中山金杯
◎セダブリランテス…ディープブリランテ×ブライアンズタイムのSM系。
大幅延長だったアル共でも3にまとめて一定の能力は証明。短縮中山合いそうな血統。
○トーセンマタコイヤ…ディープ×Gold AwayのM系。
前走インを突けたのは良かった。激走後は不安も人気急落、初重賞ディープの鮮度で。
▲ウインブライト…ステイゴールド×アドマイヤコジーンのCS系。
セカンドクラスのCS系。母父からややまとまっている分内枠なら大崩れは無いか。
△ストレンジクォーク…メイショウサムソン×アグネスタキオンのLC系。
ルミナスと同配合もこちらはCも感じる。反動心配だが、鮮度持ち+2000mの相性は魅力。
△レアリスタ…ステイゴールド×MeadowlakeのC系。
前走初マイルに対応し、柔軟性高い。血統的には中山>東京。延長で位置を取れれば。
△マイネルミラノ…ステイゴールド×Polish PrecedentのSL(SC)系。
3年前の中山金杯2人気からの人気急落(笑)。小回り向き。逃げられれば。

○単、◎から馬連、3連複

京都金杯
◎ダノンメジャー…ダイワメジャー産駒のL系。頭数減の大幅ダウン戦は向く。
少しずつ力をつけて負けるタイミングで踏ん張れるようになってきた。自信の◎。
○ウインガニオン…S系。昨年の夏にポテンシャルは証明済み。逃げれば。
▲レッドアンシェル…LM系。激走後でも勝利した前走を評価。今回も頭数少ないので。
△スズカデヴィアス…LS系。ダウン戦。近走安定。人気急落+元々先行馬で位置取れれば。

◎単、◎から馬連、ワイド。相手○、▲を厚めに
 
PR【金杯は的中できる】去年単勝・3連単を当てた指数データを公開

金杯は過去結果を見ると、単オッズ10倍台の馬が絡んでいる傾向がありますね。
2018年については、上位人気馬が混戦する傾向があり穴という穴を見つけるのが難しいです。

金杯は今年最初の重賞。必ず当てたいレースです。
去年単勝的中。6頭推奨で3連単万馬券を的中させたデータ。無料公開されます。
お申込はコチラから


2017年散々負けた方。2018年こそは勝ちたい!そう願うはず。
2017年とは違う予想をする必要がありますよね。
そこで2017年だけで会員数5万人を軽く超えた圧倒的な支持を集めている指数を使ってみませんか?
指数のメリットは
、能力値の高い不人気馬を見つけることができる。
そして何より、自分が考えている馬券は正解なのか。最終的な決定打となる。
無料で数レース実戦できます。
ーーーーーーーーーーーーーー
■2017年JRA最終日 12月28日(木)的中率
単勝87.5% 馬連66.7% 三連単54.2%

■最高的中額
阪神11R ベテルギウスステークス
三連単144,360円

ーーーーーーーーーーーーーー
※緑枠が無料提供レース※赤枠が月額1,980円のみの有料提供レース
お申込はコチラから