Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れているメルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

阪神JFの出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去4年のものです。
人気ブログランキング M系 ★★★★
 父は量が豊富なM系種牡馬で、母父は米国のダート馬でS系の種牡馬。キャリアは2戦だが、能力は疑いようがない。先行できる上に速い上がりも持っており、昨年のダノンプレミアムに近い印象を受ける。外目の枠に入ったら鉄板だろう。
ケイデンスコール L系 ★★★
 ロードカナロア×ハーツクライのL系。母父からある程度Sを受け継いではいるだろうが、現状見せているパフォーマンスはLか。前走新潟2歳S組は過去1頭もいないが、アーモンドアイ見ても父は休み明けの鬼。能力はあまり感じないが…。
コパノマーティン S系 ☆
 スクリーンヒーロー×ディラントーマスのS系。やたらスクリーンヒーロー産駒を見かけますね。来年からはモーリス活躍後の世代なので、より層が厚くなる予感。同馬は戦績的にはSっぽい。分かりやすいショックが掛かった時に狙いたい。
ソルトイブキ LM系 ★☆
 ベルシャザール×フジキセキのLM系。母方にはトニービン、ノーザンテーストと続いており、社台の詰め合わせ。少しずつ着差を詰めてきた臨戦は魅力的も、Cは強く無さそうなのでいきなりのG1はどうか。ポテ証明無いM系は基本弱くて。
ディープダイバー LS系 ★★
 ブラックタイド×Raven's PassのLS系。父はずぶといLCやSっぽい馬を産む。戦績的には安定感があるが、見るからに厳しい経験が足らず母父の影響もあって同馬はSかLが強めのダウンホースといった感じ。良いのは本当リズムだけだな…。
5頭の中で気になるのは人気ブログランキング
まあこれはしょうがないでしょう。

不死身のふじおが追い続ける穴馬とは!?

「朝日杯FS」見落としがちな穴馬!〜データ分析×コラボ指数鉄板!??〜


どうも不死身のリーマン競馬魂ふじおです。

競馬歴15年ふじおが狙う朝日杯の穴馬をご紹介します。


重要視ポイント:上がりタイム、血統

事実、上がり上位2頭が近年朝日杯では明らかに好成績を残しています。




注目穴馬◎:マイネルサーパス
  父アイルハヴアナザー


ダート産駒が多いイメージですが、現在は芝でもバランス良く成績を残しています。


注目データ】2018年アイルハヴアナザー産駒 芝1500〜1800m成績

(9-23-17/201) 複勝率19.6% 他距離比NO.1!
追い切り◎ ●美浦 単走南W良 (69.7-54.7-39.6-13.1) 馬なり ふじお評価A+
前走◎   ●きんもくせい特別 芝1800m
 上がり最速34.2 レコード!!

複勝圏の実績距離血統なら狙うのも全然あり!


注目穴馬◯:エメラルファイト 父クロフネ


注目穴馬⭐︎:ニホンピロヘンソン
 父ルーラーシップ


───────────────────────────────────


ここでふじおはうまとみらいとの「コラボ指数」をオススメします。

コラボ指数とは、馬を様々な条件から指数化したもの。これが当たるんです笑

■過去4年の朝日杯のコラボ指数をまとめました。




指数上位の馬がきっちり入線していますし、注目は2016年の3着ボンセルヴィーソ

この馬単勝72倍でなんと指数5位指名、さらに3着入線で3連単221,200円決着。

他も指数上位がしっかりきていることから信頼度が伺えますよね!

上記の3頭が指数5位、6位ほどにもなれば十分に狙えると思います!!


当日会員内北条ブログで朝日杯フューチュリティステークス指数データをご覧ください。
↓↓↓クリック↓↓↓メルマガ会員限定公開あり。

無料で朝日杯FS(G1)指数データを見る!