メルマガで考察をしようかと思ったのですが、やっぱりブログでします。
今週はMラジにもmenkさんが出演して下さるので、是非是非そちらも聴いて下さい^^
菊花賞の出走各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去11年のものです(神戸新聞杯が2400mになってから)。
アフリカンゴールド CL系 ★★☆
 ステイゴールド×Gone WestのCL系で、母父から優しめのステゴになる。前走2400m以上の1000万下組は[0-0-3-16]。この手のステゴには毎年騙されているので、今年は騙されないぞ!(なお、フェデラルホールはしっかり切った模様)
コズミックフォース M系 ★☆
 キングカメハメハ×ネオユニヴァースのM系。同馬は母父のSは感じず、軽いM系。前走セントライト記念6着以下は[0-1-0-15]。掲示板に載った4頭は全馬人気<人気で同馬も該当する。ただ血統的にはこの後のダウン戦といった感じだろう。
フィエールマン SM系 ★★★
 ディープインパクト×Green TuneのSM系。父は量が豊富なM系で、母父はよく分からない(爆)。同馬は出遅れ癖がありつつ中山で走っており、S主導だろう。ビッシュの牡馬版。そういう意味ではぶっつけの方が鮮度的にも面白味はある。
タイムフライヤー SC系 ★☆
 ハーツクライ×ブライアンズタイムのSC系。父は体力とSで押す産駒が多く、母父もSC系の種牡馬となっている。ホープフルSをピークにして下降線を辿っており、一度特殊馬場や馬場替わり等で刺激を与えたい。平坦京都も軽すぎる印象。
グロンディオーズ S(LC)系 ★★★
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのS(LC)系。前走2000m以下の1000万下組は[1-0-0-24]。唯一の勝利はスリーロールス。ローテ的には厳しいと言わざるを得ないが、同馬は600m延長の実績があるし、兄にムスカテールがいるのも魅力的。
オウケンムーン CS系 ★
 オウケンブルースリ×エリシオのCS系。皐月賞の考察にも書いたが、血統的にはLorLCベースなのに、同馬は混戦を好むC主導のタイプに映る。C系なので外枠を引いたのは痛いし、後方続きも躍動感が無い。福島記念あたりで期待したい。
ステイフーリッシュ CM系 ★★
 ステイゴールド×キングカメハメハのCM系。前走神戸新聞杯5着馬は[0-0-1-5]。京都新聞杯で京都外回り実績を持っているのは大きいのだが、前走先行したことで前に行く位置取りSは仕掛けられない。純粋なポテンシャルではやや足りないか。
シャルドネゴールド C系 ★★★★
 ステイゴールド×Lion HeartのC系。前走1600万下組は[0-0-0-7]。相性は悪いが、1人2着でストレス、疲労は無いし、スローで前を捉えられない負け方は逆にCを証明した形。経験と鮮度のバランスが絶妙で、内枠なら自信の本命だったが…。
グローリーヴェイズ M系 ★★★☆
 ディープインパクト×スウェプトオーヴァーボードのM系。同馬は母父がS主導の短距離型の割にはM系のディープらしいディープ。前走1600万下組は前述した通り。鞍上とこの枠なので、着付けに徹しても面白い。当然鮮度は保有している。

9頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
前走の負け方がいいですね。C系はこうでなくちゃ(笑)。
〔読者さんから喜びの声が多い指数データ〕PR


毎週驚異の的中率で3連単予想でお世話になってる「コラボ指数」

菊花賞につながる「神戸新聞杯」もしっかり上位馬きてます。

━━━━━━━━━━━
結構、コラボ指数さん
ご紹介すると・・・的中したとか、指数の使い方とか

いろんなメールがきてるので実はちょっと嬉しいんです。

なので今回は神戸新聞杯の上位馬的中の馬柱をお見せしちゃいます。





先日の神戸新聞杯は上位5頭で決着、4年連続神戸新聞杯的中してましたね!

菊花賞のコラボ指数データはレース当日会員サイト内で

管理人でもある〔北条のブログ〕にて指数データと最終見解が見れます。





当日この赤枠に菊花賞コラボ指数値入りますので要CHCEKです。



⇒菊花賞指数データを無料で見る!


確認メールきたらクリックしてログインだけです!