菊花賞2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
ポポカテペトル LC系 ★★★☆
 ディープインパクト×Mr. GreeleyのLC系。マウントロブソンの全弟で、同馬も似たタイプ。兄は菊花賞で敗れてしまったが、こちらはまだ鮮度を保有している。同じLC系ディープであるクランモンタナを復活させた和田とも手が合いそう。
マイネルヴンシュ CL系 ★★☆
 ステイゴールド×コマンダーインチーフのCL系。父はC系の代表的な種牡馬で、母父はCL系の種牡馬になる。叩かれながら着順を上げてきて1000万下を快勝。リズムは悪くないため、あとは単純にポテンシャル次第か。やはり内枠が欲しい。
クリンチャー S系 ★★★
 ディープスカイ×ブライアンズタイムのS系。早め抜け出しを得意とする持続質タイプ。前走セントライト記念で4着以下の馬は[0-0-0-21]と壊滅的。ただ血統的には母父のブライアンズタイムが菊花賞特注血統ではある。馬体絞って先行したい。
プラチナヴォイス LS系 ★
 エンパイアメーカー×マンハッタンカフェのLS系。母父の影響でダウン戦や非根幹の揉まれないレースで強く、L主導のタイプになる。セントライト記念4着以下は前述した通り。現状では家賃が高いと言わざるを得ない。再度のダウン戦で期待。
人気ブログランキング S(LC)系 ★★★★
 ルーラーシップ×サンデーサイレンスのS(LC)系。父の産駒は切れがなく、中山や延長を得意とする馬が多い。前走神戸新聞杯4着馬は[0-0-1-6]。朝日杯の凡走で同馬の能力を見誤っていた件については謝罪する他ない(笑)。揉まれず運べれば。
スティッフェリオ LC系 ★★☆
 ステイゴールド×MtotoのC系。父はC系で母父はダビスタでしか見たことがない(笑)。前走セントライト記念4着以下は既に書いた通り。血統的には道悪の混戦はいかにも。2600m実績があったら率先して買いたかったのだが…。迷う。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
きさらぎ賞、弥生賞、皐月賞とひと月ごとに酷評してきたにもかかわらず、
ここで本命にするのは果たして良いのか。実益を取りにいくのか…。
PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、
単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけ
で、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース


すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。

コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ