解を指数データとともに公開してくるので必見。有馬記念は無料公開されるので上位馬は見ておいて損なし!


有馬記念の各馬指数値を無料で見る!