オーシャンS
◎ビップライブラリー…M系。使い詰めて疲労のあった状態でもG2で5着。
父から休み明けのダウン+短縮合うし、ここを勝たないとG1にも出られないので。
○キングハート…C系。前走+16で絞れれば。昨夏はポテ証明の連続だったので。
▲レーヌミノル…S系。阪神Cは反動が出たので仕方ない敗戦。短縮坂コースベスト。
△ナックビーナス…M系。前走楽逃げ後でも5着に踏ん張った。得意の中山替わりで。
△アルティマブラッド…M系。アリゼオ配合。アップを誤魔化す意味で休み明けはプラス。
△ダイメイフジ…S系。短縮特注アグネスデジタル。母父から鮮度ある間はしぶとそう。

◎から馬連、馬単、3連複。○−▲も押さえ

チューリップ賞
◎スカーレットカラー…M系。好リズムなのに人気据え置き。上位馬に破綻があれば。
○リリーノーブル…SC系。父、母父パワー型で中山、阪神は安定して走りそう。
▲サラキア…M系。前走出遅れから圧勝。馬群も縫って1戦の割には経験値高い。
△ラッキーライラック…CS系。乗り替わりの理由を作るためにぬるい仕上げも有り得る。

◎単 ◎から馬単、馬連、3連複。○−▲も押さえ
PR【重賞3レース予想】3連単を狙いやすいのは弥生賞


的中に特化した予想。
2月24日(土)三連単・三連複41.7%、単勝88.9%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、3月最初の重賞「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
弥生賞

今週末の的中率に期待できるレースです。
過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。
最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで【すべて指数値30以下で馬券決着】しています。ここに注目です。
また、弥生賞の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら
チューリップ賞

弥生賞同様、今週末の的中率に期待できるレースです。
同じように指数1位〜3位の馬がほぼ来ています。
指数1位から3位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。

オーシャンS

オーシャンSの予想は難しいですね。
弥生賞の予想で言った通り注目は【指数値30以下】ですが、様々な指数の良い所を合わせて弾き出された数値をオーシャンSでは逆に裏切ってくる馬が来るのではないかと予想します。その法則を週末までに見つけたいですね。
データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。
今週末は重賞3鞍。3月一発目もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
⇒ こちら