弥生賞2017出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去10年のものです。
人気ブログランキング M系 ★★★☆
 父はM系の種牡馬で母父はSやCの強い種牡馬。兄2頭はSの強いタイプだったが、同馬はここ2戦を見る限りSが安定し、バランス型といった印象。前走ホープフルS組は[0-0-0-4]。しかし激走した馬ばかりで、2人3着後の休み明けなら血統的には良さそう。
サトノマックス M系 ★★★
 ディープインパクト×Indygo ShinerのM系。母父はエーピーインディの系統でやや淡白なタイプかもしれない。前走新馬戦組は[0-1-0-3]。人気より好走した2頭は3人気以内でかつ逃げないで0.2差以上の圧勝だった。同馬も一応それに該当。取捨迷う。
スマートエレメンツ L系 ☆
 シンボリクリスエス×アグネスタキオンのL系配合馬。父はM系種牡馬で、母父はLが強めの種牡馬になる。血統的には芝の方が合いそうなので、中山芝2000mという舞台は悪くないと思う。ただ前走500万下3着以下は[0-0-0-15]。ポテ証明が足りないか。
ディアシューター LS系 ★☆
 サムライハート×MiswakiのLS系。前走共同通信杯組は[1-0-1-7]。好走した2頭は共同通信杯で5着以内。東京の高速上がりに対応できないながらも崩れなかった馬が穴。ただ同馬の場合は2走前の中山でも凡走しており、傾向には当てはまらない。
テーオーフォルテ L系 ★★☆
 ハービンジャー×マンハッタンカフェという配合馬で、父、母父共にLが強め。前走新馬組はサトノの欄で書いたので割愛。前走は完全に負けパターンだったが、外に出してから一気の伸び脚。完結Vラインだったし、広いコースでのびのび走らせたいタイプ。
ベストアプローチ LC系 ★★★☆
 New Approach×Efisioという血統でタイプはよく分からない。ズブそうなので一応LC系で。戦績から上がりの速いレースで差して届かずを繰り返しており、サドラー系ということを踏まえても東京→中山替わりは良い。戸崎が前目の競馬を選択できれば。

ここまでの6頭の考察を終えて、魅力のある馬は人気ブログランキング
戦績見てたらベストアプローチも魅力的に思えてきました。
サトノも別に人気が無いなら悪くなさそうですね。少頭数でも難しそうです。