日本ダービー出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
ジェネラーレウーノ S系 ★★☆
 スクリーンヒーロー×ロックオブジブラルタルのS系。父はLSベースながらしぶとさを感じる種牡馬で、母父はダンチヒの中でも一本調子なS系種牡馬。同馬は中山向きだが、アイトーンの回避で逃げという必殺技が残っている。そこに一縷の望み。
ステルヴィオ LS系 ★★★☆
 ロードカナロア×ファルブラヴのLS系。父はキンカメの中でも距離適性が短めでSに寄った種牡馬になる。皐月賞4着馬は[1-1-1-13]。追い込み激走後でも4着に入った内容は良かった。○✕○で交互のタイミング。スムーズに運べれば好勝負。
ダノンプレミアム M系 ★★★★
 ディープインパクト×IntikhabのM系。父はM系の種牡馬で、母父はS系の種牡馬。Sが強く将来的には1800m以下だろうが、イスラでさえ2着なら問題ない。それにアクシデントとはいえ、皐月賞を回避したのは疲労面、鮮度面からも大きい。
タイムフライヤー SC系 ★☆
 ハーツクライ×ブライアンズタイムのSC系。父、母父共にS主導のタイプ。ポテンシャル自体は低いとは思わないが、皐月賞はある程度カッコつけて欲しかった。激戦のホープフルSでG1馬になった馬で、延長の単調な流れだと良さは出ない。
ワグネリアン M系 ★★★
 ディープインパクト×キングカメハメハのM系。キンカメが母父に回るようになってこの配合が増えてきた。同馬は全ての要素を持ち体力やパワーがやや不足したM系。量は豊富なため、良馬場での延長東京替わりはプラス。摩擦薄レースなら。
ジャンダルム SM系 ★☆
 Kitten's Joy×サンデーサイレンスのSM系。母のビリーヴは母父ダンチヒのサンデー産駒で、まとまったタイプだった。同馬もまとまったタイプだろう。ホープフルSの走りを見るとHペースのS質向きという印象が拭えない。短縮Hペースで。

ダノンプレミアムで問題ないのでは。
意図的ではないにせよ、現代競馬のトレンドである休み明けを引けたのも大きいですね。
皐月賞勝ってたら、人気はするわ、疲労はあるわで苦しかったでしょうし。
ステルヴィオも前走の内容だけ見たら買いたくなりますね。
あの追い込みを決めた後に普通は4着まで走れないです。
同じキンカメ系?のローキンと似た推移も好感ですね。

PR)皐月賞は「最も速い馬が勝つ」,菊花賞は「最も強い馬が勝つ」
ダービーは「最ものある馬が勝つ」といわれる
競馬ライターマナミです。ダービーの傾向を調べてみました!
・逃げ馬の連対率が0 ・内枠が断然有利
・1枠の複勝率が40.0% ・1枠1番が複勝率70.0%
・1番人気が勝率40.0%(連対率が50.0%,複勝率が80.0%)
・前走は皐月賞組が優勢(3着以内だった馬が中心)
これらのデータを基に、指数を見ながら今週も予想をしていきます!
 
マナミの指数テクニカルポイントは〇マナミは意外に馬連BOX
〇三連複フォーメーションの軸に利用中〇実は1頭穴馬を決めます。そこに合う枠順、距離とかも考えワイド馬券狙い
〇上位馬だけではない。本当の穴馬と指数上位の組み合わせ〇三連単狙いの場合はレース選択がキーポイント
〇よくわからないレースなどは6点全買い(低配当かマイナス覚悟)〇券種になるべくこだわらない
今後も随時考察入れていきます。
※前半6レース+日本ダービー無料公開
※全レース月1,980円のみで見放題
ダービーは会場にマナミいます!一緒に東京優駿を指数で楽しみましょうね
メルマガ会員で日本ダービーの各馬の指数を無料で見れます↓↓