◎リッチーリッチー…LC系。連続1人気からの人気落ち。大幅延長合いそう。
○ハッピーモーメント…CL系。延長の内枠向き。同レース3着のキタサンアミーゴの弟。
▲レジェンドセラー…LC系。前走短縮スローを後方から。Vライン+延長なら。
△フェイムゲーム…LS系。バラゲーの半弟で休み明け+ダウンの中頭数外枠合う。
△ホウオウドリーム…LC系。古馬初重賞戦。斤量3キロ減。

◎、○単 ◎、○、▲馬連、ワイドBOX ◎から△に馬連。

京都牝馬S
◎オーヴィレール…M系。久々人気落ちのM系で内枠も良い。初重賞の鮮度持ち。
○ソルヴェイグ…SC系。前走は逃げた後に断然人気で厳しい局面。今の重い質の馬場合う。
▲ヴゼットジョリー…L系。ローエンは休み明けの短縮合う。置いていかれなければ。
△アリンナ…SL系。休み明けの逃げられなかった逃げ馬。古馬初重賞戦。
△ワンスインナムーン…SC系。昨年が連チャン期のような推移のため、不振期怖い。押さえ。

◎単、◎から馬連、ワイド、3連複
PR【フェブラリーSを読み解く】注目は上位4頭と赤文字

遂にやってきました2018年初のG1レース「フェブラリーステークス
そして「ダイヤモンドS」「京都牝馬S」「小倉大賞典」と重賞が4レースと楽しみな週末ですね。
的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「フェブラリーステークス」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
データの蓄積で予想精度が上がるので注目すべきは直近の過去データ
つまり「2017年のデータ」となるからです。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方は rel="nofollow noopener">こちらから登録してください。
それでは分析結果です。

2017年は1着から3着まで指数予想の1位から4位までで決着する結果でした。つまり、注目すべき点は「上位4頭」「赤文字のコラボ@指数」です。
過去のレースからデータが蓄積され、しっかり反映されているように感じます。
2014年の1着馬以外すべて指数値30以下で決着しています。


このフェブラリーステークスの指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。是非チェックして過去データと照らし合わせてみてください。
⇒  rel="nofollow noopener">こちら
精度の高い指数の裏付けである豊富なデータにビックリします。
ダイヤモンドS」「京都牝馬S」「小倉大賞典
3つの重賞も「指数上位4頭」「赤文字のコラボ@指数」に注目して組み立てていきたいと思います。


あなたの予想に指数を加えみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒  rel="nofollow noopener">こちら