Mの法則を用いて回顧やってます!
各馬の見解や次走への注目馬に触れているメルマガはこちら→少年は競馬場で回顧する
考察や予想で分からない用語があればTwitterやコメントでじゃんじゃん聞いて下さい^^
Mラジも宜しくお願いします!

朝日杯FSの出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去4年のものです。
人気ブログランキング SC系 ★★★☆
 父はLやSを保有する量系種牡馬で、フォーティナイナーの4×4からもSは強い馬だろう。前走京王杯2歳S組は[0-1-2-10]で4着以下は[0-0-0-5]。だが前走は内伸びの大外ぶん回しなので、酌量の余地はある。内からアルマワイオリパターンか。
アドマイヤマーズ M系 ★★☆
 ダイワメジャー×MediceanのM系。父は非C系のM系で、母父もまとまったタイプ。前走デイリー杯2歳S組は[0-2-1-8]。休み明けで馬体が緩かったとはいえ、スロー楽逃げの内容は評価しにくいし、ましてダイワメジャーでは。内枠なら軽視。
イッツクール SL系 ★
 アルデバラン供潺┘鵐僖ぅ▲瓠璽ーのSL系。前走ダート戦使用馬は[0-0-0-6]。頭数減の延長で逃げられなかった逃げ馬を決めたききょうSの内容からもダウン質が強いタイプ。ダ→芝のショックはあるが、アップの阪神マイルはいかにも厳しい。
エメラルファイト SC(L)系 ★★★
 クロフネ×スペシャルウィークのSC(L)系。父は牡馬だと硬いS系が多い種牡馬で、母父はSやCを供給する種牡馬。所謂クラリティスカイ配合で、アップの短縮マイルは面白そう。前走芝1800m組は[0-0-0-10]だが、マイル実績があるのはプラス。
クリノガウディー S系 ★☆
 スクリーンヒーロー×ディアブロのS系。父はLSベースのバランスの良い種牡馬で、母父は米国のS系種牡馬。血統的には短縮特注で、レベルの高い東スポ杯からの短縮臨戦は魅力的。ただ同馬はマイル以下とHペース経験が無く、その点で劣る。
5頭の中で気になるのは人気ブログランキング
本命候補。前走は超スローを掛かり通しで全く競馬をしていない。
ただ量はないので純粋な上がり勝負だと不安が残る。
無欲の連中がある程度引っ張ってくれれば。マジでいい加減摩擦増やせクソ日本人騎手共。

騎手より、馬より、配当重視な穴師マナミはこの1頭に賭けます!







重要視ポイント:上がりタイム、血統

事実、上がり上位2頭が近年朝日杯では明らかに好成績を残しています。
───────────────



注目穴馬◎:マイネルサーパス
  父アイルハヴアナザー
ダート産駒が多いイメージですが、現在は芝でもバランス良く成績を残しています。

注目データ 2018年アイルハヴアナザー産駒 芝1500〜1800m成績

(9-23-17/201) 複勝率19.6% 他距離比NO.1!
追い切り ◎ ●美浦 単走南W良(69.7-54.7-39.6-13.1) 馬なり/ふじお評価 A+
前走   ◎ ●きんもくせい特別芝1800m
上がり最速34.2 レコード!!

他注目穴馬○:エメラルファイト 父クロフネ
他注目穴馬⭐︎:ニホンピロヘンソン 父ルーラーシップ

───────────────
ワタシのいつも使ってる指数も去年は指数1位3位1位で的中。
先週8日中京5、6レースでも17万、20万馬券など穴馬がこの指数上位にきてたら好走予感しちゃうんです。エリザベス女王杯もクロコスミアを指数値29にして結果2着で3連単的中してるので重賞も平場も頼りになる指数上位馬なんです。

ワタシの推すマイネル様が指数5位、6位あたりにきてたら馬券は厚くいくと決めてます。
ちなみにサイトはコチラです。毎週午前中と朝日杯、有馬記念は無料で見れるのでチェックしてみてください。